• 長野県須坂市常盤町804-1
  • 026-214-9141
  • mm@suzaka.jp
須坂市公認ポータルサイト・いけいけすざか

2019/09/20

三連休後半スタートですが‥‥‥

18:59:13, カテゴリ: ぶどう屋のブログ  

日照不足で後半期待品種のクイーンニーナが全く色づいてきません!!

外回りの色の良いところは割れていて、今年はまともに収穫できるか分かりません。
日照不足でシナノスマイル等の赤品種は遅れています。
今年は後半品種晩成種が遅れに遅れておりご迷惑をおかけしております。
先の三連休で例年より来客も多く、ナガノパープル、リザマート、黄玉等の品種が完売になりました。
店頭も品不足ですいません。

これから三連休ですが例年より品種が少なくなっております。
明日から紅環(べにたまき)という新品種を出します。
シャインマスカットは今月いっぱいはおそらくありますのでよろしくお願いします。

マルロク返町遊覧園

秋がきました。

17:24:02, カテゴリ: イベント  

段々と寒くなってきましたが、9月17日(火)、臥竜公園内で秋に一番に咲く花、ヒガンバナ(彼岸花)の芽が出始めている事を教えていただきましたXX(
しかし、今年は1週間位遅いとのことXX(

どうぞ臥竜公園で観賞してください:lalala:
心よりお待ちしております:lalala:

*   bul bul   *

17:09:42, カテゴリ: レディース  

こんにちは:P!!

先週に引き続き、
明日からはまた3連休がスタート(´ω`*)
3連休でも、千曲店は日曜日のお休みとなってしまいますので、ご了承下さい。)

この連休中は広い範囲で、またしても台風の影響が出てきそうです:(
そして、明日の県内は寒い1日となるとのこと:'(
お出掛けの際は軽めのアウターは必須になるかもしれません:;(∩´﹏`∩);:
暖かい格好でお出掛けくださいね;)✶!!

アウターと言っても、
何気にこういった時季のアウターが1番困ったり...:roll:umm

それでは今日は、
そんなお悩みも解消してくれる、とっておきのアウターをご紹介します:>>☆彡


>>>   ・ベージュ


>>>   ・ブラック

【bul bul】   モールスキンクルーネックワイドジャケット   ¥18,360(税込)

Quality.. 綿 98% / ポリウレタン 2%  (別布) 綿 100%

Size.. F(身幅 約62cm・着丈 約71cm・裄丈 約76cm・裾幅 約67cm・袖口幅 約14cm)

This item..
お気軽に着用頂け、きちんとした印象にもみせられる
モールスキンクルーネックワイドジャケット。
表裏を起毛するように織られているモールスキンを使用。
優しく温かみある手触りなうえ、保温性もばっちり。
サイドに落ち感のあるAラインシルエットが大人可愛く、
大判の両ポケットも目を引くアクセントになります。
見た目ほどに重量感がないのも大きなポイント。
カジュアルにも、ちょっときちんとした場にも
対応できるアウターです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

上記の商品は
【HYPER BALLAD】・【Ballad of the sun Aprikose】
の、両店舗にて取り扱いしております。


blog掲載直後に完売してしまうケースがございます。
予めご了承ください。


また、在庫の有無などお問い合わせ等ございましたら
お気軽に各店舗へお問い合せ下さい。

        
-----------------------------------------------------------------------------------------        

【【 HYPER BALLAD 】】
・営業時間  11:00~18:00 (定休日  毎週火曜日)
須坂市東横町349   tel 026-285-0889

【【 Ballad of the sun  Aprikose 】】
・営業時間  10:00~19:00 (定休日  毎週日曜日)
千曲市大字粟佐1198   tel 026-214-2923

移住支援エッセイvol.21 「高齢者パワーに負けるな!」

14:25:57, カテゴリ: エッセイ  

先日のニュースで日本の高齢化率は世界最高で28.4%になったことを知った
世界的にも2位のイタリア23.0%を大きく上回ったという
須坂市のお年寄りも元気な方が多い
畑仕事を日課にしている方
趣味の集まりに参加する方
お店で働く方
車で移動する高齢者も多い

最近は高齢ドライバーによる事故のニュースが取り上げられているが
ある日の新聞で長野県在住の70代男性が投稿した記事を見た
客観的に自分の運転で気になる部分を把握し
踏み間違いに細心の注意を払っているという
こと細かく自分を分析していることに驚かされた

そんな中、日本で高齢の就業者数が過去最高になったニュースが流れた
高齢者がまだまだ活躍する日本
私たちもまだまだ頑張れるはず
高齢者に負けてはいられないぞ!

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

峰の原高原へお出かけください♪ vol.3「今年の夏の峰の原高原はいかがでしたか?」

10:46:38, カテゴリ: 地域おこし協力隊  

こんにちは。峰の原高原地域おこし協力隊の日下です。
峰の原高原では、夏の山野草たちが種子をこぼしはじめ、秋の山野草たちが見頃を迎えようとしています。
ここ数日の朝方は、窓に結露のある日が増え、秋というより “冬”が近づいているなと感じるこの頃です。
さて今回は、9月7日(土)・8日(日)に行われた「峰の原の草原をつくろう!Ⅱ」と7月28日(日)から開設している「おやすみどころ」について皆さまにお伝えしたいと思います。

●草原を作ろうⅡ
2019年9月7日(土)・8日(日)に、「峰の原の草原をつくろうvol.5」のⅡが行われました。ちなみにⅠでは、2019年7月7日に「初夏の山野草を楽しみながらススキ刈り」が行われました。
2か月過ぎた7日。植物写真家のいがりまさしさんによる「植物写真ワークショップ」が行われ、19名の参加がありました。参加者は、10代の学生から年配の方まで、スマートフォンのカメラから本格一眼レフ持参の方まで、さまざま。草原をつくろうに付属して行われていた「峰の原高原リゾートのゲレンデに咲く花の写真フォトコンテスト」には、71枚の写真が応募され、その中から2枚の写真が選ばれました。夕方には、いがりまさしさんによるミニライブも行われました。

8日には、「ガイド付き!草原の山野草観察会」が行われ、25名の参加がありました。7月に行われたススキ刈りによって、たくさんの山野草たちが顔を出していました。7月のススキ刈りに続き参加をしてくださった方、前日に続き参加をしてくださった方などこちらも全国から老若男女問わず。観察会終了後には、ランチタイムがあり、峰の原高原リゾートのキッチンカーのタコス、プラムのゼリー、プルーンなどが用意され、参加者の皆さまはゆっくりとした時間を過ごされていました。
両日とも天気に恵まれ、峰の原高原にしては気温の高い2日間でした。

●おやすみどころ
2019年7月28日(日)~8月31日(日)の約一ケ月間、峰の原高原こもれびホール辺りにて、峰の原高原地域おこし協力隊の古川隊員と私のふたりで「おやすみどころ」を開設し、峰の原高原内の案内所・休憩所・グッズ販売所として、営業を行いました。機能・内容については、8月5日に配信された古川隊員のメールマガジンに、詳細が載っているのであわせてご覧ください。
峰の原高原で働き始めて約5か月。日帰りのお客さまが多いことを改めて実感しています。私自身、少し前まで来訪側、日帰りをする側でした。そのためお客さまを迎える側となり、どんな方が何を求めて峰の原高原に来ているのか、何があったら再訪したいと思っていただけるのかなどの仮定や仮説をたてて、の活動でした。

小学校が夏休みの期間ということもあり、小学校低学年くらいまでの子どもや犬連れの家族が平日は平均4組、土日祝日には平均14組が来訪されており、こもれび広場での散策や散歩、アスレチックでの時間を過ごされていました。また、滞在時間は30分~半日と人によってまちまち。アウトドア用のいすやレジャーシートを持参され、ゆっくり過ごされる方、カメラを持ってぐるぐるされる方などさまざま。
朝、開業準備をしている頃に帰る方も。朝方の霧がかった写真が撮りたかったというお客さまで、人が少なく、多種の山野草の群生という点で、峰の原高原はゆっくり写真を撮るのにちょうどいいそう。年に何回か来るという方や、初めて来たという方、20年ぶりに来たという方など、これまたさまざま。
 来訪してくださった皆さま、ありがとうございました。今年の夏の峰の原高原はいかがでしたでしょうか。ぜひまたお越しください。

「おやすみどころ」は9月に入り、土日祝日のみ営業をしています。ぜひ、お立ち寄りください。

●お知らせ
2019年10月20日(日)に、ペンション奥さま手づくりのお菓子が並ぶ「お菓子パーティー」が行われます。今年は例年とは少し内容が変わり、完全予約制となっております。お申し込みは、富田ペンションさん(090-4922-9589)まで。

最後の写真は、今年峰の原高原のペンションへインターンシップに来てくれた跡見学園女子大学の学生たちがスマートフォンのライトを使って描いてくれた「みねのはら♡」。天気の良い夜にはこんな写真が撮れるかも。他ではできない+αな思い出を峰の原高原で作りませんか。
それでは皆さま、ぜひ峰の原高原へお出かけください♪

(須坂市地域おこし協力隊 日下未夕)

:: 次のページ >>

MBgu