• 長野県須坂市常盤町804-1
  • 026-214-9141
須坂市公認ポータルサイト・いけいけすざか

2024/02/23

本番迫る!

11:42:29, カテゴリ: 紙芝居のさとプロジェクト  

さあ、さあ、いよいよ開催、
「第7回信州須坂紙芝居のさとまつり」!

まつりの冒頭、信州須坂紙芝居のさとプロジェクトが担当する
「懐かしくて新しい紙芝居ショー」、
いったい、どんなショーだか、気になりませんか?
ちょっとだけリハーサルをのぞいてみましょう、
ちょっとだけですよ!


はい、全体の進行を担当するミスター篠田。
ダンディな声が魅力です。


なんと夫婦漫才ならぬ、夫婦紙芝居の「ゆったり~ズ」。
ご夫婦で演じるなんて素敵でしょ。
シルバー世代の夫婦紙芝居屋さんは、きっとここだけですよ!


ふたりが演じるのは『ちびっこの冒険』。
かわいい小人のピーターが、
愛犬ポチにまたがって(見えるかな?)
お姫さまを助けます!


その他、シュールなストーリーや時代劇も!


でも、紙芝居の演出&見せ方には大激論!


最後は、なかよく本番の成功を誓いあうメンバー!
みんな、がんばれ!


さぁ、どんな紙芝居ショーになるんでしょうか。お楽しみに!

日時●2024(令和6)年2月24日(土) 14時~16時
会場●須坂市生涯学習センター 3階ホール (旧中央公民館)
須坂市常盤町747-イ TEL026-245-1598
内容●会場内に、レプリカ全1.060枚を展示いたします。
   レプリカ5作品と、三邑会による「ほんまもんの紙芝居」は、
   当時さながらに復元した街頭紙芝居自転車の舞台で実演します。
   懐かしの駄菓子など、楽しいお店屋さんも並びます。
出演●信州須坂紙芝居のさとプロジェクト
ゲスト出演●三邑会(一般社団法人塩﨑おとぎ紙芝居博物館・大阪市)
       古山千賀子 古橋理絵
      長野県須坂高等学校 英語部
参加費●無料

2024/02/09

「第7回信州須坂紙芝居のさとまつり」のお知らせ

16:43:18, カテゴリ: 紙芝居のさとプロジェクト  

チョンチョ~ン!(拍子木の音)
立春を過ぎ、今年も「紙芝居」の季節がやってきました。
「第7回信州須坂紙芝居のさとまつり」のお知らせです。

信州須坂は「紙芝居のさと」。
戦後の日本を街頭から元気づけ、近代化とともにその役目をテレビにゆずっても、
最後まで紙芝居をつくり、守りつづけた絵元、塩﨑源一郎さん(1912~2000)は、須坂市九反田町の出身です。
源一郎さんが、ふるさとの須坂市に贈った1.000枚を超す紙芝居は、須坂市立博物館に収蔵されていますが、
「昭和の貴重な紙芝居を見たい」「演じたい」という市民の手で復刻させるプロジェクトがはじまりました。
7年前、長野県地域発元気づくり支援金事業としてスタートし、「元気づくり大賞」受賞後は、
駒澤嘉須坂生涯学習振興基金のお世話になって、市民が使える文化財としてレプリカを作成し、
今年度、ついに全巻復刻を達成したのです。

そのお披露目の場が、「第7回信州須坂紙芝居のさとまつり」。
「懐かしくて新しい紙芝居」としてよみがえった5作品のほかに、
高校生による、世代も言語も超えた紙芝居の上演や、
源一郎さんの愛弟子・大阪「三邑会」の紙芝居師も駆けつけて「ほんまもんの紙芝居」も堪能できる、
「紙芝居のさと」信州須坂ならではの催しです。

日時●2024(令和6)年2月24日(土) 14時~16時
会場●須坂市生涯学習センター 3階ホール (旧中央公民館)
須坂市常盤町747-イ TEL026-245-1598
内容●会場内に、レプリカ全1.060枚を展示いたします。
レプリカ5作品と、三邑会による「ほんまもんの紙芝居」は、
当時さながらに復元した街頭紙芝居自転車の舞台で実演します。
懐かしの駄菓子など、楽しいお店屋さんも並びます。
出演●信州須坂紙芝居のさとプロジェクト
ゲスト出演●三邑会(一般社団法人塩﨑おとぎ紙芝居博物館・大阪市)
長野県須坂高等学校 英語部
参加費●無料

紙芝居のお好きなかたは、どなたでも!
拍子木の鳴るほうへ駆けてきてくださ~い!

チョ~ン!

2020/02/18

第3回信州須坂紙芝居のさとまつり2020

18:24:13, カテゴリ: 紙芝居のさとプロジェクト  

懐かしくて新しい紙芝居、誕生!

この日、信州須坂が「紙芝居のさと」になる!

街頭紙芝居最後の絵元、故・塩崎源一郎さんが、ふるさとに贈った紙芝居。
須坂市立博物館に眠る昭和の貴重な紙芝居が、市民の手で複製されています。
3年の歳月をかけて復刻した、懐かしくて新しい紙芝居(レプリカ)700枚を源一郎さんの志を継ぐ「三邑会」の街頭紙芝居師と大学生と市民がお披露目上演いたします。 みんなで肩寄せ合って、紙芝居を見ませんか?

とき:令和2年2月22日(土)14時~16時30分
ところ:旧上高井郡役所2階多目的ホール(須坂市常盤町812-2)
出演:大塚珠代 三邑会(塩崎おとぎ紙芝居博物館•大阪市)
   ぱくちゃん 道化師(つかはらしげゆき•清泉女学院短期大学)
   SEISEN ひょうしぎの会
   長野県須坂高等学校英語部
   信州須坂紙芝居のさとプロジェクト
参加費・お申込み 不要

各地で活躍する実演家の競演!
懐かしくて新しい紙芝居ショー

信州須坂紙芝居のさとプロジェクト
お申込み専用電話:090-9849-8431

後援:須坂市 須坂市教育委員会 奥田神社 須坂新聞社 長野県地域発元気づくり支援金事業

会員募集

14:10:36, カテゴリ: 紙芝居のさとプロジェクト  

会員募集

紙芝居は、認知症予防にも効果があると認められ、介護の現場でも注目を集めています。懐かしの街頭紙芝居の再現は、見る者にも、演じる者にも生きがいを与えます。子ども時代に親しんだ街頭紙芝居を、こんどは自分が演じ手となって、地域で活躍しませんか!
ひととひとの距離が近く、対話を生み出す「紙芝居」は、核家族化、高齢化の進んだ現代にぴったりのコミュニケーションです。「懐かしくて新しい紙芝居」を使って、まちを元気にし、「紙芝居のさと」信州須坂を誇りに思う市民を育てていきましょう!
信州須坂紙芝居のさとプロジェクトでは、昭和の貴重な紙芝居を、市民の手で複製し、街頭紙芝居用の自転車といっしょに貸し出しています。みんなで肩寄せあって活動する仲間を、いつでも募集しています。

賛助会員募集

紙芝居でふるさとを元気にするために、ご支援くださるかたも、いつでも募集しています。全国的にも非常に珍しい昭和の貴重な紙芝居が、須坂市立博物館に、まだ370枚眠っています。ひきつづき復刻し、「市民が使える文化財」にしてまいります。ごいっしょに、紙芝居を須坂市の特色ある芸術活動として根づかせ、紙芝居という文化の薫る「まち」、ふるさとを誇りに思う「ひと」を育ててまいりましょう。

3つの願い

14:08:58, カテゴリ: 紙芝居のさとプロジェクト  

戦争で足を痛めた源一郎。商売道具の自転車を盗まれるなど苦難の末、絵元への転向を決意します。紙芝居業界は、作家、演じ手、絵元(貸元)の三者によって成り立っていました。
「子どもたちには、視野の広い人間に育ってほしい。戦争のない世の中をつくってほしい。この願いを実現するために、私は紙芝居をつくりつづけたのです」「育ちゆく子どもたちの心のふるさと」、「争い
をなくして平和にならねばならない」、「真実を求める」。「三邑会」(さんゆうかい)という名前には、源一郎の3つの願いが込められていました。

信州須坂紙芝居のさとプロジェクトの活動も、3つあります。

レプリカづくり

須坂市立博物館の紙芝居を復刻し、市民が使える文化財にすること

まちづくり

紙芝居を使ってふるさとを元気にすること

ひとづくり

紙芝居を愛し、演じて、伝える人材を育成すること

:: 次のページ >>