信州須坂いきいきブログ

須坂市役所日記

2024/07/10

ガーデンづくり講習会(2024年第4回)

Permalink 14:35:09, カテゴリ: 楽しむ・学ぶ, 健康・福祉  

7月9日(火曜日)、第4回目のガーデンづくり講習会「ガーデンソイル流 須坂の里庭」を開催しました。
第4回目の講義は、「冬の耐寒と夏を乗り切る工夫」について学びました。
講義前に先生より夏に強い花についてお話しがありました。
た夏に強い花の鉢が机に置かれている

暑さに負けない花の種類も豊富になりました。
エキナセア・のこぎり草・ルドベキア・ダリアなど・・・・

一年草のアノダ(白い花)を入れた鉢

宿根草だけでなく、一年草(アノダ白)も入れると見た目も涼し気になります。
気候が年々変動している中で寒さに強い花だけでなく、暑さに強い花も改良されてきています。ほとんどの宿根草は、花が咲き終わって種をつけだした頃、草丈の二分の一くらいに切り戻しをします。

講義の後は夏に必要な切戻しのアドバイスをいただきながら夏のお庭をみてまわります。
エキナセアがぐんぐんと伸びて夏の訪れを感じます。
ガーデンソイルの庭を見てまわる。背の高い草の中に迷路のように道がある

黄色の花の中に紫の花がアクセントになっている
ビビッドなカラーでアクセント

ナチュラルな中にダリアの赤がひときわ目を引きます。
ナチュラルな中にダリアの赤がひときわ目を引きます。

咲き終えたクリマスローズも切り戻しをおこない風がとおるように

蓮(クリスタルビューティ)鉢の中にはオタマジャクシも泳いでます。


瑠璃玉アザミも花色がついてきました。


風と光を感じるグラスもこれから見頃になります。


ガーデンソイルさんカラーボーダーに咲いている紫陽花涼し気です。

次回(第5回目)は、9月3日(火曜日)です。(8月はお休み)

次回の講義内容は「秋や冬の庭の楽しみ方」、夏の終わりの手入れ、晩秋まで美しい植物達に関する講義です。

--------------------------------
こちらもあわせてご覧ください。

2024年度ガーデンづくり講習会の様子
2023年度ガーデンづくり講習会の様子
2022年度ガーデンづくり講習会の様子
Suzaka・Garden・planet(ガーデンづくり講習会卒業生有志)勉強会(リース作り)
Suzaka・Garden・planet(ガーデンづくり講習会卒業生有志)の活動
ガーデンづくり講習会(ガーデンソイル流 須坂の里庭)
信州須坂オープンガーデン
ガーデンソイル

2024/06/11

大学生が製造業の魅力を発信

蔵の町並みキャンパス事業の一環として、清泉女学院大学の学生が市内企業2社の魅力を伝えるパンフレットの作成に取り組んでいます:D

2024年6月7日(金)に、4名の学生が株式会社前田鉄工所 様へ訪問し、取材を行いました!

前田鉄工所は、鋳鉄製ボイラ・ヒータを中心とした熱源の機器を製造している会社です。

まず、学生から、ストレートに
「女子学生は御社に就職できますか?」という質問を投げると
「できます!!来てほしいです。」とこちらもストレートな回答をいただきました。
インタビュー写真
学生のイメージは、工場では重いものを運ぶ機会が多く、男性中心の会社で、女性は採用されないのでは?と思っていたようです。
鉄などの金属の塊があるので、そういうイメージになるのも無理はないかもしれませんね
しかし、前田鉄工所では、作業が機械中心になったり、男性でも女性でも負荷のないような仕組みを取り入れているので、大丈夫とのことでした。

溶接の大会にでる女性も増えているそうで、製造業のイメージは変わりつつありますね

他にも、技術を競う大会に積極的に出て人の育成を図ったり、若手が多い会社なので和気あいあいとした職場であるなどのPRをしていただきました。

どうしても、製造業って、難しそう、重たくて大変そうという先入観がありますが、
現場にいって、話を聞くとイメージが変わって、楽しそう、できそうと思えたようでした。
工場見学
工場見学もさせていただきました。
縁の下の力持ちのボイラー。普段は見ることができないので、作られていく様子がよくわかり感動しました。

最後にみんなで記念写真を。手は前田のMです。わかりますでしょうか?
記念写真

今から、パンフレットができるのが楽しみです♪
担当S

2024/06/03

清泉女学院の学生による企業インタビューを行いました

Permalink 11:58:38, カテゴリ: 楽しむ・学ぶ, 働く・産業  

蔵の町並みキャンパス事業の一環として、清泉女学院大学の学生が市内企業2社の魅力を伝えるパンフレットの作成に取り組んでいます。
2024年5月31日(金)に、4名の学生が株式会社サンジュニア様へ訪問し、取材を行いました!

代表取締役社長の西原様へのインタビューのほかに工場見学もさせていただき、合わせて2時間ほど取材させていただきました。
学生の質問に対し、西原社長も明るく気さくに受け答えしてくださいました。
社長と生徒の対談の様子
工場見学の様子

社長との記念写真:)
可愛らしいキュンポーズでパシャリ!皆さんの笑顔が素敵です!
記念写真

お忙しい中、ご対応いただきありがとうございました。
次回は、6月7日(金)に、株式会社前田鉄工所様へ訪問させて頂きます。

完成したパンフレットは、清泉女学院大学等の配布を予定しています!
須坂市ホームページにも掲載予定ですので、多くの方にご覧いただけると嬉しいです:D
どんなパンフレットが完成するのかお楽しみに!

2024/04/15

ガーデン作り講習会(2024年第1回)

Permalink 09:59:08, カテゴリ: 楽しむ・学ぶ  

2024年4月10日(火曜日)、第1回目「ガーデンづくり講習会 ガーデンソイル流 須坂の里庭」を開催しました。
2024年度は10名の皆さんが参加されました。
本日から11月までよろしくお願いします。

ガーデンソイル建物の写真
講習会場のガーデンソイルさん

講義の様子写真。小さな黒板を使って先生が図を描きながら説明している写真。
早速講義に!
庭づくりの基本プラン「あなたの作りたい庭とは?」について学びました。
ご自身のイメージする庭を明確にするためにも思いを箇条書きにしたり、雑誌や好みのお庭の写真・風景をスクラップしたりして の中にあるものを視覚化し、お庭をどうしたいの?をはっきりさせることをオススメします。

ガーデンソイルさんの庭の図面
ガーデンソイルさんのお庭の図面を参考にします。
お庭はそれぞれに違っていいし、お庭の持ち主の方の年齢などで好みもかわっていくこともあります。

講義を受けるみなさんの後ろ姿写真
11月には皆さんのイメージするお庭の図面がどんな風になるのか今から楽しみです。
講義の後はガーデンソイルさんのお庭を実際にみて回ります。

ガーデンソイルの庭を見てまわる受講生のみなさんの写真

ヒメコブシの花が満開の写真
ヒメコブシの花が咲き春爛漫

掘り出した石を積み上げて作った境目。
新しい物を購入するのではなく、庭を掘り上げてから出てきた石を積み上げて花壇と道の境をつくるなど・・・工夫を凝らすと素敵に仕上がります。

次回の講座は5月7日(火曜日)の予定です。
本日の講義が生かされ皆さんのつくりたいお庭のイメージが膨らむ事ができるといいですね!

--------------------------------
こちらもあわせてご覧ください。

2023年度ガーデンづくり講習会の様子
2022年度ガーデンづくり講習会の様子
Suzaka・Garden・planet(ガーデンづくり講習会卒業生有志)勉強会(リース作り)
Suzaka・Garden・planet(ガーデンづくり講習会卒業生有志)の活動
ガーデンづくり講習会(ガーデンソイル流 須坂の里庭)
信州須坂オープンガーデン
ガーデンソイル

2024/03/14

研究成果発表会を行いました。

Permalink 16:56:50, カテゴリ: 働く・産業  

3月12日(火)旧上高井郡役所で須坂市研究開発支援事業成果発表会を実施しました:p

地域の課題を解決するために研究や開発を行う地域研究開発促進支援事業の部と特許化支援事業の部で実施しました。
成果発表会の様子
【地域研究開発促進支援事業の部】
1、林果樹園 「施設栽培における省エネ技術の開発」
ハウスのブドウ栽培で燃料を減らすため、ハウス内の断熱に取り組みました。

2、須坂カーボンニュートラル研究会
「工場や施設等からのカーボン排出量を可視化し削減目標を設定」
自社から出る排出量を見える化して、具体的な削減案を考える取り組みを5社で行いました。
代表して、マツナガ建設が発表しました。

取組5社 マツナガ建設、ナツバタ製作所、マリア幼稚園、酒井商会、中島製作所

3、協和テクノ(株) 「監視カメラの鳥獣害予防への適用化開発」
鳥獣害予防のカメラをどこでも設置できるように、開発に取り組みました。

【特許の部】
株式会社 広田製作所「半導体パッケージ引き剥がし治具」
はんだの未着部分を見分ける検査のため、半導体パッケージを引き剥がす技術を開発しました。

課題解決に向けて、各社取り組んでいますので、来年度も発表会ができればうれしいです:p

林果樹園マツナガ建設
協和テクノ広田製作所

:: 次のページ >>