2017/08/18

全文へのリンク 10:09:44, カテゴリ: 中央公民館から

夏休み親子教室を開催しました!

 8月4日(金)、6日(日)に、すざか女性未来館主催の「夏休み親子向け教室」が2種類開催されました!

 4日(金)は「和紙を使ったうちわ作ろう」でした。
 和紙を使った作品作りをしている若草会のみなさんを講師に、ひまわりの柄のうちわを手作りしました:)

 黄色、茶色、緑…それぞれの色の和紙をちぎり絵にして、きれいなひまわりを作っていきます。

 和紙は普通の色紙のようにちぎってのりで貼る…わけではないんです!
 和紙はとってもデリケート。
 のりを水で溶き、絵具用の筆を使って少しずつのりを付けます。
 指で塗ったり、スティックのりを滑らそうとすると、すぐに破けてしまうんです:(

 そんな和紙を丁寧に1つずつ貼っていき、うちわが完成!

 特製うちわで暑い夏も涼しく乗り切ってくださいね✨

 6日(日)は「木製のいすを作ってみよう」でした。

 建匠須高(大工さんほか建築のプロ集団!)からお2人講師にお招きしました。
 小学生以下のお子様にピッタリな“こいす”を作りました。

 「自分たちで完成を見ながら、考えて組み立ててみてください」
 との先生のお言葉にみなさん親子で試行錯誤しながら組み立て、釘を打っていきますB)


 釘を打つのは初めてかな?慎重に少しずつ丁寧に打ちました…

 時には先生の力を借りながら…

 組み立て終わるとやすりをかけて完成です:idea:
 (完成品は職員作です。参加者に混ざって奮闘しました!笑)

 木製なので好きなように色を塗っても楽しそうですね。
 部屋に置いたり、庭に置いたり。是非みなさん使ってください!

 中央公民館だけでなくすざか女性未来館もいろいろな講座を実施中:D
 広報すざか「すざか女性未来館だより」でもお知らせしています☆

2017/08/08

全文へのリンク 13:53:45, カテゴリ: 旭ヶ丘ふれあいプラザから

体験者が語る 長野大空襲 ジオラマ展

8月5日(土)1時~ 大勢の参加者感謝申し上げます。

8月は広島と長崎に原爆投下、13日前に長野大空襲、そして15日終戦。

平和を祈念するとともに、戦争の悲惨さを体験者に語っていただき後世に語りついて行けたらと願ってやみません。


小原さんは数少ない資料や体験者の話を聞いて、たくさん勉強をしてジオラマを作られました。ほぼ正確だそうです。
茨城の空母から何百キロも飛んできて、爆弾を落としたり機関銃を放って行ったようです。

轟さんは、火薬や薬莢、実弾を持ってきてくださいました。

大豆島飛行場近くに住んでいて、防空壕に入りたくても逃げてきた兵隊でいっぱいで入れず、自宅で命拾いをしたそうです。


神社や飛行場に飛行機を草でかくしておいたものが全滅しました。

爆弾が民家に落ちて数カ月の赤ちゃんから80歳のおばあちゃんまで一家全員亡くなったとのことです。

アメリカ軍のB29は、日本軍の飛行機よりも、馬力も高度も速度やミサイルなど、ものすごく発達していて日本がかなうわけもない戦闘機でした。

長野駅から200m離れたところに自宅があったという石澤さん。家族で押し入れに入って隠れていたと笑いながら話してくれました。

窓にうつる不気味な飛行機の翼が見えたこと、機関銃の生の音、空襲が去った後のシーーーンと静まり返った様子、認知症のおばあさんだけが着流しの着物でフラフラしていたこと、体験を語ってくれました。

その頃の長野は初めての空襲でどうしていいのかわからなかったそうです。

移動機関のSLや駅を狙われたそうです。

歴史を振りかえって思うことは、ポツダム宣言の時に何とかならなかったのかと話してくれました。

戦争の怖さを忘れてはいけない。
平和であることのありがたみを感じてほしい。
みなさん口々に語っていました。

2017/08/01

全文へのリンク 18:06:30, カテゴリ: 豊丘地域公民館から

豊丘こども夏の楽しみ会②を開催

 豊丘地域公民館では、8月1日(火)の午前と午後に分けて
「豊丘こども夏のお楽しみ会②:親子映画会&すいか割り大会」を開催しました。

 午前中は豊丘保育園の園児の皆さん20名が公民館に来てくれました。
「おはようございます。よろしくお願いします。」のごあいさつをいただきました。

 保育園リクエストの「世界の童話:ピノキオ、ピーターパン」から上映しました。

(いよいよ冒険の始まりです)


昔懐かしい(でも色あせてない)「トムとジェリー」
ドタバタの追いかけっこに園児たちは大きな声で笑っていました。


(みんなで見て笑うと楽しいね)

 午後は豊丘小学校の児童24名が来てくれました。

「泣いた赤おに」と「金色の魚」から上映しました。
(人を見た目や思い込みで判断してはいけません・友情のありがたさ)
(欲をかいてはいけません)
児童のみんなも解ってくれたようです。
(その後「トムとジェリー」を上映)

 さていよいよ「すいか割り大会」です。
その前に目隠し用のアイマスクを作成しました。

厚紙に好きな色で思い思いに「目」を書き入れました。
(思わずプッと吹き出しそうな目もありました。)
みんなで記念撮影ー。「ハイポーズ!」

2チームに分かれて「すいか割り大会」の始まりです。
(すいか割りといっても、すいかビーチボールにウレタンの棒で行います)

チームのみんなから「右右!行き過ぎ!左!打てー!」の声援を受け
「とりやー!」手前の子は見事にヒット!奥の子もヒットしそうです。


シャリシャリのよーく冷えたすいかを一人3切いただきました。
(おいしく良かった)

楽しい夏休みを過ごしてくださーい!!

2017/07/31

全文へのリンク 13:55:59, カテゴリ: 豊丘地域づくり推進委員会

豊丘ダム祭りが開催されました

 
須坂建設事務所・県・須坂市主催の「平成29年度の豊丘ダム祭り」が開催されました。
豊丘地域づくり推進委員会は協力団体としてイベントに協力しました。
(豊丘地域づくり推進委員会中心にブログを書きます)

 前日の29日午後2時より豊丘ダムにテント・机、椅子等を搬入しました。
霧雨が降っていて明日の開催が心配になりました。
 また、今年は無料配布用のカブトムシがあまり採れなく、
トウモロコシも・・・

 当日30日は今にも雨が落ちてきそうな薄曇りの中、
10時より開催され、昨年のカンカン照りの中の開催より涼しくて快適でした。

 やはり人気はカブトムシの無料配布です。

配布前に列ができましたが、全部で50匹ほどでしたので、30分ほどで終了してしまいました。
ごめんなさい。(今年は天候のせいでしょうか、なかなかカブトムシが採れませんでした。)


涼しいとはいえ、7名がカセットコンロ7台で終始にらせんべいを焼きっぱなし状態でした。十数名の行列もできました。
(約500枚くらい焼いたそうです。お疲れさまでした。)


アッツアッツの丸一枚のニラせんべいを無料配布しました。(お味のほうはいかがだったでしょうか?)


豊丘の名水・秘水《穴水:あなみず》の無料試飲(テント手前)
おいしくて何杯もおかわりにくる子もいました。
(採水にはクマとの遭遇もありうる場所でもあります。)


炭火で焼いた新鮮豐丘産の採りたてのトウモロコシ1本なんと150円!

よく売れました。生のトウモロコシ合わせて400本の販売。完売しました。


豊丘名物のおやき。1パック3個入れで100パック以上の売り上げ。完売しました。


中山間地で育ったブルーベリー。生食ブルーベリーとブルーベリーアイスクリーム完売しました。


急きょ出店した「信州すざか農業小学校豊丘校」で子供たちが育てた前日に取った土付きジャガイモと玉ねぎも売れました。

イベントでは

50人以上が参加した「宝探しウォーク」鐘がなり豪華景品をゲットした子もいました。


山々に土笛の素朴で澄んだ音色が響き渡りました。


子供たちが頑張った勇壮な「松和太鼓」カッコーよかったー!!


午前10時~午後2時までの開催でしたが昨年を上回る450名ほどの来場者があったそうです。

 「森と湖に親しむ旬間」に豊丘地域づくり推進委員会は、大いに貢献できたのではないかと思います。

2017/07/21

長野県立須坂病院の名称が変わりました‼

 長野県立信州医療センター院長をお迎えして、講演会を開催します。
 新たに「長野県立信州医療センター」と改名し、今まで以上に地域密着型の医療機関を目指す。今後の取り組みなどについて、わかりやすくお話しいただきます。
 大勢の方の参加をお待ちしています。お気軽にお越しください!

講演:『長野県立信州医療センターの概要・実績と今後の取り組み」
講師:寺田 克さん(長野県立信州医療センター 院長)
とき:8月6日(日) 午後1時30分~2時30分
場所:須坂市中央公民館 ホール(3階)
参加費:無料(事前申し込みも不要です!)

問合せ:026-245-1598(須坂市中央公民館)

講演会チラシ

主催:須坂中央地域づくり推進委員会第1部会・須坂市中央公民館
協力:長野県立信州医療センター

:: 次のページ >>

須坂市中央公民館

公民館は出会い・ふれあい・学びあい          ひととひととが 学習や活動をとおして 心と心の和をつくっていく場所…   やさしく 笑顔あふれるまちを みんなでつくっていきましょう

| 次 >

検索

リンクブログ

須坂のリンク

いろいろ

このブログの配信 XML

須坂市公認ポータルサイト・いけいけすざか