須坂市動物園日記

須坂市動物園飼育スタッフから情報発信!

カテゴリ: 動物園つれづれ日記

2021/07/29

7月29日は「世界トラの日」です

『世界トラの日』とは…
2010年の国際会議「トラサミット」で制定された、
絶滅危惧種であるトラの現状を知り、
保全のためにできることを考える日です。

トラは肉食動物で強いから、きっと野生でも強くてたくさんいるのでは?
と思うかもしれませんが…
実は野生のトラの仲間は現在生息数が減少し、
トラの9亜種のうち3亜種がすでに絶滅しており、
残りの亜種も国際自然保護連合(IUCN)の基準で絶滅危惧種や近絶滅危惧種に分類されています。
※[亜種]とは[種]の中でさらに細かく分類したものです。
 トラという同じ動物種でも、生息地域や環境などによって
 毛の長さや習性などわずかにみられる違いを[亜種]として分類しています。

須坂市動物園ではトラ(ベンガル系)を2頭飼育していますので、
この日にあわせて少しだけですがイベントを開催しました。
 
トラ舎前ではパネル展示を行い、
今日は、ちょこっとですがガイドも行いました。
とっても楽しいお話というものではないのでむずかしいなぁと思われたかもしれませんが、
この機会に野生のトラの仲間が生息する環境のことや生態などを知っていただき、
トラに興味をもっていただけたらうれしいです。

パネル展示の様子

トラの生態など、基本情報を紹介した、
「トラってこんな動物です」その1~その3まで展示しました:)

20世紀の初め頃には、10万頭いたとされていた野生のトラの仲間たちは
現在生息域の大規模な減少や密猟などが原因で、個体数が急速に
減少してきており危機的状況に置かれている種が数多くいます。
2010年には各種合わせても約3,200頭にまで生息数が減ってしまっている状況でした。
この年に開かれた国際会議「トラサミット」での「世界トラの日」制定をきっかけとして、
トラの保護活動が推進されるようになってきています。
密猟などの取り締まりが強化されるなどで、わずかずつ頭数が増えてきている地域もある中、
さらに減少してしまっている地域もあるようです。
原因のひとつとなっている生息域の減少とは森林伐採のことです。
木々が無くなるとトラだけではなく多くの野生生物の生存にもつながります。
植物油生産や紙の原料パルプ生産のための農地開拓、また木材としての輸出は、
私たちの日常に使われているものだということも忘れないようにしたいものですね。

動物園のトラを観察しながらだとなかなか想像が付きにくいことだと思いますが
きっかけとなればと思います。
担当としても、改めてトラの仲間のことを考える日になりました。

2021/07/28

「土用の丑の日」イベントを開催しました!あと2回ありますよ!!

本日は「土用の丑の日」ですね!
一般的には「ウナギ」を食べて暑い夏を乗り越えよう!な日ですが...。
当園では、フンボルトペンギンとアライグマにウナギにそっくりな「ドジョウ」をプレゼントしました。

≪ペンギンプールにドジョウがやってくる≫
フンボルトペンギンたちは南米に住む動物なので、暑いのは特に苦手ではない
のですが、この時期は羽の生え変わりがあり体力を使いますXX(
そこで、今回はウナギの代わりにドジョウをプレゼントしました:p


体長約10㎝のドジョウ、約1㎏を用意しました。


皆さんにもドジョウの姿を見てもらいます:idea:


「これで夏を乗り切れますようにー!」と一気にドジョウをプレゼント♪


ペンギンたちは5分ほどでドジョウを食べてしまいました!
イベント終了後に、担当が物陰に隠れていたドジョウを捕まえようとしたの
ですがなかなか難しい!!
ペンギンたちはいとも簡単に捕まえていたので改めてすごいなぁと感心してしまいました:oops:


また、今回は2020年12月生まれのタラコが初参戦。
初めての生きた魚を目の前に、最初は遠巻きに見ていたのですが、
上手にドジョウを捕まえて食べていましたよ!


たくさんドジョウを食べたので、元気に夏を乗り切れそうです!

次に《アライグマのドジョウすくい》
雑食性で、野生では哺乳類から爬虫類まで何でも食べます!
そして、視力があまりよくないため、何でも触って確かめます。
川の中に手を入れて水中生物を捕まえて食べている様子が、食べ物を洗っているようだということで「アライグマ」と名前が付きました。
今回はその動きを見られる絶好の機会ですね!!


お客さんも見に来てくれました!
さて、アライグマたちの反応は...!?


捕まえてる~~~~~~!!


始めは「????」というような反応でしたが、すぐにとびついて捕まえはじめました!


器用に前脚を使って捕まえています:roll:


去年仲間入りした3頭、マグ、オト、ライは初めてのどじょうすくいでしたが、
イキイキとした姿を見ることが出来ました!
こんなに楽しそうな姿はなかなか見られないです!


マーチは最近食欲が落ちていましたが、しっかりどじょうすくいに参加していました:D

アライグマらしい本来の姿が見られましたね:roll:
このイベントは31日(土)、8月1日(日)にも開催しますよ~!!

皆さんもしっかり食べて、暑い夏を乗り切りましょう!!
水分・塩分補給を忘れずに、こまめにとりましょう!!

2021/07/24

オカメインコの命名式を行ないました

本日7月24日に「オカメインコの命名式」を開催いたしました:idea:
気温が30℃を超える猛暑の中、6名の命名者のうち5名の方に出席頂きました:oops:

今回の命名式は、とりっこ村からオカメインコが出張でやって来ました!!

6月12日から6月30日までとりっこ村とインターネットで募集をし、226件の応募を頂きました。
その中から選ばれた名前は・・・

①「レモン
 胸のグレーが多い方

②「クリーム
 胸がクリーム色の方

に決定しました。

命名者の方々には、感謝状の授与と須坂市動物園オリジナルグッズのお渡しを行ないました。素敵で可愛らしいお名前ありがとうございました。

この命名をきっかけにオカメインコの2羽はじめ、とりっこ村の動物により多くの愛着を持って頂けることを願っています。
これからもSNSのチェックを宜しくお願い致します。

2021/07/17

家畜動物たちを学ぼう

本日17日(土)~18日(日)の2日間!南園の藤棚前にて、
家畜動物に関する道具や冊子を展示しています:D

ご来園した皆さまに少しでも家畜動物に興味を持っていただきたく、
この企画を行っています!!

今年はコロナウイルス感染症対策で動物とのふれあいは出来ませんが、
ラマ、ヒツジ、トナカイの毛やトナカイの角などの展示物に
触れることが出来ます!(触れる前のアルコール消毒のご協力をお願いしております)


家畜動物クイズも用意しているので、挑戦してみて下さいねB)

規模は縮小していますが、ご来園した際には
是非ご覧になってみてください
また、何か疑問に思ったことがあれば近くにいる飼育員に
話しかけてみて下さい!お待ちしております;)

2021/07/16

『シロフクロウ』が仲間入りしました!

2021年7月9日(金)に秋田市大森山動物園から「シロフクロウ2羽」が仲間入りしました。
シロフクロウは北極圏のツンドラ地帯に生息しているフクロウの仲間です。
あのハ〇ーポ○ターに出てくることで有名だと思います。

白い方がオスの「ムース(2012年生まれ)」、模様がある方がメスの「チップ(2011年生まれ)」です。
この2羽は夫婦ですでに繁殖経験があり、須坂市動物園でもシロフクロウの繁殖を行うために搬入しました。
今シーズンの繁殖は終了しているため、ヒナがみられるのは来年度になります。
現在は本園券売所のすぐ近くの獣舎(二ホンイヌワシ舎横)で展示をしています。
まだ新しい環境に慣れていないため、優しく見守っていただけると幸いです。

:: 次のページ >>