須坂市動物園日記

須坂市動物園飼育スタッフから情報発信!

2020/04/03

4月生まれの動物たち!

Permalink 14:34:34, カテゴリ: 動物園つれづれ日記  

今日は4月生まれの動物たちをご紹介します。

4月生まれの人間のみなさんもおめでとうございます;)


フンボルトペンギン ダイブ(♀) 
2004年4月11日生まれ


ワオキツネザル ポンカン(♂)
2010年4月6日生まれ


シロウコッケイ こっくん(♂)
2013年4月生まれ


シロウコッケイ ユウくん(♂)
2013年4月生まれ


カピバラ 黒子(♀)
2015年4月9日生まれ


ヒツジ はると (♂)
2016年4月5日生まれ


オグロプレーリードッグ ニック(♂) 
2016年4月30日生まれ

オーストラリア森林火災で被害を受けた野生生物たちのための募金,ありがとうございました。

Permalink 09:30:34, カテゴリ: イベント告知!!  

オーストラリア森林火災で被災した動物を救うため2020年1月18日(土)須坂市動物園に募金箱を設置し、当園で皆さまからお寄せいただきました募金は、3月31日(火)の閉園時間で締め切らせていただきました。

皆様からの心温まる支援金は 375,350円 となりました。
多くの皆さまにご協力をいただきまして誠にありがとうございました。
なお、寄せられた支援金は公益社団法人日本動物園水族館協会(JAZA)を通し、被災した動物の救助をおこなっているオーストラレーシア動物園水族館協会(ZAA)の「野生生物保護基金」に全額寄付させて頂きます。

なお、2019年9月から続いていたオーストラリアの森林は、2020年2月14日に「全ての火災を封じ込めた」として事実上の制圧宣言がされたとの報道がありました。今後、山林火災で被害を受けた野生動物たちが助けられることを切に願うものです。

2020/04/02

2020年度 須坂市動物園 代表動物はアカカンガルー「リュウ」です。

2020須坂市動物園代表動物に当選しました:idea:
アカカンガルー「リュウ」(2018年11月11日(生))です。
今年度も始まり、担当飼育員も期待と不安でいっぱいですが!!
一年間頑張ります:)

はじめに!大事な任務!!今年度の「年間パスポート」の表紙。
こちらはすでに発注済みです。
どんな素敵な表紙か楽しみですね♥

そして各SNSのトップ画像を任されています。月1で変更になりますので
こちらも毎月楽しみにしていてください。

そして昨年からおこなっているアカカンガルーの「トレーニング」を
今年からは皆さまとも一緒におこなっていきたいと思っています。
目標はしっぽの根元からの採血。(体重測定予定)
獣医師と飼育員で動物に負担の少ない診察を引き続き頑張ります。
どのような形で皆さまと関わっていくかは、また後日にご報告いたします。


「ハッチ」のように頑張ります:p


「この」ポーズはハッチと一緒です:roll:


こんなお茶目な部分も:oops:


こんな凛々しい姿もB)

一年間アカカンガルー「リュウ」と飼育員をよろしくお願いいたします:D

2020/04/01

2020年度 須坂市動物園(臥竜公園管理事務所)をよろしくお願いします。

Permalink 17:07:55, カテゴリ: イベント告知!!  

暖かくなったと思ったら寒い日が来たりとしていますが、春らしくなって来ましたね:p
臥竜公園の桜も、もう少しで咲きそうです。

新たに社会人となられた皆さんも期待と不安が入りまじり、 緊張されていると思います:oops:
2020年度の須坂市臥竜公園管理事務所も新しい仲間を迎えて、無事にスタートしました。

「さくら名所100選」「日本の名松100選」に選ばれた臥竜公園内にある動物園:))
今年度も動物たちの健康とお客様が安心してお越しいただける須坂市動物園、臥竜公園を目指して、職員一同頑張ります:>
須坂市動物園では、Facebook・Twitter・Instagramなどで動物たちの情報などを発信していきますので、是非ご覧ください;D
臥竜公園の四季のブログも発信していますのでそちらもご覧ください:>>

2020/03/31

オーストラリア森林火災で被災した動物を救うための支援金贈呈式を行いました。

Permalink 17:43:28, カテゴリ: 動物園ニュース!  

本日駒ケ根工業高等学校の宇宙航空研究グループの皆様からオーストラリア森林火災で被災した動物を救うための寄付金108,331円をお預かりしました。


 駒ケ根工業高等学校宇宙研究グループの皆様は昨年オーストラリアでの宇宙研修を行い、その研修で大変お世話になったキャンベラ深宇宙観測施設の堀内真司博士(須坂高校ご出身)からのオーストラリア森林火災に対するメッセージにより、大変大きく心を動かされ、小さな行動から募金活動につながる取り組みをされました。
 この取り組みは、駒ケ根工業高等学校を始め赤穂小学校6年3組の皆さんへと広がり、募金箱を持っての街頭から、自分たちらしい方法をと考え、ドラム缶の焼き芋機、ピザ焼き機、ドラム缶風呂、薪割り機、竹灯りを作り、またドローン空撮で観光協力してもらうなど、これまで学んだ技術を生かして、誰かの役に立つものを作って購入してもらうことで賛同していただける取り組みをされ、延べ121人もの生徒・児童がこの取り組みに参加されたとのことです。

こちらはお預かりした寄付金の一部です。

 駒ケ根工業高等学校や赤穂小学校6年3組の皆さまがこの取り組みで集まった募金を、堀内真司博士の出身地にある須坂市動物園を通しオーストラリアの動物を救いたい、との申し出を受け、園内の募金箱で今までに寄せられた支援金とともに公益社団法人日本動物園水族館協会(JAZA)を通し、被災した動物の救助をおこなっているオーストラレーシア動物園水族館協会(ZAA)の「野生生物保護基金」に全額寄付させていただきます。

駒ケ根工業高等学校や赤穂小学校6年3組の皆様の心温まる取り組みに感謝いたします。

:: 次のページ >>