2018/06/20

全文へのリンク 10:43:41, カテゴリ: 授業風景

さつまいもの植え付けと大豆の種まき、玉ねぎとレタスの収穫

そのさとホールでは、ヤマボウシの黄色い花が咲きました(咲き終わった後に白かった部分がピンク色になってきたものもありました)
 

6月16日 5回目の授業を行いました。

まずは、くわを使ってうねをたて、豆を蒔きます。
 
豆は、みその全材料にするためのなかせんなりのほかに、くらかけ豆あおばた豆を蒔きました:crazy:

次に行うのは、さつまいもの植え付けです。
農家先生から、たくさんの大きい芋を収穫するための植え方について教えてもらい、
植えるための穴を掘り、水を入れ、苗を植えました。
「先っちょの、これから伸びる芽には、土をかけちゃだめだからね~」とアドバイスをもらいます:D
 
 

4月に植えたじゃがいもはたくさんの花を咲かせていました。
「じゃがいもは土の中で大きくなっているので、咲いている花はいりません。お花を摘みましょう」とお花を摘みながら、
花の形を観察したり、テントウムシを発見したり、いろいろな発見がありました。

レタスや玉ねぎの収穫も楽しみ、お土産に持ち帰りました。

5月に植え、伸びてきた長ねぎは、JAボランティアの方に土寄せをしてもらいました。

作業の合間に食べたおこびれは、昨年収穫したもち米で作った五目おこわおにぎりです。
5月に田植えを行った稲はすくすくと育っています。今年も豊作になるといいなぁと話し合いました。

次回は7月14日 葉が枯れ大きく育った玉ねぎの収穫と、園里郷土資料館の見学です。

2018/05/28

全文へのリンク 15:19:49, カテゴリ: その他

田植え


そのさとホールではヤマボウシの花が咲きそうです:roll:
(白い部分は花ではなく、真ん中の緑色の部分から黄色い花が6月頃咲くとのこと)

5月27日 楽しみにしていた田植えの日です:p
朝会では、校長先生より稲の苗について学びました:roll:

田んぼに移動し、植え方を聞きます:crazy:
 

田植えは初めてという児童・保護者はおそるおそる田に入りましたが、
「どろんこが、冷たくて気持ちいい~」と感触を楽しんでいました:))

   

どろに足がとられてうまく動けず、四苦八苦していた人も、
すぐに慣れて、上手に植えていくことができるようになりました。

水縄に沿って苗を植え、一歩下がると、農家先生が水縄の位置を変えて、
先生の合図でまた水縄に沿って苗を植えて… の繰り返しです。

一斉に植えるため、早くできた人と、まだ植えてる途中の人がいました。すると、いつの間にか
児童の「(苗を植えても)もういいか~い」
農家先生が「まあだだよ~」
児童「もういいかい」
農家先生「もういいよ」
というやりとりが続きました:p

農家先生に「余計に歩くと、足あとがいっぱい付いて、植えにくくなるよ」とアドバイスをもらいました。

「足あとの所は、どろんこがなくなっているから、どろんこが無くて深くなってるけど、
まわりからどろんこを持ってくると、植えやすくなるね~」
と対応策を発見する児童もいました:D

田植えをいったん中断し、休憩です。
この日のおこびれは、ひんのべです。
小麦粉を練ったおだんごや、豚肉のほか、農家先生が持ってきてくれたじゃがいも、葉大根、
昨年育てた長ねぎや玉ねぎなどのたくさんの野菜に、昨年仕込んだみそで味をつけた具だくさんの汁です:oops:

「おいしい!これでおかわり3杯目」と児童の言葉に、農家先生も「作り甲斐があるね」と笑顔です:p
大きな鍋2つ分もあったひんのべも、みるみるうちに皆のお腹に入りました:))
 

おこびれの力により元気になり、
後半はどんどん田植えが進み、あっという間に終わりました。


「今年は、上手に植えられたなぁ」と農家先生も関心していました。

そのさとホールに戻り、終わりの会を行いました。
いつも元気に挨拶ができる児童会長と一緒に
「ありがとうございました」のお礼のあいさつのほかに
この日は「収穫が楽しみです。秋の稲刈りまで水やりなどの田んぼの管理をよろしくお願いします」と農家先生にお願いをしました:D

次回は、6月16日 さつまいもの苗の植え付け、豆の種まき、玉ねぎの収穫です。

全文へのリンク 15:02:20, カテゴリ: その他

田植え前の準備

5月 農家先生が、田植え前の準備を行いました。
   12日 肥料まきを行い、あぜにシートを敷きました。
   23日から代掻き
   

 新しい水がひかれた田には、気持ちよさそうにかえるが泳ぎ、あぜには鳥が:p
   

2018/05/21

全文へのリンク 12:22:01, カテゴリ: その他

みその仕込み

5月19日 今回は、長野県須坂創成高校の加工クラブのお姉さんに教えてもらいみその仕込みです:p

事前に準備をしてくれていました:crazy:

豆を洗い、浸漬しておいたものを、大きい鍋で蒸し、潰し、広げて冷まし、米麹と混ぜました
   

授業が始まり、みその作り方について学び
  

みそを容器に詰めます:crazy:
 

ばいきんが増殖しないよう塩を振ります

大きいたるに、授業のおやつで使うためのみそを仕込みます

半年間熟成し、秋にはおいしいみそでひんのべを食べる予定です:oops:

次回は5月27日 田植えです:>>

2018/05/14

全文へのリンク 17:45:25, カテゴリ: その他

とうもろこしの種まき、長ねぎの植え付け、離山散策

5月12日 
農業小学校の畑では、4月21日に植えたじゃがいもの芽が出ていました:D


今日の作業説明を聞き、作業開始です:crazy:
    
とうもろこしの種まき、長ねぎの植え付け、レタスの植え付け、夏菊の株分けを行いました。

前回に続き、にらの収穫も行いました:D
「やわらかくておいしいにらだったから、また収穫できてうれしい」と話しながらの収穫です;D

今日のおこびれ(おやつ)は、農家先生特製焼きたてあつあつのにらせんべいです:oops:
  
「にらがいやだなぁ~」と話していた児童も、実際食べてみると「おいしい!おかわりはあるかなぁ?」:P

作業で疲れていた人も『おこびれの力』により、元気が復活し、後半は『離山(はなれやま)』へ散策に行きました。
     
登りは、ついつい足元ばかり見てしまいますが、周りにはかわいい花がたくさん咲いていました:p

頂上近くの展望台からは、遠くの雪をかぶった山々や、千曲川、須坂の街並みを見渡すことができました。
先に登った元気な子ども:Dは、「もうちょっとだよ~!がんばれ~!」と後方のバテテきた大人XX(へエールを送ります;D

頂上のお堂には、この離山にまつわる伝説について書かれてありました。
この伝説のほかに、この地域に伝わる「灰野観音崎の伝右エ門ものがたり」の紙芝居を校長先生が読んでくれました。
「話に出てきた場所にも行ってみたいなぁ」との意見もありました:>>

 
山を下り、離山を見上げると、蛇の口とよばれる、竜の口のような形の岩が見えました:roll:

そのさとホールにもどり、この日の授業は終わりです:D

次の授業は5月19日 須坂創成高校でみその仕込みについて学びます:crazy:

:: 次のページ >>

信州すざか農業小学校豊丘校

伝統文化こども教室 信州すざか農業小学校豊丘校

| 次 >

検索

カテゴリ


リンクブログ

須坂のリンク

いろいろ

このブログの配信 XML

須坂市公認ポータルサイト・いけいけすざか