2023/09/25

全文へのリンク 14:37:56, カテゴリ: 授業風景

9月23日土曜日 第9回授業 昔ながらの米づくり3

9月23日土曜日 農業小学校の田んぼは一面黄金色になり、たわわに実った稲穂は頭を大きく垂れています。
田んぼが黄金色に色づきました
さあ、稲刈りです!:>

秋を感じさせる涼しい風がそよぐ中、みんなで早速田んぼに出発。
田んぼに出発
田んぼでは、前の日のうちに農家先生が鳥よけの網を外し外側の列の稲を刈って、今日の稲刈りの準備をしておいてくれました。

5月の田植えでだいたい3本ずつ植えた稲は「分けつ」してひとつかみぐらいに増え大きく育っています。
まずは、校長先生から稲の成長についておはなしを聞きます。
校長先生のおはなし
おや?:roll:きれいな黄金色の稲穂の中、一部黒ずんだ場所があります。
手前の稲が食べられています
これは鳥に食べられてしまった稲です。鳥よけの網の上に集団でとまって網を下げ、飛び出た稲を食べてしまうのだそう。
「すごい!」88|思わず感心してしまいますが、この稲にはお米が入っていません。鳥たちの大好物のもち米を食べられないようにするのはとても難しく頭を悩ますところなのです:(

そして、校長先生から稲刈り鎌の使い方を教えてもらったら、いざ挑戦!:>
先生にコツを教えてもらいます
先生がやり方を丁寧に教えてくれます。
稲刈り1 稲刈り2 
みんなあっという間にコツをつかんでどんどん刈っていきます。

その一方、こちらでは大人の皆さんに束ね方を講習中。
束ねるのも大変
藁を使って刈った稲を束ねるのですが、なかなか先生方のようにはできません。

大体刈ったら、最後は機械を使っての稲刈りを見せてもらいました。
秘密兵器登場
刈るだけではなく束ねてもくれる「バインダー」に、思わず歓声があがりました:D

次ははぜかけです。束ねた稲を干すために、支柱に渡したはぜ棒と呼ばれる鉄の棒にかけていきます。
よっこいしょ はぜかけ2
小さい子どもたちにはちょっと位置が高くてたいへん。でも背伸びしながらがんばってかけてくれました。
はぜかけ3 はぜかけ4

はぜかけをしたら落穂ひろい。刈り残した稲や落ちている穂を拾います。大切なお米、取りこぼした細かいものも集めましょう。
落穂拾いも大切です

よーく探して…おや? 子どもたちが夢中で探しているのは落穂かな?
とかげみっけ!1 とかげみっけ!2 首の後ろにもかまきり
とかげみっけ!3 とかげみっけ!4
トカゲにイナゴ、カマキリにトンボ、ネズミもいたんですって!88|たくさんの生き物とも出会いました;)

そして、ようやく稲刈りが完了!:p
集合写真

がんばったみんなを迎えてくれたのは…
農家先生特製のひんのべです:p
ひんのべどうぞ

めしあがれ めしあがれ2

手作りのひんのべには野菜もたっぷり。子どもも大人もみんなで美味しい笑顔が飛び出ます。
ひんのべおいしい! いただきまーす
まだまだ食べるよ! みんなで食べると楽しいね
おかわりの列も続き…大鍋に3つあったひんのべも、ほとんど完食:>>
完食

実は、コロナ禍によりずっと農家先生のお手製おやつをみんなでそろって食べることができませんでした。4年ぶりとなる記念すべきひんのべ。先生方にとっても美味しさはひとしおでした。

最後に稲穂を1本ずつもらいました。1本に何粒お米ができたのか数えてみてくださいね。

お米を食べるのが待ち遠しいね
今日はぜにかけた稲は、太陽の光と風を浴び、どんどん美味しくなっていきます。次回は脱穀。お米が食べられるようになるまであと少しです。

2023/09/07

全文へのリンク 09:03:08, カテゴリ: 授業風景

9月2日土曜日 第8回授業 豊丘たんけん隊!

9月に入り、季節もいよいよ後半。畑では、夏にじゃがいもやとうもろこしを収穫した場所に秋冬野菜を育て始めます。
ところが…例年にない暑さと雨不足のため、今年は植え付けや種まきなどは1週間遅らせたほうが良さそうとのこと。
自然を相手に作物を育てる農業では、天気や気温、風や湿度などに作業が大きく左右されます。本当なら日々天気予報や空の様子を見て、作物の植付けや収穫、お世話をする時を決めるのです。しかし日程が決まっている農業小学校。農家先生たちは悩みながらも、子どもたちに体験してもらいたいし…とみんなで前の日に相談し、“予定通り作業は行う。そのかわりたっぷり水をやる!”ということに決まりました。

そしてむかえた9月2日土曜日、信州すざか農業小学校第8回目の授業です。
空にはうっすら雲が覆うもののもよく晴れて暑い日になりそう。全部で10種類ほどある雲も修了式までには全部教頭先生に教えてもらえるかな?
この日も須坂創成高校から先生と2人の生徒さんがきてくれました。はじめの会では大根の問題を出してくれましたよ。
創成高校農小クイズ
芽はどんな形? 辛い部分はどこ? なかなかむずかしいぞ。
発芽や収穫がますます楽しみになった大根。早速蒔きに行きましょう:>

大根を植えるのはじゃがいもを収穫した後の畑。先生がきれいに耕してくれていました。
植え付け前畑
ここにうねを作って、種を蒔きます。大根は浅く植えるので掘りすぎは厳禁。くわを使って、まっすぐに浅く土を掘ってうねを作ります。
畝づくり 上手にうねもできるよ
土が乾燥しているので出来上がったうねの上へ、先生が水をたっぷりくれました。そこへ1か所に2粒ずつ種を蒔きます。
大根の種 種まき
小さい大根の種、なくさないように注意して蒔きました。ハートの芽、見られるかな?

こっちの種はもっと小さい種88|
春菊種
春菊です。
とても小さい種なのでバランスよく蒔くために道具を使います。春、かぶの種蒔きのときにも使ったね。
みんなも挑戦させてもらいました。
道具を使って種まきに挑戦 春菊の種をまこう

続いて植えるのは2種類の苗。

白菜の苗だよ
白菜の苗と
これはブロッコリーの苗
ブロッコリーの苗です。

手で穴を掘って、ポットから出した苗を植えます。芽の真ん中にある「成長点」に土がかかると育たなくなってしまうので注意が必要。慎重に植えました。
そっとポットから出すよ うまく植えられたかな
そして植える前には忘れずにた~っぷり水を入れ、植えた後もしっかり水をやります。
たっぷり水を入れるよ 植えた後にも水をやろう
じょうろに何度も水を補充しました。このあと、さらに先生が機械を使って水やり。雨がないとこんなに大変なんだね。

植える作物があれば採れる作物もありますよ。春に植えたかぼちゃは大きく育って今が採り頃:p
今年は良い出来で、みんなとても大きなかぼちゃを採れたようです。
大きいのとれた! 大きいカボチャゲット!
私のカボチャも大きいよ 僕のが最大! 
白い皮が特徴のこのかぼちゃは白爵(はくしゃく)という種類で、皮がとても固いそう。その代わり長持ちするので、丸のままなら来年の初めまでもつ「年越しかぼちゃ」なんですって。

さて、この日は作業後に離山(はなれやま)という山を散策する予定でしたが、一生懸命畑の作業をしているうちに時間が足りなくなってしまったので、散策はせず離山に伝わる民話『離山伝説』の紙芝居を聞くことになりました。
紙芝居 離山伝説
竜が岩になったという離山の伝説。みんな真剣に聞いていました。
みんな真剣 みんな真剣
おはなしに出てきたぜひ竜が口を開けている形の「蛇の口」はそのさとホールから歩いて10分ほど。頂上にあるお堂には今回読んだ紙芝居が飾ってあります。展望台からは須坂の町もよく見え、ふもとにはアスレチック遊具のある「わんぱく広場」もあります。ぜひ行ってみてくださいね;)

さて、楽しみのおやつは先生お得意のおやき。
おおきなおやきはつやつやです 
中身は、今日収穫した白爵かぼちゃ! とっても美味しくできたと先生が太鼓判を押してくれました。それからこの時期の定番の大きな丸ナス入りのおやきです。
とても美味しくできましたよ

ひとりひとり先生から声をかけてもらいながらいただきました。
先生から手渡ししてもらいます

さらに須坂市地域おこし協力隊の方からスイカの差し入れ! 暑い畑作業後には最高ですね:p
差し入れのスイカ みんなでスイカいただきました

おみやげに先生からきれいな盆菊もいただき、この日は終了。
先生からいただいた盆菊

今日植えた作物たち、雨不足が心配ですが無事大きく育ちますように:)
次回はいよいよ稲刈りです! おやつはいよいよ………B)
楽しみにしてくださいね;)

2023/08/14

全文へのリンク 08:10:57, カテゴリ: 授業風景

8月5日土曜日 第7回授業 野菜を守れ~草取り大さくせん~

全12回の今年度の農業小学校も折り返し、後半に入りました。そんな第7回目となる授業が夏本番の8月5日土曜日に行われました。
快晴のこの日は豊丘でも朝から厳しい暑さ。空には「綿雲」が浮かんでいます。前回の授業で教えてもらったこの雲は、だんだん積乱雲に変わり雷や夕立を降らせる雲。教頭先生がわかりやすく写真を使って詳しく説明してくれました。
きょうのそら
はじめの会の農小クイズでは「とうもろこしの花はどれ?」という問題が出題:roll:

正解は、とうもろこしの茎のてっぺんについている穂と、実の先にある「ひげ」と呼ばれるところの2か所。みんなよく知っていました;)
ここで校長先生からもクイズ。
「ではどっちが雄花でどっちが雌花かな?」
…う~ん…:(
正解は茎のてっぺんの方が雄花。穂が出ると花粉を落とし、実から出ている「ひげ」の雌花に受粉するんだそう。勉強になりました88|

それではそんなとうもろこしを収穫に行きましょう!
大きくて実がしっかり入っているのが食べごろ。虫や鳥もよくわかっていて先に食べられたあとがあるものも。
とうもろこし収穫 とうもろこし収穫2
よーく選んで特大のとうもろこしをゲット!:>
とうもろこし収穫! とうもろこし収穫!

他の作物も順調に成長しています。
黄色い可愛い花は落花生。この花のところから出た根が土に入っていき実をつけるのだそう。じゃがいものように根っこに実ができるのではないんですね:idea:
落花生観察

さて、今日のテーマは「野菜を守れ~草取り大さくせん~」。雑草はぐんぐん成長しています。前回の授業できれいに草取りしたはずの畝も、あっという間にたくさんの雑草が生えていましたXX(
暑いのでわずかな時間でしたが、みんな一生懸命に草取り!
手ごわい草も協力して抜きました。
抜けるかな

この日は、畑作業だけではありません。後半は田んぼへ行って鳥よけをします。
田んぼの稲は順調に成長し穂が出始めています。その穂には、よーく見ると、とてもとても小さい花が咲いていました。
稲の花
この稲の花は、朝のほんの数時間だけしか咲かないのだそう。そして穂の中はまだ空っぽ。これから籾の中に「お米のもと」が生まれます。指で押すとミルクのような液がでるほどやわらかい「お米のもと」はとてもおいしいので鳥たちが大好きなんですって。
そこで、鳥たちにお米を食べられないために田んぼに網をかけます。
大きな網を、先生の指示に従いながら子どもも大人も先生も全員で協力して田んぼ全体にかけていき、端をしっかりしばったら完成。
あみをおくります 縛ります

大きな網 うまくしばれる

それだけではありません。覚えていますか?第5回の授業で作ったかかしも登場。田んぼの周りで鳥たちからお米を守ってもらいます。
かかしをたてます うまく立てた!

この日は、もうすぐ月遅れの七夕。願い事を書いた短冊をみんなで笹につけました。
七夕飾り
飾りをつけた笹は田んぼの入り口に立てました。
美味しいお米がとれるまであとひと月半。楽しみだね:p
願い事かなうかな

願い事かなうかな

たっぷり汗をかきながら戻った子どもたちを迎えてくれたのはふかしとうもろこし!
とれたてですよ~!:D
女先生
いっしょに活動してくれた三木市長にも味見していただきました:)
おみやげには、とうもろこしの他にも前回収穫したじゃがいもの小芋もありました。
暑い中全力で頑張ってくれてありがとう。次回は来月。少しは過ごしやすくなるかな?;)

2023/07/25

全文へのリンク 16:33:19, カテゴリ: 授業風景

7月22日土曜日 第6回授業 たくさんほるぞ

連日30度を越える真夏日が続き、いよいよ梅雨明けとなった7月22日土曜日、第6回目の信州すざか農業小学校授業が行われました。

はじめの会で教頭先生と一緒に見上げた空にうっすら浮かぶのは綿雲。
きょうのそら
この雲は発達すると積乱雲になり夕立などの雨を降らせるそう。夏らしい空模様です。

今回も須坂創成高校から先生と4人の生徒さんがきてくれました:p
創成高校
はじめの会で出題してくれたのはじゃがいものクイズB)

「じゃがいも掘りは、いつがいいでしょうか?」:roll:

正解は、「葉が黄色に変わり、茎が萎れてきたとき。」

そして今の農業小学校のじゃがいもは…
じゃがいも
まさに掘りごろ!!!:>

という訳で、今日の授業はじゃがいも掘りです。

長い畝に横1列に並び、4畝分のじゃがいもを掘っていきます。
じゃがいもほるぞ

移植ごてで掘ってみると…
あるかな あるかな?

「あったー!」 あちこちから声が上がります。
おおきいおいも じゃがいもほり
じゃがいもほり 大きい!
どんどん出てきますよ。とっても小さいものから、特大サイズまでごろごろ。

じゃがいもほり
「ひとつのタネイモから14個もいもがとれたよ!」

とれたじゃがいもは全部で約350Kg!:D

今年度の農業小学校のテーマは【大きく育て たくさん実れ】。
たくさんの実りが採れましたね!:p

ジャガイモ軽量
畑作業の後には、自分で3Kgずつ量っておみやげにしました。

とうもろこしも、少し早めでしたが食べごろのものを先生に教えてもらって1本ずつ収穫しました。
とうもろこし収穫 とうもろこし収穫
この日のおみやげにはじゃがいもととうもろこしのほかにも、前回雨で収穫できなかった玉ねぎやにんにくを先生方が収穫し準備してくれていました;)

収穫の一方、この時期に種をまく作物もあります。
とっても小さいこの種はな~んだ?:roll:
ブロッコリー
正解はブロッコリーです。

「カブの種に似てるね」
とっても小さい種は4月に蒔いたカブの種とよく似ています。よく覚えているね。
この小さい種はポットに1粒。なくさないようにそっと土をかけます。大きく育ちますように。

さて、この日は甲信越地方の梅雨明けとなりました。今年の梅雨は、常にも増して雨の多い年でした。この雨と強い太陽の日差しは、作物だけではなく雑草をどんどん大きく育てます。農小の畑も、作物以上に元気のよい雑草がたくさん生えていましたXX(
作物の成長を邪魔をする雑草はこまめに取らなければいけません。そこでこの日は落花生やさつまいもの周りを中心にみんなで草取り!
草取り頑張ろう 草取り
暑い中ですが、立派に育てるためにがんばりますよー:>

いっぱいとった
みんなでがんばって草取りをしたあとには山盛りの雑草。畝はとてもきれいになりました。みんなお疲れ様。ありがとう!:D

授業の後半は、そのさとホールの中に移動して農家先生のみその話
去年農小の畑でとれた大豆を使って5月に先生方がみそを仕込んでくれていました。その仕込みの様子を写真で見ながら、先生からお話をお聞きしました。
味噌の話

みんな真剣 おうちでもやりたいね
5月に仕込み、おいしくなるのは11月ごろ。ゆっくり時間をかけて麹が大豆をおみそに変身させるんだそうです。
時間はかかるけど、材料も大豆と麹と塩だけ。難しいこともないのでおうちでも作ることができます。興味がある人は農家先生に聞いてみると、丁寧に教えてくれますよ;)

盛りだくさんの授業の後のおやつは、掘りたてのじゃがいもを使ったおやつです。甘辛だれの味付けには去年農家先生が作った手作りみそも入っていました。
ジャガイモのアマからだれ和え おやつ配布
汗をたっぷりかいてがんばったのでおなかもペコペコ。「今すぐ食べたい!」の声もたくさん聞こえました:D

次回は夏休み中の8月5日です。ますます暑くなってきますので、水分や帽子を忘れず、熱中症対策を充分にしてください。そして作業をするので長袖・長靴で来てくださいね。
次回も汗をかきつつ一緒に楽しくがんばりましょう!

2023/07/06

全文へのリンク 13:20:13, カテゴリ: 田畑の様子, その他

農業小学校ウラ話 玉ねぎの収穫

前回授業から3日。大雨から一転30度を超える暑い日が続きます。
晴天が続いたということは…玉ねぎを掘るチャンス!
先生方が集まって、授業でできなかった玉ねぎの収穫を行いました。
暑い中先生方は玉ねぎを掘ります

照り付ける太陽の中、汗をかきながら収穫した玉ねぎは345Kg!88|88|
すごい量!
みなさんに配ったおみやげの分やおやつに使った分を含めて、今年の玉ねぎの収穫は約400Kgほどになりました;)
これから風通しの良いところでしっかりと干して保存します。

さて、作業はこれだけではありません。雨上がりの後の晴天で、農小の畑では作物だけではなく雑草がぐんぐん育っていますXX(
そこで先生方は草取りも行います。
汗をかきながら丁寧に草を取りつつ、作物の様子もチェック。
先生方は草取りも早い!
土を寄せたり、脇芽を欠いたり…。そして今後のお世話について先生方で相談しながら作業をします。いつもこうして、先生方は子どもたちが楽しく農業小学校の授業ができるように作業をしてくれているんですよ。
次回の授業も楽しみにしていてくださいね;)

:: 次のページ >>

信州すざか農業小学校豊丘校

伝統文化こども教室 信州すざか農業小学校豊丘校

| 次 >

検索

カテゴリ


リンクブログ

須坂のリンク

いろいろ

このブログの配信 XML

須坂市公認ポータルサイト・いけいけすざか