知って得するくらしの知恵

日々の生活に関する身近なことから悪質商法対策まで。くらしのお役立ち情報をお届けします。

2024/02/26

賃貸住宅の原状回復トラブル

Permalink 08:55:00, カテゴリ: くらしの知恵  

国民生活センターより、「賃貸借契約の原状回復トラブル」に関する注意喚起をお届けします。

:|「原状回復」とは:(
賃貸借契約の「原状回復」とは、借主の故意・過失によって賃貸住宅に生じたキズや汚れ(損傷)等、また、借主が通常の使用方法とはいえないような使い方をしたことで生じた損傷等を元に戻すことをいいます。賃貸借契約が終了した時、借主は、賃貸住宅の原状回復を行う義務を負います。しかし、借主の責任によるものではない損傷等や、普通に使っていて生じた損耗(通常損耗)、年月の経過による損耗・毀損(きそん)(経年変化)については、原状回復を行う義務はありません。

:|原状回復に関するトラブルの特徴:|
賃貸借契約は長期間にわたることが多く、原状回復が問題となる退去時は、契約締結時から相当の時間が経過しています。そのため、入居時の状況がわかるような記録が残っていないと、問題となっている損傷等が通常損耗や経年変化にあたるかどうか、客観的な判断が難しいことがあります。原状回復に関するトラブルの多くは、退去時に貸主側(大家や管理業者等を含む。以下同じ。)から提示された修繕の範囲や金額について借主が納得できないときに起きるものです。原状回復に関する借主と貸主の費用分担については、それぞれの契約内容や賃貸住宅の状況などによって異なるため、トラブルになりやすいという特徴があります。

;)アドバイス;)
・契約する前に、契約内容の説明をよく聞き、契約書類の記載内容をよく確認しましょう。
・入居する時には、賃貸住宅の現在の状況をよく確認し、記録に残しましょう。
・入居中にトラブルが起きたら、すぐに貸主側に相談しましょう。
・退去時には、精算内容をよく確認し、納得できない点は貸主側に説明を求めましょう。

;)参考資料;)

国民生活センター:住み始める時から、「いつか出ていく時」に備えておこう!-賃貸住宅の「原状回復」トラブルにご注意-

2024/02/19

その申込み、定期購入になっていませんか?もう一度「最終確認画面」をチェック!

Permalink 08:42:00, カテゴリ: くらしの知恵  

国民生活センターより、「定期購入」に関する注意喚起が届きました。
通信販売での「定期購入」に関する相談が全国の消費生活センター等に引き続き多く寄せられています。
特にインターネット通販では、申込み前に「最終確認画面」をよく確認することが重要です。

インターネット通販では、注文する前に販売サイトや「最終確認画面」の表示をよく確認しましょう。

国民生活センター:「最終確認画面」チェックリスト

参考資料
・国民生活センター:その申込み、定期購入になっていませんか?もう一度「最終確認画面」をチェック!-依然として多い通信販売での「定期購入」トラブル-

2024/02/13

SNS上の投資グループで勧誘される詐欺的なFX取引トラブル-その仲間、信じて大丈夫?-

Permalink 08:45:00, カテゴリ: くらしの知恵  

国民生活センターより、「FX取引(外国為替証拠金取引)」に関する注意喚起が届きました。

SNSやインターネット上の広告、SNSで知り合った人からの紹介等をきっかけにSNSの投資グループに誘われ、そこでFX取引を持ち掛けられるという新たなパターンが目立つようになっています。消費者は投資グループ内での指示通りに、指定された個人名義の口座に次々とお金を振り込みますが、最後はお金を一切引き出せなくなるという詐欺的な手口です。

XX(手口のイメージXX(
・SNSのグループチャットに誘われる。
・グループチャット内で参加者から成功体験を聞かされ、FX取引に誘われる。
・お金を振り込むと最初は利益が出たように見え、次々と送金を要求される。
・出金できず、FX業者ともグループチャットのメンバーとも連絡が取れなくなる。

:|アドバイス:|
・SNS上の投資グループに注意してください。
・振込先に個人名義の口座を指定された場合、絶対に振り込まないでください。
・無登録業者との取引は行わないでください。
・FX取引の仕組みがよく分からなければ契約しないでください。

|-|参考資料|-|

国民生活センター:SNS上の投資グループで勧誘される詐欺的なFX取引トラブルにご注意!
国民生活センター:SNS上の投資グループで勧誘される詐欺的なFX取引トラブル-その仲間、信じて大丈夫?-

2024/02/05

スポーツジム等の契約トラブルにあわないために-契約・解約時に確認したいポイント-

Permalink 14:16:16, カテゴリ: くらしの知恵  

国民生活センターより、「運動施設・指導等を提供するスポーツジムやフィットネスクラブ、パーソナルジム、ヨガ教室等」に関するトラブルについて注意喚起が届きました。

88|相談事例88|
・1年半前にスポーツジムを解約したはずが、クレジットカードから料金の引落としが続いていた。
・オンラインヨガ教室の無料お試しキャンペーンに申し込んだら、通常プランに自動更新され、月会費が引き落とされていた。無料登録のみのつもりだったので、返金してほしい。
・スマートフォン上で手続きを行うスポーツジムの契約をしたが解約できない。事業者に電話しても繋がらず、店舗で聞くこともできないため困っている。

;)アドバイス;)
・契約する前に以下の点に気を付けましょう。
・解約時(休会時・退会時)の連絡先や精算方法、プランの期間等について確認しましょう。
・体験やお試しプランの場合、自動更新の有無等について確認しましょう。
・解約するときは解約の手続き方法や申し出期間を十分に確認しましょう。
・事業者と連絡が取れない場合は、電話・メール・サイト上のフォーム等、複数の連絡手段で問い合わせましょう。

|-|参考資料|-|

国民生活センター:スポーツジム等の契約トラブル防止のポイント
国民生活センター:スポーツジム等の契約トラブルにあわないために-契約・解約時に確認したいポイント-

2024/01/29

暗号資産のもうけ話に注意!

Permalink 09:40:00, カテゴリ: くらしの知恵  

国民生活センターより、「暗号資産」に関する注意喚起が届きました。

XX(事例XX(
・SNSで知り合った外国人男性から勧められた投資サイトで暗号資産の取引をした。出金を希望したら、高額な費用を請求された
・知人に暗号資産の自動売買でもうかると誘われ自動売買ソフトを購入した。もうからず、信用できないので返金してほしい

;)トラブル防止のポイント;)
・暗号資産の投資を勧める相手からの勧誘をうのみにしない
・暗号資産交換業の登録業者か確認し、無登録業者とは取引しない
・取引内容やリスクが十分に理解できなければ契約しない

:P参考資料:P
国民生活センター:20代要注意!暗号資産のもうけ話

:: 次のページ >>