知って得するくらしの知恵

日々の生活に関する身近なことから悪質商法対策まで。くらしのお役立ち情報をお届けします。

カテゴリ: くらしの知恵, 商品, 洗濯, 食品

2021/02/18

新型コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意ください!!

Permalink 13:40:15, カテゴリ: くらしの知恵  

こんにちは:D おおちゃんです!:D
日々の消費生活に関するトラブル回避情報をお伝えしています。

:roll: 新型コロナウイルス感染症に関わるワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が寄せられています。
市町村等が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありません!

B)B) 行政機関等をかたった〝なりすまし”にご注意 B)B)

       (出典:消費者庁)

=> 現在、新型コロナワクチン詐欺に関する消費者トラブルについては「新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン」(☎0120-797-188)【フリーダイヤル(通話無料)10時から16時(土日祝日含む)】が開設されています。

困ったときには一人で悩まず、須坂市消費生活センター(☎026-213-7188)、消費者ホットライン(☎188)にご相談ください。

2021/02/12

突然、アダルトサイトで「登録完了」になった!!

Permalink 09:00:00, カテゴリ: くらしの知恵  

:D こんにちは おおちゃんです! :D
日々の消費生活に関するトラブル回避情報をお伝えしています。

今週は「ワンクリック請求」です!:|

88| 事例 88|
スマートフォンでインターネット検索をしていたら、突然アダルトサイトにつながり、「登録完了」と表示され、30万円を請求された。画面に相手の電話番号が表示されて消えない。電話をした方がいいのか。 【出典:国民生活センター】

:| アドバイス ;)
これは、有料サイトに登録したと利用者に思わせて不当な請求をする、ワンクリック請求の手口だと思われます。表示された番号等には連絡しないようにしましょう。
画面表示を消去する方法については、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のホームページを参考にしてください。https://www.ipa.go.jp/

XX( ワンクリック請求とは・・・ XX(
登録完了画面等を表示することで契約が成立したと思わせて、サイト利用料等の名目でお金を払わせる手口のことです。
=> その他の事例
① サイトに表示された年齢確認の部分をクリックしたらサイトに登録された。
② 「無料動画はコチラ」という部分をタップしたらサイトに登録された。
ゲーム・芸能情報・占いなどのサイトからアダルトサイトに誘導されるケースもあるため、インターネットの閲覧中は安易なクリック(タップ)をしないよう注意しましょう。

:. 請求画面が表示されたら・・・ :.
画面上に契約成立となる旨の表示がない場合は、契約が成立していない可能性があります。また、インターネット上の契約では、契約が成立する前の画面で契約内容を確認できるようになっていないなど、事業者が申込み内容の確認を求める措置を講じていない場合、消費者は錯誤(勘違い)による契約の取消しを主張することができます(電子消費者契約法3条)。料金を請求されても支払う必要はありません。
=> なお、サイトへ接続しただけでは、個人を特定する情報が相手に知られることはありません。慌てて相手に連絡してしまうと、新たに個人情報を知られかねません。請求には応じず放置しましよう!
 
:idea: でも・・・裁判所から書類が届いた場合は・・・ :idea:
アダルトサイト等のトラブルでは、スマートフォンやパソコンの画面上で請求されるケースがほとんどですが、裁判所から特別送達(※参考1)が届いた場合だけは、そのまま放置してはいけません。放置すると欠席裁判となり、基本的にアダルトサイト業者の請求がそのまま認められてしまいます。
(※参考1)「特別送達」とは・・・「特別送達」と記載された裁判所の名前入りの封書で1,089円分の切手(後納郵便の場合もある)が貼られ、郵便配達担当者が直接本人に手渡しすることが原則。

判断できない場合や不安な時は、須坂市消費生活センター(☎026-213-7188)または、消費者ホットライン(☎188)にご相談ください。

2021/02/04

中古バイクを契約したが親に反対された・・・~未成年者取消権~

Permalink 16:35:00, カテゴリ: くらしの知恵  

こんにちは:D おおちゃんです!:D
日々の消費生活に関するトラブル回避情報をお伝えしています:p

:p 今週は、未成年者取消権です! :p
 
XX( 事例 XX(
高校3年生だが、1カ月前インターネットで中古バイクを見つけ、販売店に出向き13万円で買った。頭金として5万円を支払い、残金をアルバイトで貯めたお金で支払うつもりだったが足りない。親にお金を借りようとしたら、猛反対された。 【出典:国民生活センター】

:P アドバイス :P
未成年者は、成年者と比べて取引の知識や経験が不足し、判断能力も未熟であることから、不利益を被らないように、契約などの法律行為に関する取消権で保護されています。ただし、未成年者が行った契約などの法律行為すべての取消しができるわけではありません。要件があるので注意が必要です。(参照:①)
今回の事例の場合、親権者(法定代理人)がこの契約の締結に同意していませんので、未成年者契約の取消しができます。販売店が、契約時に親権者(法定代理人)の同意を得ているか、確認する必要がありました。
2022年4月1日以降は成年年齢が18歳に引き下げられるため、18歳になった以降にした契約などの法律行為は、「未成年者取消権」による取消しができません。

88| 未成年者取消権とは? 88|
未成年者の法律行為(契約)の場合、原則として法定代理人(親権者や未成年後見人)の同意が必要です。未成年者が法定代理人の同意を得ないで契約した場合には、民法の「未成年者取消権」によって法定代理人もしくは未成年者自身が、契約を取消すことができます。
また、未成年者取消しをすると、契約は最初から無効となり、売買契約であれば、購入代金の支払い義務がなくなり、支払い済みの場合は返金請求できます。受取った商品がある場合は、残っている商品を現状のまま返還すれば足ります。

=> 参照:①  未成年者契約が取消せない場合とは・・・
・法定代理人が同意をしている場合
・小遣いのように法定代理人が処分を許した財産を使う場合
・詐術(偽り)を用いた場合
 → 未成年者が契約の相手に対して、自分は成年だとか、法定代理人の同意を得ているなどと信じさせるために詐術を用いた場合。ただし、詐術といえるかどうかは、事案ごとに判断されます。
(例)バイクを購入する際、店員に未成年であると伝えたが、店員から契約書には成人となる虚偽の生年月日を書くように指示され記入した場合には、詐術とは判断されないでしょう。
・法定代理人が未成年者に営業の許可をした場合
 → 営業に関する契約については、取消しはできません。
・婚姻している場合
・追認した場合
→ 成年になってから購入した商品(事例のバイク)を受取ったり、代金を支払ったりすると取消しができません。

:roll:(2020/12/9のブロブテーマ「子どもがオンラインゲームで無断決済!家庭内でルール作りを!」のような相談が増えておりますが、親の管理不足が問われ、返金等が難しい案件もありますので注意が必要です。
https://blog.suzaka.jp/kurashi/2020/12/09/p38364

:D 最後に・・・民法改正により、2022年4月から「成年」の年齢が20歳から18歳に引き下げられます。様々な勧誘のターゲットになる危険性があります。ぜひ今から家庭で話題にしていただきたいと思います。

2021/01/25

”運命の人だと思っていたのに・・・”もしかしてデート商法!?

Permalink 15:00:00, カテゴリ: くらしの知恵  

こんにちは:D  おおちゃんです!:D
日々の消費生活に関するトラブル回避情報をお伝えしています。

:roll: 今週はデート商法です! :roll:

XX( 事例 XX(
SNSで知り合った男性と何度かやりとりをするうちに好意をもち、直接会うことになった。するとデートの途中で宝石展示会場に連れていかれ「僕がデザインしたネックレスを買ってほしい。買ってくれないと関係を続けられない」と高額なネックレスを勧められた。嫌われたくなくて、購入してしまった。

:'( デート商法とは :'(
相手の恋愛感情を利用して高額な商品やサービスの売買契約を結ぶ悪質商法の一種。SNSやマッチングアプリ、出会い系サイト等で、最初は商品の販売目的を隠して近づき、好意を抱かせて契約させる手口。高額なアクセサリーや絵画、語学教室などの契約をさせる。実際に会って初めて商品の購入を勧められるうえに、相手に恋愛感情をもっていることから、すぐに商品の勧誘とは気づきにくく、勧誘を断りづらいという特徴があります。
また、複数人で勧誘させられて断れない状況に追い込まれたり、「お金がない」と断ると、強引に借金をさせられたりすることもあります。
=> そこで・・・
2018年改正の消費者契約法では、デート商法は不当な勧誘と定められ、社会生活上の経験が乏しい(年齢によって定まるものではなく、中高年であっても該当し得る)消費者については契約の取り消しの対象となりました。

:| 対策アドバイス :|
・好意的な振る舞いは商品を売るための手口かもしれないと冷静に考え、注意しましょう。
・すぐに契約したり、お金を借りたりせず、必要がなければきっぱり断りましょう。
・不安に思った場合やトラブルになった場合は須坂市消費生活センター(☎026-213-7188)、または消費者ホットライン(☎188)へご相談ください。

2021/01/19

友達から誘われても断れますか?~若者に広がる「マルチ商法」に注意!!~

Permalink 14:30:00, カテゴリ: くらしの知恵  

こんにちは:D  おおちゃんです!:D
日々の消費生活に関するトラブル回避情報をお伝えしています。

:roll:「簡単にお金を稼げるようになる」「友達を紹介すれば紹介料が入る」などと勧誘され、商品やサービスを契約して販売組織に加入した上で、次は自分が友人等を勧誘してあらたに加入させると紹介料やマージン等の利益を得ることができると誘引していく行為を「マルチ商法」といいます。投資や暗号資産(仮想通貨)、教材や化粧品、健康食品などの購入を勧誘され契約したものの、取引の仕組みについてきちんと説明を受けないまま契約をしてしまい、勧誘時の成功話と違うと事業者に解約や返金を求めても交渉が難しく、また、購入した商品を販売する側に回ると、友達や信頼をなくすことにつながります。

88| ~ 事例 ~ 88|
中学時代の友人からいい話があるから会わないかという電話があり、レストランで会った。別の勧誘者も出席し、「海外の不動産に投資をすれば暗号資産(仮想通貨)で配当があるので、消費者金融で借金をしても埋め合わせができる。投資者を紹介すれば紹介料を受け取ることができる。借金の返済は簡単だ」と説明を受けた。学生だと借金できないので結婚式の費用として借りるように指示され、消費者金融4社から総額約130万円を借金して、代金を友人に手渡した。しかし、契約書面や領収書は受け取っておらず、セミナーにも参加したが投資の仕組みの説明は全くなかった。友人に解約の連絡をしたところ、半額しか返金できないと言われた。 (20代 男性) 【出典:国民生活センター】

:'( ~ 相談事例からみる問題点 ~ :'(
1. SNSを通じて友人・知人からの誘い
2. 人を紹介すれば報酬を得られることばかり強調されるが、儲け話の実態はよく分からない
3. 友人・知人から勧誘されると断りにくい。借金をしてまで契約するケースも
4. 解約や返金を求めようとしても連絡先が不明確で交渉が困難

:) ~ アドバイス ~ :)
1. 実態や仕組みが分からない「マルチ商法」は契約しない!
2. 友達や知り合いから勧誘されても、きっぱりと断りましょう! ☞「やらないよ」「自分には必要がない」「NO!」
3. 安易にクレジットカードでの高額決済や借金をしないようにしましょう!
4. 不安に思った場合やトラブルになった場合は須坂市消費生活センター(☎026-213-7188)へ相談してください。

:. 最後に・・・ :.
本当に儲かるのはごく一部の人だけで、借金を抱えたり、友人を勧誘したために人間関係が悪化するなどのトラブルにもつながります。「会員になって」「紹介すれば」といった言葉が出たら、マルチ商法の可能性が高いので気をつけましょう。親しい人からの誘いは断りにくいかもしませんが、きっぱりと意思表示をすることが大切です。世の中に簡単にもうかる話などありません!!

:: 次のページ >>