2018/03/18

信州須坂 蔵のまち春まつり2018に行ってきました

Permalink 13:48:09, カテゴリ: 番外編  

今日、3月18日は、毎年恒例の春の訪れをつげる一大イベント「信州須坂 蔵のまち春まつり2018」に行ってきました:D
天気も良く、たくさんの人でにぎわっています;)

須坂市内だけでなく、市外や、県外からの出店のほか、須坂創成高校のくますぎの皆さんがプロデュースしたイベント盛りだくさんです。

通りの賑わい
今日は特に銀座通りは人がたくさんです;D
小さなお子さんからご年配の方、若者もたくさん来ています:))

通りの賑わい2
出店もたくさん、一日中ここにいても飽きませんね。
屋台からいい匂いが~:oops:
お酒もありますね、ホントは飲みたいんですが…、残念:'(

バレエ披露
観光交流センター前のたくさんの人は、「studio UBA」サンのバレエです:D
このほか、オーケストラ演奏、信州プロレス、Hiphopダンスなどなど、バラエティ豊かなイベント盛りだくさんです。

出店の様子

品揃え 繁盛

県外は、神奈川県三浦市と宮城県塩竃市の産地直送の物産も販売していました。
人気で、ワタシが来た時にはお魚はほとんど売り切れていました…:(

SUZAKA CITY パーカー
須坂ならでは、「SUZAKA CITY」パーカーです:>>

地元出店 みのり焼き
地元のソウルフード、「みのり焼」も出店です。

出来たてアツアツ
う~ん、このかおり、ビールを飲みながら、一緒に食べたいです~:))

フワフワバルーン
お子さんがたくさん集まっていました、フワフワバルーンとスザカイザー:lalala:

神楽演奏
笠鉾会館館内が解放されていて、子どもたちの神楽の演奏が行われています;)

竜神輿
向こうにはまた人だかりが。
夏のカッタカタまつりにも練り歩く、青龍神輿です:>
この後青龍会福まきがあるそうです。

賑わいの様子3
今日はホント天気が良くて、春まつり日和ですね。
中心市街地から須坂の元気を発信、各種イベントが盛りだくさん行われていました~;)
この日を弾みに、商売繁盛、千客万来、須坂のまちをこれからも楽しみましょう〜:>>

2018/03/15

蔵の町にある、洋服と雑貨のセレクトショップ《エイトデイズ》

Permalink 12:10:30, カテゴリ: 雑貨, わざわざ店, 洋服  

今日は、「エイトデイズ」サンにお邪魔しました:p

外観1
明治初期の富豪の館、「牧家」の一部を利用したセレクトショップです。
こちらの1階部分は生糸の買取場だったそうで、柱の一部などに当時の面影が残っています。

お店は、ここ蔵のまち通りに2010年にオープンしました。
オーナーの山本サンは、神戸から2009年に越してきて、当初は長野市でお店を出したいと考えていましたが、あまりピンとくる場所がなく、悩んでいたそうです。

たまたま通りがかった須坂の街並みが面白いと感じて、観光協会に問い合わせてみることに。
そこで現在の築100年の古民家の一部を紹介され、ココに開店されました;)

店内 雑貨
日本の器や日用品、アフリカの民藝品、 そしてインドのヴィンテージのキルトなども取り 揃えています。

ストローバスケット
コチラは、モロッコのストローバスケット。人気の商品です(^^♪

玄関マット
「エフスタイル」の玄関マットです。
新潟で地場産業と使い手を結ぶ仕事をしている「エフスタイル」の商品が沢山そろっています:)

アフリカのイス
アフリカのイスです。
1本の木から削り出しています。

バッグ
モロッコのレザーとヤシの葉を編んだカゴのバッグ、ゴートスキンでとても軽く丈夫です:p

欅材を使った内装
店内は天井はとても高く、すべて欅材を使っています。
須坂の古いお宅をうまく活用しています d(^_^o)

蔵造りの外観
取り扱っているものに関しては特にこだわりは無いそうです。
手仕事のモノ、衣類、工業製品、工芸品や古いものなど、さまざまなものがあります。

「好奇心を刺激してくれたり、自分の価値観をひっくり返してくれるようなものが好きです。自分の中ではモノを選ぶ基準はあるのですが、他の人にはわかりにくいかもしれません。まと まりがあるようなないような、そんなお店なんです。」
と山本サンは話してくれました。

「エイトデイズ」サンは開店にあたり、市の補助金「わざわざ店等開設支援事業」を活用しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
EIGHTDAYS(エイトデイズ)
住所:〒382-0087 長野県須坂市東横町375番地 (Google Mapはこちら)
電話番号:026-248-3055
営業時間:11:00~19:00
定休日:木曜日(木曜日が祝日の場合は営業します)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


カウンター

2018/03/09

【須坂 まちの駅】 串だんごとおやきの駅 【御菓子処 つたや本店】

Permalink 12:19:06, カテゴリ: スイーツ, まちの駅  

今日は、須坂市で、古くから市民の皆さんに親しまれている「御菓子処 つたや本店」サンにお邪魔しました;)
お店外観1
お店が面している「劇場通り」の由来にもなっている「須坂劇場(その後、須坂映劇)」が、かつて向かいにありました:oops:

甘い和菓子や洋菓子、おやき、おまんじゅうなどなど、バリエーション豊富に色々なお菓子が揃っています;D
店内ショーケース1

店内ショーケース2

お邪魔した時も、お店の奥ではお菓子が作られていました:p
店内ショーケース3

つたやサンも「まちの駅」に参加していますが、参加する前から、お店の中でお休みできてお茶が飲めるお店デス:))
奥で作られたお菓子やおやきを、できたてで食べられるかもです:lalala:
お菓子陳列

お休み処

このお彼岸の時期は、やっぱり「やしょうま」がおススメです:lalala:
しっとりモチモチ、美味しいですよ~。
やしょうま おススメ

油でいためて、砂糖醤油で味付けしたやしょうまをいただきました(^^♪
やしょうま 皿盛り
香ばしくて、さらにモチモチ、美味しいです;)

一緒に、黒糖の優しい甘さがこれまた美味しい「かりんとう饅頭」と、生落花生の風味が美味しい「直虎殿」もいただきましたm(_ _)m
直虎殿、かりんとう饅頭皿盛り

須坂に来たらおみやげに、お出かけ先へのおみやげに、今日のお茶うけに、是非つたや本店サンのお菓子をどうぞ~:))
お店外観2

御菓子処 つたや本店サンは、「信州須坂 まちの駅ネットワーク」に参加しています:p:D:p
町歩きの際には、ふらっと寄ってゆっくりしていってくださいね:P

まちの駅マーク

↓「信州須坂 まちの駅ネットワーク」に参加しているお店や施設の地図はこちらです↓

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
御菓子処 須坂つたや本店
郵便番号:382-0085
住所:長野県須坂市穀町529-7(Google Mapはこちら)
電話番号:026-245-0541
FAX:026-248-6318
営業時間:8:00~19:00
定休日:不定休
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


カウンター

2018/03/06

ランチも宴会も、お魚が美味しい《海勢寿し》

Permalink 12:12:04, カテゴリ: 食事  

古くから須坂の町で親しまれている駅前のお寿司屋「海勢寿し」サンです;)
定番のお食事処で、夜はしょっちゅう飲み・食べに来ていますが、今日はランチに来ました;D
お店外観

店外メニュー
平日は、ランチがお得なんです。
何にしようか迷います…:oops:

握りセット
今日は、握り寿しランチと~B)

チラシ寿司写真
ちらし寿しランチを注文しました:p
特に、このちらし寿しは今日はシャリ大盛りです88|

赤身握り
新鮮です:idea:

海老握り
エビもプリプリ(^^♪

チラシ寿司アップ

箸上げ写真1

はしあげ写真2
どのネタも美味しいです~;D

箸上げ写真3
どちらにも、海老のおダシが美味しい、お味噌汁付きです:oops:

ネタ写真
美味しいランチでお店を知っていただき~、
夜も美味しい本格寿しと、お酒をどうぞ召し上がれm(_ _)m

カウンター前写真
オススメはイクラの軍艦巻きと、(もうすぐ季節は終わってしまいますが)お鍋もおいしいですよ~:))
是非どうぞ!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
店名:海勢寿し
郵便番号:382-0076
住所:長野県馬場町1274-20 (Google Mapはこちら)
電話番号:026-246-8848
営業時間:12:00~13:30、17:00~25:00
定休日:日曜日
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


カウンター

2018/03/01

(まちゼミ) 自然に囲まれた、ゆったりとした上質な時間《仙仁温泉 岩の湯》その2

Permalink 12:04:39, カテゴリ: 食事, 温泉  

レポートPert2です。
前半Part1はコチラからどうぞ。

館内見学レポートの続きからです=>
くつろげる場所

● 貸切風呂
館内には4つの貸切風呂があります:p
どのお風呂も、とてもゆったりしていて、露天風呂もついています。
入ったら、居心地が良くて、きっと長湯してしまうんでしょうね~:oops:
貸切風呂案内

露天風呂見学
貸切風呂は予約はいりません:p
でも、お泊りになる皆さんもゆっくりするから、混んでいるかもしれません:|
でもでも、チェックイン14時~チェックアウト12時ですから、空いていたら空いています;)

露天風呂

お客様作 ゆきだるま
雪だるま?
お客様が作ったそうです。
そのまま残しておくのも、また働く皆さんの心遣いを感じます;D
趣があります…。

貸切風呂 内風呂

● 遊歩道
登り口
社員の皆さん自前で遊歩道づくりの作業をされているそうです。
社長の金井サンはじめ、働く皆さんの自然を大切にする心があらわれています:>>

遊歩道案内

川沿い遊歩道
建物を囲んで、山沿い川沿いにゆったり歩くことができます。

● 離れの部屋
離れへの渡り通
建物と建物をつなぎ、一旦外に出る渡り廊下があります。
建物全体が自然の中にあることを感じさせてくれます:)

離れ入口
ここからはまた別のお部屋となります:lalala:

広い窓のお部屋
部屋は清潔で落ち着きます:p
大きな窓があり、お部屋が自然に囲まれていることを体感できますね~。

別館テラス
部屋の中というよりは自然の中のような、オープンスペースになっていることに気づきます;D

くつろげる場所
日常を忘れさせてくれるというより、求めていた日常の延長にある安らぎがココにあると感じます:)
おじいちゃんとお孫さんがゆっくりできる場所という感じですね;)

部屋内お風呂

水回り
お茶も自由にいただけますし、りんごもいただけるよう用意されていました。
そういえば、他の廊下にある共用の談話室にはミカンがありましたね。
ここにも嬉しい気遣いがあります:P

● お話し
館内を案内していただいた後は、食事処「深仙亭」にて、
支配人の佐藤サンから、仙仁温泉サンの経営などについて、お話をいただきましたm(_ _)m

深仙亭内
古い町中の演出
ここは違った趣で、どこか昔の町中に来た雰囲気です:idea:

スイーツとお茶
お茶とスイーツを頂きました♪♪
スイーツは、豆腐と豆乳を使った体にやさしい抹茶ティラミス;D

抹茶ティラミス
果物もたくさん~。
お水にもレモンを絞っていただいてありますよ88|
心遣いを五館で感じさせていただきましたm(_ _)m

お茶をいただきながら、仙仁温泉サンの経営についてのほか、
お仕事に対する思いをお聞かせいただきまして、メモしました;)

  • 仙仁温泉の企業理念「我社は幸せをアートする」
  • お客様と社員の幸せは表裏一体
  • 主体性を持って働く
  • 主人公はお客様、社員は黒子
  • 仙仁温泉は「よりよい日常」をめざしている
  • お客様がくつろげる宿を大切にしている、そのためにもスタッフは黒子に徹する
  • スタッフにもそれぞれの家庭、生活がある
  • 家庭と両立できる仕事が大切
  • 部屋は18室のみリピーターが多い、前々から予約している
  • 年末年始は休館だが、その前後は毎年満室
  • チェックアウト時に次回の予約を入れてお帰りになる
  • 地元の方は直前に予約を入れてくるが、リピーターの方の予約で埋まってしまっている
  • お電話ではどこにお住まいか分からないが、予約を入れられずお断りする際には、電話口で立ち上がってお断りするよう社員は対応している
  • 電話口で頭を下げ、丁重にお断りしている
  • 仕事が楽しいと思える職場となるよう、職場環境を整える責任がある
  • 人生の大半の時間を費やしている仕事場の改善
  • Quality of life 人生の質を上げる

お話を聴かせていただきまして、仙仁温泉サンの心地良さは、ここで働く皆さんのお気持ちからであることを改めて知りました:oops:
そして、ワタシ自身の仕事に対する思いもあらためて見つめ直す機会となりました。
ありがとうございましたm(_ _)m

ここに来ると、ゆったりとした上質な時間が流れていると感じます:oops:
日常を離れ、ゆったり流れる時間を味わうことができ、頑張って働いてまた来ようと思う宿です…。

そして、一番カンジンな…:(
一番お伝えしなければいけないお風呂、特に洞窟風呂をレポートできず、スミマセン:oops:
今度は泊まりに行った時に取材します!!
いつの日にか、また来ます!!
それまでお待ちくださいませ…。


コチラでも、仙仁温泉サンの紹介をしています。ご覧ください。
信州須坂移住支援チームブログ
「ふるさとを感じる日本型の理想土(リゾート)宿」花仙庵 仙仁温泉岩の湯
http://blog.suzaka.jp/ijushien/2017/12/05/p34317

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 仙仁温泉 岩の湯
住所:〒382-0034 長野県須坂市仁礼町3159 (Google Mapはこちら)
電話:026-245-2453
FAX:026-248-0047
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


カウンター

<< 前のページ :: 次のページ >>