カテゴリ: 刺繍

2018/09/10

写真館【一顆】と刺繍絵【りり】がオープン

Permalink 12:10:05, カテゴリ: 写真, 刺繍  

小道全体の様子
上中町にひっそりと存在する小道に肖像写真館/刺繍絵画廊【一顆とりり】
がオープンしました。
オープンイベント「into the k.passage ! vol.01」に行ってきました。
(※ ワタシの写真では、この空間の良さの極々一部しかお伝えできず、申し訳ございません…。)

小道入口
この奥にあります。

この小道には今年2月に開店したアンティーク、雑貨【KINU】があります。
ここはオーナー自らデザインを考え、知人たちの手を借りながら、解体・塗装・左官は全て、大工工事は五割ほどを自力で施工したそうです。
KINU外観
小道の様子
須坂の歴史を語るに欠かせない〝絹〟から名前を拝借し、海外のアンティーク・やきもの(陶芸)・日本の雑貨を扱う店舗に蘇りました。
今までにないお店が須坂にもオープンしてきています。
この小道は特に、古くからの須坂の町の良さを活かして、新しい形の町の姿を見せてくれています。
KINU外観2
KINU内部

カフェ、花屋
カフェ、花屋2

【刺繍絵画廊 りり】
刺繍絵が飾られる印象的な花緑青(はなろくしょう)の土間、創作と団らんの場の小あがりがあります。
一顆とりり入口

刺繍絵のモチーフは近隣の山並みや架空の獣が多く、また従来の密度の高い刺繍に比べて余白があり、半透明の布素材の表裏を無尽に彩るステッチに特徴があります。
りりギャラリー
りりギャラリー2

【刺繍絵画廊 一顆】
一顆入口
中庭に面した小さな和室と写場があります。衣装やメイクの仕立てはなく、照明機材もほぼ使用することがありません。

写場
しかし、ここには素晴らしき光があります。
古い日本家屋の自然の薄明かり、陰影と静謐に身を置き対峙する。
ひとりの肖像が浮かびあがる、写真のための時間があります。

写場からの通りの様子

一顆とりり外観3

来る度に姿が変わっている、そんな小道です。
ふと立ち寄ってみてはいかがでしょうか

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
店名:一顆とりり
郵便番号:382-0083
住所:長野県須坂市上中町186-2 (Google Mapはこちら)
電話番号:090-2035-5970​
営業時間:9:00~18:00
営業日:土日(平日にご来店ご希望の方はご連絡ください )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


カウンター