信州須坂移住支援チーム

「須坂市に住んでよかった」 「須坂市に住んでみたい」と思える魅力的なまちを目指しています。

2018/10/05

移住支援よもやまばなしvol.27「移住支援チームの独自貢献点」

Permalink 17:02:18, カテゴリ: よもやまばなし  

▼「企業間競争の勝者は独自貢献点をもった企業になる。貢献点の磨き込み、独自貢献点の創造という2点を企業戦略の中心に据えよう。顧客からみて唯一独自の存在となる、その結果が成長である」最近読んだ本の中で印象に残った部分だ。須坂市の移住支援事業における貢献点とは「移住希望者の要望に沿いかつ須坂市独自の取組を行うことで移住者を増やすことができる」ということか。
▼信州須坂移住支援チームでは移住に積極的に協力をしてくれる求人企業を開拓し、移住希望者と求人企業を繋げる「移住支援信州須坂モデル」を平成29年度からスタートした。
移住希望者には具体的な求人や住環境の情報を一括提供し、求人企業には移住希望者が移住するまでの時間の壁を考慮してもらうことで、移住希望者の不安を解消しストレスフリーでスピーディーに移住へとつなげる仕組みだ。移住希望者に対しここまできめ細かい仕事の紹介は他の市町村にはない独自の取組と自負している。「移住支援信州須坂モデル」が須坂市の独自貢献点であり、これを磨きあげ創造していくことが移住希望者からみて唯一独自の存在となり、その結果として移住者増へと繋げることができるのだろう。
▼Mさん家族が「移住支援信州須坂モデル」で9月に移住してきた。自然の中で子育てしたい、子どもの寝顔しか見られない生活をなんとかしたいとの思いで4月に銀座NAGANOでの移住相談会に参加。5月の移住体験ツアーで移住者協力求人企業を紹介し7月の採用面接を経て移住が決まった。ご主人は10月から自転車通勤をはじめ、3歳になる息子は保育園に通いはじめた。初日から熱を出し、お母さんは慌てて迎えに行ったとのことである。
▼先週末に銀座NAGANOで移住相談を受けた23歳の青年を昨日は木工関係の移住者協力求人企業へと案内した。1時間半じっくり時間をかけて社長と面談を実施。面談を終えたあと自分の中に新たな可能性を発見したような青年の表情が印象的だった。社長のメッセージが添えられた経営に関する本と敷地内で採れた柿の実をお土産にもらい青年は笑顔で須坂駅の改札へと消えていった。

(信州須坂移住支援チーム 加藤広明)

須坂★暮らしサポート情報『須坂市の買い物環境』

Permalink 14:02:32, カテゴリ: 暮らしサポート情報  

須坂市はコンパクトな町ですが買い物施設が充実しています。
市街地を中心とする半径2キロ圏内にスーパーが集中していて超便利。
全国展開しているチェーン店やコンビニ、スーパーなど種類も豊富で充実しています。
便利な田舎「須坂市」の主な買い物環境をご紹介します。

●市内の主なスーパーマーケット

イオン(長野電鉄須坂駅前にあるイオン須坂店は通勤通学の方たちの味方!)


デリシア(須坂西店・須坂井上店)
須坂西店の隣にはドラッグストアがあります
その他に西友、ツルヤ、アグリスなど

【そのほか市街地には豊富な種類のお店があります】
●コンビニエンスストア
・セブンイレブン
・ファミリーマート
・ローソン

●ホームセンター
・綿半スーパーセンターやコメリ、本久デイツーなど

●ドラッグストア
・アメリカンドラッグ
・クスリのアオキ
・マツモトキヨシなど

●ファーストフード店など
・不二家
・ミスタードーナツ
・すき家
・サーティーワンアイスクリーム
・マクドナルド
・モスバーガー

●その他全国チェーン店
・セリア
・しまむら
・蔦屋書店
・靴のシューマート
・ザ・ダイソーなど

●須坂長野東インターチェンジ前のショッピングモール
休日は広い駐車場もいっぱいになります

須坂市民の生活は車での移動がほとんどです。
スーパーをはじめ多くの施設には広い駐車場があります。
コンパクトな町なのでお店とお店の距離も近く仕事帰りの買い物も楽々です。
人が暮らす場所として須坂市は「便利な田舎」です。


★移住動画「半径2キロは買い物激戦地域」もご覧ください

★その他の暮らしサポート情報はこちらをご覧ください

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

原点回帰の長野移住Vol.1「念願だった長野移住を果たして」

Permalink 13:41:15, カテゴリ: 地域おこし協力隊  

初めまして、2018年8月から須坂市の須坂温泉古城荘にて活動しております、地域おこし協力隊の早川航紀(はやかわこうき 27歳)です。
念願だった長野移住を果たし、あっという間に2か月が経ちました。
今回は自己紹介を兼ねて須坂移住をしてみての感想をお伝えできればと思います。

●移住のキッカケ
私の故郷は長野県の木曽郡という同じ長野でも南の地域でした。
須坂市よりもずっと田舎の山育ちだった私はありがちな「都会に出たい」という理由もあり、東京の大学に進学しました。
都会生活も日々刺激的で充実しておりましたが、就職活動の際にやはり大好きな地元長野県に貢献したいという想いから長野県に本社がある企業に就職しました。
すると、配属先はなんと東京。気持ちとしては長野に住みながら長野に貢献したいと葛藤しながら4年間東京で働いていましたが、「話を聞くだけ」と思って参加した移住セミナーの日から、気持ちはもう長野移住に向かっておりました。

●久しぶりの田舎生活。待ち受けていたものは・・・
元々田舎育ちで狭いところが嫌いということもあり、活動拠点である須坂温泉古城荘の近くの古民家に希望して住むことになりました。
都会生活にかぶれて今流行りの古民家リノベーションをして、スローライフを送る…そんな淡い期待に浮かれていた私を待ち受けていたのはなんと「ハクビシン」。
入居早々休みの日は屋根裏に入り、ハクビシン対策をするという日々がしばらく続きました…他にも庭の草刈り、家の修繕、2か月経った今日でも毎日やらねばならぬ事、やりたい事が山ほどあります!

●身体の変化
東京の独り身生活は朝満員電車にゆられ、夜仕事が終わり、赤ちょうちんに誘われて一日を労う、そんな毎日を送っていました。
大学時代から増えた体重は約5kg。須坂市ではもちろん車中心の生活。
自然とお酒の量も減り、温泉に浸かり、いただいた「おすそわけ」の野菜をもりもり食べる、うって変わって健康的な生活に変わり、なんと2か月で5kg痩せました!
体調不良の日が多かった私も、移住後は毎日快調に暮らしております。

●須坂温泉古城荘にて地域おこし
昭和36年創業という長い歴史をもつ温泉旅館「須坂温泉古城荘」は、宿泊だけでなく日帰り入浴もできるため須坂市内外のお客様に利用いただいております。
今後厨房を増設したり、日帰り温泉利用客の皆様の為に休憩所をつくったりと大規模なリニューアルの予定もあります。
まずは地域の人に愛され、市外県外から「須坂温泉古城荘に泊まる為に須坂に来た」と言っていただけるようなそんな温泉旅館を目指して、日々フロント業務から仲居さん、送迎バスの運転手まで何でも屋さんとして仕事を覚えています。
ゆくゆくは長野県を代表する健康長寿発信拠点にしたいと新たな取り組みにもチャレンジしていきたいです。

●移住を考えている方々へ
私が移住にあたって大切にしていることは地域の慣習を楽しもう、新しい人とのつながりを楽しもうということです。
地域の人達からしたらいきなり来たよそ者に警戒するのは当たり前だと思います。こちらから積極的に関わることでたくさんの出会いと学びがあります。
私もまだたったの2か月しかおりませんが、地域と地域の人と関わることで耳よりな情報が手に入ったり(田舎の口コミはネットより重宝します)、新しい発見があったりと良いことだらけです。住みやすい環境は自分から作ることができると実感しております。
「お世話さん!」の挨拶が飛び交う須坂を私は早くも第二の故郷のように感じています。

簡易バーベキュー&ピザコンロ

(須坂市地域おこし協力隊 早川航紀)

2018/09/20

移住支援エッセイvol.8「私のことを知ってるの?」

Permalink 15:48:47, カテゴリ: エッセイ  

「おはようございまーす」とかわいい声が聞こえてくる
出勤途中に登校中の小学生集団と遭遇した
なかには「こんにちはー」なんて言ってしまう子どももいて、さらにかわいらしさが倍増
「ん?みんな私を知ってるの?」
職員の名札を付けているわけでもないのになぁと考えながら
思わず「おはようございまーす!行ってらっしゃーい」と私も返す
朝から心地良く感慨深い体験をした
以前、神奈川県から須坂市に移住した方からも同じ体験をして驚いたという話しを聞いたことがある
とても誇らしく思うと同時に須坂市の未来に希望を感じた
須坂市の子どもたちは率先して挨拶ができる可愛らしくも大きな先生だ

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

移住支援よもやまばなしvol.26

Permalink 13:15:59, カテゴリ: よもやまばなし  

「従業員が増えるにつれてどうしても仕事が分業化されてきて…」
移住希望者を移住者協力求人企業の仙仁温泉岩の湯へ案内した時の社長の話だ
一人で何役もこなしていた頃の方がお客様の要望に応えられていたそうだ
ただ、これで終わらないのがこの社長のスゴイところ
「新たな部署を作り何でもできる人材を育成している」とのこと
また全従業員を集めての1時間のミーティングを毎日しているそうだ
これまでミーティングは立ったまま行っていたそうだが
「最近は自分も従業員の年齢も上がってきたので座るようにした」と笑いながら話してくれた
1時間のミーティングでは情報共有だけでなく社長の想いも共有しているのだろう

(信州須坂移住支援チーム 加藤広明)

:: 次のページ >>