信州須坂移住支援チーム

「須坂市に住んでよかった」 「須坂市に住んでみたい」と思える魅力的なまちを目指しています。

2018/07/05

移住支援よもやまばなし「眉間にしわを寄せる相談者」

Permalink 17:04:08, カテゴリ: よもやまばなし  

先日、名古屋での移住相談会で30代夫婦の相談に応じた。奥様の実家がある北信地域への移住を希望し、その中でも雪が少なく便利そうだという理由で須坂のブースへやってきた。アウトドアが好きで田舎暮らしに希望を膨らませている感じが二人から伝わってきた。移住を検討しはじめたばかりのご夫婦に私も笑顔で須坂を紹介し、IT系の企業へ勤めるご主人の転職先や住居についてもお話しをさせていただいた。
移住を漠然と考え始めた移住希望者と相談していて感じる変化として、最初は自然豊かな信州への憧れでニコニコしている移住希望者の表情が、より具体的な相談になるにつれだんだんと無表情になり最後は眉間に皺を寄せ無口になる。家はあるのか、仕事はあるのか、給料はどれくらいか、子どもの学校の手続きは…次から次へと現れるハードルに多くの移住希望者は途中で飛ぶのを止めてしまう。
これまで300組以上の移住希望者と相談してきた。その中で私が感じる一番高いハードルは仕事だ。「地方も求人はたくさんありますよ。ハローワークで探してください」とこれまでは答えてきた。おそらく多くの市町村でも同様だろう。しかしながら都会で仕事をしている移住希望者がハローワークで仕事を探し、面接し、住居を探し、これまでの仕事を辞め住居を処分し、移住をしてくることはとてつもない時間と労力を要する。求人企業にとっても直ぐに働くことができない移住者よりも地元の求職者を優先してしまう。都会のサラリーマンが地方のサラリーマンになることはとてつもなくハードルが高いのだ。
須坂市では移住に積極的に協力をしてくれる求人企業を移住・定住アドバイザーが1件1件開拓し、移住希望者と求人企業を繋げる「移住支援信州須坂モデル」を平成29年度からスタートした。移住希望者には具体的な求人や住環境の情報を一括提供し、求人企業には移住希望者が移住するまでの時間の壁を考慮してもらうことで、移住希望者の不安を解消しストレスフリーでスピーディーに移住へとつなげる仕組みだ。移住者受入協力求人企業は現在20社以上になった。昨年東京から移住したKさんは、7月に移住者受入協力求人企業に採用が決定し9月に移住、10月から仕事をスタートさせている。
今週末は東京で開催される長野県の移住相談会に参加する。いくつものハードルを乗り越えてきた移住希望者との相談は楽しい反面真剣勝負だ。眉間に皺を寄せた相談者が笑顔になれるように相談会に向けてしっかり準備をすすめたい。

(信州須坂移住支援チーム 加藤 広明)

【移住者受入れ協力求人企業紹介】株式会社ショーシン

<須坂しごとラボVol.22>
ショーシン「日本の農業を変えたスピードスプレヤー」
代表者名:山岸由子
従業員数:137名
創  業:昭和24年
事業内容:特殊自動車(スピードスプレヤー(農業用薬剤散布車)、フレールモア(草刈り機)、電動棚下作業台車(EV車)など農業用機械)の製造販売

須坂市は果樹の栽培に適した気候のため、人気の高級ぶどうシャインマスカットやりんごなど多くの品種が栽培される果樹王国です。その農作業に欠かせない薬剤散布車「スピードスプレヤー」を日本で初めて開発した会社がショーシンです。
長野電鉄北須坂駅に近い旭ヶ丘工業団地内の一角にショーシン本社があります。玄関を入ると1階フロアにはショールームが広がり、赤いスピードスプレヤーが並んで迎えてくれます。
スピードスプレヤーは畑に消毒を散布するための特殊自動車で、ショーシンを代表する主力商品です。農家の声を聞きながら必要な製品づくりを目指すショーシンは、果樹王国須坂のみならず日本の未来の農業をも担っています。

●スピードスプレヤーを日本で初めて誕生させた会社
1949年(昭和24年)に昭信自動車整備工場として発足したショーシンは、創業者の故山岸春夫氏が木炭自動車を整備することから始まりました。
スピードスプレヤーの開発は、農薬を手作業で苦労しながら噴霧する農家の姿から、なんとか負担を解消できないだろうかと考えたのがきっかけだったそうです。
当時は牽引式トラクターにタンクを付けたアメリカ製の防除機が先駆的に出回っていました。
創業者はトラクターとタンクが一つになった自走式で小回りの利くタイプを目指して開発に取り組み、現在の原型となるスピードスプレヤーを誕生させました。
現在、スピードスプレヤーを作っている会社は全国で3社、長野県内ではショーシンだけとのこと。
スピードスプレヤー以外にも、畑で楽に作業ができる電動作業台やスキー場向けの大型草刈機など地域に役立つ数々の商品を生み出しています。



●社会人経験を生かした社員が活躍しています
常務取締役の西山和人さんに社員の働き方や求める人材について話を聞きました。

「現在の社員数は約140人で男性社員が多くを占めています。年齢も20代から60代までと幅広いです。中途採用の社員が多いのも特徴的です。ここ数年は新卒の若い社員も数名ずつですが採用し増えています」
「中途採用の社会人経験者はビジネスマナーやスキルが身についているので即戦力となってもらえるのが利点ですね。今後は若い人材も増やしていきたいので、社員を育てていけるような人材開発のノウハウを持った方の採用も考えていきたいです」
西山さんは人材育成の基盤づくりにも力を注いでいきたいと話してくれました。

●会社の未来を描く
「家族手当や誕生日休暇があるのが特徴的です。休暇が取りやすい雰囲気なので、子どもの学校行事に合わせ時間単位で取得することもできます。また、社員旅行を2年に一度実施したり、社員同士の交流の場を作るために焼肉大会やボーリング大会を行ったりしています。自由参加で毎回60~70人くらいが参加しています。今後も雰囲気のよい職場づくりをしていきたいと考えています」
「社宅も完備していて、本社から近い場所に社員用のアパートがあります。独身タイプと家族タイプの部屋があり、会社が家賃の半額を負担しています」
「今後の展望としては、社員が一丸となり結集できる集団を目指したいと思っています。100年後も残れる会社づくりに励み、地域に貢献する会社として子どもたちに見せていきたいですね。そのためにも全国に目を向けて多角的な経営も必要だと考えています」
西山さんはショーシンが目指す姿を話してくれました。


社宅アパート

社員旅行での研修場面(金沢市で金箔貼付け体験)

●求める人材
「現在は、スピードスプレヤーなど製品の組立工、車両全般の機械設計、車両の機能性向上における制御開発設計の職種で募集を行っています。組立工の仕事は、自動車の組み立てや整備士の経験があればベストです。もちろん経験が無くても大丈夫です。設計はCADの経験がある方や専門的に学校で学んだことがある方が理想ですね。将来的にも20代の人材を求めたいです。もちろん中途採用の方でも募集条件に当てはまる方は優遇します」
「求める人材としては、何よりも職人としての人間性を重要視します。まず、決められたことがしっかりできる人を求めます。年齢的にもいろいろな人がいると思いますが、素直に人の話が聞けて周囲と協調性を持って職場に溶け込んでくれる人がいいですね。中途採用では、それまでやってきた経験を活かすとともにゼロから再スタートし、飛躍していこうという考えが持てる人を希望します」西山さんは共に働く理想の人物像を話してくれました。

ショーシンでは、創業者が農家の方々と築いてきたようにお客様の要望を聞き、未来の農業に貢献しようと志す仲間を求めています。中途採用の場合は過去の実績やプライドを捨てて自分を変えられる力、職場への適応力が求められることになります。長年培ってきたノウハウをどう生かすかは自分次第です。募集内容と条件に該当する方、農業に関わる仕事に従事したい方は、果樹王国須坂にあるショーシンで自分の能力を役立ててみませんか?きっと周囲に見える果樹の成長が気になる毎日に変わるかもしれませんよ。

◆社員の採用情報と応募について
ショーシンは、主力のスピードスプレヤーの開発を始めて62年目になります。
技術部、製造部、営業部、サービス部、品質保証部があり、2年前には新たに総合企画開発部を立ち上げ、市場に目を向け調査を行うことで可能性のある製品づくりに取り組んでいます。
青森県、山形県、福島県、熊本県にも支店があり、営業やサービスマンがスピードスプレヤーの普及に務めています。製品の設計、製造、営業、修理などのアフターサービスを一貫して自社で行えるのがショーシンの強みです。
現在、機械設計と制御開発設計の職種で募集を行っています。組立工は経験や資格の有無は問いません。設計部門は経験者を希望します。
職場についての理解を深めていただけるよう会社説明および見学も随時受け付けていますのでお気軽にお問合せください。

お問合せ先
株式会社ショーシン
〒382-0005  長野県須坂市小河原2156
電 話 026-245-1611
FAX 026-248-0642
http://www.shoshin-ss.co.jp/
採用担当:総務部 山岸夢美

★その他の移住者受け入れ協力求人企業の記事はこちら
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/talk.php?id=193
★移住支援信州須坂モデルとは
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/talk.php?id=185
★移住体験ツアー随時開催中!ご希望の事業所をご案内します
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/event.php?id=113

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

豊洲フルーツハリウッド農ガール物語vol.2『おばあちゃんの言うとおり』

こんにちは。2017年6月から須坂市豊洲地区で活動している地域おこし協力隊の成田あゆみです。
私が活動している豊洲地区は長野県でも有数の果樹地帯です。
豊洲地区に嫁ぎ農家となって活躍する魅力的な女性を紹介します。
今回は、須坂市小河原町に住んでいる丸山希代子さんにお話を聞きました。

希代子さんは長野市出身で、ご実家は市街地であめ工場を営んでいたそうです。
同じ長野県とは言え、農業に全く携わったことのない女性が、どのようにして暮らしてきたのでしょうか?
そもそものきっかけは、やはりご主人との出会いでした。
会社員として勤めていたころに友人の紹介で知り合ったそうで、当時はご主人も会社勤めをしていたため、ごく普通のサラリーマンだと思っていました。
しかし、お付き合いをしているうちに、ご主人の実家が農家で、ゆくゆくは後を継ぐということを知りました。
そんなとき、ふと希代子さんの脳裏に「農家の嫁になれば幸せになれる」という祖母の言葉がよぎったそうです。希代子さん自身も農家に興味を持っていたこともあり、ご主人と結婚して豊洲地域にある小河原町へと嫁いでくることになったのです。

●農家に嫁いで苦労したこと、驚いたことはありますか?
結婚してすぐに長男を授かり、またその後続けて2人目、3人目も生まれたため、しばらくは農作業に携わることはなかったそうです。そのため、当時は大きな生活の変化はなく、特に何か苦労したという記憶はないそうです。
ただ、嫁いできて驚いたのは家族の畑での作業時間がとても長いということで、朝早くから夜は暗くなるまで作業していることに、こんなに働くのかと衝撃を受けたといいます。
さらにその後、長男が2歳の秋に来た台風で強風が吹き荒れ、畑のりんごがたくさん落ちてしまったときのことが忘れられないそうです。
その後も強風被害はあったけど、あの時が初めての被害だったということもあり、大きく育ったりんごが無残にも地面に落ちているのを見た時の衝撃が忘れられないといいます。
これが、農家なんだと、どんなに家族で丹精込めて作っても気候次第で収穫出来なくなることもあるんだと、その時に農家の大変さを実感したそうです。
その後育児が一段落したのを機に農作業に参加するようになりました。そうして農作業に深く携わるようになると、今度は土づくりやりんごの摘果などの作業が難しく、それらを覚えるのには苦労したそうです。

●農家に嫁いで楽しかったこと
希代子さんは、自分が実は農作業が好きだということに、嫁いできて気づいたといいます。
子どもたちと過ごす時間も大切で大好きだけと、同じくらい農作業も楽しいのだそうです。
「体が2つあればどちらも楽しめるのに」と残念そうに言っていたのが、なんだかかわいらしくて印象的でした。
現在は義両親が農業を引退したので、旦那さんと2人での作業で、畑もたくさんあって忙しいけれど、やっぱり楽しいのだといいます。
「おばあちゃんの言うとおり、農家に嫁いで幸せ」だそうです。

●今後は何をしたいですか?
現在、一部の販路を直接販売にしているそうですが、数年後お子さんが成長しゆとりができたらこれを広げていき、他にも産直やりんご狩りもやりたいといいます。
今ある直接販売の販路は以前少しやっていたりんご狩りのお客さんから広がった顧客だそうです。
長くお付き合いのある方ばかりだそうで、忌憚のない意見も頂けると言い、とても大切になさっています。
やはり直接やり取りすることで得られる満足感は何ものにも代えがたいのだそうです。
そして、果物が好きな子供たちのために安心して食べられる果物をこれからも作り続けていきたいそうです。

これで希代子さんのお話は終わりです。いかがでしたでしょうか?
年下の私が年上の女性に対してこんなことをいうのは失礼かもしれませんが、とてもかわいい人だなと思いました。

次回も豊洲で活躍する素敵な女性農家さんを紹介したいと思います。

(須坂市地域おこし協力隊 成田あゆみ)

須坂★暮らしサポート情報②『未就園児の子育て支援~子育て支援センターと児童センター』

須坂市には乳幼児を育てる親の交流の場として「子育て支援センター」があり、専門の保育士が子育てのお手伝いをしています。入園前の乳幼児を育てるお母さんたちが、日頃の育児の悩みや子育ての情報交換ができる場として重要な役割を担っています。



所長 宮澤久美子さん

子育て支援センターは須坂駅の近くにある中央児童センター内に併設されています。中央児童センターを含め市内には0~18歳未満の子どもと保護者が利用できる児童センターが4ヶ所(他に南部、東部、北部)あります。午前は未就園児の親子の利用が中心で、トランポリンなどの遊具やおもちゃで伸び伸び遊びます。午後になると下校した小学生たちが本を読んだり体を使って遊んだりしています。これらの施設は誰でも自由に無料で利用することができ、親同士も交流しながら子育てを学び合える場所です。
須坂市で取り組んでいる子育て支援について「子育て支援センター」所長の宮澤さんに話を聞きました。

●水曜日は『集まりの日』
子育て支援センターは月曜日から土曜日の毎日10時から18時まで(11~3月は17時まで)開放しています。市内はもちろんのこと市外からも利用できます。毎週水曜日は『集まりの日』で、その季節に親子で楽しめる内容を企画しています。隣接するシルバー人材センターの会員の皆さんと年に数回交流することもあって、シルバー人材センターが所有する畑で、じゃがいもの苗植えや収穫体験を行ったりしています。訪問したこの日も、親子でさつま芋の苗植えや花植えをみんなで楽しそうに体験していました。




●年2回開催の育児講座『すくすく育児ランド』
『すくすく育児ランド』は、子育てをするお母さんのための講座です。年2回春と秋に開催され、育児に役立つ講演(子育ての話・絵本の話)や食育、自分の健康を見直す検診、グループワークを行います。お母さん同士も情報交換で友だちの輪が広がります。各回ごとに子育てのお得な情報が得られる「子育て支援センター」ならではの講座です。

●子育て中のお母さんが活躍する「母親クラブ」
市内の各児童センターでは、簡単なクッキングやヨガ体操など親子での交流が行われています。
各センターには子育て中のお母さんたちが活躍するサークル「母親クラブ」があります。
会長、副会長が中心になってセンターの職員とイベントを企画しながら『集まりの日』を盛り立てています。
南部児童センターで母親クラブの会長をしている田尻裕里さん(29歳)は4歳と9か月のお子さんを育てているお母さんです。ご主人のお義母さんの実家がある須坂市周辺への移住を考え、3年前に東京から家族で引っ越して来ました。移住してまもなく児童センターを利用し始め、今年から会長をしています。
「須坂市は公園など子どもを遊ばせる場所がたくさんありますね。病院などの施設も揃っていて便利だったことから安心して移住しました。今は2人目の子どもと一緒に児童センターに通い、他のお母さんたちの協力を得ながら楽しく会長をやらせてもらっています」田尻さんは須坂市での充実した暮らしについて話してくれました。

会長 田尻裕里さん

この日、南部児童センターの『集まりの日』は餃子の皮を使ったピザ作りを行い11組の親子が参加しました。子どもたちは集中して一生懸命ピザの具をトッピングしていました。
「家では食べない子どもたちも、ここに来てお友だちと一緒なら不思議と何でも食べれるんですよ」と田尻さんは活動を通して気づいたことを話してくれました。お母さんたちも行事を通して様々なことを学び充実しているように感じました。




餃子の皮で作れる!簡単ピザ

野菜を練りこんで色付けしたパンを使ってカエルとうさぎのキャラパンも作れるよ!

●祖父母と親世代が交流する『すくすくホーム』、父親同士で交流する『すくすくパパ』
子育て支援センターでは、講座当日に知り合った祖父母の皆さんと現在子育て中の保護者が、お互いの立場で感じている思いを話し合い、子育てや孫育てを共有する交流が行われています。祖父母の子育て時代と現在の子育ての仕方が変化してきている中、管理栄養士の話を聞いたり、子育てに対する思いなどを話す場になっています。お互いの良さを認め合い、当たり前と思っていた気持ちが感謝の気持ちに変わったという感想も聞かれ、嫁と姑、舅との良い関係づくりに役立っています。田舎町「須坂市」の地域性が感じられる企画になっています。
また、お父さん同士が交流しながら学ぶ『すくすくパパ』の講座も年に3回ほど行われ、料理作りや親子で臥竜山散策をして同世代のお父さんたちが交流できる貴重な機会となっています。


●ピアママサロン

子育て支援センターで開催される講座『ピアママサロン』は、お母さん同士が子育てについて共に考えながら、思いや経験を共有しサポートしあって仲間づくりをします。「お母さんが生活の中で、子育てを楽しみながら、やりたいことが見えてきたらいいな~と思います」とのことです。
 


貸出しているおもちゃアラカルト「おもちゃ図書館」

●妊娠中から出産後のお母さんやお父さんたちへ
子育て支援センターは乳幼児を持つお母さんはもちろん、妊娠中のお母さんや子育てに協力するお父さんたちも気軽に利用できる施設です。講座の開催には必ず託児もあり参加しやすくなっています。赤ちゃんを抱いたお母さんは「先輩ママ」から子育ての貴重な体験談を聞ける大切な情報交換の場になり、母親同士の友達の輪を広げることができます。妊娠中でこれから「新米ママ」になる人の利用も大歓迎だそうです。
「子育ては楽しいことだなってお母さんたちに体験を通して感じてほしいですね」と宮澤所長は話します。
近隣の市町村から利用しているお母さんは「須坂市は車で動きやすい町なのでセンターに来やすくとても便利な施設です」と話してくれました。お母さんたちは二度と戻らない親子の大切な時間をセンターで過ごし共に成長しています。

須坂市では、未来を担う子どもたちの健やかな成長を願い、平成27年度までに公立保育園10園すべてを建て替えるなど子育ての環境整備に力を入れています。出産予定の方、これから子育ての場所をお考えの皆さん、豊かな自然を背景に、充実した生活環境の須坂市で楽しく子育てをしてみませんか。


★子育て支援センター(中央児童センター)


月曜日~土曜日(日曜・祝日・年末年始は休館)
午前10時~午後6時(4~10月)
午前10時~午後5時(11~3月)
☆おもちゃの貸し出し、チャイルドシートやベビーベッドなども借りることができるので里帰り出産で一時利用することもできます。子ども服のリユースも行っています。
☆少しだけ子どもを見ていてほしい時に利用できる『ファミリー・サポート・センター』が便利です。塾通いの子どもの送迎、お母さんの通院など、困ったときのサポートを、提供会員さんにお願いできる制度があります。
詳しくはこちら
http://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/item.php?id=5953364fb0dcc

●中央児童センター  須坂市大字須坂1212番地1(馬場町)   ☎026-245-5010
●南部児童センター  須坂市墨坂南四丁目1番8号(屋部町)   ☎026-248-2330
●東部児童センター  須坂市大字日滝91番地4(高橋町)     ☎026-246-0079
●北部児童センター  須坂市大字小河原3305番地1(北旭ケ丘町) ☎026-248-8381

(2017年6月インタビュー)

その他の暮らしサポート情報はこちらをご覧ください

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

2018/06/20

移住支援エッセイvol.3 「聞く」を「聴く」へ

Permalink 17:54:12, カテゴリ: エッセイ  

私は「きく(聞く、聴く)」という言葉と長くお付き合いしている。
3歳の頃からずっとピアノを学んでおり、恩師から常々「自分が鳴らした一音をよく聴きなさい」という指導を受けているからだ。
耳を使って「聞く」という動作は一見当たり前のようだが、ここでいう「聴く」は「心で聴く、意識を持って聴く」という意味である。
現在、移住希望者の相談業務を担当している私は「聴く」ことを何よりも心掛けるようにしている。
移住を希望する人たちは、きっかけや理由など背景が必ずあるため、相談に耳を傾け理解することが支援のスタートだと思っている。
今更だがピアノの響きと移住希望者の声が「聴く」という文字で繋がることに気付いた。
この気付きは私の大切な音楽が与えてくれたもの。
今週はピアノのレッスンが控えている。
ピアノの音もじっくり味わえる気がしてわくわくしてきた。
早く先生にこの気付きを伝えたい。
音色をよく聴いてピアノを練習しよう。
そして移住希望者の相談を心から聴こう。

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

:: 次のページ >>