カテゴリ: 高甫地域公民館から, 高甫地域づくり推進委員会

2017/05/24

全文へのリンク 08:37:11, カテゴリ: 高甫地域公民館から

明徳町に新しい“おたから”誕生です!

 こんにちは!
 明徳町の公民分館から嬉しい報告が届きました!

 明徳町では、『明徳町伝統文化創成プロジェクト』を立ち上げ、株式会社一休さんのはなおか様が行っている「あなたのまちへお神輿贈呈」事業に区、分館、育成会、かつごう会が一丸となって取り組んできました。
 お祭りにかける想いを企画書、映像、作品にして応募したところ、多数の応募の中から一次審査を通過し、最終選考の13組に残りました。
 
 去る5月6日(土)に最終選考者が集まる授賞式に招待され、なんと、明徳町が最優秀賞としてお神輿を贈呈されることが発表されました!
 すごいです!!素晴らしい!!!
 
 授賞式の様子です。


 須坂のヒーロー、スザカイザーも応援に駆けつけました!

 贈呈される予定のお神輿の前で記念写真。
 本当におめでとうございます:D!!

 なお、はなおか様から正式なお神輿の贈呈は6月10日(土)です。
 午前9時30分~贈呈式として行われます。

 明徳町伝統文化創成プロジェクトよりコメント
 「このような素晴らしい結果となったのは、ひとえに区民の皆様の御理解御協力のおかげと感謝いたします。次世代を担う子どもたちに明徳町独自の伝統文化を残すためにも、更なる皆様の御協力をよろしくお願いいたします」

 明徳町は市内でも比較的新しく作られた自治会であり、団地を含む住宅街のため神社やお寺がありません。プロジェクトのみなさんのお祭りにかける想い、その想いが形となった「お神輿」と共に新しい伝統を創り上げ、後世に伝えていってほしいですね。
 我々公民館も応援しています:)

 6月10日(土)の贈呈式の様子もお知らせ予定ですのでお楽しみに!

 「あなたのまちへお神輿贈呈」事業等の詳細は、
株式会社一休さんのはなおか
の公式HPをご覧ください。
 

2015/12/12

全文へのリンク 15:00:23, カテゴリ: 高甫地域づくり推進委員会

柿の皮むき体験会


 今年も「柿の皮むき体験会」を11月4日(水)午後に実施。
高甫小学校全校児童による柿の皮むき、干し柿づくりの体験を通し、
被爆2世柿(長崎の柿)への思いをよせ、また技能や技術の向上を
図り、合せて地域の方々の支援を受けることにより、楽しく交流を
深めることができました。
(児童、職員、PTAなど各団体合わせて230名が参加)

11月3日(火)【柿取り】

前日雨降りにより急遽休日に柿取り。(お疲れ様でした)

11月4日
<第1部平和学習の発表>

3年生(25人)による発表。太平洋戦争の悲惨さを描いた「ちいちゃんの
かげおくり」を音楽劇として発表、平和を自分たちで作って行きたいとの
力強い決意表明がありました。

<第2部柿の皮むき体験>

低学年の児童には6年生の「お兄さん、お姉さん」「地域の方たち」から
指導を受けながら、学校で用意したものを含め約1300個、40分で完成!

<柿の皮むき競技会>

各班代表20名により、5分間勝負。皮の長さを競いました。


6年生(25人)により学校ベランダへ吊るしました。

<11月28日柿もみ>

まんべんなく乾燥するよう4年生(34人)による「柿もみ」
事前に小学校にてカビ防止対策としてアルコールを噴霧してくれました。

<12月10日箱詰め>

箱詰め前の下準備、丁字型の軸を鋏で切り落とす。


わらを敷き詰め、丁寧に一箱に2段にして計40個ずつ
30箱完成。(5年生、30人)お正月すぎの楽しみ!

2015/12/05

全文へのリンク 13:18:39, カテゴリ: 高甫地域公民館から

高甫ブロック文化祭(公民分館第10ブロック)

  昨年は運動会を実施しましたので今年は2年ぶりの「第34回高甫ブロック
文化祭」を晴天に恵まれ多くの方に来場いただき開催することができました。
6町の区民がしたためておいた数々の自慢の力作.展示は90名300点に、
また舞台の部では高甫小のボーカルアンサンブル、オカリナや大正琴、ハー
モニカの合奏、合唱、詩吟や謡曲、舞踊などバラエティーに富んだ21演目
176名の舞台発表がありました。

<ブロック長による開催宣言> <農産物の直売>

<JAすこう高甫2階ホールでの展示会場>

<高甫小学校ボーカルアンサンブル>

<野辺町と望岳台のサークルによる合同演奏>

< 華菊会>

<高甫ハーモニカクラブ>

<望岳台コーラス隊>

2015/09/28

全文へのリンク 16:23:11, カテゴリ: 高甫地域づくり推進委員会

高甫史跡めぐり(高甫地域づくり推進委員会)


9月27日(日)曇り空で肌寒く感じたので、一寸薄手の長袖を着て、
高甫地域づくり推進委員会主催の「高甫史跡めぐり」に臨みました。
毎年6月~7月に史跡の一端の整備活動もしている当委員会では、
地域の史跡を多くの方にゆっくりと見て頂きたいとの思いから
初めて企画しましたウォーキングです。
(老若男女32名の参加による午前中、半日のコース)

    
    【妙徳山真光寺】
  
天平年間、越智泰澄の弟子了安が八町笹ケ崎に建立したのが初め。当初は
真言宗であったが、文明年間に蓮如との所縁で浄土真宗に。

    【成就山願浄寺】

目医者の秘伝書が伝えられており、医者を兼業にしていたと伝えられている。

    【前山組道祖神】

祠が2基並んでいる。右は男神型、左は女神型。建立年不明

    【法性山大廣院】

お寺入口の六地蔵堂脇のシダレサクラは須坂市指定天然記念物
種から灯明用の油を取るために植えられたカヤノキも須坂市指定天然記念物

   【赤地蔵尊】

願いが叶うと紅殻を塗布する慣わしがあり、赤地蔵さんと称している。

   【念仏講名号碑】

野辺に伝わる念仏講は、長野県無形民俗文化財指定

※講師は須坂市誌編さん室の小林裕先生でした。お忙しい中、解りやすく丁寧
にご説明して頂きましてありがとうございました。
今回のウォーキングは4㎞、約8,000歩。皆様お疲れさまでした。

2015/09/08

全文へのリンク 11:37:04, カテゴリ: 高甫地域公民館から

高甫を知ろう(公民分館第10ブロック)

公民分館第10ブロック主催、恒例の「高甫を知ろう」が
9月6日(日)雨の心配される曇り空の中、なんとか午前中持ち堪えて
予定とおり実施。(移動は須坂市のバス、助かりました)
 高甫地域に居を構えていても、鮎川流域の古墳群(鮎川北岸の扇状地に
分布、鎧塚古墳群を含む40基が現存)を中々知る機会のない人達の為に
今年は学芸員に案内・説明をして頂き31名無事巡ることができました。

   『天塚古墳群(上八町地籍)』

関木工所様南側の天塚3号墳、横穴式石室の下部が残っています。

   『塚の越古墳群(上八町地籍)』

古墳の上に、稲荷神社の社が建てられている。
積石は何回か積み直されたものである。


畑の中にある古墳

   『天神古墳群(米持地籍、鮎川最下流域に分布)』

形態は上円下方墳に近い積石塚古墳。(約30m方墳)

   『八丁鎧塚古墳(上八町地籍)』

左は6号墳、右が2号墳。6号と2号の間に積石塚の張出付円墳。
6号墳は平成6年に偶然確認されたものです。

   出土品を見学(須坂市立博物館)

学芸員より数々の展示物を紹介説明
学芸員のお二人ありがとうございました。
参加された皆様お疲れさまでした。

:: 次のページ >>

須坂市中央公民館

公民館は出会い・ふれあい・学びあい          ひととひととが 学習や活動をとおして 心と心の和をつくっていく場所…   やさしく 笑顔あふれるまちを みんなでつくっていきましょう

| 次 >

検索

リンクブログ

須坂のリンク

いろいろ

このブログの配信 XML

須坂市公認ポータルサイト・いけいけすざか