信州須坂移住支援チーム

「須坂市に住んでよかった」 「須坂市に住んでみたい」と思える魅力的なまちを目指しています。

カテゴリ: 地域おこし協力隊

2018/06/20

須坂市地域おこし協力隊 藤井啓太の『長野☆GaRons物語』vol.2

「長野☆GaRons 13番」

須坂市地域おこし協力隊の藤井啓太です。
広島県に生まれ愛知県名古屋市内の大学を経て須坂市に移住しました。
現在、市役所の生涯学習スポーツ課でスポーツ振興の活動と、長野☆GaRons(ながのガロンズ)というバレーボールチームの一員としてプレーをしています。
長野☆GaRonsは、須坂市を活動拠点とする男子バレーボールチームで、2018年から始まる新リーグでは「V2リーグ」への参戦が決定しました。
このコーナーでは、私の所属する長野☆GaRonsのメンバーにいろいろな話を聞いて紹介します。
今回は、チームで唯一私と同い年の土倉進太郎選手に話を聞いてみようと思います。

・名 前 : 土倉 進太郎
・年 齢 : 24歳
・出 身 : 長野県(飯綱町)
・ポジション: セッター、センター



●現在のお仕事は?

「現在は、高校教師をしています。また、部活もバレー部を見ており、指導もしています。自分もプレーをしながら高校生に教えているので、教える中で新たな発見等があり、生徒の為にもなり自分の為にもなるので、面白いです。高校の教師ということで、練習や試合にもなかなか出れませんが、生徒に教えるという立場でするバレーも楽しいです」

●ガロンズに入った理由
「私は、出身高校が長野日大付属高校で、同じ高校の先輩が何人もガロンズに所属しており、その先輩を通じて入団しました。藤井選手と同い年ですが私の方が先に入団したので先輩です(笑)」

●ガロンズはどんなチーム?
「そうですね。やはりみんな県内の選手ということで仲が良いチームですね。まあ、藤井選手は県外出身ですけど(笑)。最年長者と最年少者同士でも、よそよそしい感じもないし、遠征等に行くと、みんなで一緒にご飯を食べに行ったりしています。また、仲が良いだけではなく、練習の組み立てや指導も選手同士で厳しく行っています」

●これからの目標
「今年から、ガロンズは一つ上のリーグに参加することになったので、まずはホームゲームでしっかりと勝利することです。私は試合に出れるかわからないのですが、試合に出ている選手だけではなく、ベンチにいる選手・スタッフ・観客の皆様と一緒になって勝てるようなチームになっていきたいです。また、私は高校バレーも見ているので、生徒達が試合で勝てるようにいろいろ工夫を凝らしてしっかり指導していきたいです。ガロンズの一員として、また部活のコーチとして、両方を掛け持ちしながらは大変ですが、自分のできることは当然のこと、周りの人に言われたこともちゃんと取り入れ、精一杯頑張っていこうと思います」

☆長野☆ガロンズのホームページはこちら
https://garons.jp/

(須坂市地域おこし協力隊  藤井啓太)

2018/06/05

先輩移住者に聞くVol.14/峰の原高原ペンションErste Liedeのオーナー木村信貴さん

みなさんこんにちは。このコーナーでは須坂市に移住した先輩移住者にインタビューをして、須坂の暮らしはどういうものか、須坂のいいところ、苦労しているところを聞いていくコーナーです。
今回は須坂市峰の原高原地区のペンションのひとつ、昨シーズンからペンションErste Liede(エアステ リーベ)のオーナーをはじめた木村信貴さんにお話を伺いしました。
◆2017年12月に福井県から奥さんとお子さん2人(小5、5歳)と移住

●ペンションオーナーになったきっかけ
これまでは10年間、隣の菅平高原に冬場の3ヵ月だけスキーのインストラクターとして働き、夏は地元の福井に戻りゴルフ場で働く生活をしていました。
その後、結婚もしたし、子供もできたのでスキーをやめるか、続けるかの選択を迫られることになりました。考えた結果、スキーを続けようと思い、続けるならどういった形で続けられるのか、ずっと考えていました。
ひとつは地元福井のスキー場で働くか、もう一つは峰の原高原に住むという選択です。菅平高原で働いていたので、峰の原高原の人たちとも親交がありました。ですので、こっちに来てみようかと相談したところ、たくさんの人が話を聞いてくれて、空きペンションを紹介して下さったり、ゴルフ場で働いてもいいじゃないかとかいろいろアドバイスをいただいたりしました。
最終的に峰の原高原に住むという選択をしました。
思ったより独立心が高かったのか、ゴルフ場で働くのは面白くないなと思い、それならせっかく峰の原高原住むなら自分でペンションをし、冬はスキーをするという生活をしたいと思ったのがきっかけです。

●須坂・峰の原高原で来て良かったこと、苦労したこと
峰の原高原は時間がゆっくり流れているところが良いですね。
ここに来る前までスキーをするのにも時間もお金もかかっていました。
朝6時から夕方5時までゴルフ場で働いて夜6時からバイトをするようなてんてこ舞いな生活でした。
ここに住んでからはゆっくり自分のペースで時間を使えるのが良いですね。
また、前から知っていた人はもちろん、来てから知り合った人もペンションの改修やペンションの仕事などでたくさん手伝っていただきました。そういうあたたかいところも良いですね。
逆に大変だったのは前のオーナーさんがペンションの管理が適当だったのか結構直すところが多く時間もかかっています。

●須坂市・地域おこしへの提案
協力隊にはもうちょっと峰の原高原の細かい情報を知っていてもらいたいですね。
どこが空きペンションで、どこのペンションが売りに出されているのかを把握してもらいたいです。
たとえば、今住んでいるペンションを売りたいという人がいて移住を希望する人とその人で直接売買交渉ができる架け橋かなんかがあれば良いですね。
須坂市に対しては移住してくる人に対して補助金をもうちょっと出してあげた方がいいと思います。
自分はペンションを開くので、店舗を開店するのに出される補助金を使うことができたのですが、これがもし店舗を開かず、ただ住むだけだったら大変だと思います。

●移住を希望する方へ「絶対後悔しない場所」
来たいと思ったら来た方がいいと思います。
どういった仕事があるのかと思いますが、来れば何かしらの仕事はできるので、例えば菅平もそうですし、冬の仕事もそうですし、ペンションやるやらないに限らず、須坂や上田で仕事するにしろ来ようと思ったら来てみて少しの間泊まってみるとかしたほうがいいと思います。
もし、いきなり来て住むとしても峰の原高原は絶対後悔しない場所だと思います。

(須坂市地域おこし協力隊  斉藤祐哉)

2018/05/21

ただいま!峰の原高原Vol.1 「遊歩道の整備!緋の滝に行こう!」

Permalink 09:14:16, カテゴリ: 地域おこし協力隊  

はじめまして、2018年4月から須坂市峰の原高原で活動をしております地域おこし協力隊の古川広野(こうや)です。
私は須坂市峰の原高原出身です。2018年3月に福岡の大学を卒業し、地元に帰ってきました。
Uターンしてきたという立場である私の目線も含めて、峰の原高原のことを皆さんにお伝えしていきたいと思います。

●峰の原高原の「MiNe」と「緋の滝」
峰の原高原にはMiNe(マイン)という団体があります。
MiNeは、峰の原高原の山野草をはじめとする自然や、景観などを保全する活動を主に行っている有志の団体です。
私もこの団体の活動をお手伝いさせていただきました。今回はその内容についてご紹介します。

みなさん、「緋の滝(ひのたき)」という場所はご存知でしょうか。
峰の原高原スキー場駐車場の下方で岩場を流れ落ちる、とても美しい滝です。
春にはカタクリやニリンソウなどの花も多く咲き、遊歩道を歩く人が増えてきます。
MiNeでは緋の滝へ向かう遊歩道の整備を行いました。
「遊歩道の整備」といっても、大きな重機を入れたりはできませんしたくさんお金をかけられるわけでもありません。
地元の人たちの手作業で少しずつ少しずつ、歩きやすいように整備していくわけです。
ではどういった整備をするのか。単純に「整備」の一言ではわかりませんよね。
私がお手伝いさせていただいた体験から、その内容を紹介したいと思います。

●遊歩道整備!
春、雪が解けて間もなくのことです。私は遊歩道を歩き、緋の滝へ向かってみました。
この時の遊歩道は、ほとんどカラマツの枯れ枝で埋まっていたり、日陰の部分は雪が残っていたり、たくさんのミズナラの葉っぱで埋まっていたり、土が流れてきて傾いていたり…要するに、歩きにくい!という状況でした。
来てくださる方が少しでも歩きやすいようにするためにも、こういった問題を一つ一つ解決していきます。
下見の時にチェックした、修復が必要な場所を目指します。歩きながら枯れ枝をどかし、ミズナラの葉っぱを履き、ようやく地面が出てきます。
土がたまって傾いてしまっているところは、周りを彫ったり、あるいは土をのせたりしてなんとか平らにしていきます。階段ももちろん手作りです。
木は現地調達してのこぎりで切り分け、鉈(なた)で先をとがらせて杭を作り、掛矢という大きな木槌で支えになる杭を打ち、階段のステップとなる横木を埋めて、実際に上り下りしてみて問題がなければ完成です。
急な坂道に新しく階段を加えたり古くなったものを取り替えたりしました。
私がやったのは全体から見たら本当に少しだけでしたが、なかなか大変な作業でした。
かつて道がなかった場所に、長い時間をかけて一人で遊歩道を作った超人のような人もいたそうです。本当にすごいです。
それを考えると私が手伝ったほんの少しの作業なんて大したことはないのかもしれません。
それでもしっかり筋肉痛になりました。日頃の運動の大事さを身にしみてわかるとともに、峰の原高原の人たちの強さを感じました。

●おわりに
遊歩道を歩く度に、山は違う姿を見せてくれます。少し前はカタクリやニリンソウが元気に咲いていました。
今の時期は新緑が素晴らしく綺麗ですね。カラマツの新芽はとても可愛いんですよ。
現代社会で生きているとなかなか自然の中を歩く機会は少ないかもしれません。たまには自然を満喫してみてはいかがでしょうか。
森にはたくさんの生き物がいます。中には熊さんもいますので行くときは複数名で、歌でも歌いながら行くのがおすすめですよ。
ぜひ峰の原高原の緋の滝にお越しください。

(須坂市地域おこし協力隊 古川広野)

2018/05/07

豊洲フルーツハリウッド農ガール物語vol.1『畑は子どもで主人は同士であり相棒』

はじめまして。2017年6月から須坂市豊洲地区で活動している地域おこし協力隊の成田あゆみです。私が活動している豊洲地区は長野県でも有数の果樹地帯です。これから2か月に1度、豊洲地区の農家の男性と結婚し、県外からやってきて活躍する女性を紹介していきます。

第1回目にご紹介するのは、小島町に住んでいる依田菜穂子さんです。
菜穂子さんは東京都大田区出身で、実家は羽田空港の近くだそうです。
都会で暮らしていた女性がどうして豊洲地区へやってきたのか、そしてこれまでどんな暮らしをしてきたのかをお聞きました。

●夢は教師、好きになった人は農家
そもそものきっかけは、ご主人との出会いでした。同じ大学で同じサークル、活動する班が一緒で付き合い始めたそうです。
実は菜穂子さん、教師を目指していました。しかし結婚を意識した時に、ご主人の実家が農家だったこともあり、教師ではなく農家としてこの人と一緒に生きていこうと決めたそうです。
菜穂子さんのご両親も最初は反対をしたそうですが、きちんと説得して最後は祝福されて豊洲に嫁いできました。

●学生時代の人脈を生かし直接販売をはじめる
依田さんご夫婦は早い段階から農協を通さない直接販売を始めていました。
手書きのパンフレットを作成し、年3回ほど果樹の状況を顧客の皆さんにお知らせするようにしたそうです。
「東京に住んでいたころの人脈を生かし、販路を拡大していきました。当時の時代の流れにうまく乗れたおかげで軌道に乗り、顧客も1000件まで増えた」そうです。
「現在も取り引きして下さる方を大切に、直接販売を続けています。直接販売の利点はお客さんの声を直接聞けることです」と菜穂子さんはおっしゃいます。
「充実感を得られるし、何よりこのアイディアは県外出身者の強みを生かせることができたので嬉しかった」とのこと。手書きのパンフレットも好評です。
これまで農家をしてきたことで菜穂子さんは何かを作り出す仕事が自分に合っていたことが分かったといいます。
「教師になるより農家になってよかった」と語る菜緒子さんの笑顔が印象的でした。

●笑顔と元気いっぱいの菜穂子さん、農家のお嫁さんで大変なことありましたか?
「よそから嫁いでくるんだから、農家じゃなくてもいろいろあるよ」最初は一人の時間がないことに慣れなかったという菜緒子さん。
家族で専業農家だったこともあり家族と24時間一緒なのが大変だったそうです。
農業は初めてなことばかりで、家族や周りの方に教えてもらいながら解決してきましたが、それよりも跡取りの子どもが授からなかったことが一番の悩みだったそうです。
ご家族は理解があり不妊治療を支えてくれてとても献身的でしたが、「子どもはまだ?」と周囲に聞かれるたびに、悪気はないとわかっていてもねと菜穂子さんでした。
そんな経験もあり、より一層農業に力を注ぐようになったそうです。
「畑は頑張った分だけ返ってくるし、家族経営だから責任は重いけどその分自分の好きにできる。主人と2人で子どもの代わりに畑を育てているようなものだった」と話してくれました。
ご主人は同士で相棒なんだそうです。素敵ですね。

●夢であったカフェをオープン
菜穂子さんは現在、農閑期である1月~3月に土日限定で自身の夢だった古民家カフェを開いています。
老後を見据え体力のあるうちに始めたいと思い4年前に「古民家カフェよだや」をオープンしました。
現在は、地域にコミュニティの場を提供し、また冬の寒さに安らぎを与えるカフェとなっています。
私も今年の冬、地域コミュニティを学ぶ研修でお手伝いさせていただきました。
何人かで連れ立ってくる方もいましたが、1人で来てカウンターに座って菜穂子さんとおしゃべりする方もいて、そんな人が1人、2人と来て、そのうち知らない人同士で話が盛り上がっていました。
それがなんだか良い雰囲気で居心地が良い空間だなと思いました。
「先のことはわからないけれど、地域のお年寄りが気軽に立ち寄れる憩いの場になればうれしい」と菜穂子さんはおっしゃっていました。

●さいごに
菜穂子さんのお話は以上です。いかがでしたでしょうか?菜穂子さんがとても生き生きとしていて、まぶしく感じました。自分の仕事に誇りを持っていて、良いものを作り出すためなら努力を惜しまないとても行動力のある楽しい方でした。
次回もそんな豊洲地区で活躍する農家の女性のお話を紹介したいと思います。

(須坂市地域おこし協力隊 成田あゆみ)

2018/04/20

須坂市地域おこし協力隊 藤井啓太の『長野☆GaRons物語』vol.1

須坂市地域おこし協力隊の藤井啓太です。
広島県に生まれ愛知県名古屋市内の大学を経て須坂市に移住しました。
現在、市役所の生涯学習スポーツ課でスポーツ振興の活動と、長野☆GaRons(ながのガロンズ)というバレーボールチームの一員としてプレーをしています。
長野☆GaRonsは、須坂市を活動拠点とする男子バレーボールチームで、2018年から始まる新リーグでは「V2リーグ」への参戦が決定しました。
このコーナーでは、私の所属する長野☆GaRonsのメンバーにいろいろな話を聞いて紹介します。

●最初ということなので、私の紹介をしようと思います。
・名  前  :藤井 啓太(ふじい けいた)
・年  齢  :24歳
・出  身  :広島県東広島市
・ポジション:ウィングスパイカー

●バレーボールを始めたきっかけ
私の家族が全員バレーボールをしていて、姉の練習について行って遊んでいた影響が大きいです。最初の頃は、それなりにやって趣味程度だったんですけど、小学校の頃指導者が私の父親だったので、徹底的にやらされました。(笑)でも、そのおかげで上手くなっていくのが自分でも分かってもっと上手くなりたいと思うようになりました。中学、高校、大学と強い学校でやってきたおかげで、今があると思います。

●ガロンズに入った理由
私は、愛知県の大学に進学し、大学でもバレーボールをしていました。その時に、ガロンズの監督さんが私の試合を見に来られていて、スカウトされたことがきっかけです。

●これまでの実績
☆2016/2017シーズンVチャレンジリーグⅡ 最優秀新人賞、得点王
☆第67回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会 ベスト4

●これからの夢・目標
まずは長野☆GaRonsのファンを増やすことです。そのためにも、ホームゲームでは、なんとしても勝つことが必要になってきます。そうなると必然的にチームも強くなってくると思うので、上のリーグに昇格することもできるようになると思います。選手だけで勝つのではなく、選手やファン、応援してくださる人と一緒に戦い、そして勝てるチームにしていきたいと思っています。

(須坂市地域おこし協力隊  藤井啓太)

※次回は6月20日メルマガを予定しています

:: 次のページ >>