須坂発!おいしい農産物日記

須坂市農林課産地ブランド係から

カテゴリ: 農業をはじめよう

2017/02/17

独立して農業始めます!!

Permalink 09:49:16, カテゴリ: 農業をはじめよう  

寒い日が続きますね~

畑はまだまだ雪の中ですが、農家のみなさんは春に向けて着々と準備中です。:p:p:p
おいしい実を取るために枝を整理するせん定や傷んだ棚の整備などなど冬ならではの仕事があります。

そして、農業で独立するために、準備している方もいます。
埼玉県出身で平成27年に移住した吉田さんです。

2年間、須坂市内の農家で研修をして、いよいよ、独り立ちです
栽培するのはブドウ!!

せん定作業も研修の成果が出ております。

前職は東京でIT関係のお仕事。
ほどよい田舎での生活をするため、ブドウ栽培を志し、移住してきました。

『須坂でおいしいブドウを作る!!』とがんばっています。

須坂市ではこのように他のところから移住して農業を始める方や
Uターンなどで家の農業を継ぐ方が近年増えています:D

そのような方に貸して頂ける農地を随時募集中ですので、
須坂市農林課まで登録をお願いします。

登録された農地は耕作したい人に情報を提供しています。

とくに、ブドウなど果樹園のままで借りたい希望が多く寄せられます。
農業をやめるなどの理由で果樹園を貸したい方は、伐採をする前にご相談ください

お問合せは、須坂市農林課 電話 026-248-9004 です。

地域で須坂の農業を盛り上げていきましょう

2016/08/16

9月号の市報は農業特集♪

夏ですね。ももは出荷の最盛期。ぶどうは今月末くらいから出荷から順次、市場へ。
須坂はまさに、フルーツ王国ですね。

さてさて、須坂の農業はフルーツばかりではありません。

伝統野菜の八町きゅうり(はっちょうきゅうり)、沼目越瓜(ぬまめしろうり)、村山早生ごぼう(むらやまわせごぼう)や
野菜を栽培する農業者もいます!!写真はネギを栽培する小林さんです。

きれいなネギ畑ですね~

そんな、須坂の農業の魅力を9月号の市報に掲載予定です。
ぜひ、ご覧ください。

そして、須坂の農産物をPRしましょう

2016/06/09

すこう就農体験

Permalink 14:55:29, カテゴリ: 農業をはじめよう  

農業を志す方向けに就農体験を実施します。

「これから先、本気で農業をやっていこう」という方、就農への第一歩を踏み出すチャンスです。
農家への見学や作業体験だけではなく、実際に須高地区(須坂・小布施・高山)で農業を営む就農者の体験談を聞く時間もあります。
すこう就農体験 

平成27年・28年と開催しましたが、参加者のうち7組の方が就農に向けて須高地区へ移住し研修を開始しています。

申込・詳細は下記のとおりですので、農業を目指す方のご参加をお待ちしております

◆体験日程◆ ※1回の参加もOK。
第1回:平成28年7月23日(土)~ 24日(日)(須坂市)
第2回:平成28年9月24日(土)~ 25日(日)(小布施町)(40歳以下限定)
第3回:平成28年11月19日(土)~20日(日)(高山村)

◆申込締切◆
各開催日の「14日前」までにお申し込みください。
◆募集人員◆20名

◆参加費◆
1回12,000円 1泊2食付(夕食・朝食)
※宿泊は参加者同士の相部屋となります。
◆申込方法◆
須坂市農林課(電話026-248-9004)までお申込ください。
氏名、性別、年齢、参加希望日程、住所、電話番号、メールアドレスをお知らせください。
また、「就農を目指す理由」「希望する作目・地域」「就農に向けて疑問・不安点」をお知らせください。
選考に使用させていただく場合があります。

2016/03/23

菜の花 咲いた♪ もちろん…食べる!

「もう春だなあ」
立春を過ぎてから、挨拶のように交わされる言葉。気候はどんどん変わっていきます。

風が吹くようになり、雪が積もらなくなり、雪解けがすすむ山の色も変わり、先週は見られなかった草花が咲いていたり。
この間まではフキッタマが顔を出したと喜んでいたのに、もうトウが立っています。

どれも、都会のビルでは見ることのできないもの、感じることのできない成長していく春の姿、とでもいいましょうか。地域おこし協力隊の田島です。こんにちは。

なのはな

秋に種を蒔いた野沢菜に花が咲きましたよ。:)

肥料が足りなかったようで大きく育たず心配していましたが、小さいながらもトウが立ち、花蕾をつけてくれていました。

ハイ! ここで「移住者あるある」:lalala:

去年の春、須坂に引っ越してきたばかりの頃、地元野菜直売コーナーで売られていた「菜の花」の表示に感激しました。その表示とは・・・

「菜の花(野沢菜)」

・・・“(野沢菜)”?!88|

もともと食べることが好きで、季節を感じるような野菜は積極的にとっていました。フキノトウ、タラノメ、フキ、もちろん、菜の花も。
でも、菜の花は「菜の花」として売られていました。
・・・ “(野沢菜)”って! さすが、信州!ですね!!!:>>

甘さの中にささやかな苦み。春の風味です。
これから花を咲かせるための蕾には、春の風味とともに栄養もギュッと詰まっています。

旬を食べよう♪ 今だけの、「菜の花(野沢菜)」;)

パスタ
同じく旬のホタルイカと合わせて。
春のアーリオ オーリオ ペペロンチーノ・パスタ♪ 白ワインによく合いますよ♡

2016/03/16

この木なんの木? 銀杏の木!

今日は暖かな陽気の須坂市某所。 
大粒の銀杏が栽培されていて、剪定の作業をされるというので見学に行ってきました。
地域おこし協力隊(農林課)の田島です。こんにちは。:)

銀杏といえば、子供の頃、家の近くの神社で拾って食べました。東京都ではイチョウは都の木でもあり、街路樹としてもよく見かける身近な樹木です。:.

ところが、食用に栽培されているイチョウの木は、自分の記憶の中の姿とは少々違いました。。

イチョウ
(イチョウの畑)

背が低い。:crazy:
・・・実を収穫するので、作業がしやすいように整えられているのです。:idea:

山の斜面に開かれた場所、すぐ隣は杉やケヤキの雑木林です。サルやイノシシなどの野生動物が闊歩している場所なので、果物や野菜は被害が心配される場所ですが、銀杏は狙われないのだとか。また病害虫にも強いので、消毒も不要。
なるほど! :>

子供の頃、神社で拾った銀杏を炒っておやつ代わりに食べていると「銀杏は栄養豊富だから食べすぎると鼻血が出るぞ」なんて言われていました。(地味なオヤツ?そこは「滋味」でしょう!:>>
調べてみると確かに栄養素が豊富に含まれています。
まず、銀杏に含まれるビタミンCはお肌の調子を整えて、身体を疲れにくくしてくれる効果がありますし、カロチンは心臓病やガンなどを予防してくれます。また、銀杏の苦み成分アルカロイドは、強壮、強精の効果があります。
ただ、銀杏を過剰摂取すると、消化不良を起こしたり、ビタミンB6の働きを阻害する物質が含まれているので、大人でも1日5~6粒ほどが適量だそうです。

食用で期待される効果以外では、イチョウの葉には抗菌・防虫効果があるので栞代わりに本にはさんでおけば防虫になるそうです。
また、まな板に一番適した素材はイチョウと言われています。理由は、材質が均一で、油身があるため、水はけがよく匂いが残らない。 また、柔らかくて復元力があるため、刃当たりが良く、包丁を傷めない、とのこと。:.

子供の頃から身近だったイチョウでしたが、今まで全く知らなかった一面を見ることができました。
子供の頃から会っていなかった同級生に再開したら、見違えるほど立派になっていたような・・・そんな感じです♪;) 

この畑からは戸隠山が良く見えます。
剪定したてのイチョウの幹を薄く切って、山を眺めながら、山の中で出来立て新鮮な空気を味わいながらのコーヒーブレイク。

コーヒー

今日も素敵な発見と体験のできた1日でした。

戸隠
(中央、白くゴツゴツとした山肌が戸隠山です)

☆☆☆☆☆☆★☆
さてここでクイズです!

▼北はどっちでしょうか?;D
イチョウの年輪

:: 次のページ >>