信州須坂いきいきブログ

須坂市役所日記

カテゴリ: 市政・行政情報

2017/06/12

第39回須坂市消防団消防技術大会の結果

Permalink 18:25:42, カテゴリ: 市政・行政情報  

 第39回須坂市消防団消防技術大会 ~ポンプ操法、ラッパ吹奏で消防技術を競う!~ 

 須坂市消防団は、平成29年6月11日(日)に須坂小・常盤中学校グラウンドにおいて、第39回消防技術大会を行いました。
 全11個分団が、「小型ポンプ操法」と「ラッパ吹奏」の2種目を競った結果は以下のとおりです。

「小型ポンプ操法の部」 
  優 勝  第8分団
  準優勝  第2分団
  第3位  第10分団
  第4位  第9分団
  第5位  第3分団

「ラッパ吹奏の部」
  優 勝  第8分団
  準優勝  第1団
  第3位  第6分団
  第4位  第11分団
  第5位  第4分団

これまでの訓練にあたり、地域の皆様のご理解とご協力に深くお礼申し上げます。

また、今年は9月30日(土)秋田県秋田市で全国女性操法大会が開催され、長野県代表として須坂市消防団が出場します。今後も皆様のご理解ご協力と温かな応援もいただきますようよろしくお願い申し上げます。

選手宣誓

ポンプ操法

ラッパ吹奏

女性操法

2017/06/08

『第12回須坂駅前さわやかクリーン作戦』を開催しました

Permalink 10:06:09, カテゴリ: 市政・行政情報, 健康・福祉  

6月4日(日)に、12回目となる須坂駅前さわやかクリーン作戦を開催しました。

須坂市の玄関口である須坂駅前を気持ちよく利用できるようにと
ごみ拾いや駐輪場の整理、草とりなど作業いただきました。

駅の利用者の高校生や地域住民の皆様
120名に参加いただきました。

年々、ごみは減っておりますが
タバコの吸殻や酔っぱらいと思われるおう吐物が駅前では目立ちます。

現在、駅前ロータリー再整備の工事中ですが29年度中に完了予定で進められております。
また、須坂創成高校様には高架に毎年綺麗な花を設置いただいております。

みんなで気持よく利用できるよう今後もご協力をお願いいたします。

2017/04/25

消防団・消防本部合同で山林火災防ぎょ訓練を行いました。

Permalink 09:11:02, カテゴリ: 市政・行政情報  

 春は空気が乾燥し、林野火災がもっとも発生しやすい季節です。須坂市では、4月17日(月)から23日(日)まで春の特別火災予防運動期間として重点的に広報を行いました。
 この運動の一環として4月23日(日)に日滝地区山林で、消防団・消防本部ならびに地元区合同で山林火災防ぎょ訓練を行いました。

2016/12/22

第9回クリスマスレクチャーin須坂 レクチャー(3)を開催しました

平成28年12月22日(木) 17:30~20:00シルキーホールにて第9回クリスマスレクチャーin須坂(レクチャー3)を開催しました。総合司会や出店、会場装飾など市内高校生がさわやかに盛り上げてくれました。大勢の方にご聴講いただきありがとうございました。

★ウェルカムコンサート 17:30~
 クラシック(村石達哉さん、綿貫舞乃さん、中村ひろ子さん)
最終曲は、大河ドラマ「真田丸」:D会場の一体感がいっきに高まります
ウェルカムコンサート(クラシック)
<来場者の感想>
 ・真田丸のテーマソング、本当に良かったです。(70歳以上、女性)
 ・ヴァイオリンの演奏、とてもよかったです。

★レクチャー 18:00頃~
 『日本近海の海底資源:開発の現状と研究の最前線』
  講師:国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)
      海底資源研究開発センター長 木川栄一 先生
遠い海の資源が、いつか身近なところで役立ちそうな、たくさんの驚きと笑いが詰まった夢のあるお話でした:roll:
木川先生
<来場者の感想>
 ・目先厳しい状況の中、心が明るくなりました。(60代、男性、自営業)
 ・メタンハイドレートが石油以上の価値を持つ時代が来ることに少し期待を持った。(20代、男性、学生)
 ・民間で何ができるのかについてもっと知りたくなりました。(30代、男性、自営業)
 ・深海への挑戦の重要性を強く認識できました。とても刺激を受け、楽しかったです。(60代、男性、団体職員)
 ・豊富なプレゼンを使って説明していただき、とてもわかりやすかった。(50代、男性、公務員)
 ・日本は資源大国なんだなと、心強く思いました。(50代、男性、会社役員)
 ・夢のある話であった(70代以上、男性)
 ・前回は宇宙の話、今回は海底の話で夢があっていいなと思いました。(20代、女性)
 ・知らないことが多くとても刺激があるレクチャーでした。(40代、女性)

★講師と楽しむわいがやパーティー 19:30頃~
 『笑顔になれる心をこめた家庭料理』(須坂市食生活改善推進協議会)
レクチャー1でプレゼンテーションした須坂園芸・創成高校作物クラブが育てた「風さやか」をつかった絶品の太巻き88|さすが冷めてもおいしいお米「風さやか」!
わいがやパーティー

 司 会: 須坂高校 生徒会
 出 店: 須坂商業高校・須坂創成高校「くますぎ」
 展示・会場装飾: 長野養護学校高等部すざか分教室
高校生の協力
<来場者の感想>
 ・高校生の司会、とても良いと思います。(60代 男性)
 ・とても良い会でした。大変有意義でした。(20代 男性)
 ・楽しかったです。(20代 女性)
 ・知らないことが多くとても刺激があるレクチャーでした(40代 男性)

<木川先生より(抜粋)>
ウェルカムコンサート、手作りの「わいがや」など、運営を含めた全体の雰囲気に感動いたしました。講演の最中も皆様の顔みながら私は説明ぶりを変えるのですが、皆様熱心で、大変力が入りました。

レクチャー(1)の様子はこちらをクリック
レクチャー(2)の様子はこちらをクリック

【主催】クリスマスレクチャーin須坂実行委員会
 (須坂市、須坂市教育委員会、須坂商工会議所、ながの農業協同組合((須高ブロック))
【共催】蔵の町並みキャンパス元気スクール
【後援】信州大学工学部 蔵の町並みキャンパス推進協議会 須坂工業クラブ 須坂青年会議所 信濃毎日新聞社 須坂新聞社 NHK長野放送局 SBC信越放送 NBS長野放送 TSBテレビ信州 abn長野朝日放送 STV須高ケーブルテレビ株式会社 FM長野 FMぜんこうじ
【協力】須坂市生涯学習推進員会、須坂市食生活改善推進協議会、市内高等学校、長野養護学校高等部すざか分教室

2016/12/20

第9回クリスマスレクチャーin須坂 レクチャー(2)を開催しました

平成28年12月20日(火) 17:30~20:00シルキーホールにて第9回クリスマスレクチャーin須坂(レクチャー2)を開催しました。総合司会や出店、会場装飾など市内高校生がさわやかに盛り上げてくれました。大勢の方にご聴講いただきありがとうございました。

★ウェルカムコンサート
 JAZZ(牧さちこさん、山口泰一郎さん、藤巻良康さん)
本格的なJAZZ演奏に、クリスマス気分が盛り上がりました:D
ウェルカムコンサート(JAZZ)
★レクチャー 『水の信仰と米子大瀑布』
  講師:長野県立歴史館長・信州大学名誉教授 笹本正治 先生
地域の話題に、みなさん興味津々:roll:聞き入っていました。
笹本先生
<来場者の感想>
 ・米子大瀑布のよさを知った。ぜひ訪れてみたい(20代、男性、学生)
 ・水の大切さを再認識しました。(60代、男性、自営業)
 ・須坂にあんな不思議な空間があるとは知らず、おもしろかったです。(30代、女性、公務員)
 ・最後の一言がよかった。(50代、男性、会社員)
 ・信仰をつくってきた人間て素晴らしい。私たちはどうすればいいのか考えなければと思った(20代、女性、学生)
 ・映像が多くありよかった。未来のために幸せとはいろいろ問題を投げられた気がした(60代、女性、主婦)

★講師と楽しむわいがやパーティー
 『元気になれるなつかしい郷土料理』(須坂市食生活改善推進協議会)
冷めてもおいしいお米「風さやか」を使った笹寿しもありました:D
わいがやパーティー

 司 会: 須坂高校 生徒会
 出 店: 須坂商業高校・須坂創成高校「くますぎ」
 展示・会場装飾: 長野養護学校高等部すざか分教室
高校生の協力
<来場者の感想>
 ・司会について、とても聞きやすくよかった。(60代、女性、主婦)
 ・高校生のみなさんが、とても落ち着きのある態度ですばらしかった。(60代、女性、団体職員)
 ・若い方と高齢者がいりまじった会、とてもめずらしく心おどりました。(60代、女性、自営業)
 ・毎年参加しています。1年に1回楽しみにしています。(50代、男性)
 ・お花がいっぱい!(60代、女性)

レクチャー(1)の様子はこちらをクリック
レクチャー(3)の様子はこちらをクリック

【主催】クリスマスレクチャーin須坂実行委員会
 (須坂市、須坂市教育委員会、須坂商工会議所、ながの農業協同組合((須高ブロック))
【共催】蔵の町並みキャンパス元気スクール
【後援】信州大学工学部 蔵の町並みキャンパス推進協議会 須坂工業クラブ 須坂青年会議所 信濃毎日新聞社 須坂新聞社 NHK長野放送局 SBC信越放送 NBS長野放送 TSBテレビ信州 abn長野朝日放送 STV須高ケーブルテレビ株式会社 FM長野 FMぜんこうじ
【協力】須坂市生涯学習推進員会、須坂市食生活改善推進協議会、市内高等学校、長野養護学校高等部すざか分教室

:: 次のページ >>