知って得するくらしの知恵

日々の生活に関する身近なことから悪質商法対策まで。くらしのお役立ち情報をお届けします。

カテゴリ: 特殊詐欺

2017/09/15

特殊詐欺を蹴散らせ! AC長野と連携

Permalink 17:06:15, カテゴリ: トラブル防止, 特殊詐欺  

少しご無沙汰しておりました。いっちゃんです。

9月3日、AC長野パルセイロの本拠地「Uスタジアム」に行ってきました。

というのも、:>「家族を守れ!蹴ちらせ特殊詐欺!スペシャルマッチ」・AC長野パルセイロ vs ガイナーレ鳥取 の試合に、須坂市消費生活センター・特殊詐欺被害防止センターも参加させてもらいました。

このスペシャルマッチは、長野県が長野市、須坂市、長野県警察、長野南警察署と協力して、サポーターに特殊詐欺被害の防止を呼び掛ける啓発活動を、AC長野のホームゲームで行うもので、若い世代に被害防止を呼び掛け、家族を特殊詐欺被害から守っていただくことを目指しています。

サッカーの試合では、選手入場の最前列にフラッグがピッチに運ばれるのをご覧いただいた方もいらっしゃると思います。
今回は、フェアプレーフラッグに続いて、須坂市が作った「それってダマされていませんか?悪質商法・振り込め詐欺急増中!」と書かれた大型バナーも入場させてもらいました。なんと、:oops:選手の記念撮影にも加わらせてもらいました。:oops:(許諾の関係で記念写真はNG)
ハーフタイムは、須坂市のぼり旗をもってピッチを半周。しっかり須坂市もアピールしてきました。
特殊詐欺バナー

入口ゲートで来場者にチラシを配布し、「長野県×AC長野パルセイロ特製クリアファイル」をアンケートにお答えいただいた方へプレゼントしたり、抽選で選手との記念撮影や、大型ビジョンで、選手・監督出演による特殊詐欺被害防止啓発CMが流れたり、ミニ講座を行うなど、スタジアム全体を特殊詐欺蹴散らしムードに染めてまいりました。ゲームも3対0で快勝!!

さて、特殊詐欺の前兆電話や被害は続いています。ご家庭で、オレオレ詐欺や架空請求詐欺などを話題に上げていただき、高齢者も若い方も被害に遭わないよう、皆が意識をもっていただければと思います。:p

2017/05/31

須坂市民が・・・ねらわれている!! 

Permalink 13:47:17, カテゴリ: トラブル防止, くらしの知恵, 特殊詐欺  

須坂市民が・・・ねらわれてる?!
連日の還付金詐欺の報道で残念な気持ちの今日この頃の のりまきです:oops:

それに追い打ちのようですが、みなさんにお伝えしたい内容が消費者庁より届きました!

それは

SNSなどやメール等で有料動画サイトに未納料金などの名目で架空請求を受け、実際には何ら交渉なども行わないにもかかわらず、「架空業者と交渉します。」と勧誘し結果的には高額な依頼費用を請求されたという相談が各地の消費生活センターによせられています!


手口

SNSやメールで
「有料動画サイトの未納金が発生してます
本日連絡なき場合、法的手続きに移行します
連絡先電話番号 ●●●●―●●●●
(同様の趣旨の電話が直接かかってくることもあります。)
    
身に覚えがなく不安になり SNS等に記載された電話番号等をインターネットで検索する
    
「詐欺被害の相談サイト」などと称するウェブサイトが検索上位に表示される
    
アクセスすると「(SNS等に記載されていた)電話番号は詐欺の番号です。
そのような場合はこちらにお問い合わせください。」などと記載されている。
    
そのお問い合わせ先に電話すると
こちらは相談窓口ではないため別の電話番号に再度電話するように案内されます。
    
案内された電話番号にかけるとクラプラと名のる者が出て「こちらからお客様に代わって、これ以上請求をしてこないようにサイト事業者と交渉します。
今日中に当社に振り込んでいただければ、いつもは10万円いただいているところ、今回は特別に5万4千円で承ります」などと告げる。
    
クラプラが自分に代わって交渉してくれてその結果支払いせずに済むならと思い、クラプラに依頼してしまう。
その際に実際には、有料動画サイトの未納料金など存在しないにもかかわらず、「調べたところ、あなたには〇万円の未納料金があります。」
と、告げてられることもあります。
    
交渉依頼に関する契約書類をコンビニ等のFAXで受取り、署名捺印し返信した上で
クラプラの名義の金融機関口座に振り込みます
なお、口座振込みだけでなく現金書留で送金するよう指示される事例も多くみられます。
    
後日、電話があり「1社とはけりがつきましたが、あなたは他にも数か所のサイトを閲覧しています。このまま放っておくならば有料動画サイトから請求が50万、100万と膨れあがっていくかも・・・。未納料金の請求を取り消すには、あと〇万円こちらにお支払いいただく必要があります。」
再度 新たな契約を締結するよう迫ります。
    
再度・・・・・・。
    
詐欺にあわないための アドバイス

「有料動画サイトの未納料金が発生しており、本日中に連絡がなければ法的手続き
に移行します。」などというSMSやメールは典型的な詐欺の手口です!!
SMSやメールに記載されている電話番号には絶対に電話しないようにしましょう!!!

もっと詳しくは ➡ 消費者庁ニュースリリース(PDF)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/pdf/consumer_policy_information_170522_0001.pdf

また、このようなSMSやメールが届き
ご心配な場合は一人で悩まず
須坂市消費生活センター(電話番号 026‐213-7188)
警察 ☎       (電話番号 #9110)

2017/05/22

それは詐欺!還付金についての電話はウソですよ!

Permalink 14:43:55, カテゴリ: トラブル防止, 特殊詐欺  

こんにちは。サカちゃんです。市内で「還付金詐欺」の被害が発生してしまいました。

還付金詐欺。。。

「あれでしょ、役所の人から電話がかかってきて還付金ありますって言われるのよね。そんなのあるわけないじゃなーい」

と思った方要注意です。相手はダマしのプロです。心理をうまく操り巧妙にダマしにきます。

「だって、市役所からの連絡でしょ。お知らせはふつう文書で送られてくるでしょ」

その通りです。だから犯人はその点も上手です「還付金があります。資料を送りましたが届いていませんか」から話を始めます。もちろん、何も送ってませんし、届いてもいません。届いていないと言うと、「すぐに手続きしないと還付金がもらえなくなります」とか「申請の期限が過ぎてしまっています。」などと期限をいうことで焦らせておいて、「お使いの銀行はどちらですか」等聞かれます。

普通、市役所の職員はお使いの銀行を電話で聞きませんからっ!

その後、銀行から電話がきます。「ATMで手続きができます」等言われてATMに誘導されます。そこで指示を受けながら、言われるがままに操作するうちにいつのまにやら振り込んでしまっているのが典型的な手口です。

「さすがに金額を打ち込んだら気づくでしょう」

いやいや、犯人の手口はこうです。

「14700円の還付金の手続きになります。今でている画面にこれから言うID番号を打ち込んでください。いいですか?お客様のID番号は897351です。」

そして、897,351円振り込み完了。

指示を受けながら操作をするとそこに自分の意識は働きません。言われた通りにしなくちゃと一生懸命画面を操作します。「ひとごとじゃない!」と思ってみなさま気をつけましょう!

先週の土曜日(H29.05.20)に「特殊詐欺ひとごとじゃない!~手口と対策~」の講演会が開催され、警察から実際にあった手口をききました。そこでこんなチラシが配られましたよ。

【被害にあわないために電話機対策が有効です!】
○オレオレ詐欺、還付金詐欺と固定電話にかかってきます。ナンバーディスプレイがあれば非通知の電話に出ないようにしましょう。
○在宅時でも留守番電話設定にしておき、メッセージを入れた相手にだけかけ直すようにしましょう。
○市販品の対策用電話機器の設置も有効です。

【電話がかかってきたら?】
○犯人の電話番号をひかえて(メモして)、最寄の警察署へ通報してしてください。

「警察に通報」が一番安心ですが、なかなか通報しづらいとお考えの方はご家族や身近な方にまずは相談してみてはいかがでしょうか。須坂市消費生活センター・特殊詐欺被害防止センターでも相談を受け付けているので、ちょっとおかしいなと思うことであれば、お気軽にご連絡ください。

須坂市消費生活センター・特殊詐欺被害防止センター
相談電話:026-213-7188 (平日8:30~17:00)