知って得するくらしの知恵

日々の生活に関する身近なことから悪質商法対策まで。くらしのお役立ち情報をお届けします。

カテゴリ: トラブル防止, インターネット, 商品, 契約, 特殊詐欺, 買い物, 通信

2017/12/22

やってしまった話。湯たんぽで…

Permalink 14:14:28, カテゴリ: トラブル防止, くらしの知恵, 商品  

やってしまいました。湯たんぽでやけど…。

こんにちは。サカちゃんです。
エコ推進中!ということで湯たんぽを愛用しています。

先日、湯たんぽを間違った使い方をしたせいで左手をやけどしてしまったのですよ。

何をしたかというと

まず、数年使っていた湯たんぽが壊れました。

ふたのプラスチック製スクリューの先端に黒い樹脂がついていたのですがそれが取れて、本
体にはまってしまったんですね。お湯の入り口をふさぐかたちで。

でも近頃、毎日寒いんです!
湯たんぽがないと眠れないっ!

樹脂の真ん中に小さな穴があいていたので、そこからそろそろと無理やりお湯を入れて使い続けてたんですね。新しいものを買うまでのつなぎと思いまして。

ところがある日、うっかり勢いよくお湯を投じてしまい、あふれでたお湯が左手に…XX(

やけどの痛さよりも消費生活担当者として恥ずかしい気持ちでいっぱいです:oops:

まさに間違った使い方88|
何事も用法、用量を良く守らないといけません!

心から反省です:'(

昨今の湯たんぽ事故の多さを受けて消費者庁から12月6日付で「ゆたんぽを安全に正しく使用しましょう!-低温やけど、過熱、漏れなどの事故を防止しましょうー」というリリースが配信されています。

詳しくはこちら→

そこにこんなことが書いてありましたよ↓

(3)お湯などの内容物の漏れによるやけどを防ぎましょう。
○使用前によく点検し、ゆたんぽに亀裂や破損がないか確認しましょう。
○使用中に製品の異常に気付いたらすぐに使用を中止しましょう。

異常に気付いたらすぐに使用を中止しましょう:idea:
ああー恥ずかしいっ!

他にも低温やけどなどへの注意が書いてあります。
長時間、身体に接触させないように、布団を暖めたあとは布団から出しましょう。

やけどした後に、早速新しい湯たんぽを購入しました。
まずは取扱い説明書を読んで、今回は慎重に使用しております。。。

みなさんも冬は熱源が多いのでくれぐれもやけどなどに気をつけてくださいね

2017/11/15

役立つ無料講座のご案内♪

Permalink 11:05:57, カテゴリ: トラブル防止, 契約  

こんにちはサカちゃんです☆
「役立つ無料講座のご案内♪」なんてタイトル、あやしさ満点ではないですか?

タダほど高いものはないんです!!
ちょっと安すぎると思ったら、なんで安いんだろうと考えるといろいろなトラブルが防げますよ。

あー脱線しました。この話は長くなるのでまた今度(*ゝ∀・*)

今回はタダで役立つ情報がゲットできる方法をご紹介します☆

それは何かというと自治体主催の“講座”
市報の情報コーナーや須坂新聞によく催しの案内が載っていますね。
気になるセミナーや講座があればフラッと行ってみたりすると
ものすごい充実した楽しい時間が過ごせたりします。

県の消費生活センターから11月開催の講座案内があったのでご紹介しますね(^ー゚)ノ

その①
「セカンドライフと生命保険」
入場無料・事前申込み不要
1日時:平成29年11月29日(水) 午後1時30分から3時まで
2場所:北信消費生活センター教室 (県長野保健福祉事務所1階)
3講師 公益財団法人生命保険文化センター 専任講師 山口良司氏
4内容:「セカンドライフと生命保険」生命保険の見直しのポイントや保険金の受取りに関する留意点等、高齢期における生命保険との付き合い方についてのお話です。
平均寿命80歳を超える昨今、セカンドライフにおける経済的な基盤を考え、準備しておくことはとっても大切です。社会保障制度や生命保険に関する正しい知識を身につけましょう!
(お問い合わせ)北信消費生活センター 026-223-6777

その②
「高齢者の消費者被害防止見守り研修会」
無料
1日時:平成29年12月25日(月) 午後1時20分から3時35分まで
2場所:長野県上田合同庁舎講堂 (http://www.city.ueda.nagano.jp/shisetsu/ueda/etc/012.html)
3講師 一般社団法人 消費者力開発協会 理事・事務局長 廣重美希氏
4内容:高齢者を狙った悪質商法による消費者被害やオレオレ詐欺など被害があとをたちません。高齢者がトラブルにあった場合、気がつきにくかったり泣き寝入りが多くなる傾向があります。高齢者を被害から守るためには高齢者に関わる方の見守りや声かけなど地域のつながりが大切です!消費者トラブルについて理解を深めましょう。
(申込みお問合せ)北信消費生活センター 026-223-6777

高齢者の消費者被害防止見守り研修会は昨年度、須坂市のシルキーホールで行われ、
準備していた椅子が足りなくなるくらい(!)たくさんの方に来ていただきました。
事前申込みは不要ですが、資料準備の都合上できれば申込いただきたいそうです。


↑シルキーホール開催時の様子

昨年、参加したかったけどできなかったという方は是非行ってみてくださいね~♪

無料オシしてしまいましたが公共の事業はもとをただせばみんなのお金で成り立っています。
だからこそたくさんの方に利用していただきたいなあと思います。

2017/10/19

配置薬

Permalink 13:30:34, カテゴリ: トラブル防止, 契約, くらしの知恵  

いよいよ秋本番です!
いかがお過ごしですが のりまきです!(^^)!

突然ですが 配置薬ってご存知ですか?
配置薬の販売のトラブルが増加しています"(-""-)"
****************************************
配置薬(置き薬)とは
お客様のご自宅や職場に常備薬一式をそろえた薬箱(救急箱)をおいていただき、
使った分だけ後払いしていただく江戸時代から続く日本独自の伝統あるシステムです。
販売員が直接お届けします。
****************************************
まだ、ドラックストアがあまりない時は、多くのご家庭の方がご利用されていました。

ちなみに我が家でも 配置薬をおいています。

最近こんなことがありました。
いつの?
栄養ドリンク?
もう賞味期限すぎてる?

どうしよう!!

なんてことがありました:roll:

とても便利ですが
勧誘に問題があったり業者さんが長年来ていないなどいろいろお困りの方もいるのでは?

そこで
どのような対応が適切か考えてみました。

勧誘の際
要らないのであればはじめから断ることが無難です!!
強引な勧誘ならなおのこときっぱり断りましょう!!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
何年も入れ替えに業者が来なくて困っている方や
使用期限切れの薬をお持ちの方は解約の申し出をして引き取ってもらいましょう。
勝手に処分しては絶対ダメ!!
預かった医薬品には、保管義務が生じます。使用期間が切れていても勝手処分して
しまうと使用したとみなされます。
しかし未開封のままでしたら返品や交換できます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

とはいっても
配置薬は使い方によっては便利です。

配置薬はお薬を「預かっている」という事を覚えておいてくださいね(^^♪

◆困ったときは◆
須坂市消費生活センター(電話番号 026‐213-7188)
まで ご相談ください:p

2017/09/28

住み慣れたこの町で♪

Permalink 15:27:30, カテゴリ: トラブル防止  

おひさしぶりです。サカちゃんです。9月18日は敬老の日、でした:D

だからですかね?9月は高齢者についての情報がいろいろ届いてます。

たとえばこんな↓

悪質商法、高齢者が狙われがちなので要注意です!!

それから65歳以上の事故情報のうち、一番多いのが転落・転倒事故!だそうですよ。こんな事故が実際に発生しています:((医療機関ネットワークより)=>

1.転落、転倒事故
◆夜中に自宅の階段をのぼる途中で足がもつれて、1m程度階下に転落。(71歳男性)
◆自宅の廊下で靴下が引っかかって前に転倒(79歳男性)

2.製品のよる事故
◆飲酒後に脚立に乗って庭木の剪定を実施、バランスを崩して転落(77歳男性)
◆自宅ではしごにのぼっていた際、はしごが倒れ転倒。普段ははしごを抑えてもらって使用していたが、今回は誰の抑えもない状態でのぼっていた。(66歳女性)

若い人がつまづいたらとっさに体勢を整えることができますが、高齢の方はそうはいきません。
急な変化への対応が難しくなっているので、不慣れな作業を行う場合は注意が必要です:idea:

長年住んで慣れ親しんだ環境でも、住んでいる人の状況は変わってくるものです。事故防止には本人が気をつけることはもちろん、身近な人が少し気をつけることも大切です:idea:

【身近な人へのアドバイス】

高齢者の心身の変化に合わせて家庭内の環境を再確認したり、作業を行うときは少し気をつけて周りからサポートしましょう:D

★おうちの中は大丈夫ですか
・小さな段差、電源コード、生活動線にある小さなリスクに要注意
・段差解消のスロープや階段に手すりをつける必要はありませんか?
・足元が見えづらい場所はないですか?暗いところには照明をつけましょう。
・つまづきの原因になるものは置いてないですか?

★高齢者が行っている作業を普段からよく確認しましょう
・いつもと変わったことがあれば作業を控えるようによびかけましょう。
・服装、体調、天候、作業環境などの状況もよく確認しましょう。
・事故が起きたときにすぐに対応できるように作業を行う前にひと声かけるように本人に伝えておきましょう。

そういえばサカちゃんの実家にはかなり高齢なおばあちゃんがいますが、おばあちゃんの様子に合わせて玄関に手すりをつけたりドアの開閉を簡単にしたりしました。親戚の家は車いすでも利用できるようにトイレを改修していましたねー。

須坂市では高齢者が安心してくらせるような事業を行っています。
たとえば…

◆「高齢者にやさしい住宅改良促進事業」
介護が必要な方の居室、トイレ、風呂等の住宅改良についての助成事業

◆「さわやか貯筋教室」
65歳以上の方が利用できる健康教室、転倒予防のための体操等

他にも体力をつけていきいきと暮らせるような「介護予防事業」を実施しています。高齢者の生活についてお困りごとがあれば「地域包括支援センター」へご相談してくださいね。

須坂市地域包括支援センター TEL026-245-4566

2017/09/15

特殊詐欺を蹴散らせ! AC長野と連携

Permalink 17:06:15, カテゴリ: トラブル防止, 特殊詐欺  

少しご無沙汰しておりました。いっちゃんです。

9月3日、AC長野パルセイロの本拠地「Uスタジアム」に行ってきました。

というのも、:>「家族を守れ!蹴ちらせ特殊詐欺!スペシャルマッチ」・AC長野パルセイロ vs ガイナーレ鳥取 の試合に、須坂市消費生活センター・特殊詐欺被害防止センターも参加させてもらいました。

このスペシャルマッチは、長野県が長野市、須坂市、長野県警察、長野南警察署と協力して、サポーターに特殊詐欺被害の防止を呼び掛ける啓発活動を、AC長野のホームゲームで行うもので、若い世代に被害防止を呼び掛け、家族を特殊詐欺被害から守っていただくことを目指しています。

サッカーの試合では、選手入場の最前列にフラッグがピッチに運ばれるのをご覧いただいた方もいらっしゃると思います。
今回は、フェアプレーフラッグに続いて、須坂市が作った「それってダマされていませんか?悪質商法・振り込め詐欺急増中!」と書かれた大型バナーも入場させてもらいました。なんと、:oops:選手の記念撮影にも加わらせてもらいました。:oops:(許諾の関係で記念写真はNG)
ハーフタイムは、須坂市のぼり旗をもってピッチを半周。しっかり須坂市もアピールしてきました。
特殊詐欺バナー

入口ゲートで来場者にチラシを配布し、「長野県×AC長野パルセイロ特製クリアファイル」をアンケートにお答えいただいた方へプレゼントしたり、抽選で選手との記念撮影や、大型ビジョンで、選手・監督出演による特殊詐欺被害防止啓発CMが流れたり、ミニ講座を行うなど、スタジアム全体を特殊詐欺蹴散らしムードに染めてまいりました。ゲームも3対0で快勝!!

さて、特殊詐欺の前兆電話や被害は続いています。ご家庭で、オレオレ詐欺や架空請求詐欺などを話題に上げていただき、高齢者も若い方も被害に遭わないよう、皆が意識をもっていただければと思います。:p

:: 次のページ >>