カテゴリ: 生涯学習まちづくり

2018/11/20

第22回須坂市生涯学習市民のつどいを開催します!

須坂市生涯学習推進員会主催の「第22回須坂市生涯学習市民のつどい」を開催します:p:p:p

期日:平成30年11月24日(土)
時間:午前9時45分~午後2時
会場:須坂市中央公民館 3階ホール

内容・・・

オープニングセレモニー「ダンス(野菜ウーマン)」

☆10時5分~「まちづくり実践講座」の発表

=>9月から10月にわたり3回講座で行ってきた「まちづくり実践講座」に取り組んできた小学生・高校生が発表をします:idea::D
小学生は「須坂のまちに明かりを・・・」というテーマで活動してきた成果を生涯学習推進員会地域学グループとともに発表します。また、高校生はまち歩きの中から見つけた課題や今後のまちづくりについて、それぞれ発表します:oops::oops::oops:

☆10時40分~「講演会」

=>「まちづくり実践講座」の講師、蜂屋大八さん(金沢大学地域連携推進センター准教授)から、「須坂市の地域特性と可能性~須坂学を核とした町づくりに向けて~」と題し、講演いただきます。

☆12時10分~ 生涯学習推進員会の食文化グループによる「食文化と健康長寿」の実践発表と郷土食の試食
☆12時45分~ 生涯学習推進員会の映像グループによる上映会

その他、須坂市の文化財写真展示や須坂支援学校・須坂創成高等学校・湯っ蔵んど・コモリ餅店の販売コーナーもあります。

大勢の皆さんのご来場をお待ちしています:p:p:p


問合せ:須坂市生涯学習推進センター
    ℡ 026-214-6086

2018/11/01

全文へのリンク 15:52:09, カテゴリ: 生涯学習まちづくり

☆まちづくり探検隊からの報告☆

「吊りランタンづくり」(長野県地域発元気づくり支援金活用事業)

(9/9㈰)、「須坂のまちに灯りをつけて、夜も明るいまちにしたい!」という子供たちからの提案で、「こんなところに灯りがあったらいいな」と思う場所を見つけて、写真を撮るため市内を探検しました:p 

➡(20018/9/11ブログ参照)
https://blog.suzaka.jp/syogaigakusyu/2018/09/11/p35464

灯りは、自分たちで「吊りランタン」を手作りします:oops:

そこで・・第2回目(10/14(日)に、子どもと大人が一緒になって「吊りランタン」を作りしました:p

風船を膨らませて・・;)

針金で枠を作り・・・:)

ボンドに浸した麻ひもをぐるぐる巻いていきます:crazy:

途中で風船が割れちゃったり、麻ひもがほどけちゃったり、ボンドがこぼれちゃったり・・XX(
最初は悪戦苦闘していましたが、だんだんと慣れてきてコツをつかんでくると
大人が麻ひもをボンドに浸して、子どもがぐるぐる巻いて行って…という風に、
息ぴったり上手に作れるようになってきました:>>

できた吊りランタンは、しばらく乾かして風船を取り外し仕上げます;)

第3回目(10/28(日))

いよいよ吊りランタンを持って町の人たちにつけてもらえるようお願いに行く本番の日;)
上中町・中町・新町・太子堂を中心にお願いに行きました:)

子どもたちは、最初、ドキドキ緊張しながらお願いしていましたが、まちの皆さんが快く受け取ってくれると、だんだんと自信がついてきたようで、自分たちの思いもきちんと伝えながら、しっかりとお話しすることが出来るようになってきました:p:p:p

快く受け取ってもらえた時の、子どもたちの笑顔がとっても嬉しそう:oops:
その笑顔を見て、受け取ってくれた方々も嬉しそうでした:oops:

夜、町の中を歩いてみると・・・
さっそくつけていただきました:p

この灯りの「輪」がどんどん広がればいいな・・・(#^^#)

太子堂の様子はこちらもご覧ください =>(太子町ブログ)

https://blog.suzaka.jp/taishi/2018/11/01/p35651

2018/07/12

みんなで須坂のまちを探検しよう!

~子どもも大人も みんなでまちづくり~

まちづくり探検隊を募集しています!(全4回講座)

須坂のまちを歩いて探検しよう!
普段は気づかなかった町の様子や、良い所、不思議だなと思う所、疑問に感じる事などを見つけて写真に撮り、その写真を使って「お宝マップ」を作ります!
まち歩きで気づいたことなどを出し合って、大切にしたいことやまちの課題などをみんなで考えます。

①9月9日(日)  午前9時30分~午後3時30分  
          会場 須坂市旧小田切家住宅・須坂市内
②10月14日(日)午後1時30分~4時       
          会場 須坂市旧上高井郡役所
③10月28日(日)午前9時30分~午後2時     
          会場 須坂市中央公民館・須坂市内
④11月24日(土)午前10時~正午         
          会場 須坂市中央公民館

:idea:主な内容:idea:

:D1回目の9月9日(日)は、旧小田切家住宅からまち歩きをし、写真を撮ってきます。
お昼には郷土食を食べ、旧小田切家住宅でのお楽しみ体験を計画しています:oops::oops::oops:
午後は、写真を使ってマップ作り。どんな「お宝マップ」ができるでしょうか;)

:D2回目の10月14日(日)は、まちを歩いて感じたことや気づいたことを話し合います;)

:D3回目の10月28日(日)は、再び須坂のまちへGO! 2回目で出された意見をもとに、さらに探求してみます。この日のお昼は、郷土食のおやきなどを作る体験を計画しています:p

:D4回目の11月24日(土)は、自分たちで考えた「須坂のまちづくり」を、「須坂市生涯学習市民のつどい」で発表します:oops:

参加費:無料
持ち物:筆記用具、まち歩きの際は水筒・タオル・帽子
申込み:8月24日(金)までに須坂市生涯学習推進センターお申し込みください。
問合せ:須坂市生涯学習推進センター
    電話 026-214-6086
    FAX 026-246-3906 
    E メール  s-syogaigakusyusuisin@city.suzaka.nagano.jp

小学生、中学生、高校生、大学生、大人の皆さん!ぜひ参加をお待ちしています!
※お子さんのみの参加も可能です。その際は、保護者の承諾を得てご参加ください。

2017/03/08

全文へのリンク 11:43:13, カテゴリ: 生涯学習まちづくり

私が学びたいのはこれです!わくわくメニューが勢ぞろいの新年度出前講座

 市民や学校のみなさまの声にお応えし、須坂市では新年度に新しいメニューを11講座開設します。
 みなさまがこの出前講座を活用し、気軽に楽しみながら学び、最後に「やってよかった!」の声が何よりの喜びです。そんな講座を目指し、新年度は145の講座メニューを用意しました。

 それでは、新しい出前講座を紹介します。

【小・中・高校生向け講座】

◆「ゲストハウスに泊まる旅の楽しみ」 - ゲストハウス蔵 -  
 ゲストハウスってホテルや旅館と何が違うの?
 館内の紹介と、ゲストハウスに泊まる人たちの旅の楽しみ方などをお話しします。


   
      
【一般・小中学生向け講座】

◆「介護保険の利用と課題について」 - 社会福祉法人グリーンアルム福祉会 -
 介護保険サービスの利用方法や課題、施設利用などについてお話しします。施設の見学も行います。


   
     
◆「旧小田切家住宅での楽しみ方」 - 須坂市旧小田切家住宅 -
 旧小田切家住宅の建物をご案内し、歴史の説明をします。喫茶利用や組子コースターなどを体験します。(喫茶と体験は有料 1000円)


   
    
   
     
◆「四季を楽しむ盆栽」 - 松山園 -
 盆栽とは?(盆栽と鉢植えの違い)
 どんぐり、赤松、紅葉などの実から作る、針金を使わない盆栽づくりなどを体験します。
 盆栽を通してその奥の深さや、自然に寄り添い、四季を通して和の心を育む面白さを学びます。
 (鉢代は有料 500円~1500円)


   
     
◆「認知症を理解しよう」 - サン、悠々オアシス -
 認知症ついてどんな病気なのかな。病気への理解と周囲のサポートの仕方などを学び、グループホームの施設を見学します。


   
     
◆「テレビ番組の制作体験をしよう」 - 須高ケーブルテレビ㈱ -
 スタジオでアナウンサーやカメラマンなどを体験し、編集機器を使った番組作りの体験をします。


   
     
◆「クラシック美術館の楽しみ方」 - 須坂クラシック美術館 -
 建物や歴史の説明とご案内。岡信孝の絵画及びコレクションの心について伝えます。また、香り袋作り・きもの模様の絵葉書作り、きものの試着などを体験します。(材料費は有料 300円 きもの試着は別途相談)


   
     
◆「発酵と糀の話 あまざけ・塩こうじ造り」 - ㈲糀屋本藤醸造舗 -
 発酵や糀、味噌などの話を聞きます。みそ蔵を見学し、「あまざけ」と「塩こうじ」造りを体験します。
 (材料費は有料 1000円)


   
     
◆「笠鉾を知ろう」 - 笠鉾会館ドリームホール -
 須坂の祇園祭と須坂の産業の元となった製糸産業について学びます。また紙芝居「須坂祇園・笠鉾」の鑑賞や「まゆストラップ作り」を体験します。
 (体験代は有料 300円)


   
     
◆「安全に賢く使おうインターネット」 - 消費生活・特殊詐欺被害防止センター -
 架空請求やネットショッピングなどの被害の事例と対処法と、こどもや若者がトラブルにあわないための注意点などをお話しします。

 

 今年は小中学校の授業などにこれまで以上にご活用いただきました。そして出前講座を開設してから高校としては初めて、市内の高校が出前講座を活用し、須坂市の魅力を学習していただきました。
お申込みもこれまで年間180件から210件で推移していましたが、今年は3月1日現在で230件を超えて好調です。みなさまにご利用いただき本当にありがとうございます。

 そして、出前講座の登録をお願いに行きますと、講師をボランティアとして協力いただくみなさまは、いやな顔ひとつせずにこの出前講座に協力してくれます。須坂市を愛し、地域を大切にする心が伝わり、人が親切でおもいやりと優しさのある須坂市を改めて感じました。心から感謝と御礼を申し上げます。

 新しいメニューは平成29年4月号の広報すざかに掲載を予定しています。また「生涯学習まちづくり出前講座」のパンフレットは、平成29年4月号の広報すざかと一緒に配付します。

詳しいお問合せは須坂市生涯学習推進センター ℡026-214-6086まで 
みなさまのお申込みをお待ちしております。

2016/12/22

全文へのリンク 15:35:23, カテゴリ: 生涯学習まちづくり

温かく親切な皆さんとふれあい 須坂市を学びました


蝶の民俗博物館

市内の高校、そして高校と初めて連携した企画!

須坂市まちづくり出前講座を活用し、企業や地域、公共施設など28ヵ所で見学や意見交換を行う、須坂東高校の1学年2学年約400人と、須坂市関係のさまざまな人とのワークショップを行いました。


田中本家博物館

28事業所の社長さんや担当者の方、地域の方々が生徒のために親切に分かりやく説明をしてくれました。

市内の史跡や歴史的建造物など巡る須坂探検では、今まで素通りしていた須坂の町並みや建物を知り、興味を持つきっかけになった生徒が多く見られた様でした。

生徒からは、「土蔵をイルミネーションしたり、コンサート会場や飲食店に活用したらもっと魅力的な須坂市になるのではないか」など若者視点でのアイデアが積極的に出されました。


須坂探検ワークショップ


~三つ子の魂100までも~で出された意見

担当の先生からお聞きすると、「どの講座も最初は何をすればいいのか戸惑ったり、興味が湧かなかったり、緊張気味で下を向いていた生徒も、皆様方の熱意で、目を輝かせて話の内容に引き込まれて行き、意見が活発に出て、有意義な貴重な時間を過ごすことができました。生徒は自分の将来に対し、何らかの新たな決意をしたように感じます。」とお話を頂きました。

校長先生から「来年もできればお願いしたい」という嬉しいお話も・・・

温かく真摯な気持ちで迎えてくれた企業・団体・地域の皆様、
本当にありがとうございました。


社会を支えるものづくり「オリオン機械」


須坂温泉


みそ蔵見学おみそができるまで「塩屋醸造」


クラシック美術館


ゲストハウス蔵


太陽エネルギー機器のしくみ体験「サンジュニア」


郷土食ふるさと料理「にこにこすざか食」


まゆぐら


須高ケーブルTV


花あそび「須坂ボランティアの会」


仙仁温泉


切れるのこぎりのわけ「丸源鋸工場」


グループホームサンオアシス


なぜあいさつは大切なのか?「酒井商会」


子育て~三つ子の魂100までも~

(須坂市生涯学習推進センター小林昌幸)

:: 次のページ >>

学びが支えるまちづくり・人づくり

| 次 >

検索

リンクブログ

須坂のリンク

いろいろ

このブログの配信 XML

須坂市公認ポータルサイト・いけいけすざか