長野県須坂市春木町476-1
026-245-1619

カテゴリ: 報告

:: 次のページ >>

2021/03/23

13:35:43, カテゴリ: 報告, 最新情報  

本日、須坂ライオンズクラブ様と、「自然災害発生時における災害ボランティアセンター支援に関する協定」を締結しました。

須坂ライオンズクラブ塩崎会長様から、いざというときには、人的や物的にご支援をいただけるお話をしていただき、心強さを感じました。

令和元年台風19号災害では、須坂市でも豊洲地区を中心に甚大な被害がありました。
その際には、本会も災害ボランティアセンターを立ち上げ、2千名を超える多くの皆様からご支援をいただき、皆様の思いに胸が熱くなりました。

今回の協定を締結し多くの皆様と連携することにより、もしもの時の備えとして、被害を少しでも減らすことができればと思います。



2021/03/19

14:01:04, カテゴリ: 報告, 最新情報  

3回シリーズで始まった市民向けボランティア講座も最終回を迎え、最後のテーマ「伝える力 ~承認を学ぶ~」について学びました。
承認する…相手の存在を認め、自己成長をサポートする行為と教えていただきました。

~受講者からの感想~
・「聞く」ではなく「聴く」ができるヒントをたくさん教えていただきました。
・話す前に3秒待つ! 
・コミュニケーションに興味がわきました。
・相手に意識を向ける、好奇心! 改めて大切なことだと感じました。
・会話をする時の空気感は、話し手が作っているより聴き手が作っていると感じました。
・今までの人生が覆されました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
また、このような講座を開催したいと思います(^^♪



2021/03/17

13:07:48, カテゴリ: お知らせ, 報告, 最新情報  

3月の穏やかな陽気の中、本日「福祉ボランティアセンタ―」を利用されていたのは、須坂あかりの会さんと対面朗読サロンさんです。

許可を頂き、そーっと覗いてみました☺
静まり返った部屋の中から、語りかけるような通る声が聞こえてきました。

対面朗読サロンでは、ひと月に2回、視覚障がいの方を対象に本の読み聞かせ(対面朗読)をされています。

本日は、あかりの会さんによって吉永南央さんの「名もなき花の」という本を、2回に分けて読まれているところでした。

今回はお二人の方がご利用いただいていましたので、お話を伺いました。

Qご利用されていかがですか?

Aさん 「読む方も入れ替わりで読んでいただくので、その方の持ち味がでるのでとても楽しみにしています」
    「あらゆるジャンルの本を読んでいただいて、感動で涙することもあります」

Bさん 「目が不自由になったのは、1年前から・・点字も読むことが出来ないので、ラジオを聞くのが楽しみでしたが、この会を知り、
とても充実した時間を過ごしています」

この後、対面朗読サロンの方に家まで送っていただくそうです。

須坂市福祉ボランティアセンターは、福祉・ボランティア活動の拠点施設です。
須坂市社会福祉協議会に隣接し、このような活動をする団体に無料で開放しています。

※新型コロナ感染症対策により制限もありますので、詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ/須坂市社会福祉協議会 助け合い起し推進係 ☏ 026-214-2994



2021/03/11

14:48:21, カテゴリ: 報告, 最新情報  

第2回目は、「聴く力」について学びました。
まず、“聴くことはなぜ大切なのでしょうか”からはじまり、聴くことの利点・ポイントを先生の体験談も交え教えていただきました。山口先生の講座は毎回体験をします。聴き手、話し手それぞれの役になり、聴き手の態度を変え【目も合わせず関心なし→ただ真顔で聴く→あいづち等交え関心ある態度】、会話をした時どんな風に感じるか…と実践! 体験して感じたことは、話し手は、思っている以上に聴き手の影響を受けているということ…。素っ気ない態度をされると話す気力も失せ苦痛すら感じる。一方、うなづきやあいづちなど関心ある態度での会話は楽しくあっという間に感じる。実験のような面白い体験もできました\(^o^)/

次回は、とうとう最終回です…(T_T)



2021/03/07

16:19:13, カテゴリ: 報告, 最新情報  

日野支部の献血に、74名の皆さんにご協力をいただきました。ありがとうございました。

日野支部役員さんも人数を減らし対応。また献血者も3密を回避してか、一定時間に偏ることなく来所いただけました。ありがとうございました。

昨年の3月に、こちらの会場で、生まれて初めて献血された竹内さん。広報紙の表紙にも掲載されました。取材のとき、緊張してガチガチになっていたのに、今年は、全く緊張していません!継続して、献血いただき嬉しかったです。

今回は、30代~40代の方が多く、小さな子供さんを連れての参加も見られました。親御さんが献血をしている間は、子供さんは、お話ししたり折り紙を折ったりと過ごしました。子どもさんも、大人になったら献血に協力頂けたらと思います。

献血は、地域の皆さんの助け合いがあってこそです。どんな時代が来ても、助け合っていきたいですね。これからもご協力よろしくお願いします!


役員皆さんでプレゼント(支部用意)を包んでいます。


血液センターからもお土産が!


何を作っているのかな?


バスです!



:: 次のページ >>

須坂市社協情報

須坂市社会福祉協議会の日々の活動をご紹介します(^^♪

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

検索

カテゴリ

いろいろ

このブログの配信