須坂市観光協会最新情報

須坂市内で開催されるイベントや見どころを紹介しています。


カテゴリ: イベントレポート

2017/03/27

Permalink 18:57:48, カテゴリ: イベントレポート  


3月26日(日)は朝から雪が舞いう寒い日でしたが、墨坂神社(芝宮)では
お客様に見守られながらひな供養が行われました。
 
 
受付を終えて供養をするお雛様を並べていきます。
今回はぬいぐるみや五月人形もたくさん並びました。

 
 
午前中に受付を終え、午後1時からひな供養が始まりました。

 
 
実行委員とお客様代表の方に玉串を捧げていただきました。

  
 
お魂抜きの供養を終え、お焚き上げをします。
 
 
 
大切になさってきた人形をひな供養にお持ちになった皆さんは
「ちゃんと供養ができてよかった」と一様におっしゃっていました。
  
 
ひな供養は毎年3月の下旬に墨坂神社(芝宮)で行われています。
お雛様だけではなく、五月人形やぬいぐるみ等も供養いたします。
 
 
今まで大切にしてきた人形をどうしたらいいか困っていらっしゃる方。
ひな供養をされてはいかがでしょうか。
 

2017/03/07

Permalink 14:35:14, カテゴリ: イベントレポート  

2017年3月5日(日)天気は快晴:idea:峰の原高原スキー場にて13時から200食『ごん汁』が
ふるまいが行われました!!まず、ごん汁とは?
【ごん汁】神奈川県三浦市は須坂市と姉妹都市です。三浦市は漁師の町。
三浦市の獲れたて魚、三浦大根、ネギなどと須坂市の村山早生ごぼうや味噌を使用して
食材がコラボします!新鮮な野菜や魚などたっぷり使用した味噌仕立ての漁師料理が『ごん汁』です。

今回の材料は三浦市からはマグロと三浦大根とネギ、須坂市からは村山早生ごぼうと油揚げと直虎味噌。

マグロは生臭さをとるため湯通ししてごぼうやネギを刻みます:D

グツグツと煮えていい香りがします。まさに三浦市の食材と須坂市の食材がコラボです:>>
最後に直虎味噌で味を調整します。200人前は凄い量ですね!

13時から『ごん汁ふるまい』が開始と同時にあっという間にズラッ~と並びました88|
   

200人前15分で完売してしまいました!ごん汁を食べたお客様からは
「おいしいわ!」「あったまる」「この長ネギ甘くて最高!」「この味噌いい味してる!」など
みんな残さず食べる姿を見て嬉しかったですね。ありがとうございました。
またご協力いただきました三浦市の皆様、峰の原高原スキー場の皆様、
峰の原高原観光協会の皆様、本当にありがとうございました。お疲れ様でした:p
T・O

2017/02/17

Permalink 11:23:51, カテゴリ: イベントレポート  

2017年2月14日(火)~15日(水)とモンゴルからモンゴル日本語教師会ご一行様(37名)が須坂に
来てくれました!!1泊2日のため、では!2日目ご紹介いたします:D
2日目のスケジュールは体験がたくさん行われ、まず米子瀧山不動寺にて
座禅体験をしました。座禅は難しいため、あぐらで目をつぶって瞑想します。
雪道にはマイナス20度のところに住んでいるので
慣れていますが日本は風がつめたいですねと息が白くなるのは珍しいみたいです。
続きましては須坂アートパークで三十段飾り千体のひな祭りの展示を見学!!
華やかなお人形に興味津々でモンゴルのお人形も展示してありました。

旧小田切家に移動をして抹茶体験などを行います。まず2グループにわかれて
抹茶体験と折り紙で鶴を作る体験をします。モンゴルの人たちは“日本のこたつ”を
初めて見て実際にこたつに入って「あったかい!」と言っていました:>>
モンゴルにこたつはないそうですよ。さてはじめての抹茶はどうでしょうか?
折り紙もみんな上手に鶴が折れました。

みんな「苦い」と言いつつこれも日本の文化だ!と思ってちゃんと抹茶を飲んでいました。
またもうひとつグループの館内見学では一生懸命説明したことをメモしてしました!
さて残すところ体験もあとひとつです。
松栄寿司さんに向かい寿司体験をしていただきます。モンゴルの生徒に「日本の好きな食べ物は?」
と聞いてみると「寿司」「チョコレート」「アイスクリーム」と言っていました。
実際に海苔巻きを自分で巻いてみます!見本を見た後に自分で挑戦します。
自分で作った海苔巻きが昼食になるので丁寧に巻いてます:.いなり寿司も体験しました。

市長さん・教育長先生が戸を開けた瞬間に全員が起立して大きな声で
「こんにちは。よろしくお願いします。」と言っていたのがとても礼儀正しく印象的でした。

記念に集合写真です:idea:須坂市に来ていただいた2日間は天気がよくよかったです。
これでお別れの時間になります。三木市長さんとハイタッチをしたり手をずっと振っていました。

モンゴルの3校の中学校から来ていただき、また先生はじめ生徒の皆様、須坂市に
お越しいただき感謝しております。またご協力いただきました東中学校の先生方と
生徒の皆様にも感謝しております。本当にありがとうございました:D
T・O

Permalink 10:43:38, カテゴリ: イベントレポート  

2017年2月14日(火)~15日(水)とモンゴルからモンゴル日本語教師会ご一行様(37名)が須坂に
来てくれました!!1泊2日のため、今回は1日ずつご紹介いたします:D

まず須坂に到着して「湯っ蔵んど」でモンゴルのパフォーマンスの踊りと
馬頭琴を披露していただき今日湯っ蔵んどに来ていたお客様はラッキーだったと思います!


お昼は富士山をイメージしたカレーライスと餅つき体験とちょうどバレンタインデーと
いうこともありドライのりんごに自分でチョコレートを付ける体験もしました。
カレーもお餅も初めて食べたと言ってました88|

次に東中学校に向かい学校交流を行いました。歓迎会では記念品交換や校歌をうたったりしました。
またモンゴルではモンゴル国家など、うたいました♪
続きましては授業体験です。4グループにわかれて英語や音楽(お琴体験)や体育では
バトミントンを行いました。初めてバトミントンをやったそうですが数分で上手になりました:p

言葉の壁も気にならないほど英語や日本語で会話をしあっという間に仲良くなりました。
さて授業のあとは清掃体験です。日本人が気がつかない壁の汚れやストーブの端の汚れも
キレイにふいていました。モンゴルの生徒たちの姿に先生も凄く感心していました:lalala:

東中学校との交流体験は短い時間でしたが別れを惜しむように
「モンゴルに行くからね~」「また須坂に来てね」と言って大きく手を振っていました。
須坂温泉 古城荘に宿泊しました。(1日目終了です)
T.O

2017/01/24

Permalink 19:40:50, カテゴリ: イベントレポート  

2017年1月24日(火)昨日に引き続き中国から訪日教育旅行団の一行が須坂にいらっしゃいました。
今回常盤中学校との交流のため訪れたのは山西省大同市第一中学の生徒23名です。
 

 
まず最初に腹ごなし。昼食は湯っ蔵んどのカツカレー、おまけに餅つきもしました。

つきたてのお餅にあんこときなこをつけて。にぎわっています。

 
お腹がいっぱいになった後はいよいよ常盤中学校へ。
 
歓迎式では大同第一中学の先生や生徒、常盤中学校の校長先生の挨拶がありました。
生徒代表の挨拶は何と英語!英語が好き&得意なんですって。

記念品の交換もありました。

 
歓迎式の後は授業体験です。2~3人のグループに分かれて1・2年生と一緒に授業を受けます。

英語や数学、音楽等の授業を一緒に受けました。
 
そして清掃体験です。中国の学校では掃除をする習慣があまりないそうで、珍しい体験なのだそう。
常盤中学校からプレゼントされたてぬぐいをますかぶり、雑巾を使って拭き掃除。

みんな静かに一生懸命壁や床を磨いていました。
 
帰りの会では百人一首をするクラスもありました。
 
放課後の部活体験では、剣道部にお邪魔しました。
武道場には裸足で入ります。
お話を聞いた後、竹刀の使い方を教わりました。最初は揃わなかった素振りがだんだん揃っていきます。 
 
そしていよいよ防具をつけると、みんなの顔がキリっと引き締まります。

剣道部の生徒に「メーン!」と叫びながら小走りで行く姿がどんどん早くなっていきました。
体験の後は剣道部の生徒さん同士の試合を見ると、その早さと気合にびっくでした!
その後はみんなで記念写真を撮りました。(一番上の写真です。)
  

最後に合唱部による歌の発表がありました。
この日は大同市第一中学の生徒の1名が誕生日だったことがわかり、急きょ合唱部の皆さんが
準備をしてくださり「HAPPY BIRTHDAY」を全員で歌いました!
 
最初はお互いに照れてしまって距離がありましたが、最後はジェスチャーや簡単な英語で楽しく
話し合って、お互いに一生懸命思いを伝え合っていました。
合唱部の皆さんがお別れの挨拶をするため雪が降る中をバスまで見送りに出てきてくれました。
バスの中と外で笑顔で思いっきり手を振る姿がたくさん見えました。
 
 
中国山西省大同市第一中学の先生をはじめ生徒の皆様、須坂市にお越しいただき感謝しております。
また、ご協力いただきました常盤中学校の先生方と生徒の皆様にも感謝しております。
本当にありがとうございました。謝謝!
 
N・O
 

<< 前のページ :: 次のページ >>