須坂市観光協会最新情報

須坂市内で開催されるイベントや見どころを紹介しています。


カテゴリ: イベントレポート

2017/01/23

Permalink 15:41:15, カテゴリ: イベントレポート  

2017年1月23日(月)に中国湖南省砂子塘世界小学校の生徒11名が井上小学校4年生と
交流のため須坂市に来てくれました!まず『三十段飾り千体の雛祭り』を見学しました。
 
湖南省はほとんど雪が降らないため窓から見える雪に凄く喜んでいました。
こんなに沢山の雪を見たのははじめてだそうです:p
ハートの雛飾りで記念写真!
三十段飾り千体の雛祭りのあとは井上小学校に行きます:D
井上小学校4年生と交流します。歓迎セレモニーでは記念品の交換をしました。

井上小学校では学校の紹介や校歌、リコーダーの演奏をして歓迎しました。

世界小学校では武術や女の子が遊ぶゴムとびなど披露していただきました:.
みんなおそろいの赤い洋服は冬の制服だそうです。

次は授業交流になります。4年松組と4年竹組にわかれて授業体験をしました!
自己紹介をし、4年竹組みでは「変身ゲーム」といって間違いさがしのようなゲームと
「ドンチャン」という1人ずつジャンケンして勝ったら走ってどんどんジャンケンして
勝ったどんどん進むといったゲームをしました。ジャンケンは中国でも同じだそうです:idea:

あっという間の授業体験が終わり給食です。給食も体験していただきました!

言葉は通じなくてもすぐに仲良くなって別れを惜しんでいました:'(
バスが見えなくなるまでお互い手を振っていました。

中国湖南省砂子塘世界小学校の先生はじめ生徒の皆様、須坂市に
お越しいただき感謝しております。またご協力いただきました井上小学校の
先生方と生徒の皆様にも感謝しております。本当にありがとうございました:D
T.O

2016/11/18

Permalink 16:59:58, カテゴリ: イベントレポート  

 
人気のウォーキングイベント「大人の社会見学」の第3弾!
11月16日(水)にカントリーウォークも取り入れた盛りだくさんの
内容の「大人の社会見学&カントリーウォーク」が開催され、
12名にご参加いただきました。 

  
落ち葉のジュウタンが美しい湯っ蔵んどさんを出発し、大笹街道とりんごや
柿がなる農道を歩いていると美味しい香りが・・・ 最初の見学先、長野興農さんに到着!
 
 
長野興農さんは昭和39年に設立、須坂工場には果樹の搾汁ラインや
なめ茸等の加工ラインがあります。
まずは作り方や加工の歴史、製造の工夫や苦労など、なめ茸やりんご
ジュースについて学びます。

 
なめ茸といっても2種類あり、茸めしの素となめ茸茶漬の違いは
固形分の違いなんだそうです。今の時期は1日で2500ケース分
できるそう。ということは、1ケースが15本だから・・・
なんと1日で37500本88|  すごい数ですね。
りんごジュースはビタミンCを入れずに作る特殊製法なんだそうです。
参加者からは「どこで買えるの?」と早速質問がでていました。
 
ちなみに、長野興農さんのなめ茸が買えるホームページはこちら
http://www.naganokono.co.jp/
 
そして白衣と帽子をかぶり、衣服についたごみを風で飛ばす部屋に
入ったり、指定された秒数ずっと手を洗浄してからお待ちかねの工場見学へ。

 
空のビンになめ茸が入ってふたをして・・・という一連の作業を見せて
いただきました。どんどん出来ていくのが面白くてずっと見ていても
飽きないね、とみなさんおっしゃっていました。

たくさんダンボールが並んでいます。さすが1日2500ケースはすごい!
  
なめ茸とりんごジュースのお土産をいただき、工場見学の後もまだまだ
質問が続きましたが、予定時間を過ぎてしまい、後ろ髪をひかれつつ出発です。
  
次の糀屋本藤醸造舗さんまでカントリーウォークを楽しみます。

紅葉すすむ山々と遠くに雪化粧をした根子岳を眺めることができました。
 
  
ウォークの楽しみのひとつはガイドさんの楽しくてためになる案内です。
 
これは岩船地蔵さん。他にも邑守神社など、普段車で通ってしまって
気がつかなかったところや、あることは知っていてもどんなところか
知らなかった場所など詳しく説明してもらいました。
  
たっぷりカントリーウォークを楽しんで、2番目の大人の社会見学先、
糀屋本藤醸造舗さんに到着です。

 
糀屋さんは明治2年の創業で、信州須坂老舗百年會の会員です。
つい先日は平成28年度、第66回長野県みそ品評会で「長野県知事賞」を受賞されました。
 
糀屋本藤醸造舗さんのホームページ
http://528.jp/
  
お店につくと早速工場見学です。4代目の社長にご案内いただきました。

糀屋さんは国産・手作り・天然醸造にこだわり、原料購入から製造・販売まで
いっさいをご家族で切り盛りされています。
機械を導入している部分があっても必ず人がかかわっているのだそうです。
  

さすが糀屋さん!糀がたくさんならんでいます。
「コウジ」と言っても漢字の種類がいくつかありますが、「糀」の
由来はご存知でしたか?この「糀」は「米」のまわりに咲いた「花」
のようだからなんですって。このほかにも赤味噌と白味噌の
作り方の違いも教えていただきました。
  
工場内には明治・大正時代から使っている古い木桶が並んでいます。
現在大きな桶を手に入れるのは難しいそうで、大切に使っていらっしゃいます。

この桶から人力でお味噌を出すのだそうです。桶の底にたまるみそだまりは
天然だとまろやかで美味しいそうで、懐かしがる参加者もいらっしゃいました。
  
糀屋さんではすてきなおもてなしをいただきました:oops:

その中でも甘酒は特に人気で、今まで苦手意識があった方も喜んで
いらっしゃいました。その後のお買い物タイムでは長野県知事賞を
とったお味噌や甘酒、納豆を皆さん買っていました。
  
ここでももっとお話を聞きたいのに時間切れのため、またまた後ろ髪を
引かれつつ湯っ蔵んどさんのバスに乗って移動し、最後の見学場所、
楠わいなりーさんに到着!

楠社長さんは2004年に故郷の須坂でワインを作るため新規就農し、
畑を借りるところからスタートしました。
2010年に楠わいなりーを設立し、2014年にはスパークリングワイン棟を
竣工、先日軽井沢で開催されたG7交通大臣会議の歓迎レセプションでは
シャルドネ2014樽熟成が採用されました。
  
楠わいなりーさんのホームページ
http://www.kusunoki-winery.com/
  
楠社長さんの案内でまずはワインのサーマルタンクが並ぶ工場を見学しました。

実際にワインをどう作るのかや赤ワインと白ワインの作り方の違いをお聞きしました。
  
スパークリングワイン棟にはたくさんのビンが並んでいました。

なぜビンの口が下を向いているかと言うと、「おり」をためるためで、
ひとつひとつビンを回しながら少しずつ立てていくのだそうです。
この「おり」はビンの口を凍らせて取り出すそうで、スパークリング
ワインのビン詰めは4人がかりで出来る本数はわずか1日300本!
フランスの昔ながらの製法で作られるワインはとても綺麗でした:p
  
スパークリングワイン棟には樽がたくさん並んでいる場所も。

この中には赤ワインが入っていて、樽で1年から1年半熟成させた後
ビンに詰めてまた熟成させるそうです。
この樽は樫の木で、ワインとの相性がよく、味がよくなるそうです。
  
この日はちょうどボジョレヌーボー解禁前日だったので、ボジョレヌーボーと
ビンテージワインの違いについても教えていただきました。
  
見学の後は時間があまりなくだいぶ急ぎ足になってしまいましたが、
お店でワインや山ぶどうジュースの試飲やお買い物を楽しみました。
そして最後に楠社長とガイドさんと一緒にパチリ!
 
  
今回のウォークは中身が盛りだくさんだったのでお昼時間がだいぶ
遅くなってしまいました。お腹ペコペコで湯っ蔵んどさんに向かい、
健康ランチをいただきました!
  
湯っ蔵んどさんのホームページ
http://yukkuland.jp/
  


とってもかわいい見た目のメニュー♪まだ未発表のお料理だそうで、
何がでてくるかワクワクしながらお話を聞きます。
  
でてきたお料理は美味しそう&彩り鮮やか!この健康ランチは半日分の
野菜が美味しく摂れます。

根菜のホットサラダは豆腐のディップをつけても美味しいのですが、
そのまま食べてもびっくりするぐらい野菜が甘かったです。
蒸した人参はバターソテーしたのかと思うぐらい本当に甘くて人参が苦手な
人でも大丈夫かも!なお味でした:D
  
最後は皆さん湯っ蔵んどのお風呂を楽しんだりして自由解散になりました。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
 
また、各見学先ではとてもわかりやすく丁寧に案内をしていただき、
参加者の皆さん、大満足だったようです。
長野興農の皆さん、糀屋本藤醸造舗の皆さん、楠わいなりーの皆さん本当にありがとうございました。
  
須坂市観光協会主催の今年のウォークイベントは今回で最後。
来年はまた桜の時期からイベントが始まります。
  
それではまた来年お会いしましょう!
今年も1年ありがとうございました。
 
N・O

2016/11/07

Permalink 13:58:32, カテゴリ: イベントレポート  

 
朝は「寒い!」と起きたのに、日中は11月とは思えないぐらいの暖かさになった11月5日(土)。
『千曲川リバーサイドアップルウォーク』が開催され、18人にご参加いただきました。
このコースは歩程が7km!ガイドさんの話を聞きつつ休みつつ、楽しく歩いてきました。

 
集合場所の長野電鉄村山駅を出発し、「村山橋メモリアルパーク」に到着。
ガイドさんから村山橋の歴史について教えていただいた後、村山橋を渡って須坂に向かう
スノーモンキーを写真に撮ったり、手を振ったり。青空に電車が映えますね♪

 
村山橋の下を通り、いよいよ畑の中を歩くぞー!と思ったら・・・元営団地下鉄
(現・東京メトロ)3000系の電車が真上を通って行きました。

ちなみに、村山橋メモリアルパークで手を振ったスノーモンキーは元JR東日本
「成田エクスプレス」253系。往年の名車たちが集う長野電鉄ならではですね♪
  
当日は本当にウォーキング日和で、自然を大満喫。
 
こちらは村山権現さんの桜の紅葉。

道中は山々が360度見渡せます。
当日残念ながら焼山の噴煙は見えませんでしたが、紅葉の山と雪で真っ白の山が両方見えたり、
竜王マウンテンパーク山頂のロープウェイの建物がキラキラ輝いていたり。

  
途中ちょっとした広場になっているところで休憩を。

ここは千曲川の渡し跡で、川の流れが穏やかなのだそうです。
   
ゴールの小布施ハイウェイオアシスまでの間、いたるところでガイドさんのお話が。
見える山々の名前・標高はもちろん、畑の中の扇風機(!?)や、葉っぱの色が見るからに違う
りんごの木、りんごの木についている赤いものなど、ひとつひとつ丁寧に教えていただきました。
(それってなあに?と思った方は次回のリバーサイドウォークにご参加ください:p)

中でも人に言いたくなる話のひとつはイチョウの木のオス・メスの見分け方。
ちょっとわかりにくいのですが、この木はオスですよ~♪
  
太陽の温もりや雄大な自然を楽しみながら歩いていくと周りの畑がりんごから栗にどんどん
変わっていって・・・ゴールの小布施ハイウェイオアシスへ到着!
最後は公園でみそすき丼のお弁当を食べました。

遠くに見える山々と公園の紅葉を眺めながらのお弁当はとっても美味しかったです!
 
10000歩を超えるウォークでしたが、笑顔あふれる一日をみなさんありがとうございました!
 
今年のウォークイベントは11月16日(水)の「大人の社会見学&カントリーウォーク」を
残すのみとなりました。来年も今回のような自然を満喫するものをはじめ、町なかを歩く
コースなど来年もたくさんのウォークイベントが開催されます。
またみなさんとお会いできることを楽しみにしております♪ ありがとうございました。
  
N・O

2016/10/20

Permalink 16:50:57, カテゴリ: イベントレポート  

10月19日(水)に台湾宜蘭(ぎらん)縣冬山(とうざん)国民小学校並びに同中学校の生徒・先生が
井上小学校と相森中学校にドッジボール交流のため須坂市に来てくれました!!
井上小学校・相森中学校とも歓迎セレモニーがあり、記念品交換など行いました。


日本の授業を体験していただきました:D井上小学校では昔の遊びダルマ落としやコマまわしを体験!

真剣にやってますね:>>
さて!相森中学校では美術の授業で消しゴムはんこを作り手ぬぐいに作ったはんこをつきました。
彫刻刀上手に使ってました:idea:

日本の小学校、中学校の給食です!「日本の給食は美味しい」と言って
生徒たちと楽しく会話し、美味しそうに食べていましたよ!

 
↑小学校の給食です。              ↑中学校の給食です。
午後は小学校も中学校もドッジボールの交流です。運動着に着替えて準備体操をし、
小学校・中学校のルールでドッジボールを行います。言葉が通じなくても
一緒に交流をしてると仲良くなり楽しそうに試合をやっていました:p
←井上小学校です。
←相森中学校です。
あっという間の1時間でいい汗をかきながらドッジボールをやっていました。
最後にお別れセレモニーを行い、相森中学校では1学年全員と記念撮影をしました。

その後、台湾宜蘭(ぎらん)縣冬山(とうざん)国民小学校並びに同中学校の生徒・先生たちは
須坂市内の農園さんでりんご狩りの体験をしていただきした。
りんごが大好きなようで日本語で「りんご♪りんご♪」「美味しい」「美味しい」と言って
はしごにのぼって自分でとったりんごを丸かじりしていました:>>




ドッジボールのあとのりんごはまた格別に美味しかったと思います!!また台湾では長野県の
りんごが販売されているようです。1玉450円ぐらいで、ふじのりんごになると1玉900円ぐらい
するそうです88|台湾では長野県産のりんごは美味しいと言っていました!!嬉しいですね:oops:
台湾宜蘭(ぎらん)縣冬山(とうざん)国民小学校並びに同中学校の皆様、須坂市に
お越しいただき感謝しております。またご協力いただきました井上小学校と相森中学校の
皆様にも感謝しております。本当にありがとうございました:D
T・O

2016/10/18

Permalink 11:52:52, カテゴリ: イベントレポート  

10月15日(土)天気は雲ひとつない快晴の中、毎年大人気のウォーキングイベント
「米子大瀑布 紅葉 ハイキング」が開催されリピーターの方も多く、遠くは東京からも
ご参加いただきました。ガイドさんの詳しい説明と笑い:>>をまじえながら歩きます。

途中、熊鈴があり私たちが山にお邪魔してますので
“通りますよ~!!”と動物たちに聞こえるようにと鈴を鳴らします♪

歩いていると暑いぐらいで米子不動寺・奥の院で座って休憩し水分補給をします。
さて!ガイドさんの説明を聞きながら不動滝までもう少し歩きます。

滝がチラッと見えてきました。「おおっ!!」「凄い滝だね!」と写真を
撮っていました。不動滝は落差85mで滝つぼはないそうです。またなかなか
見られない“幻の滝”黒滝も見られ参加者の皆様は「今日はお天気もよくラッキーね!」
「黒滝見られてよかった。」などと喜んでいました。
不動滝の右側の黒くぬれているのが黒滝です。
次に向かうは権現滝です。落差80m、権現滝は滝つぼがあるそうです。

米子大瀑布とは不動滝(落差85m)権現滝(落差80m)との2滝の総称で
日本の滝百選にも選ばれてます。これだけの落差があり
滝が二条、並ぶというのは国内では珍しいそうです88|

米子鉱山跡地にて滝を見ながらお昼を食べます。とても暖かく
お昼寝をしたいぐらいポカポカ陽気で最高の行楽日和です。

逆光でわかりにくいですが少しずつ紅葉しています!10月15日の時点で
4~5分色付いていました。あずまやで少し休憩し、これであとは下って
駐車場に戻ります。米子紅葉ハイキングにご参加いただきありがとうございました。
※参加者の皆様と米子大瀑布で記念写真を撮りました。いい顔してますね:D

ご参加いただいた皆様には天気、紅葉、ガイドさんの説明、マイナスイオンも浴びて
大満足していただき感謝しております。また色々なウォーキングイベントを企画して
おりますのでぜひ!!ご参加ください。お待ちしております:)
T・O

<< 前のページ :: 次のページ >>