須坂市動物園日記

須坂市動物園飼育スタッフから情報発信!

投稿の詳細: 梅雨の動物園は取材続き☆

2014/06/11

梅雨の動物園は取材続き☆


梅雨に入り、天気がはっきりしないせいか
いつもより静かな動物園です。

それでも、この時期として今年度は様々な取材が
重なり、ほぼ毎日入っている状態で今日は一日に
4件をこなしていました。

テレビ・新聞が主ですが、今日は動物写真家の
さとうあきらさんが来園し、飼育員と動物を撮影です。

岡谷市の美術館で「飼育員と動物を見て動物園に行こう」
という企画展が開催されるため毎日様々な
動物園に撮影に行かれているそうです。

ちなみに仮タイトルですが、
詳細はコチラ↓
展覧会名(仮) :  「 どうぶつの顔 わたしの顔 」

会 期    :  平成26年7月5日(土)~9月7日(日)
会 場    :  小さな絵本美術館(新館2階)
            長野県岡谷市長地権現4-6-13
       Tel (0266)28-9877 Fax(0266)28-9866
       Mail info@ba-ba.net
担当者    :     小川明花里 / 竹山さえこ
展 示 作 品 :        120点+α
 
写 真    :      撮影=さとうあきら

気になった方はどうぞお出かけください。
須坂や長野市でも作品を借りて、開催してもらえると良いですね!

もしかしたら、出版物になるかもしれない、、、という
構想もあるそうです。


ちなみに、さとうあきらさんは、この業界ではとても有名で
当園でもハッチの写真集をはじめ、図鑑にも当園の動物や飼育員を
掲載していただいております。

図鑑カンガルーの表紙は、今や横浜ズーラシア在住の「キララ」です。


午後は、園外へ出て、とある鎮守の森で専門家の意見という
取材があるということでで、
当園の猛禽類担当者がアオバズクについてコメント
するというので着いて行って、野生のアオバズクを見て
きました。

自然がたくさんある須坂ですが街中という環境で猛禽類たちが
たくましく生息し、繁殖しているということです。
いつまでもこうした場は大切にしたいですね。

そもそも鎮守の森なので大切にあがめられているからこそ
そんなことをつゆ知らず、動物たちがちゃっかり
居ついてのんびりしているわけですが。。。。


だからこそなのか、普通に人間たちを逆に観察するかの
ようにこうした見える場所にとまり、観察することが
できます。

写真中央にいるのが分かりますか?

連日、取材がつづく動物園でして、出せるものから
随時お知らせできるかと思いますが、ともあれ動物・動物園が
着目されたり、注目されることはありがたいことですね!

コメント:

この投稿への コメント はまだありません...

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイトに表示されません
頂いたURLは表示されます。
コメントは承認されるまで表示されません。
オプション:
 
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを cookie に記憶させます)

MBgu