カテゴリ: イベント情報

2016/11/13

きもの日和in信州須坂2016開催しました

2016年11月3日(木・祝)に、「きもの日和in信州須坂2016」を開催しました!
多くの方々のご参加、ご協力をいただき、まことにありがとうございました。

当日、須坂の町は「えびす講」や、「うまいもん市」はじめ、色々なイベントで大変にぎわっていましたよ:D
そんな町中を着物で歩くのは、また格別です:idea:

今年は、初めての試みとして、須坂屈指の老舗料亭「能登忠」での昼食会、続いて、笠鉾会館での「いにしえの祇園祭」鑑賞、町のそぞろ歩き、クラシック美術館での「秋の大虫干し会」見学を、着物を着て一緒に楽しむプランをご提案しました。


青空のもと、着物姿が映えますね。

さて、今回のメインイベントのひとつ。能登忠さんでの昼食会です。
おかみさんが、着物でお食事をするときのポイントなどを教えてくださり、実践しながらお食事です。
それにしても、いつも着物を着て働くおかみさん。かっこいいです!

ランチは「花籠」。秋の美しさとおいしさがあふれています。

お食事のあとは、しばしフリータイム。
近くの「旧小田切家住宅」は、糸にまつわるクラフトフェア「Ito縁市」や「うまいもん市」が開催されており、館長がご案内しました。フォトロケーションとしても素敵ですので、皆様楽しんでいただけたようです。

そして、いよいよ笠鉾会館に集合!
「いにしえの祇園祭」鑑賞です。このイベントは、笠鉾会館としても初めての試みで、普段は展示されている「屋台」の上で、実際に使っていた昭和初期の頃ように、踊りやお囃子を上演するというものです。


お囃子の方々が屋台に上り、準備万端の様子にワクワク


お囃子では、「須坂小唄」も聞けました。

”本物”の屋台の上で、子どもたちのかわいらしい舞や、湯田中から来てくださったという現役の芸妓さんの舞が見られて、感激です。


皆様と記念撮影させていただきました!:D
着物姿とやっぱり似合います。圧巻です。
(こちらの写真はウェブサイトよりダウンロードができます)
http://www.culture-suzaka.or.jp/kimono/index.html

クラシック美術館では、恒例秋の大虫干し会が行われていました。
大正末期から昭和期の着物約50点が公開されました。

他にも、簡単手作りのワークショップもありました。
こちらは、「着物模様で絵葉書作り」。



さすが、着物ラブな皆様の作品。素敵な仕上がりです☆

こちらでは、香り袋作り体験。中学生のボランティアさんたちも着物を着て、がんばってくれました:D

特設グッズ販売も、好評でした~!

着物もりだくさんで楽しかった「きもの日和」。
おかげさまで、遠方からご参加くださるかたや、毎年のようにご参加くださる方も多く、ありがたさを実感します。
「きものの似合う町」須坂で、「着物」に親しむきっかけとして、より参加しやすく、毎年楽しみになるようなイベントを目指したいと思います。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

2016/09/03

開催中 「小池千枝の軌跡 ~100年の情熱」

世界の民俗人形博物館開館20年記念特別展
「小池千枝の軌跡 ~100年の情熱」
開催中です。

詳細は、↓↓↓
http://www.culture-suzaka.or.jp/doll/index.html

<展示風景><展示風景>

2016/06/16

須坂かるた原画展

須坂かるた原画展が始まりました!

期間は6月15日(水)~7月6日(水)までです:D
1.2階で展示中です!
6月21日(火)は、臨時休館です
よろしくお願いします;)

2015/10/12

2015年「秋の虫干し会」「きもの日和」についてお知らせ

毎年秋の恒例となっていました「アンティークきもの 秋の大虫干し会」と「きもの日和」ですが、今年2015年はお休みさせていただきます。

楽しみにしてくださっていた皆様、大変申し訳ございませんでした。

今年度は「きものイヤー」として開催中の着物展や東京・泉屋博古館分館にて開催中の銘仙特別展「きものモダニズム」をぜひお楽しみください。
詳細はこちら
http://www.culture-suzaka.or.jp/classic/exhibition.html

虫干し会は次回、春(5月)に予定しております。

これからも、着物を楽しむ企画をしていきたいと存じますので、
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

2014/11/09

きもの日和in信州須坂2014開催しました

11月3日に行われた「きもの日和」。多くの皆さまのご参加・ご協力ありがとうございました。
当日は、クラシック美術館と笠鉾会館でいろいろなイベントを行いました。
また、芝宮神社では「えびす講」、銀座通りは「銀座通り秋まつり」で歩行者天国となり、にぎやかな一日となりました。


お集まりいただいた皆様と記念写真

恒例の「きものでそぞろ歩き」。
今年は2コースに分かれて、テーマに沿った町歩きをしました。
まずはコース①。テーマは「絹の町・面影めぐり」です。

明治から昭和初期に製糸業で栄えた町の歴史を感じながら、町をめぐりました。ガイドさんも羽織袴でキマってますよ~!
町歩きの中でも、旧越家(一番館)では、蔵の町すざか昔を語る会のご協力で越寿三郎物語を見せていただきました。

 かつて製糸王と呼ばれた越寿三郎が実際に住んだ家で、その伝記を聞けるなんて、貴重な体験でした。

つづいてコース②は「蔵の町・町家とお店拝見コース」です。
実際に立ち寄ってお店の方のお話をうかがったりもしました。


老舗呉服店「綿幸」さんの蔵。ギャラリーになっています。


古い建物を利用しているギャラリー「蝶の民俗館」さんと
宿泊所「ゲストハウス 蔵」さんの前。


「遠藤酒造」さんで試飲も:oops:

短い時間ではありましたが、各コースとも、お祭りのにぎわいとともに歩き、
わきあいあいとした町めぐりになりました。
周辺の飲食店、商店、見学施設等にご協力いただき、着物姿の方へ特典をご用意いただきました。ご協力いただいた皆様ありがとうございました!

歴史的ある建物、個性的なお店、おいしい食事、
着物を着て須坂の町の魅力、たくさん見つけていただけたならうれしいですね:D

クラシック美術館館内では、お茶席と匂い袋づくり体験を行いました。

江戸千家の皆さまのご協力で、椅子を使った立礼の素敵なお茶席になりました。

匂い袋づくりも楽しく:D

笠鉾会館では、獅子舞、婚礼の打掛試着体験などがありました。

獅子舞は井上町桐里神楽保存会のみなさまのご協力です。

婚礼の打掛もこんなに豪華!
あっという間に、御姫様気分になれる好評企画でした。

楽しい「きもの日和」。
着物ってやっぱりいいね~っていう気持ちを、この須坂の町で
たくさん実感しました。

:: 次のページ >>

須坂市文化振興事業団

(財)須坂市文化振興事業団
須坂市文化会館メセナホール
須坂クラシック美術館
笠鉾会館ドリームホール
須坂版画美術館・平塚運一版画美術館
世界の民俗人形博物館

| 次 >

検索

リンクブログ

須坂のリンク

いろいろ

このブログの配信 XML

須坂市公認ポータルサイト・いけいけすざか