カテゴリ: 博物館よりお知らせ

2018/03/01

全文へのリンク 13:14:22, カテゴリ: 博物館よりお知らせ

最後の紙芝居絵元 塩崎源一郎氏の紙芝居

博物館の長期休暇中は、所蔵品の整理・台帳化および調査研究活動や館外事業(八丁鎧塚まつり、須坂きのこ展、臥竜山たんけん)などを行っていきます。所蔵品の整理作業を進める中で、貴重な史料を今月から紹介していきます。


寄贈された紙芝居「山中鹿之助」ほか

塩崎源一郎(しおざきげんいちろう)氏は、明治45年6月21日、須坂市九反田で生まれました。昭和14年から大阪府西成区で紙芝居師として活躍。戦後の昭和22年に「日本が再起するために、子供たちに視野の広い人間になって欲しい」という思いから、紙芝居絵元「三邑会(さんゆうかい)」を設立しました。絵元は、紙芝居を企画し、画家に絵を描かせ、できた紙芝居を貸し出す仕事で、塩崎氏の下には、手塚治虫(てづかおさむ)と長編漫画「新宝島」を共作した酒井七馬(さかいしちま)や、関西を中心に活躍した小寺鳩甫(おでらきゅうほ)ら多くの才能豊かな画家が集まりました。
街頭紙芝居の人気は、昭和30年代のテレビの普及により下火になりましたが、塩崎氏は紙芝居の灯を守り続け、平成7年には自宅を改装し、紙芝居博物館を開館。平成12年に亡くなるまで活動を続けました。
昭和54年、塩崎氏の「ふるさとに作品を寄贈して役立てて欲しい」との強い思いから、「山中鹿之助」ほか多数の紙芝居原画が須坂市に寄贈されました。塩崎氏は生まれ故郷の須坂を生涯愛し、「須坂の地でいつか街頭紙芝居がやりたい」が口ぐせだったと言われています。

2018/02/02

全文へのリンク 13:50:19, カテゴリ: 博物館よりお知らせ

歴史文化講演会Ⅱ「織豊大名 堀氏の勇躍」を開催しました!

昨年(2017年)11月11日(土)、須坂市シルキーホールにて、堀直虎没後150年記念事業として開催した歴史文化講演会Ⅱに、約130人の参加がありました:):)
須坂市出身の史学博士、村石正行さん(長野県立歴史館専門主事)より、幕末まで14代続いた須坂藩堀氏のルーツをたどる、激動の時代を生き抜いた堀氏の活躍についてお話し頂きました;)
 前半は、須坂藩堀氏の祖である奥田氏が室町幕府の管領斯波氏の一族で、尾張国の内政実務を行っていたことや、移住した美濃国で堀氏と親戚関係になったことについて、村石さんが奥田家発祥の地(愛知県稲沢市)を訪問した際の写真などを使って紹介;D;D
後半は「名人久太郎」と呼ばれた堀秀政と「天下の三陪臣」と称された奥田直政※との強い絆、豊臣秀吉の時代に45万石の大大名まで上り詰めた堀秀政の異例の出世ぶりなど、さまざまなエピソードとともに話が進められました:P:P
※奥田直政は須坂藩初代藩主堀直重の父:lalala:
 参加者は「須坂藩堀家は知っていたが、戦国時代の堀氏についての歴史は知らなかった。激しい時代の波にのまれずに生き抜いた堀氏についてもっと知りたいと思った。」「上野(東京都)にはかつて堀氏の屋敷があり、不忍の池が堀氏のものであったことなど、初めて知った。」と話していました88|88|88|


公演される村石先生:p


熱心に講演に耳を傾ける聴衆者の皆さん:oops:

講演録はコチラをご覧ください↓
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/imagefiles/160070/files/rekishibunkakoza_horishinoyuyaku.pdf

2018/01/07

全文へのリンク 14:06:38, カテゴリ: 博物館よりお知らせ

博物館の長期休暇について(お知らせ)

現博物館建物は消防法に不適合の状態にあることから、平成30年1月15日(月)から当面の間、来館者の安全確保のため博物館を休館します。

詳しくはコチラ↓
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/event/event.php?id=13226&p=x

2017/12/05

全文へのリンク 10:12:34, カテゴリ: 博物館よりお知らせ

落ち葉清掃withボランティア会

博物館の周辺には、落ち葉がいっぱい88|
秋らしい景色でしたが、もうすぐ雪の季節:oops:
そろそろ、毎年恒例の落ち葉清掃です:p:p

落ち葉清掃ビフォー・アフターをお楽しみください。



実は屋根の上なんですよ;D

大きなナイロン袋いっぱいの落ち葉です:>

午後4時。3時間にわたるボランティア会の皆さんの協力の下、このようになりました。

ボランティア会の皆さん、ありがとうございました:>>:>>:>>
天気も良く、気持ちよく作業できました!!

2017/11/14

全文へのリンク 13:40:47, カテゴリ: 博物館よりお知らせ

歴史文化講演会Ⅱが行われました。

堀直虎没後150年記念事業 歴史文化講演会Ⅱ
『織豊大名 堀氏の勇躍』と題して、
長野県立歴史館 専門主事 村石正行先生の講演会が行われました:oops::oops::oops:

須坂市では今年度、堀直虎没後150年記念事業として、長野県「地域発 元気づくり支援金」を活用して、堀直虎や須坂藩に関する講演会などを開催しています。事業を円滑・盛況に実施するため、お手伝いをしていただけるボランティアスタッフを募集し、下記のように活躍していただいています:lalala::lalala:

受付は笑顔が大切!!:>>:>>


本日、物販の花形売り子さん。一押しの『須坂藩 堀家14代』の図録をもって、にっこり♬

>
講演会の会場は、約150名以上の歴史ファンによって埋め尽くされました88|88|


高校生のボランティアさんが講師紹介をしてくれました:D
落ち着いてできたよね、かっこよかったよ!!B)B)


村石先生の熱弁は2時間:idea::idea:
須坂藩・堀氏のルーツを辿った2時間。濃い2時間でしたね:))


講演が終わると、物販は大忙し!!:lalala::lalala:

アンケート回収も負けられません;D;D

スムーズな片付けでした。
ボランティアの方々・お疲れさまでした:)):))

<< 前のページ :: 次のページ >>

須坂市立博物館だより

< 前 | 次 >

検索

リンクブログ

須坂のリンク

いろいろ

このブログの配信 XML

須坂市公認ポータルサイト・いけいけすざか