カテゴリ: 竹内木材

2018/03/23

全文へのリンク 10:06:00, カテゴリ: 竹内木材

韓国ファッションウィーク

お世話様です。
竹内木材株式会社のプロダクトデザイン部門【Take Product(テイクプロダクト)】です。
 
 
 
先日まで
韓国の国家行政機関主催の
「Fashon KODE 2018 A/W」のエキシビジョン&ショーのゲストとして選んでいただいたので行ってきました。
先シーズンも選出していただいたので記憶に新しい方も多いかもしれませんね。
 


 
 
 
詳しくはHOUYHNHNMのブログ連載にてルポを書いているのでお暇な方はどうぞ。
 
第一章
 
第二章

2017/12/08

全文へのリンク 10:34:47, カテゴリ: 竹内木材

信楽焼とのコラボ

お世話様です。
竹内木材(株)のデザイン部門「Take Product」の竹内利充です。
たまには新商品を紹介させていただきます。
 
日本の伝統工芸を現代の解釈で再構築し、従来とは違った視点でそのモノが持つ可能性を引き出し、新しいマーケットへの足掛かりを作る。
そんなコラボシリーズの新作です。
 
 
【Take Product × 信楽焼】






信楽焼の窯元により、一点一点ろくろで成型されたシェードを使った照明。
吊るしても・引っかけても・置いても・倒してもご自由にどうぞ的な照明をリリースしました。

詳しくは下記のリンクからどうぞ。
https://takeproduct.stores.jp/items/592692e2f22a5b3da8004302

2017/12/04

全文へのリンク 22:31:19, カテゴリ: 竹内木材

期間限定SHOP(東京・渋谷)

お世話様です。
竹内木材(株)のデザイン部門「Take Product」の竹内利充です。

もう始まってしまっていますが、12月1日~10日まで
パリを拠点にFashion Improverとして活躍中のjumpei seki氏がディレクションする

期間限定のポップアップショップ[PARKS SHOP(渋谷区)]に今回Take Productも参加しています。

定番アイテムのみならず、このPARKSだけの別注品も販売中です。

須坂のただの材木屋にフランスのファッショニスタからお声をかけていただくなんて、世の中何があるかわからなくて面白いですね~(笑)





来日中のFashion Improverの関さんから直接説明を聞きながら商品を見て選べる機会はそんなに無いので、期間中にお近くにお越しの方は是非!

「PARKS SHOP」
日程:12/1(金)~12/10(日)
営業時間:12:00~19:00
場所:”WDI Gallery” 東京都渋谷区富ヶ谷1-8-5 後藤ビル1F
https://goo.gl/maps/t2jTX4dy8f42

2017/09/21

全文へのリンク 21:39:29, カテゴリ: 竹内木材

FashonKODE(Korea)

お世話様です。
竹内木材株式会社のプロダクトデザイン部門【Take Product(テイクプロダクト)】デザイナーの竹内利充です。
 
 
 
昨日まで
韓国の国家行政機関「文化体育観光部」主催の
「Fashon KODE 2018 S/S」のエキシビジョン&ショーのゲスト審査員の1人として選んでいただいたので行ってきました。

詳しくはコチラ↓のHOUYHNHNM BLOGに掲載してあるので、ご興味のある方は覗いてやってください。

http://takeuchi.blog.houyhnhnm.jp/entry/2017/09/21/201042
 
 
 
 
 
 
 

あと「ONLINE STORE」でしか手に入らないTake Productのオリジナル製品も続々とリリースしているので、琴線に触れた方はよろしくお願いします。

https://takeproduct.stores.jp/
 
 
 
 
 
 

2017/07/17

全文へのリンク 09:48:21, カテゴリ: 竹内木材

今月のコラボ

いつもお世話になってます。
竹内木材株式会社のインテリア&プロダクトデザイン部門「Take Product」デザイナーの竹内利充です。

さて、5月からスタートしたホームページと同時に公開中のオンラインショップ。
https://takeproduct.stores.jp/

そこに新たにコラボレーションシリーズとして新作が加わりましたので紹介させていただきます。

Take Product ×利根沼田の座敷箒

群馬県のふるさと伝統工芸品に指定されている「利根沼田の座敷箒」。
その数少ない職人の方にTake Productオリジナルの配色で特別に作っていただいた箒。

利根沼田では江戸時代より冬季の副業として盛んであったが、住宅事情の変化や掃除機の普及で、需要の減少により生産者も減ってきた現状。

そう言う私もここ数年、自宅の掃除ではほうきを使用することはありませんでした。
ところがひょんな事から「利根沼田の座敷箒」に出会い惚れ込んで、この度のコラボレートとなりました。

ちなみにこれを制作していただいているのが、今年90歳になる関直太さん。

今なお群馬県川場村で自ら種を蒔き育てたホウキモロコシを使い作り続ける貴重な匠です。

その70年に及び培った職人技による凛とした「確かな信頼」を是非ともご体感ください。

以上、今後もオリジナル商品のみならず、
「Take Product」が本当に惚れ込んだ、
日本中・世界中の様々なブランドやメーカーや伝統工芸との「コラボレーションライン」を随時発表してゆく予定なので、どうぞよろしくお願いします。

【HP】
https://takeproduct.jp/

【WEB SHOP】
https://takeproduct.stores.jp/

【インスタグラム】
https://www.instagram.com/toshi_take/

:: 次のページ >>

竹内木材四代目数寄者記

dear Klaraなどのブランドやセレクトショップなどのデザイナーを勤めた後、長野県に移住しインテリアデザイナー&建築士としてキャリアチェンジ。 デザインレーベル「Take Product(テイクプロダクト)」を立ち上げる。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 竹内木材株式会社・千曲建設株式会社

| 次 >

検索

カテゴリ


いろいろ

このブログの配信 XML

須坂市公認ポータルサイト・いけいけすざか