豊丘町分館

問い合わせ&申し込みtake_vtv@yahoo.co.jpメール

カテゴリ: 日記, お知らせ

2021/06/11

謙信道

Permalink 23:14:25, カテゴリ: 日記  

洞入神社から水中峠に至る道は、謙信道と呼ばれている。

山越へで高山村に抜ける道は何本かあるが、なぜこの道が謙信道と呼ばれるかは定かでない。
謙信道そのものでさえ歴史ロマンの想像物かもしれないが?

今回のコースから、40分ほど稜線を下ると、須田氏の主城の大岩城、また月生城に達する。
規模では大岩城の方が大きいが、国土地理院の地図に掲載されているのは、月生城だけである。

月生城は明確な記録が無いようだ、須田氏が作ったのではないかと言われているが、その築城の形は、謙信道に対しての防御を主体の作られている。ということは、この城は、上杉方の進入に対抗し、武田方が作ったのではないか?そうした推測ができる。

月生城跡、確かに歴史はあったのだろう。

イチヤクソウ。花が開くのはまもなく。謙信道で

ウメガサソウ 明覚山からの下リ

2021/06/07

峠の名前は?

Permalink 23:49:09, カテゴリ: 日記  

水中峠、灰野峠、月生峠。

峠の呼び方が3種類あり、人や、地域によって呼び方が変わるようだ。

豊丘側の人は、水中峠と呼び、高山側の住人は灰野峠と呼ぶと聞いていたが、そうでもなく、月生峠と呼ぶのが標準だとの話も聞く。月生峠の読み方も『つきう』また。林道の名前も月生林道『つきうりんどう』と呼ぶようだが山城の読み方は月生城(つきおいじょう)この辺り一帯の山を月生山(つきおいやま)とも呼ぶらしい。
月が生まれる、つまり月が登って来る、そして、山なみを照らす月明りが美しいことからそうした名前が付いたようだ。

フタリシズカ。林道の登り口に咲く。花穂が二つある。

2021/06/06

ガマズミ&ミズキ

Permalink 09:10:27, カテゴリ: 日記  

 洞入神社に向かう途中にガマズミが咲いている。
 水中峠にも同じような花が咲いていたのでガマズミかと思っていたが、よく考えてみるとガマズミは大木にはならない、花もちょっと違う。何だろうと調べると、街路樹としてよく使われているハナミズキや、ヤマボウシの仲間のようである。

 水中峠を越えると高山村で、旧道は水中のしだれ桜に至る。水中のしだれ桜は、吉永小百合の主演した映画『北の零年』のロケに使われ話題になった。
 同じ北シリーズで『北のカナリア達』の挿入歌に使われたロシア民謡の『カリンカ』はガマズミのことらしい。ガマズミでは詩にならないので、原語をそのまま使ったようだ。

現在公開中の映画『いのちの停車場』、吉永小百合76才。
次はあるのかな?何年後だろう?
毎回見終わって思う。

ガマズミ

ミズキ

カリンカ

2021/05/30

春ゼミ

Permalink 22:19:14, カテゴリ: 日記  

久しぶりに聞いたような?
春ゼミの季節。地元の人でもなかなかなじみがない。
カエルのような声も聞こえるが?
明覚山山頂と、天狗岩。天狗が空を飛ぶ練習をしたらしい。

2021/05/28

古道周回トレッキング

Permalink 22:27:42, カテゴリ: お知らせ  

豊丘町の皆様へ

令和3年野外研修
古道周回トレッキング

期     日   6月20日雨天の場合は6月27日
集 合 場 所   一組公会堂前庭(松葉地蔵前)
集 合 時 間   受付開始9:00 集合9:30 出発10:00 
費     用   保険料、昼食、飲み物を支給します(個人負担は無し)
申 し 込 み   氏名、連絡先、組番号を記入して役員へ提出
          組長さんに提出する場合は6月11日までに
          分館役員に提出する場合は6月12日までに

持  ち  物   マスク、ザック、雨具、その他(軍手、タオル、敷物など)
          飲み物、軽食(支給品以外で必要な場合)
服 装・履 物   中級登山レベル にふさわしいもの

コース:1組公会堂→洞入神社→水中峠→明覚山山頂→天狗岩→洞入観音堂→1組公会堂
コースタイム:  20分  60分 30分   15分  40分  05分 
距離:4,5㎞  歩数:10,000歩 所要時間:3~4時間   難度:中級登山レベル

:: 次のページ >>