須坂市地域おこし協力隊 活動中!

明るく!元気に!須坂市を盛り上げるべく奮闘中!

投稿の詳細: 狩猟日記 1月27日

2018/01/29

狩猟日記 1月27日

Permalink 17:16:44, カテゴリ: :退任:田島隊員(農林課)  

寒い日が続いております。
寒さ対策万全にしてぼちぼち出猟しておりますが、先週の土曜日の朝は鼻の穴付近がごそごそしました。。呼気が凍ったのかしら:roll:

この日の朝、集合したときの気温はマイナス10℃。ひょえーっ88|
先週、東京では48年ぶりにマイナス4℃を記録し、凍結した水道管によるトラブルが多かったようです。
埼玉県北部にある私の実家でも、水道管が凍り水が出なかったそうです。
信州のひとにとって、マイナス10℃くらい「あるよねー」かもしれませんが、関東育ちの私には「ひょえー!」・・・非日常というか未知の世界というか。そうはいっても、さすがに移住して3度目の冬なので、「そうか、こんなこともあるのかー」と落ち着いて受け入れられるようになってきました。;)
地域おこし協力隊の田島です。こんにちは:p

今日のブログは
記念すべき狩猟日記。なぜなら~、
はじめての~、
アオクビ、GET!!!

aokubi
(マガモのオス、通称「アオクビ」)

去年、ベテランハンターさんに初めてカモ猟に連れていっていただき、今年は2シーズン目となりました。
狩猟のはなしをよくしている割に、まだアオクビ獲ったことなかったの?と言われそうですが・・・なかったんです。はじめてなんです。(嬉し泣き)

射撃の技術もまだまだおぼつかないので、ベテランハンターの方にカモのいるポイントに連れて行っていただいてもなかなか当たりません。しょぼぼーん…:(

射撃の面以外の問題では狩猟鳥獣判別。カモが近くの水面にほよほよと浮いている状態ならば、狩猟の獲物としたい数種類のカモを判別できても、これが飛び立ってしまうと光の加減でぱっと見では何の鳥がわからず見極めているうちに、引き金をひくのが遅れてしまうことが多いのです。それと、たくさんのカモが一斉に飛び立ってしまうとどれを狙おうかと焦ってオロオロしてしまう・・というのもあります:crazy:

技術の問題や知識・意識の問題も絡み合って、なかなかうまくいかなくて、悩んで悩んで悩んだ今シーズン。
この日、師匠がかけてくれた「非狩猟鳥獣のいるところには連れていっていないのだから、判別に悩まずとにかく撃ってみろ」という言葉に背中を押され午後から気持ちを切り替えたら、初めてのアオクビを獲ることができました。

うまくいかなくて、悩んで、辛くて。射撃や狩猟を教えてくださるベテランハンターさんや一緒に行ってくれる友人ハンターさんに心配をかけつづけるのも申し訳なくて、また悩んで。
暗い迷路を堂々巡りしているような日々にやっと獲れたアオクビでした。嬉しかったな。楽しかったな。
やっぱり、やめられない。頑張るしかない:P

カモは有害鳥獣捕獲はしないので狩猟期間(11月15日~2月15日)が終われば来シーズンまでお預けです。
2月15日まで、あと17日。出猟できるのもあと数回ですが、それまでに、現場で学べること身に付けること、1回1回を大切にしっかり経験を積もうと思います。

kamo

この日、3人での猟果。
去年と今年これまでで私が出猟した中では、1番収穫のあった記念すべき日となりました。

※ 文中にノーリードの狩猟犬の写真がありますが、一般的には飼い犬は常に係留することが飼い主の遵守事項とされています。長野県条例において「飼い犬を警察犬、狩猟犬、盲導犬その他の特定の目的のために使用する犬として、その目的のために使用するとき」は例外として認められています。

コメント:

この投稿への コメント はまだありません...

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイトに表示されません
頂いたURLは表示されます。
コメントは承認されるまで表示されません。
オプション:
 
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを cookie に記憶させます)