投稿の詳細: 嬉しいこととがっかりな事

2009/11/14

23:58:38, カテゴリ: ワインの熟成中  

Good and bad feeling

こういった感情の強さ
というものを計る尺度が
あるのかどうかは知らない。
嬉しいこととがっかりすること
が余り時間を開けずに起こると
どっちの感情が勝つものなのだろうか。

今日は嬉しいこととがっかりな
ことをほぼ同時に経験した。
ワインの出来だ。
今のところ満足の行くできの
ものと困った状態のものがあるのだ。
困ったものの方はどう対処すべきか。
対処法を考える時間が長い分だけ
ネガティブな感情が勝ってしまうような
気がする。

期待してます

そんなことよりいい出来のワインの
行く手を妄想してそれだけハッピーで
いたほうがいいのかな。でも、経営
ということを考えると、それでは
まずいような気も…。
では楽しく対処法を考えると
いうことか。

嬉しかったことの一つ。
今年のセミヨン/ソーヴィニオン・ブランの
香りが、記憶にある良い出来のワイン
のものに似ていたのだ。

I wonder if there is any way to
measure the strength of such feelings.
Which feeling prevails if good and bad
things happen in short time.

I experienced good and bad feelings
in very short time today. It was about
wine quality. I tasted a few wines of mine
at the winery. There are so far good quality
wines and a disappointing one. How can I
solve the problem of the latter?
I think bad feeling continues longer
because I have to think abour how to
figure out the solution of the problem
for longer time. So the cause is always
lingering with the bad feeling.

It may be better that I should think
about the future of the good quality
wine which probably makes me happy.
But hinding my eyes from the problem
is not good attitude as the management
of a company. Well, I have to think
about the solutions in enjoyable ways.

One of the good things today is that
the aroma of my Semillon & SB 2009
appears very similar to that of a good
wine in my memory.



楠ワイナリー 

私の葡萄つくりワインつくり

北信州の土地と気候に適した栽培方法で、自然の恵みを最大限取り込んだ葡萄からのワインづくりを目指しています。健康的な葡萄からできた、高品質で本物の、優しくて上品なワインを追求しています。日本の食事にもよく合う、思わずにっこりしてしまうワインです。

ワインの購入はこちら
シードルの購入はこちら
ジュースの購入はこちら




最新情報はこちら

楠ワイナリーProfile

ワインづくり

農園だより

田舎ライフ

お知らせ・募集

お買物はこちら

取り扱い商品

通信販売に関して

リンク

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索

カテゴリ

いろいろ

このブログの配信