知って得するくらしの知恵

日々の生活に関する身近なことから悪質商法対策まで。くらしのお役立ち情報をお届けします。

カテゴリ: くらしの知恵, 商品, 洗濯, 食品

2022/12/20

消費者問題に関する2022年の10大項目の公表

Permalink 09:07:07, カテゴリ: くらしの知恵  

こんにちは:D  おおちゃんです!:D

国民生活センターでは、毎年、消費者問題として社会的注目を集めたものや消費生活相談の特徴的なものなどから、その年の「消費者問題に関する10大項目」を選定し、公表しています。
=> 2022年は、改正民法の施行により成年年齢が20歳から18歳に引き下げられたことや、SNSやマッチングアプリをきっかけとした消費者トラブル、霊感商法への対応の強化などに注目が集まりました。
今回は、国民生活センターからの「消費者問題に関する2022年の10大項目」の公表をお届けします。

< 2022年の10大項目>
:idea: 18歳から大人に 4月から改正民法施行
:idea: SNSやマッチングアプリをきっかけに、詐欺的トラブル目立つ
:idea: 海産物の送り付け商法 高齢者の割合も高く
:idea: ウクライナ情勢を悪用 詐欺やトラブル発生
:idea: 霊感商法 対策検討会で提言まとめる
:idea: 生活必需品の値上げ相次ぐ 急激な円安も
:idea: 新型コロナウイルス感染症の一般用抗原定性検査キット初承認、ネットでの購入も
:idea: 再発、子どもの誤飲事故 折りたたみ式踏み台による負傷事故も
:idea: 消費者契約法・消費者裁判手続特例法 通常国会で改正
:idea: 消費生活相談のデジタル化 アクションプランを公表

;) 社会や経済、消費のあり方等が大きく変化を続けています。それに伴い、消費者を取り巻く環境も大きく変化してきています。須坂市消費生活センターでは、引き続き、消費生活に関する相談、消費者被害の未然防止・拡大防止に取り組んでまいります。
不安に思った場合やトラブルになった場合は、須坂市消費生活センター(026-213-7188)にご相談ください。

;) 詳しくは、国民生活センター:消費者問題に関する2022年の10大項目をご覧ください。

2022/12/14

ギフトカード・商品券などの有効期限を確認しましょう!

Permalink 11:02:00, カテゴリ: くらしの知恵  

こんにちは:D おおちゃんです!:D

お祝い・お礼等のプレゼントでもらったギフトカードを使おうとしたところ、有効期限が過ぎてしまって、無駄にしてしまった・・・そんな経験はありませんか?

今回は、決済の方法の一つである「前払式支払手段」についてお届けします。

;D 「前払式支払手段」とは ;D
電子マネー、ギフトカード、商品券、磁気型やIC型のプリペイドカードや、WEB上で利用できるプリペイドカードなどのように、あらかじめお金を支払っておいて、実際に買い物をするときに決済する仕組みです。
有効期限は発行者が自由に設定することができ、有効期限を過ぎた電子マネー、商品券等は使えなくなり、原則として払い戻しすることはできません。
なお、有効期限がないものもあります。

:'( 発行者が発行・利用を廃止した場合 :'(
「前払式支払手段」では、有効期限が6カ月を超えているなど一定の要件を満たす場合、「資金決済に関する法律」(資金決済法)の適用を受けるため、発行・利用を廃止する場合に、60日以上の申出期間が設けられます。利用者はこの申出期間内であれば、未使用分払い戻しを受けることができますが、期間中に申出をしないと、原則として払い戻しが受けられません。
:idea: 払い戻しに関する情報は、発行者のウエブサイトや一般社団法人日本資金決済業協会のホームページ、新聞、店頭などで告知されます。
また、使えなくなる電子マネーやプリペイドカード、ギフト券などについては、金融庁や国民生活センターのウエブサイトで確認できます。
不明な点は必ず発行者に確認してください。

:)) アドバイス :))
事前に発行者のHPや券面等で有効期限を確認したうえで購入しましよう。
すでに所有している電子マネー、知人からプレゼントされた電子ギフト等についても、有効期限が切れる前に使用できるよう確認しておきましょう。

:>> 参考資料 :>>
金融庁:商品券(プリペイドカード)の払戻しについて
一般社団法人日本資金決済業協会:前払式支払手段ご利用者のみなさまへ

=> 大掃除をしながら、引き出し・カバン・財布の中を確認してみませんか。

2022/12/07

SNSや知人からの誘いをきっかけとした暗号資産のトラブルに注意!

Permalink 09:05:00, カテゴリ: くらしの知恵  

こんにちは:D おおちゃんです:D

SNSやマッチングアプリ、友人・知人からの誘いをきっかけとした暗号資産のトラブルが増加しています。
今回は、「暗号資産(仮想通貨)を使った投資話」に関する国民生活センターからの注意喚起をお届けします。

:crazy: 暗号資産(仮想通貨)とは :crazy:
円やドルなどの法定通貨ではなく、国による保証を持たない通貨のことです。
実際に存在する紙幣や貨幣とは異なり、バーチャルな世界や電子取引などで通用する通貨です。

XX( 事例 XX(
マッチングアプリで知り合った男性に、暗号資産の投資を勧められた。SNSのメッセージで指示を受けながら、最初に国内の業者のアカウントを作成し暗号資産に交換したあと、交換した暗号資産を今度は海外の業者で別の暗号資産に交換した。
するといくらかもうけが発生し、自分の銀行口座に入金があった。その後も金額などを指定され次々と投資したが、さらに高額な投資を勧められたので「お金がない」と伝えたところ、消費者金融で借りるように言われたため、借入をして投資を行った。
「もう出金したい」と伝えたが、「海外の業者から出金するには200万円課税される」と言われ、税金を請求された。これまでに500万円以上投資したが、どうしたらよいか。

:-/ トラブルにあわないためのポイント :-/
・暗号資産の投資を勧める相手からの勧誘をうのみにしないでください
・暗号資産交換業の登録業者か確認し、無登録業者とは取引しないでください
・取引内容やリスクが十分に理解できなければ契約しないでください

:crazy: 詳しくは資料をご覧ください :crazy:
国民生活センター:SNSやマッチングアプリ、友人・知人からの誘いをきっかけとした暗号資産のトラブル-その話、うのみにしないで-

国民生活センター:SNSやマッチングアプリ、友人・知人からの誘いをきっかけとした暗号資産のトラブルに注意

2022/12/01

海産物の電話勧誘販売・送り付けトラブルが増加しています!

Permalink 16:25:25, カテゴリ: くらしの知恵  

こんにちは:D おおちゃんです!:D

カニなどの海産物の購入機会が増える年末にかけて、海産物の電話勧誘販売・送り付けのトラブルが増加しています。
「新型コロナウイルスの影響で収入が減って困っている」などといって消費者の親切心や同情心につけ込む勧誘のほか、「買ってもらわないと困る」などの強引な勧誘、また電話勧誘を受けた際に購入を断っても後日商品が届くなど、送りつけの事例も急増しています。

今回は「海産物の電話勧誘販売・送り付け」に関する国民生活センターからの注意喚起をお届けします。

88| トラブル事例 88|
1.「支援してほしい」と電話で言われて海産物を購入したが、届いた商品は金額に見合わないものだった。
2.「買ってもらわないと困る」と電話で強引に勧誘され、海産物の購入を了承したが断りたい。
3.高齢の母親が電話で海産物を勧められて断ったが、代引配達で商品が届き、代金を支払ってしまった。

:P アドバイス :P
・少しでもおかしいと感じたら、きっぱりと断りましょう。
・事業者からの電話勧誘で契約をしたときは、特定商取引法に定める書面を受け取った日から8日以内であればクーリング・オフができます。
・一方的に商品が届いても受け取らない!受け取ってしまっても代金を支払う必要はありません。
・不安に思った場合やトラブルにあった場合は、須坂市消費生活センター(026-213-7188)へ相談してください。

;) 参考資料 ;)
国民生活センター:海産物の電話勧誘販売・送り付けトラブルがさらに増えています-年末にかけて特に注意してください!-


国民生活センター:海産物の電話勧誘販売・送り付けトラブル防止のポイント(PDF方式)

2022/11/22

「スマホで簡単 月収100万円!?」副業トラブルに注意!!

Permalink 13:08:00, カテゴリ: くらしの知恵  

こんにちは:D  おおちゃんです!:p

怪しい副業やアルバイトに関するトラブルについて、全国の消費生活センターに相談が寄せられています。
:roll: 今回は、「副業」に関する国民生活センターと消費者庁からの注意喚起をお届けします。

88| 相談事例 88|
【事例1】チャットで相談にのるだけのアルバイトで、次々と手続料を支払わされた
→「相談にのるだけで報酬がもらえる」などとうたう副業や、「当選金を受け取ることができる」などのメールやメッセージをきっかけに誘導し、登録後にサービスの利用料金や手続き費用等として高額なお金を請求されるサイトのことを【利益誘引型サイト】と呼んでいます。
【事例2】「レンタル彼氏」に登録したが収入は得られず、月額サイト利用料だけを支払わされている
【事例3】「荷受代行(荷物の受取代行)」をしたら、自分名義でスマートフォン6台を購入されていた

:>> トラブル防止のポイント :>>
~副業・アルバイトにあたって「手数料」「登録料」を請求されたら要注意!~
=>「簡単に稼げる」「気軽に始められる」と強調するインターネット広告やSNSの情報を安易に信じないようにしましょう。怪しい副業・アルバイトでは、「報酬を得るために必要」などと言われ、登録料やサイト利用料等さまざまな名目でお金を支払わされるという特徴があります。
もし友人や知人から誘われても、少しでも不審に思ったらきっぱり断りましょう。

~「荷受代行」・「荷物転送」は絶対にしないでください!~
=>「荷受代行」・「荷物転送」の裏の目的は消費者の名義で不正に携帯電話等を購入することであり、その携帯電話が犯罪に使用される恐れもあります。身分証明書、銀行口座等の個人情報を安易に伝えないようにしましょう。また携帯電話の月額利用料や通話料などを支払う必要はないと説明されていても、契約者である消費者に対して請求される可能性もあり、料金を支払わないまま強制解約になると今後携帯電話会社と契約をする際に不利益が発生したり、端末代金が分割払いにされている場合、信用情報機関に事故情報として登録されてしまう恐れがあります。

;) 詳しくはこちらをご覧ください ;)

消費者庁:その副業ほんとに大丈夫?
消費者庁:「スマホで簡単 月収100万円」、「定型文を送信した分だけ報酬発生」などとうたう副業マニュアルを購入させ、ライブ配信希望者のエージェントになるためとして高額なサポートプランを契約させる事業者に関する注意喚起
国民生活センター:怪しい副業・アルバイトのトラブル-簡単に稼げて高収入?!うまい話には裏がある・・・-

<< 前のページ :: 次のページ >>