投稿の詳細: 新装 大谷不動尊 巡り

2010/05/24

新装 大谷不動尊 巡り

:roll::)) 大谷不動尊は、仁礼高顕寺内にある「里堂」と大笹街道黒門から谷間の道を1,5km程登った渓谷の入口にある「奥の院」の両方に祀られています。昨年、奥の院が140年ぶりに立て替えられたのを機に、大谷不動尊巡りを計画し、快晴に恵まれた5月21日、地元の皆さんを中心に総勢20名で参拝してきました。
 :p「里堂」のご本尊は、玉眼で勇猛な表情の約156cmの木造立像で、鎌倉末期から室町時代の作といわれています。また、平成5年に改築された堂の天井絵は、広く一般から寄進された60cm四方の作品98枚からなる見事なものです。
 :)新しい 奥の院」は、旧院より一回り大きいほぼ四角形、正面に五穀豊穣・家族安寧の守護仏、高さ182cmの木造立像(制作年代不詳)と左右に脇仏5体を安置しています。不動明王の憤怒の相と光背の火炎は大変迫力があります。
 XX(春の萌えるような芽吹き・新緑から始まる大自然のドラマは、四季折々異なった姿をみせてくれます。奥の院から遊歩道を歩き崖づたいに石仏や祠を辿りながら先に進むと、深山の静寂をやぶる「一の滝」が修験者の姿を想像させ、信仰の地としての雰囲気が漂っています。

 大谷不動里堂   黒門 ここからお山登りです。

 新装  大谷不動奥の院   里堂ご本尊不動明王

 奥の院ご本尊不動明王と脇仏   秘境 一の滝

コメント:

この投稿への コメント はまだありません...

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイトに表示されません
頂いたURLは表示されます。
コメントは承認されるまで表示されません。
オプション:
 
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを cookie に記憶させます)

須坂市中央公民館

公民館は出会い・ふれあい・学びあい          ひととひととが 学習や活動をとおして 心と心の和をつくっていく場所…   やさしく 笑顔あふれるまちを みんなでつくっていきましょう

検索

リンクブログ

須坂のリンク

いろいろ

このブログの配信 XML

須坂市公認ポータルサイト・いけいけすざか