須坂市観光協会最新情報

須坂市内で開催されるイベントや見どころを紹介しています。


投稿の詳細: 10月17日(土)米子大瀑布ハイキング

2015/10/18

Permalink 17:51:06, カテゴリ: イベントレポート  

秋の訪れを朝晩の冷え込みが伝える10月18日(土)。
毎年好評をいただいている『米子大瀑布ハイキング』が開催され、
約30名にご参加いただきました。
 
「米子大瀑布」とは、日本百名山の1つである四阿山(あずまやさん)
の北麓の懸崖に並んでかかる不動滝(落差85メートル)と権現滝
(落差75メートル)の2滝の総称です。これだけの落差の滝が二つ
並ぶ景観は国内において珍しく、日本の滝百選にも選定されています。
 

この米子大瀑布の絶景と紅葉を満喫できるイベントに兵庫県や東京のお客様
がいらっしてくださいました。
遠方からイベントにご参加いただくお客様が最近多く、大変感謝しております。
 
さて、「米子大瀑布ハイキング」のレポートを。
当日は湯っ蔵んどに集合した後、シャトルバスに乗り米子大瀑布駐車場へ。
標高が高くなるにしたがって車窓に映る木々はどんどん色づいていきます。
岩肌を登っていくような紅葉はとても美しく、思わず見とれてしまいました。
 
米子大瀑布駐車場に着くと、準備体操をしていよいよハイキングです。
道中の紅葉が綺麗で絶景写真スポットが多すぎ!と困ってしまうぐらいです。
 

 
今回のハイキングの魅力は紅葉と滝だけではありません。
なんと言っても「ガイドさんの案内つき」なのが魅力です。
ガイドさんは道案内はもちろん、それぞれの滝についてや木々について、
米子鉱山について等の話もしてくださいます。
 
道中道がぬかるんでいる場所があり、歩きにくいなぁと思っているところで
ガイドさんのこんな話をお聞きしました。


「よく見るとこの石の下から水滴がポタポタたれています。
この水滴が山道を抜けて米子川へ流れ、そこから千曲川にたどり着きます。
どんな大きな川も最初は小さな水滴だったりするのですよ。」
こんなお話を聞くと、先ほどまで歩きにくいと思っていたぬかるみがなんだか
神秘的に思えてくるから不思議でした。
 
最初の滝「不動滝」まではガイドさんのお話を聞きつつ休息したりしながら
時間をかけていきました。
滝のと轟きが近くなってきて・・・たどり着きました!落差85mの不動滝です。

右側には「幻の滝」とも言われる「黒滝」が見えました。
 
米子大瀑布は北麓の懸崖にあるため、滝を撮るにはある程度曇っていたほうが
良いそうで、不動滝ではほどよい曇りで良い(?)写真が取れたのですが、
権現滝に行くとお天道様が私達の顔を見たいと張りきってくれたため、
日光がとてもまぶしく、残念ながらいい写真が撮れませんでした。すみません。
でもその代わり、空中を漂う水しぶきがあたり一面をキラキラと輝かせ、
それはそれは綺麗な光景でした。
 
権現滝の後は、標柱があり不動滝と権現滝の2本の滝を同時に眺めることが
出来るビューポイントへ。
そこでゆっくりと美味しい空気と絶景をおかずに昼食です。

 
初めて訪れた方、久しぶりに訪れた方のみならず、前日下見で同じ場所を
見ていたガイドさんまで絶賛するほどとても美しい景色でした。
(この写真の色は・・・実物を今度ご覧ください!)
 
お腹も心も満腹になったところで米子大瀑布駐車場へ帰りました。
紅葉のトンネルを歩いている最中、風に吹かれた木の葉が一斉に舞うなど、
神秘的な場面もありました。
 
今回のハイキングは参加者の皆さんの健脚ぶりに驚き、ガイドさんのおかげで
ハイキングの楽しさを覚え、また、最後の最後まで自然が私たちを楽しませ、
もてなしてくれた一日でした。
ご参加いただいた皆様、楽しい一日をありがとうございました!
今年のウォークイベントは残り少なくなってまいりましたが、またのご参加を
心よりお待ちしております。
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  
~今後のウォークイベント~
■千曲川リバーサイド 健康ウォーク
11月8日(日)9:00~14:30頃 集合 村山駅前(長野電鉄) 会費2,500円
(ヘルスチェック、ウォーク指導付)
■須坂・食べ歩き 晩秋のカントリーウォーク
11月21日(土)9:30~15:00頃 集合 臥竜公園 会費2,000円

詳しくはこちら(須坂市観光協会のホームページ)
http://www.suzaka-kankokyokai.jp/experience/
  
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
米子大瀑布 マイカー規制とシャトル便運行についてはこちら
http://blog.suzaka.jp/kanko/2015/09/30/p30117 
 
 

N・O

コメント:

この投稿への コメント はまだありません...

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイトに表示されません
頂いたURLは表示されます。
コメントは承認されるまで表示されません。
オプション:
 
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを cookie に記憶させます)