信州須坂移住支援チーム

「須坂市に住んでよかった」 「須坂市に住んでみたい」と思える魅力的なまちを目指しています。

カテゴリ: エッセイ

2020/02/05

移住支援エッセイvol.28「無ければ不思議と気になる雪景色」

Permalink 18:30:55, カテゴリ: エッセイ  

今シーズンは本当に雪が降らない
薄っすら白くなったのは写真の記録からだと11/29と12/28、1/5の3回くらい
しかも愛しいほどのフンワリ雪と5センチ程度の積雪が1度だけ
「もぉー何回雪かきすればいいの・・・」なんて暗闇の明け方から小言を吐いてやっていた年もあったのに
あれば当たり前、無いと気になってしまうから不思議なものだ
子どもたちは雪遊びができているのかな?
真っ白な雪のなか転げまわってソリ遊びをしていた子どもの頃の記憶がめぐる
「大寒波がやってきます」とニュースで耳にするものの肩透かしの朝
今夜は雪マークがついている
今ならいつでも雪かきの覚悟はできています

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

2020/01/20

移住支援エッセイvol.27「驚きと感激の成人式コメント」

Permalink 19:40:07, カテゴリ: エッセイ  

例年と違って雪のない2020年1月の須坂
今年は553人が成人を迎えました
若者たちのコメント「須坂のいいところ」がニュースで流れる
「物静かな場所でいいと思う」
「都会でもなく田舎でもなくちょうどいい所」
「長野市も隣で行きやすい(便利)」
「自然がたくさんある」
「人が温かい」
「田舎っぽいところがいい」
驚くなかれ、どれも地方移住を希望する方が求めるものばかり
「うん、うん、そうだよね」思わず頷いてしまった私
はて?私が成人の時もこのコメントが出来たのだろうか…
とっさに答えられる皆さんに感激で心躍る私
ふるさとを思う皆さんに怖いもの無し!
さらに須坂の魅力を掘り起こせたなら心の財産も増えること間違い無し!
未来明るい新成人の皆さんに幸あれ

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

2019/12/20

移住支援エッセイvol.26「ダントツ1位の秘密とは」

Permalink 17:56:27, カテゴリ: エッセイ  

JAFが全国を対象に2016年から毎年実施している「信号機のない横断歩道での停車率」で今回2019年の結果が発表されました。
調査開始以降、停止率の高い長野県。
昨年の58.6%に引き続き、今年は過去最高の68.6%で全国第一位となりました。
全国平均は17.1%で昨年よりポイントは増加したものの、まだ8割以上の車が止まらないということです。
ちなみに相談会を開催している東京は5.8%でした。
しかし、なぜ長野県が連続して、しかもダントツで一位なんでしょう?
長野県民は真面目だとも言われます。
でも、真面目だけでとれる行動なのでしょうか?
その人の根っこの部分に植えついたもの、すなわち育った環境に答えがあるのかもしれません。
親から子へ受け継がれ自然と身についたこの習慣は長野県民の誇りでもあります。
停車率ダントツ1位が長野県なら、信州須坂移住支援チームが須坂市に移住される皆さんの幸せを願う気持ちもダントツ1位!
そんな気持ちで、明くる年も長野県須坂市の誇りを持って私たちができる支援をすすめてまいります。

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

2019/12/05

移住支援エッセイvol.25「過去を変えるのではなく未来を変える」

Permalink 19:17:11, カテゴリ: エッセイ  

移住へのお気持ちに変わりはないですか?という私の問いに力強く「はい」と答えたAさん。
先日、移住者受け入れ協力企業を希望され、面接の結果、内定へと繋がりました。
内定を聞いた後は取り乱さず、しかし嬉しさで溢れるAさんの表情が忘れられないひと時でした。
人は求めることで未来を変えることができます。
Aさんは須坂市で未来を描いていくことに一歩前進しました。

須坂市で平成26年に信州須坂移住支援チームが設置されて以降、受け付けた相談者が先日12月1日で500組となりました。
多くの相談者が私たちに残してくれた生の声はチームにとっての大きな財産であり、与えてもらえたことには感謝しかありません。
今後の移住希望者へのサポートに必ず活きてくると信じ、引き続き支援をすすめていきたいと思っています。

内定をもらったAさんから「いろいろご手配いただいたお陰と感謝しております」とメールが届きました。
私もAさんを通じここまで様々な経験をさせていただき感謝していますという思いでメッセージを読み終えました。

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

2019/11/20

移住支援エッセイvol.24「この先の人生を描く移住体験ツアー」

Permalink 18:11:22, カテゴリ: エッセイ  

先日開催した移住体験ツアーでは東京方面や関西方面などから5組8名の移住希望者が参加してくれました。
実際に現地を見ることでイメージが持てたり他の地域と比較したり一つでも前進できたでしょうか。
先輩移住者の体験談からは良いことも悪いこともいろいろな気付きが得られたと思います。
ツアー参加者との懇談の場で「移住先では自分がどうなりたいかを考えることが大切ですね」と伝えた時、一斉に大きくうなずく皆さんの姿がとても印象的でした。
以前読んだ本に「不安や心配、悩みごとから逃れるためには行動することだ」という一文を思い出します。
この先の人生を描くため今回のツアーに参加された皆さん。
あのツアーがあったから今の幸せがあると言える日がどうかやってきますように。
その幸せな未来に信州須坂移住支援チームが関わることができるならば
それは何よりもうれしいことです。

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

:: 次のページ >>