信州須坂移住支援チーム

「須坂市に住んでよかった」 「須坂市に住んでみたい」と思える魅力的なまちを目指しています。

カテゴリ: エッセイ

2020/07/06

移住支援エッセイvol.35「5階の風景から得られる心の栄養」

Permalink 16:49:21, カテゴリ: エッセイ  

新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた東京都庁展望室が7月1日、約4カ月ぶりに再開されたと新聞記事が伝えていた
地上202メートル、45階の高さから東京の景色を一望できる人気のスポットでもある
現在コロナ対策として利用人数を100人程度に制限して開放しているので、ゆったり眺めることができるそうだ

須坂市役所にも展望室がある
5階分に当たる高さで、なんと市内をぐるっと見渡せてしまう展望室だ
この春も残雪の北アルプスと北信五岳の美しい山々の風景を楽しませてくれた
雪山やピンクの桜がアクセントになる街中風景、そして新緑の里山風景
日ごとに変わっていく景色が5階の高さから一望できる

45階も5階も見る人の心に栄養を与えてくれるのは同じかもしれないが
四季折々の色の変化を間近で感じられるのはわが町の須坂市役所展望室だ

今日の眺めはどうだろう?
のぼってみたけれど私の誕生日にはちょっと残念な雨模様
自分が生まれた日はどんな景色が広がっていたのだろう
利用制限もない展望室から一人ゆったり市内を眺めてみた

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

2020/06/22

移住支援エッセイvol.34「心のアンカーを知って移住を実現」

Permalink 17:47:18, カテゴリ: エッセイ  

「将来の夢を決めるには自分を知ることが必要だ」
ある日の新聞で高校生の投稿記事を目にした
「自分にしかないところを探し、自分の知識を活用する」
「本当にやりたいことをやりながら生活していきたい」
10代でとても立派な考え方を持っていた
「自分を知る」とは簡単なようでいて、なかなか文字や言葉にできないものだ

人は無意識のうちに心の奥底で譲れないものを形成している
「キャリア・アンカー」という自己概念を唱えた理論家のシャインは船の錨に例えて説いている
自分にできること
自分がやりたいこと
自分が大切にしたいと思う価値観は何か
よりよい人生を選択するために自分を知ろうとすることは大切なことなのかもしれない
「自分はどうなりたい?ゆずれないものとは?」
移住希望者の声に耳を傾けながら自分の心にも問いかけていきたい

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

2020/05/20

移住支援エッセイvol.33「一回に賭ける思い」

Permalink 18:14:38, カテゴリ: エッセイ  

夏の風物詩でもある全国高校野球の中止が決まった
新型コロナウイルスの影響がここにまで及んでしまった
開催中止は戦後初とのこと
ひそかに高校野球ファンだった私も残念でしかたない
高校野球の魅力は何といっても一回の試合に賭ける球児たちの思い
大事なシーンで決断し行動する球児一人ひとりの心情を考えると
何とも言えない気持ちになる

一回に賭ける思いは移住も同じ
決断して行動するのは自分自身でしかない
そこから人生の物語が始まる
球児たちも形は違えども
きっと物語の続きはあるはず
これまでの厳しい練習や仲間と乗り越えた困難も
積み重ねた日々がこれから先に活かされると信じたい

カキーン!
暑い夏に熱い戦いはなくとも
季節を問わず聞こえる日を待ち遠しく思う

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

2020/05/07

移住支援エッセイvol.32「ゴミと気付きとコロナウイルス」

Permalink 17:11:40, カテゴリ: エッセイ  

4月に環境省から発表された「1人1日当たりのゴミ排出量」で
長野県は全国で最も少ない都道府県第1位となった
しかもうれしいことに5年連続という快挙だ

ところが現在コロナウイルスによる外出自粛から全国で家庭ゴミの量が増え
収集作業員は破れたゴミ袋から大量のマスクがあふれ出す度に感染の恐怖と戦っている
ゴミ袋には「集めてくれてありがとう」と住民から感謝のメモが添えられ
メモを目にした作業員は「やりがいを感じます」と感謝を述べている

今まで当り前のように過ごしていた生活から一変し
皮肉にも新型コロナウイルスから感謝の思いに気付かされる
きっと長野県ゴミ排出量6年連続も夢じゃない

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

2020/03/23

移住支援エッセイvol.31「笑顔で長生きに」

Permalink 16:59:52, カテゴリ: エッセイ  

新型コロナウイルスの影響でストレスが溜まってきた人も多いと思われる今日この頃
中止、休校、閉鎖の負の文字がメディアで流れ笑顔も失いそう
笑顔の大切さは以前に発表された研究結果からも人体に大きなプラスの影響を及ぼすことが証明されている
笑顔の無い人より作り笑いでも笑顔でいる人の方が平均寿命が伸びるというもの
意識的に変えるだけの作り笑いでも体に良い影響を与え
作り笑いが周りの人の表情も和らげ更なる良い影響を及ぼすそうだ
その「意識」が長生きに重要だという
自然に笑って過ごせる日がいかに幸せなことか実感する今
山あり谷あり人生は新しい日々の連続
待ち遠しい須坂の春、まずは笑顔で迎えたい

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

:: 次のページ >>