信州須坂移住支援チーム

「須坂市に住んでよかった」 「須坂市に住んでみたい」と思える魅力的なまちを目指しています。

カテゴリ: 暮らしサポート情報

2019/11/05

秋の時期だから必見!須坂市の子育て関連情報&支援制度

Permalink 15:53:27, カテゴリ: お知らせ, 暮らしサポート情報  


「子どもの入園・入学の時期にあわせて移住を考えています」

移住相談会で、子育て中のお父さんとお母さんからよくお聞きする内容です。
移住を検討する親御さんは自分たちの転職や住居のことだけでも頭がいっぱいなのに、お子さんの環境や入園・入学・学期などスケジュールもいっしょに考えていかなければなりません。それと同時に移住先の子育て制度などを調べておくことも必要です。
今回の情報を参考にしながら、移住相談会にぜひご参加ください。

①2020年度(令和2年度)保育園・幼稚園の入園申し込み受付が始まっています
保育園と認定こども園の最終受付は、事前連絡のうえ11月15日(金)までに直接園に申し込むことができます。それを過ぎると希望の園への入園は難しくなります。また、幼稚園の受付についての詳細は各園までお問い合わせください。例年この時期を参考にしてください。
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/item.php?id=59531bb75dec4
詳しくは須坂市子ども課まで
(TEL 026-248-9026)

②2020年度(令和2年度)小学校入学に向けた一日入学(保護者会)があります
市内11校で来入児の一日入学や保護者会が2020年1~2月にかけて行われる予定です。
(2019年12月に予定をしている学校もありますのでご確認ください)
詳しくは須坂市学校教育課まで
(TEL026-248-9010)

③小学校や中学校の転入に係る手続きについて
年度の途中で転入する際は、事前に通学区域の学校を訪問し先生との面談および説明等お聞きします。
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/item.php?id=595c547eaa7d9
詳しくは須坂市学校教育課まで
(TEL026-248-9010)

④病児・病後児保育
保育園や幼稚園・認定こども園、小学校に通園・通学されているお子さんが、病気または病気の回復期にあり、集団保育が適当でなく、保護者の就労等により家庭で保育できない場合に、専用の保育室で看護師や保育士の専門スタッフが一時的にお預りする保育サービスです。以下の市内2ヶ所で実施しています。
1.さかた山 風の子保育園(病後児保育:生後6か月から小学校就学前まで)
2.やすらぎ病児保育園(病児・病後児:生後6か月から小学校6年生まで)
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/item.php?id=5959d7aab47b3
詳しくは須坂市子ども課まで
(TEL 026-248-9026)

NEW!【2019年度からの新制度】
⑤子育て支援ショートステイ事業

保護者も人間、疾病などで養育ができなくなることがあるかもしれません。万が一保護者が疾病、疲労その他の身体上もしくは精神上、または環境上の理由により家庭において児童を養育することが一時的に困難となった場合など、児童福祉施設において一定期間の養育を行います。市内に住所を有する18歳未満の児童が対象です。
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/item.php?id=5db7c033603fa
詳しくは須坂市子ども課まで
(TEL 026-248-9026)

★その他の子育て支援制度はこちらをご覧ください
・出産から子育てに関わる支援制度(PDF形式)
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/upimages/files/seido(2).pdf
・須坂市ホームページ「子育て・教育」
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/archive.php?aid=140

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

2019/06/05

須坂★暮らしサポート情報『新生活運動ってご存知ですか?』

Permalink 12:54:46, カテゴリ: 暮らしサポート情報  

~明るく健康で住みよい社会を目指す無駄な出費を抑えた合理的な運動~

移住を希望される皆さんから受ける相談の中に、地域の方々とのお付き合いについてご質問が多々あります。いざというときに困らないため、知っておくと便利な暮らしの情報の一つとして、須坂市で推進している「新生活運動」についてご紹介します。

●戦後始まった生活改善を目指す運動です
「新生活運動」は戦後に誕生した取り組みで、冠婚葬祭の簡素化や衛生環境の向上を目指そうと政府が国民に呼びかけたことで始まりました。生活の無駄や見栄をなくし、虚礼的な贈答はやめて生活を簡素にしよう、また経費の削減に努めようという運動です。ご近所など身近な方々へのお祝いや病気見舞い、葬儀の香典などについてそれぞれ金額を決め、お返しはもらわないといった取り決めの他、お礼を口頭またはハガキで行うなどがあります。
特に須坂市民に浸透していると感じるのは葬儀の香典かもしれません。
全国的な取り組みで始まった運動ですが、須坂市では昭和49年に始まりました。
現在は須坂市役所市民課内に新生活運動推進委員会事務局を設置し対応しています。
定着していますが全国的には珍しいかもしれません。

<須坂市が行っている運動の内容>

※2と3に関しては新生活運動推進委員会で印刷したお見舞い袋、香典袋、見舞返礼はがきを実費でお譲りします。(各10円/枚)


印刷されている物が購入できます


【取り扱い場所はこちら】
•須坂市役所 市民課(夜間、土・日曜日は宿直室)
•中央公民館、各地域公民館
•旭ケ丘ふれあいプラザ
•仁礼コミュニティセンター

葬儀に関しては故人との関わりが薄い場合は新生活運動を選ぶ方が多いですが、もし判断がつかなければ参列する予定の方に聞いてみるのもよいと思います。でも、千円の決まった金額で故人とのお別れに参列できることは、余計な悩みを抱くことなく気持ちにもゆとりを持って心からの参列ができるのではないかと思います。


「生活改善」という表示が新生活運動の香典をお持ちの方の受付になります

そのほかにも新生活運動には留め袖や喪服などの衣装の貸し出しがあります。
詳しくは須坂市ホームページをご覧ください
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/item.php?id=59028ca7cde02
【問い合わせ先】須坂市新生活運動推進委員会 事務局
市民環境部市民課 TEL:026-248-9002

◆おわりに
須坂市で生まれ育った市民であれば、親の話や行動を見て新生活運動を知る人は多いと思います。逆に隣接する市町村の方の葬儀に参列する場合、新生活運動が取り入れられていない地域もあるので気遣いは必要になります。毎日の生活の中で必要なことなので「いざ」というときに慌てることがないよう、移住先でも地域の方と上手に関わりながら情報を収集することは必要なのかもしれません。

                   
★その他の暮らしサポート情報はこちらをご覧ください

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

2019/05/20

須坂★暮らしサポート情報『毎日出るごみの分別と出し方』

Permalink 08:40:17, カテゴリ: 暮らしサポート情報  

移住を希望される皆さんが移住先で生活するうえで知っておきたいことの一つに、ごみの分別や出し方があると思います。
今回は須坂市の基本的なごみ出しについて、市内のごみ出し風景とあわせてご紹介します。

●須坂市の基本的なごみ収集の回数

須坂市では地域ごとに決められた「年間ごみカレンダー」が毎年7月に更新され各家庭に配布されます。

<地域別収集日の情報はこちら>
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/item.php?id=5c358ae8d1f48

※画面をクリックしてPDFでご覧いただけます

収集日当日の午前8時までにごみステーションへ持ち込みます。8時から収集が始まります。

集落の一角にあるごみステーション

廃ビンなど資源ごみ出し風景

可燃ごみ出し風景

●指定ごみ袋はスーパーなどで購入
須坂市では現在、可燃(青)、不燃(赤)、プラスチック(緑)3種類の指定袋があります。市内のスーパーなどで販売されていて、料金は袋代にごみ処理手数料(大サイズ30円/枚、小サイズ15円/枚)が上乗せされるので店舗によって多少ですが変わります。

市内のスーパーなどで販売しています

●「生ごみ出しません袋」や「生ごみ処理機購入費補助金」の制度もあります
須坂市では「生ごみ出しません袋」も活用されています。これは、生ごみを畑で堆肥化するなど自家処理によって可燃ごみとして出さないことを誓約した世帯に無料の専用可燃袋を活用してもらうものです。期間中に一世帯最大60枚(申請期間による)を配布しています。これも地方ならではの取り組みかもしれません。須坂市は長野県内でも最初にこの制度を導入しています。

また、須坂市では「生ごみ処理機購入費補助金制度」もあります。電動(手動)生ごみ処理機購入費の2分の1以内(限度額3万円)を補助しています。

※この他の詳しいごみの分別方法や出し方については下の画面をクリックしてご覧ください

●おわりに
ごみの減量化はどの地域でも取り組まれている課題ですが、都会と地方とでは出し方で違う点があると思います。実際に私の子どもも一昨年まで都会で学生生活を送っていましたが、ごみ袋の指定はありませんでした。

今回は須坂市のごみの分別や出し方をご紹介しました。地方暮らしにおける身近な情報の一つとしてぜひ参考にしてみてください。

★その他の暮らしサポート情報はこちらをご覧ください

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

2019/03/20

「産科医療が充実しています」 県立信州医療センター産婦人科医長の堀田先生にインタビュー

Permalink 10:39:27, カテゴリ: お知らせ, 暮らしサポート情報  

須坂市街地にある総合病院「県立信州医療センター」は、地域の基幹病院として大きな役割を担っています。2018年に産科医師の増員や新たな施設の整備など受入れ体制を充実させ、さらに産前産後のサポートを進めています。
産婦人科医長の堀田大輔先生に、ご自身の仕事や産科の取り組みについて話を聞きました。

●信州医療センターで産科医になろうと決めました
産婦人科医長の堀田先生は長野県上田市出身。趣味は、スノーボードや読書(村上春樹が好き!)、温泉(仙仁温泉の洞窟風呂に入ってみたい!)、海外旅行は長期休みを使ってこれまでフランスやインドなど10数ヶ国を旅しているそうです。そんな多趣味の堀田先生ですが、なぜ医療の道を選んだのか、産科医師になろうと決めた経過をお聞きしました。
「医療の道に進むことを決めたのは、高校時代に友人が精神的な病を患い、自分ができることは何だろうと考えたことがきっかけでした。栃木県の大学に進み、その後、信州医療センターで研修医として従事しました。研修期間中に担当だった産科医師のアドバイスに加え、患者さんにより近くで接し、笑顔で帰る姿をたくさん見たいという思いから産科の医師になることを決めました」

●須坂市に暮らして
「信州医療センターに着任して10年が経とうとしています。今は、いつでも出産に対応できるよう病院に近い場所に住んでいます。車で出掛けることもありますが、町なかなので車が無くても仕事や買い物で不便はありません。町を歩いていると古民家をリノベーションしたレストランや喫茶店があったりしてとても良い雰囲気です。仕事を終えた後は百々川緑地公園周辺をランニングしてリフレッシュしています。患者さんから見かけたよと言われることもあります」

●充実した出産体制づくりに取り組んでいます
「現在、信州医療センターでは産科医師3人(男性2人、女性1人)が出産に対応しています。この他にも婦人科や小児科の医師も加わりチーム一丸となって連携し産前産後のフォローを行っています。今、全国的に医師不足が叫ばれていますが、信州医療センターでも2016年から1年半ほど分娩の取り扱いを休止していた時期がありました。現在は新しい施設整備や医師の増員により充実した体制づくりに取り組んでいます」
信州医療センターの産科は、地域住民はもちろん里帰り出産を希望する妊婦さんにとっても安心して妊娠・出産・育児支援のサポートが受けられる大切な場所となっています。





●安心して出産ができるよう病室をリニューアル!
2018年秋、個室や2人部屋が新しく増え、お洒落なソファーが設置されるなど病室が大きくリニューアルされました。授乳室も移動してゆったりしたスペースが確保されています。
「安心して出産ができるよう、そして産後も頼られる場所となるよう、特にアフターケアの部分を充実させています。出産後、周囲の協力が得られないことで産後うつが増えているのも事実です。産後の体の回復に必要なリハビリや授乳のアドバイスが受けられる産後ケア事業は、今後カウンセラーを採用して育児指導の場を提供していくことも考えています」
「母乳外来は国際認定ラクテーション・コンサルタントの専門資格を持った助産師2人が産後から卒乳まで相談に応じ、お母さんが母乳育児に自信が持てるようにサポートをしています」 
実際に近隣の病院で出産したお母さんに役立ててもらった例もあるとのこと。産後に同じ境遇の仲間が集まって子育てについて語り合える交流の場を月に一度設ける産後サロンの設置も目標にしているそうです。

*産後ケア事業
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/item.php?id=5940d82b08b1e


産後の個室

陣痛室

新しくなったソファー


授乳室で産後のお母さんと赤ちゃんに会いました。2人とも地元のお母さんです。このうち一人は、今回で4人目を出産されたとのこと。地元だからこそ安心して出産できたと話してくれました。

~ 出産されたお母さんたちの退院後アンケートより ご紹介 ~
・先生たちのチーム感があってとてもよかったです!
・堀田先生は入院中も毎日様子を聞きにきていただいたり、こちらの思っていることや様子など、しっかり聞き出してくれるので、とても安心していました。
・緊急の帝王切開の手術にも迅速に対応していただき、無事出産でき、本当に感謝しています。ありがとうございました。
・医師、看護師、助産師さんに優しく接して頂き(お腹に赤ちゃんがいる頃から)安心した気持ちで過ごすことができました。
・医師や助産師さんのアドバイスのおかげで落ち着いて臨むことができました。

●今後も充実したサービスを提供する産科を目指します
これまで患者さんと関わってうれしかったエピソードを堀田先生が語ってくれました。
「不妊治療の患者さんが不妊治療により待望の赤ちゃんを授かり、無事に出産を終え、家族ととも退院されるときはうれしい気持ちでいっぱいになります。また最近では妊娠および産後のホルモンバランスの変化により産後うつとなり、子育てがうまくいかない患者さまも少なからずいます。その患者さんたちの支えとなり、産後うつが軽快し、赤ちゃんと楽しく過ごせるようになったなどの声を頂いたときにも、この仕事のやりがいを感じられる瞬間です」

「普段の仕事では、妊婦さんたちに心配や苦しみなど困り事を解決して帰ってもらうことを心がけています。健康で子育てできる環境づくりを大事にしていきたいですし、信州医療センターで子どもを産みたいと思ってもらえるよう、これまで以上に産科医療の体制を整えていきます。それには産婦人科や小児科の医師が皆で関わり、医師たちの結束と連携を最大限に活かしたチーム作りが大切です。私自身も心をこめた医療を提供し、今後も長く信州医療センターで勤めていきたいと希望しています」

●須坂市で出産できる喜び
信州医療センターは総合病院のため、いざという時を考えるとお母さんも赤ちゃんも安心して出産できるのが選ばれる理由です。病院が市の中心部にあることで産前産後のフォローも受けやすく心強いです。
私も名前が変わる前の当時の須坂病院で娘を出産しました。外は4月の桜が満開の時、心細かった私は退院するまで看護師さんたちを頼りに過ごした記憶が懐かしく思い出されます。あれから20数年、今は堀田先生をはじめチームの先生や看護師さんたちが温かく迎えてくれている信州医療センターの産科です。

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

長野県立信州医療センター
〒382-8577長野県須坂市大字須坂1332
TEL026-245-1650(代表)
https://shinshumedicalcenter.jp/


Instagramもご覧ください!

★その他の暮らしサポート情報はこちらをご覧ください

2018/11/05

須坂★暮らしサポート情報『須坂市の気候と暮らし』

Permalink 11:11:48, カテゴリ: 暮らしサポート情報  

長野県の面積は全国の都道府県の中で4番目に広く、北信、中信、東信、南信の4つの地方に分かれます。須坂市は長野県の北東部に位置し、隣接する県庁所在地の長野市とともに北信地方に入ります。気候を知ることで人々の暮らしが見えてくるかもしれません。須坂市の気候特性や季節の様子をご紹介します。

●年間降水量は東京の約半分です
「須坂市の年間降水量は東京よりも少ない!しかも約半分!」移住希望者に話すと誰もが驚きます。気象庁のデータによると、2016年東京都の東京地点における年間降水量は1,779ミリ、それに対して長野市にある観測所の長野地点では923ミリでした。
冬に雪は降りますが年間降水量は一年を通じて東京よりかなり少ないです。
須坂市は降水量が少なく昼夜の気温差があること、そして水はけの良い扇状地のため、美味しい農産物が栽培される地域としても最適な場所です。
<気象庁のデータより>

●須坂市の積雪
「雪はたくさん降りますか?」移住相談会で必ず受ける質問です。
長野県の人気は夏が涼しくて過ごしやすいことが大きな理由だと思われますが、相談者は冬の積雪状況が心配なようです。長野県は高い山々が入り組んでいる地形のため、標高によって地域の気候に違いがあります。須坂市の標高は約400m。長野県の北東部に位置しますが豪雪地帯ではありません。冬はもちろん寒いですし雪も降りますが、降っても10センチ程度で、最深で30センチぐらいが年2回程度降るかどうか、という感じです。屋根の雪下ろしはありません。

雪が積もった風景


大晦日の朝の須坂市百々川緑地公園

●冬の平均気温は県内でも高い方!?
「冬の寒さはどれくらいですか?」これも移住相談会でよく聞かれる質問です。
須坂市は北信なので特に寒いのでは?と思う方が多いようです。長野気象台の統計データによると、一番冷え込む2月の最低気温は長野地点でマイナス7.2度でした。
他の地域に目を向けると、中信の松本市はマイナス7.6度、東信の佐久市がマイナス12.1度、南信の飯田市ではマイナス7.3度と地域によって差があります。特に冷え込む地域は、標高の高さや高い山々に囲まれているため、一度冷えこむと盆地の外に空気が逃げにくいことが理由のようです。

●目と肌と心で四季が感じられる須坂市

写真は11月初めの須坂市役所から望む北信五岳です。連なる北アルプスが白くなっていました。このころは朝晩ぐっと冷え込み、冬が近づいているのを実感します。里山は紅葉が深まり、畑の果樹はブドウからリンゴの季節へと移り変わります。
身近な自然の風景から四季を感じ味わうことができるのが須坂市です。

★移住動画「信州須坂の冬支度」もご覧ください

★その他の暮らしサポート情報はこちらをご覧ください

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

:: 次のページ >>