信州須坂移住支援チーム

「須坂市に住んでよかった」 「須坂市に住んでみたい」と思える魅力的なまちを目指しています。

カテゴリ: 地域おこし協力隊

2022/05/09

信州須坂で健康ぐらしvol.26「薬膳料理(食養膳)と温泉を楽しむ会」

Permalink 10:00:58, カテゴリ: 地域おこし協力隊  

みなさま、こんにちは。
須坂温泉古城荘で活動する地域おこし協力隊の伊藤です。

ゴールデンウィーク、全国的にお天気のよい日が多かったようですが、みなさまはどのように過ごされたでしょうか。

須坂市は4月9日にソメイヨシノの開花宣言があり、その後暖かい日が続き、あっという間に満開に。
雨の日や風の強い日もありましたが、市内各所で素晴らしい桜の景色を楽しむことができ、臥竜公園の桜まつりのライトアップを初めて見ることができました。

桜の花が散り始めるころ、市内のあちこちで果物の花が咲き始め、私たちを楽しませてくれています。(これが発行されるころは、もう散っていて、実ができはじめていると思います)
昨年はどれが何の花なのか全くわからずにいましたが、いろいろな方に教えていただいて、桃、梨、プルーン、りんごの花の咲く時期やそれぞれの違いが分かるようになってきました。
りんごの花は1箇所に5つ、真ん中から咲き、梨の花は1箇所から8つ、枝に近い方から咲いていくということも知ることができ、「フルーツ王国須坂」の果物の成長が昨年以上に楽しみになっています。


〈りんごの花〉

〈梨の花〉

4月末に、須坂温泉古城荘で「薬膳料理(食養膳)と温泉を楽しむ会」を開催しました。
初めての試みでしたが、定員を超える方にご参加いただくことができ感謝しています。

内容は
11:15~
①頭皮マッサージ&リフトアップ
②健康入浴法(湯船につかる様々な効果、眼精疲労をとるには?全身の疲れをとるには?肩や腰の疲れをとるには?など)
③美容ストレッチ(股関節のストレッチ)

12:00~
④薬膳料理とは? 薬膳料理の試食
12:50~
⑤温泉入浴(各自で)

30代から70代まで幅広い年齢層の方から以下の感想をいただきました。
「薬膳料理はシンプルなレシピなのにとても美味しくてびっくりしました」
「レシピをいただいたので、家で作ってみます」
「美容ストレッチの時間がとても気持ちよかったです」
「頭皮マッサージとリフトアップ毎日やってみます。スマホで疲れた頭にはとても良い」
「とてもよい半日でした」

みなさまそれぞれに楽しくお過ごしいただけたようでとてもうれしく思っています。

毎月第4木曜日に開催します。
その時期の旬の食材を使いますので、薬膳料理は毎月違う献立をお楽しみいただけます。
また、山下薬局さん協賛の「薬膳茶」のプレゼントもあります。
ぜひご参加いただき、美味しい薬膳料理と温泉で日頃の疲れを癒し、いつまでも若々しく元気にお過ごしいただけたらと思います。

\参加者募集中/「薬膳料理(食養膳)と温泉を楽しむ会」
※画面をクリックするとPDFチラシをご覧いただけます


須坂温泉古城荘
https://kojousou.co.jp/
長野県須坂市日滝5414
TEL026-245-1460

(須坂市地域おこし協力隊 伊藤真弓)

2022/04/05

信州須坂で健康ぐらしvol.25「須坂のおやき」

Permalink 13:14:51, カテゴリ: 地域おこし協力隊  

みなさま、こんにちは。
須坂温泉古城荘で活動する地域おこし協力隊の伊藤です。


〈おやきいっぱい!〉

今年もあっという間に3か月が過ぎ、4月。新年度のスタートですね。
暖かい日が続いた後、急に冬に逆戻りのような寒い日があるとちょっと辛かったりしますが、梅の花や早咲きの桜が咲き始め、春が近づいてきていることを感じています。
昨年は3月下旬に暖かい日が続き、記録に残る中で一番早い3月29日にソメイヨシノの開花宣言がありましたが、今年の臥竜公園の開花予想は4月10日とのこと、待ち遠しいです。


〈臥竜公園のホザキヒガンヤエザクラ(3月31日)〉


〈古城荘のお庭の福寿草〉

以前ご紹介させていただいた「須坂の食を研究する会」では、第2回のテーマは「おやき」の研究でした。(※報告書は4月中旬に完成予定です!)
みなさま、長野県の郷土料理「おやき」をご存知ですか?
長野県内のいたるところで販売されているので、一度は食べたことがある人も多いかもしれません。
おやきは長野県を代表する郷土食のひとつで、小麦や雑穀、そば、米などの粉を水で溶いて練った生地に、野菜などの調理した具材を包んだおまんじゅうのようなものです。
山間部は急峻な地形が多く寒冷な気候のため、お米の栽培に適さないところが多いため、山間地では小麦や蕎麦が多く栽培され、1日1回はその粉を使った食事をつくって食べたといわれ、米の代わりとして先人の食を支えたそうです。


〈皮も具材も様々〉

須坂市内には、和菓子屋さんがたくさんあり、和菓子とともに「おやき」が売られています。
実は私はおやきが大好きで、移住前に長野に遊びに来ていたとき、必ずその地域で売られているおやきを食べていました。

おやきは、地域によって「灰焼き」「焼き」「蒸かし」「焼き蒸かし」「揚げ蒸かし」「揚げ焼き」など、さまざまな作り方があります。
須坂市内のお店で売られているものは、「蒸かし」がほとんどです。

おやきの具材は、なす、野沢菜、きのこ、かぼちゃ、切干大根などを味噌や醤油などで味付けしたものなど、様々な種類があります。
お店によって皮の厚みや食感や味、具材も様々で、選ぶ楽しみ、食べる楽しみがあります。
おやつとして食べてもいいですし、お食事にする場合は、皮が炭水化物、具材はお野菜が多いですので、栄養バランス的にはタンパク質(お手軽に食べられるものなら、ゆで卵やサラダチキン・豆腐・チーズなど)をプラスするとよいかもしれませんね。
須坂へお越しの際は、いろいろなお店のおやきを食べてお気に入りの味を見つけていただけたらうれしいです。


〈3月23日の臥竜山山頂〉


〈坂田山の桜のつぼみ4月1日〉

須坂温泉古城荘
https://kojousou.co.jp/
長野県須坂市日滝5414
TEL026-245-1460

(須坂市地域おこし協力隊 伊藤真弓)

2022/04/02

須坂市地域おこし協力隊が第3回活動報告&交流会を行いました

須坂市地域おこし協力隊が新年度初めての報告&交流会を行いました。

本日は市内から町の役員さん、他市町村の議員さんなども訪れて下さったそうです。
また、次回の移住相談会に予約いただいていた神奈川県のご夫婦も参加され、偶然お話する事が出来ました。

何度か訪れている須坂市が大変気に入ったというご夫婦で、引き続き相談に対応していくことになりました。
新年度になりメンバーの中には所属する市役所の担当者が変わり、期待と不安を感じながらスタートを切った隊員もいたようです。
変わらないのは目指す目的や活動への気持ちで、皆高い意識を持って計画を進める姿がありました。

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

2022/04/01

須坂市地域おこし協力隊も新年度スタート!

本日、須坂市地域おこし協力隊も市長から辞令をもらい新年度がスタート!
昨年度からの6名が引き続き市内各地で任務にあたります。
活動内容は皆それぞれですが、移住先として選択した須坂市のさらなる魅力を生み出してくれています!
地域の皆さま是非とも活動へのご理解とご支援をよろしくお願いします。

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

2022/03/22

3/19(土)地域おこし協力隊が芋煮会で地域の方と交流しました

昨年、須坂市に移住した地域おこし協力隊の村田隊員(兵庫県から移住)、小田隊員(神奈川県から移住)と協力隊OBで須坂市地域おこし協議会の早川会長が中心となって毎月定期開催している「芋煮会」。今回で第5回目、とはいえコロナや冬のシーズン中に見舞われた大雪の影響により実質3回目の開催となりました:p

中心になって担当している地域おこし協力隊は、昨年立ちあがった「須坂市地域おこし協議会」に所属し、起業を目指して活動するメンバー2人です。

<左から村田隊員と小田隊員>

本日の開催場所は、協力隊OBで地域おこし協議会の早川会長が経営する山の神キャンプ場!
須坂温泉古城荘から徒歩30秒のキャンプ場で気軽に集まれて芋煮会にはぴったりの場所です:p誰でも参加できて、料金は200円または食材を提供すれば無料です!

この日のメインは、須坂を含む北信地方の郷土料理「ひんのべ汁」。ひんのべとは小麦粉を引っ張って延ばす「ひんのばす」作り方から名付けられた料理です。


<ひんのべ:沢山下ごしらえをしてきてくれました:oops:

この日、持ち寄られた具材は白菜や大根、じゃがいも、ねぎなどの野菜やキノコ、豚肉、そして豊丘地域の奥様方が提供してくださった沢山のひんのべを投入。味付けは地元須坂市の味噌を使い、おかげで具材たっぷりの温かい「ひんのべ汁」が完成しました。

そして今日イチ押しのポイント具材は信州須坂のスーパーフード「ソルガム」です。ソルガムはグルテンフリーで栄養価の高いイネ科の穀物。健康はもちろん美容にも効果があるとあって、実は私もソルガムご飯を愛食している一人でもあるのですB)


<中心にある赤っぽい粒がソルガム>


<参考:収穫したソルガム>

豊丘地域の奥様方は地元で栽培し食しているというからさらにスゴイ!明るく元気で素敵なお二人の人柄にも納得でした。地域おこし協力隊もソルガム栽培には関わっていて農業についても学んでいます。


<奥様方が持ち寄ってくれた野沢菜の煮物>

食べ始めると途中から「昨年移住してきました!」という家族も飛び入りで参加をしてくれました。移住後の須坂市での生活について話を伺うと「買い物も便利」「拠点として大好きなスキー場にも1時間圏内でいろんな所へ行ける」「山々の風景を眺めながら散歩を楽しんでいる」と感想を話してくれました。

この日は少し冬に逆戻りしたような寒さを感じる日でしたが、おいしいひんのべ汁に人の温かさも加わって楽しいひと時を過ごしました。

次回は山の神キャンプ場からの風景が桜のピンク色に染まっているかもしれません。
ぜひ来月はいっしょに交流しませんか?お待ちしております!

★芋煮会は基本毎月第3土曜日に開催!詳細は地域おこし協力隊フェイスブックなどで事前に告知しますのでチェックしてご参加ください:p

山の神キャンプ場は須坂温泉古城荘から徒歩30秒!
http://kodama-forest-workers-nagano.com/camp/

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

:: 次のページ >>