信州須坂移住支援チーム

「須坂市に住んでよかった」 「須坂市に住んでみたい」と思える魅力的なまちを目指しています。

カテゴリ: 地域おこし協力隊

2018/08/06

先輩移住者に聞くVol.15/峰の原高原ペンションハーフトーンのオーナー長瀬聡さん

みなさんこんにちは。このコーナーでは須坂市に移住した先輩移住者にインタビューをして、須坂の暮らしはどういうものか、須坂のいいところ、苦労しているところを聞いていくコーナーです。今回は須坂市峰の原高原地区のペンションのひとつ、ペンションハーフトーンの二代目オーナーの長瀬聡さんにお話をお伺いしました。
◆2003年に埼玉県入間市から家族5人で移住

●ペンションオーナーになったきっかけ
埼玉県入間市の叔母は叔父に先立たれて一人暮らしをすることになり、それを機に一緒に暮らそうと考えました。
ただ、都会でのマンション暮らしも家族みんなが働きに出てしまうため、結局一人を残す生活になってしまします。
とはいうものの、老人ホームに預けるのは嫌だったので、みんなで商売を始めようということになりペンション業を始めました。

●須坂・峰の原高原で来て良かったこと、苦労したこと
ここに来て良かったことは空気がおいしいことと自分で好きなように仕事ができるということがいいですね。自分はスノーボードが好きなので近くにスキー場がある環境も良いですね。スノーボードがきっかけで奥さんとも出会えたし、たくさん仲間ができました。
苦労は今もしていますね(笑)。もっと稼ぎたい気持ちがあるのですが、自分はあまり体が丈夫ではないので、できるだけ苦労を感じないようにしています。

●須坂市・地域おこしへの提案
とにかく今の峰の原高原はマンパワーが減ってきています。ですので、人口を増やす対策を考えてくれたらと思います。三世代いる家族に税制優遇なんかがあればいいのかなと思います。そういったことをすると人口が増えたり、住みやすい条件になり人が集まりやすくなったりするかと思います。
また協力隊には住んでいると気づきにくい良いところがたくさんあると思います。そこをどんどん発信していってほしいし、それに対してどんどん積極的に動いて行ってほしいです。

●移住を希望する方へ
峰の原高原でペンションを始めるなら若いうちが良いと思います。峰の原高原の魅力は何といってもペンションと景色だと思います。特に6月は、峰の原高原が芽吹く時季のグレーがかった緑の景色が好きです。
春夏秋冬それぞれ一週間ずつ峰の原に来てみると、その良さが分かると思います。良いところ、悪いところ、賑わっている峰の原、閑散としている峰の原を感じてください。

(須坂市地域おこし協力隊  斉藤祐哉)

2018/07/19

ただいま!峰の原高原Vol.2 「草原を作ろう!」に参加して

Permalink 09:44:03, カテゴリ: 地域おこし協力隊  

皆さんこんにちは。須坂市峰の原高原地域おこし協力隊の古川です。
この記事では、私の峰の原高原での活動を通して、その魅力を皆さんに伝えていきたいと思います。

●イベントたくさん!峰の原高原
さて皆さん、峰の原高原では、1年の中で多くのイベントがあることを知っていますか?
ゴルフコンペ、プリンスオープンテニストーナメント、高原食堂、草原をつくろう。星空ミーティング、SUZAKA-Yonako falls SKY RACE、きのこ祭り、お菓子パーティ、槍に刺さる夕日撮影会などなど、楽しそうなイベントが盛りだくさんです!
それぞれがどんなイベントなのかを全部書いているとそれだけで終わってしまいますので、ぜひ峰の原高原観光協会のホームページをご覧ください。
ここでは最近あったイベント、「草原をつくろう!」について紹介したいと思います。

●草原をつくろう!
7月1日(日)に第4回目となる「草原をつくろう!」というイベントがありました。
このイベントでは、峰の原高原スキー場にある一部ゲレンデの草刈りや外来種の引き抜きを行い、失われつつある在来山野草の草原を保全することを目的としています。

草原とは、「草に覆われ、木がほとんどないような場所」と定義されています。さて皆さん、草原って身近にありますか?少し考えてみてください。「身近に草原があるよ」という人は少ないのではないでしょうか。日本の地理的条件や気候などを考えると、国内において草原は貴重な環境だそうです。そこでスキー場なのです。夏のスキー場に行ったことのある人はあまりいないかもしれませんが、冬にスキーのコースになっている場所は木が生えていないことは分かると思います。そうです、スキー場のコースこそが、草原となり得る場所だったのです。もちろん手入れはちゃんとしなければいけませんが。
峰の原高原は標高1500mという場所にあります。冬の厳しい寒さもそのためです。こうした環境の山野草は、須坂市街では見られないようなものが多いです。その中にはツキヌキソウやヤマシャクヤクといった貴重なものもあるんです。「草原をつくろう!」は、なんとかして夏場のスキー場を草原にし、貴重な植物を守っていこうという思いで始まりました。

このイベントでススキ刈りなどの作業を行う場所では、もともとスキー場の管理会社が植物の種が熟す前に一斉に草刈りをしていたため、徐々に植物の数が減っていってしまったそうです。貴重な植物もあるのに、これではまずい!ということで立ち上がったのが前回私の記事で紹介したMiNeの皆さんです。「自分たちの手で草刈りをするので、一部の場所だけは管理会社で草刈りをせずに残しておいてくれないか」とお願いしたわけです。これが「草原をつくろう!」のはじまりでした。自分たちの手で草刈りをすることで、毎年少しずつではありましたが、峰の原高原の在来山野草は増えていきました。しかし今度は、自分たちで遅い時期に草刈りをしていたら、その時期に強いススキが増えてきてしまったのです。これではススキが在来の山野草に勝ち、山野草はまた減ってしまいます。というわけでススキ刈りも行っています。こうして現在のイベント、「草原をつくろう!」につながっているのです。

イベント当日は、写真家兼音楽家のいがりまさしさんをお招きし、講演会と草刈りを行いました。いがりさんはウラジオストクの草原と日本の草原の比較や、貴重な植物の分布などについて話し、その中で峰の原高原は貴重な植物も多く、珍しい環境であることを教えてくれました。そして、このイベントのような草原保護の活動の重要性を説いてくださいました。お昼にはペンションのオーナーさんの手作りカレーを食べ、午後は写真撮影ワークショップです。なんとスマホのカメラでも参加可能でした。それぞれが持っているカメラについて簡単な設定方法から教えていただき、「この花はこういう色なので背景はこうしたらいい。この角度からとるとこう見えるから、こうする」などといったように、プロの目線で写真の撮り方も丁寧に教えてくださいました。最後には縦笛演奏のミニライブも行われ、天候にも恵まれた充実したイベントになりました。

9月2日(日)には、今回草刈りをした成果を見るイベントがあります。秋の山野草やお花の観察会です。ガイドもつきますので、気軽に参加してみてください。詳しくはホームページをご覧ください。
今回「草原をつくろう!」のイベントでは記念品としてポストカードと木製のしおりを希望者に差し上げました。しおりは私が作りました。ヒノキを加工したものなのですが、これは須坂市の技術情報センターにあるレーザー加工機を使用し、作成しました。このほか、プリンスオープンテニストーナメントの時も参加賞としてキーホルダーを作成しました。現在、様々なオリジナルグッズを企画、検討中です。峰の原高原に来てくれた方に少しでも思い出に残るようなものができれば、と考えています。

●終わりに
「草原をつくろう!」のほかにも、今年もまだまだイベントがあります。みなさんもぜひ峰の原高原に来てみてください。
次のイベントは8月11日の星空ミーティングです。標高1500mから見る星空は圧巻ですよ!涼しい峰の原高原で星空を見た後はペンションに宿泊し、夏の一日を涼しくゆったりと過ごすというのもおすすめです。峰の原高原の様子はホームページやTwitter(@minenohara)、Facebook(峰の原高原観光協会)、Instagram(suzaka_minenohara)などで見ることができます。興味のある方はぜひ一度覗いてみてください。

(須坂市地域おこし協力隊 古川広野)

2018/07/05

豊洲フルーツハリウッド農ガール物語vol.2『おばあちゃんの言うとおり』

こんにちは。2017年6月から須坂市豊洲地区で活動している地域おこし協力隊の成田あゆみです。
私が活動している豊洲地区は長野県でも有数の果樹地帯です。
豊洲地区に嫁ぎ農家となって活躍する魅力的な女性を紹介します。
今回は、須坂市小河原町に住んでいる丸山希代子さんにお話を聞きました。

希代子さんは長野市出身で、ご実家は市街地であめ工場を営んでいたそうです。
同じ長野県とは言え、農業に全く携わったことのない女性が、どのようにして暮らしてきたのでしょうか?
そもそものきっかけは、やはりご主人との出会いでした。
会社員として勤めていたころに友人の紹介で知り合ったそうで、当時はご主人も会社勤めをしていたため、ごく普通のサラリーマンだと思っていました。
しかし、お付き合いをしているうちに、ご主人の実家が農家で、ゆくゆくは後を継ぐということを知りました。
そんなとき、ふと希代子さんの脳裏に「農家の嫁になれば幸せになれる」という祖母の言葉がよぎったそうです。希代子さん自身も農家に興味を持っていたこともあり、ご主人と結婚して豊洲地域にある小河原町へと嫁いでくることになったのです。

●農家に嫁いで苦労したこと、驚いたことはありますか?
結婚してすぐに長男を授かり、またその後続けて2人目、3人目も生まれたため、しばらくは農作業に携わることはなかったそうです。そのため、当時は大きな生活の変化はなく、特に何か苦労したという記憶はないそうです。
ただ、嫁いできて驚いたのは家族の畑での作業時間がとても長いということで、朝早くから夜は暗くなるまで作業していることに、こんなに働くのかと衝撃を受けたといいます。
さらにその後、長男が2歳の秋に来た台風で強風が吹き荒れ、畑のりんごがたくさん落ちてしまったときのことが忘れられないそうです。
その後も強風被害はあったけど、あの時が初めての被害だったということもあり、大きく育ったりんごが無残にも地面に落ちているのを見た時の衝撃が忘れられないといいます。
これが、農家なんだと、どんなに家族で丹精込めて作っても気候次第で収穫出来なくなることもあるんだと、その時に農家の大変さを実感したそうです。
その後育児が一段落したのを機に農作業に参加するようになりました。そうして農作業に深く携わるようになると、今度は土づくりやりんごの摘果などの作業が難しく、それらを覚えるのには苦労したそうです。

●農家に嫁いで楽しかったこと
希代子さんは、自分が実は農作業が好きだということに、嫁いできて気づいたといいます。
子どもたちと過ごす時間も大切で大好きだけと、同じくらい農作業も楽しいのだそうです。
「体が2つあればどちらも楽しめるのに」と残念そうに言っていたのが、なんだかかわいらしくて印象的でした。
現在は義両親が農業を引退したので、旦那さんと2人での作業で、畑もたくさんあって忙しいけれど、やっぱり楽しいのだといいます。
「おばあちゃんの言うとおり、農家に嫁いで幸せ」だそうです。

●今後は何をしたいですか?
現在、一部の販路を直接販売にしているそうですが、数年後お子さんが成長しゆとりができたらこれを広げていき、他にも産直やりんご狩りもやりたいといいます。
今ある直接販売の販路は以前少しやっていたりんご狩りのお客さんから広がった顧客だそうです。
長くお付き合いのある方ばかりだそうで、忌憚のない意見も頂けると言い、とても大切になさっています。
やはり直接やり取りすることで得られる満足感は何ものにも代えがたいのだそうです。
そして、果物が好きな子供たちのために安心して食べられる果物をこれからも作り続けていきたいそうです。

これで希代子さんのお話は終わりです。いかがでしたでしょうか?
年下の私が年上の女性に対してこんなことをいうのは失礼かもしれませんが、とてもかわいい人だなと思いました。

次回も豊洲で活躍する素敵な女性農家さんを紹介したいと思います。

(須坂市地域おこし協力隊 成田あゆみ)

2018/06/20

須坂市地域おこし協力隊 藤井啓太の『長野☆GaRons物語』vol.2

「長野☆GaRons 13番」

須坂市地域おこし協力隊の藤井啓太です。
広島県に生まれ愛知県名古屋市内の大学を経て須坂市に移住しました。
現在、市役所の生涯学習スポーツ課でスポーツ振興の活動と、長野☆GaRons(ながのガロンズ)というバレーボールチームの一員としてプレーをしています。
長野☆GaRonsは、須坂市を活動拠点とする男子バレーボールチームで、2018年から始まる新リーグでは「V2リーグ」への参戦が決定しました。
このコーナーでは、私の所属する長野☆GaRonsのメンバーにいろいろな話を聞いて紹介します。
今回は、チームで唯一私と同い年の土倉進太郎選手に話を聞いてみようと思います。

・名 前 : 土倉 進太郎
・年 齢 : 24歳
・出 身 : 長野県(飯綱町)
・ポジション: セッター、センター



●現在のお仕事は?

「現在は、高校教師をしています。また、部活もバレー部を見ており、指導もしています。自分もプレーをしながら高校生に教えているので、教える中で新たな発見等があり、生徒の為にもなり自分の為にもなるので、面白いです。高校の教師ということで、練習や試合にもなかなか出れませんが、生徒に教えるという立場でするバレーも楽しいです」

●ガロンズに入った理由
「私は、出身高校が長野日大付属高校で、同じ高校の先輩が何人もガロンズに所属しており、その先輩を通じて入団しました。藤井選手と同い年ですが私の方が先に入団したので先輩です(笑)」

●ガロンズはどんなチーム?
「そうですね。やはりみんな県内の選手ということで仲が良いチームですね。まあ、藤井選手は県外出身ですけど(笑)。最年長者と最年少者同士でも、よそよそしい感じもないし、遠征等に行くと、みんなで一緒にご飯を食べに行ったりしています。また、仲が良いだけではなく、練習の組み立てや指導も選手同士で厳しく行っています」

●これからの目標
「今年から、ガロンズは一つ上のリーグに参加することになったので、まずはホームゲームでしっかりと勝利することです。私は試合に出れるかわからないのですが、試合に出ている選手だけではなく、ベンチにいる選手・スタッフ・観客の皆様と一緒になって勝てるようなチームになっていきたいです。また、私は高校バレーも見ているので、生徒達が試合で勝てるようにいろいろ工夫を凝らしてしっかり指導していきたいです。ガロンズの一員として、また部活のコーチとして、両方を掛け持ちしながらは大変ですが、自分のできることは当然のこと、周りの人に言われたこともちゃんと取り入れ、精一杯頑張っていこうと思います」

☆長野☆ガロンズのホームページはこちら
https://garons.jp/

(須坂市地域おこし協力隊  藤井啓太)

2018/06/05

先輩移住者に聞くVol.14/峰の原高原ペンションErste Liedeのオーナー木村信貴さん

みなさんこんにちは。このコーナーでは須坂市に移住した先輩移住者にインタビューをして、須坂の暮らしはどういうものか、須坂のいいところ、苦労しているところを聞いていくコーナーです。
今回は須坂市峰の原高原地区のペンションのひとつ、昨シーズンからペンションErste Liede(エアステ リーベ)のオーナーをはじめた木村信貴さんにお話を伺いしました。
◆2017年12月に福井県から奥さんとお子さん2人(小5、5歳)と移住

●ペンションオーナーになったきっかけ
これまでは10年間、隣の菅平高原に冬場の3ヵ月だけスキーのインストラクターとして働き、夏は地元の福井に戻りゴルフ場で働く生活をしていました。
その後、結婚もしたし、子供もできたのでスキーをやめるか、続けるかの選択を迫られることになりました。考えた結果、スキーを続けようと思い、続けるならどういった形で続けられるのか、ずっと考えていました。
ひとつは地元福井のスキー場で働くか、もう一つは峰の原高原に住むという選択です。菅平高原で働いていたので、峰の原高原の人たちとも親交がありました。ですので、こっちに来てみようかと相談したところ、たくさんの人が話を聞いてくれて、空きペンションを紹介して下さったり、ゴルフ場で働いてもいいじゃないかとかいろいろアドバイスをいただいたりしました。
最終的に峰の原高原に住むという選択をしました。
思ったより独立心が高かったのか、ゴルフ場で働くのは面白くないなと思い、それならせっかく峰の原高原住むなら自分でペンションをし、冬はスキーをするという生活をしたいと思ったのがきっかけです。

●須坂・峰の原高原で来て良かったこと、苦労したこと
峰の原高原は時間がゆっくり流れているところが良いですね。
ここに来る前までスキーをするのにも時間もお金もかかっていました。
朝6時から夕方5時までゴルフ場で働いて夜6時からバイトをするようなてんてこ舞いな生活でした。
ここに住んでからはゆっくり自分のペースで時間を使えるのが良いですね。
また、前から知っていた人はもちろん、来てから知り合った人もペンションの改修やペンションの仕事などでたくさん手伝っていただきました。そういうあたたかいところも良いですね。
逆に大変だったのは前のオーナーさんがペンションの管理が適当だったのか結構直すところが多く時間もかかっています。

●須坂市・地域おこしへの提案
協力隊にはもうちょっと峰の原高原の細かい情報を知っていてもらいたいですね。
どこが空きペンションで、どこのペンションが売りに出されているのかを把握してもらいたいです。
たとえば、今住んでいるペンションを売りたいという人がいて移住を希望する人とその人で直接売買交渉ができる架け橋かなんかがあれば良いですね。
須坂市に対しては移住してくる人に対して補助金をもうちょっと出してあげた方がいいと思います。
自分はペンションを開くので、店舗を開店するのに出される補助金を使うことができたのですが、これがもし店舗を開かず、ただ住むだけだったら大変だと思います。

●移住を希望する方へ「絶対後悔しない場所」
来たいと思ったら来た方がいいと思います。
どういった仕事があるのかと思いますが、来れば何かしらの仕事はできるので、例えば菅平もそうですし、冬の仕事もそうですし、ペンションやるやらないに限らず、須坂や上田で仕事するにしろ来ようと思ったら来てみて少しの間泊まってみるとかしたほうがいいと思います。
もし、いきなり来て住むとしても峰の原高原は絶対後悔しない場所だと思います。

(須坂市地域おこし協力隊  斉藤祐哉)

:: 次のページ >>