信州須坂移住支援チーム

「須坂市に住んでよかった」 「須坂市に住んでみたい」と思える魅力的なまちを目指しています。

カテゴリ: 地域おこし協力隊

2021/05/06

須坂おもしろ人物記vol.14「自分の山の間伐材で自分で建てたログハウス」

★自身で育てた間伐材でのログハウス作りに,学生との交流の場の提供も!楽しみが尽きない自由人

こんにちは!地域おこし協力隊の宮島麻悠子です。
須坂で活躍している方へのリレーインタビュー、今回は篠塚久義(しのづかひさよし)さんです。

宮島:ここはログハウスですか?もしかしてご自身で建てたのですか?

篠塚さん:そうそう。うちの山の間伐材で、平成4(1992)年に自分で建てたんですよ。春先に間伐して、冬が来る前に出来上がった。この他にも6〜7軒建てたかなあ。他には平成5(1993)年に東中学校の前のバス停も間伐材で建てたんだよ。


<インタビューを行ったログハウス⋆テーブルの下にはストーブがあって、とても暖かい>

宮島:材料からご自身で育てたとは、すごいですね!どうしてログハウスを作ろうと思ったのですか?

篠塚さん:あれは平成2(1990)年4月28日、仕事で長野市に通っていた時、ラジオで「私は山小屋を3つ持っていてどうのこうの」っていう話を聞いて、うちにある間伐材を腐らせるくらいなら自分でも作ってみようと思って。専門的なことを人について教えてもらうのが嫌いだから、チェーンソー1丁で手を動かしながら作っていったよ(笑)


<これまでに篠塚さんが建てたログハウスの一部>


<仁礼地区・東中学校前のバス停>

宮島:それでできてしまうのがすごいです!それにしても、間伐材がたくさん出るんですね。

篠塚さん:うん。人の手で植林した山は適度に間伐しないと、木が密集しすぎてしっかり根が張れなくなって太い木に育たなかったり、土砂崩れの原因になるんだよ。それに、老木と若木ではCO2の分解能力も全然違うし。今は価格の安い輸入材がたくさん入ってくるようになって、国産材があまり使われなくなっているけど、材さえ選ばなければ国内の木材の需要を賄えるくらい日本には木材がたくさんあるんだよ。

宮島:なぜこんなに日本の林業は廃れてしまったのでしょう?

篠塚さん:やはり林業にかかる人件費の高騰と、輸入材による価格破壊でしょう。間伐のコストは上がって行くのに、国産材の値段は変わらないどころか価格競争で下がっていった結果、林業をやればやるほど赤字になってしまうようになった。今や国や自治体の補助金(間伐にかかった費用を補助する等)なしでは林業が成り立たなくなってるんだよ。

宮島:そうなんですね。でも本当は輸送のコストやそれにかかるエネルギーを考えると、国産材を使った方が良さそうですよね。

篠塚さん:木材でも食材でも地産地消が一番いい。でもみんな「要るもの」より「欲しいもの」を買ってしまう。その土地で育った木材はよそから持ってきた木材よりずっと長持ちするし、生まれ育った場所で採れた食べ物が身体に合わないことは中々ないと思うしね。

宮島:もっと安く、もっと早く、もっとたくさん、を追い求めすぎると、どこかで無理が生じてしまうんですね。ところで、篠塚さんが持っていらっしゃる古民家を蔵の町並みキャンパスの題材として提供されているんですね。

篠塚さん:東京にある文化学園大学との「古民家再生プロジェクト」は2010年からやっているよ。4泊5日で地元の職人さんの指導のもと、座敷の床を張り替えたり、土間の補修をしたり、台所を拡張してきれいにしたり。他、郷土料理を一緒に作ったり、逆に大学の方から天然染色の仕方を教えてもらったりと、地元の方と交流する場を設けています。今もプロジェクトに参加した元学生が訪ねてきてくれたり、交流が続いているのが嬉しいね。


<古民家再生プロジェクトで学生が改修した座敷と台所>


<縁側も学生が制作した>

宮島:素敵ですね!交流といえば、仁礼の公会堂で交流会を主催されているとか。

篠塚さん:「仲良く話しやんしょう会」というカフェを平成28(2016)年頃から2ヶ月に一度開催していました。ここ最近はコロナの影響でやれてないんだけどね。参加費500円で、自分で作ったお米や穀物を使ってひんのべ等の郷土食を作り、寄り合って話しをする会。(前回インタビューした)山上さんがきっかけで結婚した木島平村の女性がやっていたカフェが大元で、分家みたいな感じ。地域の人や古民家再生プロジェクトで関わった学生、地域おこし協力隊など、色んな人が交流できる場なんだ。落ち着いたらまた再開したいと思ってるよ。

宮島:楽しそうですね!最後に、人生において大切にしていることは何ですか?

篠塚さん:一番は誠実・人に嘘をつかないこと・人に親切にすることかな。あとは生きる楽しみを持ち続けること。どんなエリートでも、定年したらただの人。そうなった時に幸せでいられるかどうか。子どもや学生と関わるのが楽しいし、地域の歴史文化を案内するために仲間と古文書の勉強をしているのも面白いよ。


<心に残った言葉を書き留めている>

宮島:生きる楽しみを持ち続けていたら、暇つぶしする暇なんてありませんね(笑)たくさん楽しいお話をありがとうございました。

--------------
篠塚久義 
TEL 026-248-3299
--------------

さて、2018年10月からスタートしたこのリレーインタビューも今回で最終回となりました。私の人見知りが原因で(ほとんど信じてもらえないけれど笑)次にインタビューする方を紹介してもらう形式で始めましたが、思いも寄らない方向へと広がり、楽しい出会いがたくさんありました。これまでインタビューを受けてくださった方、記事を読んでくださった全ての方へ感謝申し上げます。

ありがとうございました。

★バックナンバーはこちらのサイト内でもご覧いただけます
The secrets of SUZAKA 信州・すざかのないしょ話

(須坂市地域おこし協力隊 宮島麻悠子)

信州須坂で健康ぐらしvol.4「鼻呼吸で元気いっぱい」

Permalink 14:20:24, カテゴリ: 地域おこし協力隊  

みなさま、こんにちは。須坂温泉古城荘で活動している地域おこし協力隊の伊藤です。

3月末から4月下旬までのほぼ1か月間、須坂市内のあちこちでお花見を楽しみました。
市内には、桜の名所が数多くあり、また、桜の種類が多く、標高差もあるため、長い期間いろいろな桜を楽しむことができます。


<4/25須坂温泉古城荘の八重桜>

桜もそろそろ終わりかなぁという時期からは、桃、リンゴや梨などの果物の花が咲き始めました。
そして今、季節は新緑。


<4/25りんごの花>


<4/13千曲川河川敷の桃の花>

須坂は自然豊かですので、里山や公園、川沿いなどにも緑がいっぱいあります。
緑に囲まれて思いっきり深呼吸をすると、気分がリフレッシュできて、そんな素敵な場所が身近にあることをうれしく思います。


<4/20もみじの花/坂田山共生の森>

突然ですが、みなさん、息を吸ってみてください。
口から吸いましたか? それとも鼻からですか?

普段あまり意識をすることがないかもしれない「呼吸」ですが、呼吸するときは、鼻から吸うことがおすすめです。
それは、鼻腔の鼻毛や粘膜が、細菌やほこりが体内に入らないように守ってくれるからです。
また、毛細血管が空気をあたためて加湿してくれるので、ウイルスが生存しにくい環境となります。
さらに、副鼻腔が生産する一酸化窒素が空気と混ざって肺に運ばれることで、血管がやわらかく広がり、肺での酸素の取り込みがスムーズになります。
全身の血流もよくなり、血管を若々しく保つことにもつながり、鼻呼吸はいいことだらけです。

マスク生活になってから、もう1年が過ぎました。
マスクで隠れた口元は、人に見られることがないため、いつの間にか緩んでいて、口呼吸をしている方が多くなっているようです。
口呼吸より、鼻呼吸!

これからどんどん気温が上がり、過ごしやすい季節になっていきます。
気候のよい日は、新緑のもとでおいしい空気をいっぱい吸って、毎日を元気に過ごしていきましょう。


<4/27須坂温泉古城荘 本館廊下から>

須坂温泉古城荘

https://kojousou.co.jp/
長野県須坂市日滝5414
TEL026-245-1460

(須坂市地域おこし協力隊 伊藤真弓)

2021/04/20

信州須坂で健康ぐらしvol.3「自然の音でリラックス」

Permalink 10:10:25, カテゴリ: 地域おこし協力隊  

みなさま、こんにちは。
須坂温泉古城荘で活動する地域おこし協力隊の伊藤です。

4月上旬のよく晴れた暖かい日に、臥竜公園や坂田山共生の森など、市内のあちこちにお花見に出かけました。
たくさん歩いたあと、百々川河川敷の芝生の上でごろ~んと横になりました。
太陽が眩しくて目をつぶると、川の流れの音が耳に入ってきて、とても心地よく感じました。

そういえば、さっき鳥の声を聞いたときも、風で葉っぱが揺れる音を聞いたときも、心地よかったなあと思い出し、須坂は自然が豊かで、日常の生活範囲内でも自然の音を聞くことができる場所がたくさんあるなあと、とても幸せな気持ちになりました。

みなさんも、川のせせらぎ、波音、鳥のさえずりなど、自然の音を聞いて、心地よさや安らぎを感じた経験をお持ちではないでしょうか。
それは、いつのこと、どんな音でしたか?


<須坂温泉古城荘にある神社前広場から見あげる空>

自然の音は、どれも一定に近いリズムのようですが、実は不規則なリズムが混在しています。
規則的なものと不規則なものが調和した状態が「1/fゆらぎ」で、この「1/fゆらぎ」が人に心地よさを感じさせてくれるといわれています。

心臓の拍動や血圧、呼吸のリズムなど人の生体リズムも「1/fゆらぎ」を持っています。
外界からの「1/fゆらぎ」を感知すると、生体リズムと共鳴し合い、自律神経が整えられ、 精神が安定し活力がわくと考えられています。


<4/6千曲川河川敷>

自然界の音だけでなく、クラッシック音楽、焚火、ろうそくの炎のゆらめき、電車の揺れなども、「1/fゆらぎ」を持っています。
電車で眠くなるのは、あの揺れが人に心地よさを与えてくれているからなのですね。

春は、気候はもちろんのこと、新しい職場や学校、新しい仲間など変化が多く、心身の疲労がたまりやすい時期です。
ちょっと疲れを感じたら、ご自身が心地よいと感じる「1/fゆらぎ」を持つものを聴いたり、眺めたりしてみましょう。
心が落ち着き、自然とリラックスできますよ。


<4/3臥竜公園>


<臥竜公園のあずまやに設置されています、かわいいイラスト&それぞれの鳥の鳴き声も!>

【目や耳を通して人が気づき、それが心地よく感じられる事象の一例】
・小川のせせらぎ ・木々のそよぐ音 ・雨の音 ・波の音
・小鳥のさえずり ・虫の声 ・クラシック音楽 ・ヒーリング音楽
・森の中の木漏れ日 ・蛍の光 ・ろうそくの炎 ・焚火 ・暖炉の炎 など

須坂温泉古城荘

https://kojousou.co.jp/
長野県須坂市日滝5414
TEL026-245-1460

(須坂市地域おこし協力隊 伊藤真弓)

2021/04/05

信州須坂で健康ぐらしvol.2「片足立ちチャレンジで春を楽しみましょう」

Permalink 10:30:36, カテゴリ: 地域おこし協力隊  


みなさま、こんにちは。
須坂温泉古城荘で活動する地域おこし協力隊の伊藤です。

3月下旬は暖かい日が続き、須坂市の臥竜公園では、3月29日に記録の残る中で一番はやいソメイヨシノの開花宣言がありました。この記事が発信される頃は、もう満開になっているのではないでしょうか。
須坂市内には桜の名所・名木が主なものだけでも37か所もあり、臥竜公園だけでも24種類の桜を見ることが出来ます。
桜の種類によって、見ごろになる時期が違いますので、毎日発信される須坂市のFacebookの情報、桜の観光マップやウォーキングマップを参考にしながら、まだもうしばらくの間、あちこちの桜を楽しめそうでわくわくしています。

☆3/31坂田山共生の森にて

☆3/30百々川沿いにて

ところで、これは何の数値だと思われますか。
20代:20秒~60秒
30代:15秒~55秒
40代:10秒~40秒
50代:7秒~25秒

これは、「閉眼片足立ち」をどれぐらいの秒数できるか、の年齢別の目安です。
「片足立ち」はバランス能力をはかる指標になります。
バランス能力が低下する理由には、脳や脊髄神経の機能、視力や聴力、骨や関節の動きや筋力など、さまざまな要素が関係していますが、バランス能力が低下すると、転倒しやすくなってしまいます。

「閉眼片足立ち」のやり方
※転倒しないように、頑丈なテーブルや壁のそばなど、つかまるものがある場所で行ってください。
1.姿勢を正して真っ直ぐに立つ
2.腰に手を当てて、両目閉じる
3.片足のひざを曲げて床から離す
床についている足が少しでもずれたり、上げた足が床についた時点で終わりです。

みなさんは何秒できましたか?
すぐにふらついてしまった場合は、目を開けて行うと、やりやすくなります。

「片足立ち」は、バランス能力を高めるだけでなく、体幹から下半身にかけての筋肉を鍛える効果もあります。
いつでもどこでも気軽にできる「片足立ち」を取り入れて、バランス能力、筋力アップした軽快な足取りで、春の桜や初夏の緑を楽しむウォーキングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

須坂温泉古城荘

https://kojousou.co.jp/
長野県須坂市日滝5414
TEL026-245-1460

(須坂市地域おこし協力隊 伊藤真弓)

2021/03/22

信州須坂で健康ぐらしvol.1「人生初ふきのとう味噌を作りました」

Permalink 14:15:08, カテゴリ: 地域おこし協力隊  


みなさま、こんにちは。
2020年12月に千葉県から移住した須坂市地域おこし協力隊の伊藤です。

これまで健康管理の仕事に20年以上携わってきた経験を活かし、今回から記事を掲載させていただくことになりました。
題して「信州須坂で健康ぐらし」
須坂市に移住して体験したこと、感じたこと、考えたこと、これまで学んだことなどをもとに、みなさまの身体と心の健康づくりに役立つ内容をお伝えしていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。

あちこちで春の花が咲き始め、春らしさを感じる今日このごろ。
先日、私が活動している「須坂温泉古城荘」の売店に、「ふきのとう」が入荷しました。

早速購入して、人生初、ふきのとう味噌を作ってみました。
ふきのとうを刻んで、炒めて、味噌・みりん・砂糖で味付けするだけと、とても簡単に調理できて驚きました。
ほろ苦さがたまらなく美味しかったです。

ところで、「春の皿には苦みを盛れ」という言葉をご存じでしょうか。
「春には苦いものを食べよ」という意味ですが、なぜ春に苦いものを食べるとよいのでしょうか。

それは、春の苦味は、この時期の身体に必要な栄養素を含んでいて、健康維持にとても役立つからです。

独特の苦味や香りがある山菜や春野菜には、「植物性アルカノイド」や「ポリフェノール」、「ミネラル」が豊富に含まれています。
この「植物性アルカノイド」や「ポリフェノール」には、冬の間に体内に溜まった老廃物や脂肪を排出し、新陳代謝を高める働きがあります。
苦味や香りを含んだ山菜や春野菜を食べることで、冬の間に溜め込んだ不要なものの排泄を進め、冬の体から春の体へ変化させ、活発に動いていく準備をすることができます。

須坂に住んでいる方の口からは、すらすらとたくさんの山菜の名前が出てきます。
そして、様々な調理方法を教えてくださいます。
旬の山菜、春野菜が当たり前のように身近にある生活、なんと羨ましいことでしょうか。

みなさまも、旬の山菜や春野菜を食べて季節を楽しみ、元気な体をつくっていきましょう。

<主な山菜>ふきのとう、うど、たらの芽、こごみ、ぜんまい、わらび、たけのこなど
<主な春野菜>菜の花(なばな)・春キャベツ・アスパラガス・セロリ・スナップエンドウなど

(須坂市地域おこし協力隊 伊藤真弓)

:: 次のページ >>