信州須坂移住支援チーム

「須坂市に住んでよかった」 「須坂市に住んでみたい」と思える魅力的なまちを目指しています。

2019/06/20

須坂おもしろ人物記vol.4「真摯にお客さんと魚に向き合う鮮魚店主」

インタビュー第三号は、鮮魚店「坂詰商店」のご主人「坂詰久さん」です。

●創業130年以上の老舗鮮魚店

宮島:まずはお店のことをお伺いしたいと思います。
坂詰商店さんは創業して130年以上の鮮魚店とのことですが、ルーツはどちらなのでしょう?

坂詰さん:もともとは新潟の方から魚の行商に来ていた人が定着したのが始まりだと聞いています。自分が知っている中で一番古い人はひいおじいちゃんですね。長野県は海が無いから、北信で鮮魚店をやっている人はだいたい上越の方から来ているんですよ。


その日の朝仕入れたばかりのみずみずしい魚介類

宮島:小さい頃から鮮魚店で育ってきて、魚には興味はあったのですか?

坂詰さん:鮮魚店自体にはさほど興味は無くて、料理の方に関心がありました。でも結局料理の道には進まず、高校を出てすぐ上田の市場で働きました。1年目は青果で、2~5年目は鮮魚を担当し、現場で魚の目利き、流通などについて学びました。魚自体食べるのは好きですし、水族館も好きですよ。でも「これは脂がのってそう」とか「これは大きすぎてダメだな」とか、普通の人とは違う視点で見てしまいます(笑)

宮島:魚屋さんは見るところが違いますね!坂詰さんの好きな魚ベスト3を教えてください。

坂詰:1番は穴子、2番はイカ、3番はコハダ 
お寿司が好きなんです(笑) 穴子とイカは天ぷらも美味しいですね。
マグロは部位やモノによって善し悪しが激しいので、あまり上位ではありません。

●スーパーやコンビニが乱立する状況の中、鮮魚店が提供できる価値とは?

宮島:仕事する上で大切にしていることは何ですか?

坂詰さん:・第一は健康管理ですね。休めないので(笑)
・第二に情報収集。うちは取引の8割は飲食店への卸なのですが、今どんな魚の水揚げが多いか、これからどんな魚が市場に出てくるか、この魚はどこでどんな方法で捕られたか、価格の見込み、市場が休みになる年末年始やお盆のスケジュール、天気の変動には細心の注意を払って、最新の情報を取引先へ提供するよう心がけています。新鮮で質の良い商品を届けるのは当たり前。お客さんが欲しい情報を先回りして提供し、「かゆいところに手が届く」コミュニケーションができることがうちを使う「価値」だと感じてもらえるように。
・第三にお客さんとのコミュニケーション。配達に伺う時は必ず卸した商品の評価を尋ねるようにしています。「自分ではあまり自信がないのですが」と言いながら卸した商品が意外に良いこともありますし、逆の場合もあります。市場で働いていた間も魚の目利きは学んでいましたが、同じくらい日常の取引で学ぶことも多いです。

宮島:これからやりたい事はありますか?

坂詰さん:店を完全に鮮魚専門店にしたいですね。現状は鮮魚の他にも食料品全般を取扱っていますが、コンビニやスーパーが周囲に増えている中で同じような商品を売り続けるより、鮮魚に特化して差別化を図りたいと考えています。

宮島:須坂のいいところは何ですか?また、これからの須坂に期待することは?

坂詰さん:いいところは、まちを良くしようと頑張っている人が多いところ。そして個性的で面白い人も多いですね。期待することは、古くからの建物や文化が受け継がれながら「住みやすいまち」であること。須坂は近代化されるべき場所ではないですし、いわゆる観光地とも違うように感じます。臥竜公園や米子大瀑布などの素晴らしい自然はたくさんの人に知ってもらいたいですが、あくまでも住む人が「心地よい・ここに住んでいてよかった」と思えるまちであることが大事だと思います。

宮島:そうですね、まずはここに住んでいる人が幸せになって、それを魅力だと思う人が外部から訪れる、というのが本来の姿なのではないかと思います。貴重なお話をありがとうございました!
次にインタビューする方をご紹介いただきたいのですが、どなたが良いでしょう?

坂詰さん:お寿司・日本料理店「松風」の丸山敦史さん。こちらも創業100年以上の老舗です。彼は3つ年下なのですが自分のスタイルを持ってお店をやっている印象ですね。

宮島:ありがとうございます。というわけで次回はお寿司・日本料理店「松風」の丸山敦史さんに決定しました。次回もお楽しみに!!

(須坂市地域おこし協力隊 宮島麻悠子)

2019/06/05

移住支援よもやまばなしvol.36「須坂の初夏の風景」

Permalink 19:31:15, カテゴリ: よもやまばなし  

「日焼け止めを塗っても塗っても汗で流れて日に焼けてしまうくらい暑い」と
畑作業に精を出す地域おこし協力隊の感想がフェイスブックに綴られていた
6月に入り入道雲の出現や気温30度越えの暑さが夏の到来を思わせる
果樹畑では潅水用のスプリンクラーから勢いよく水がまかれ
飛んでくる水しぶきに朝陽が当たりきれいな虹をつくっている
今朝の犬の散歩では道路まではみ出した放水でびしょびしょになった
遠くからは消防団のラッパ吹奏のキビキビした音色が聞こえ
今週末開催される大会に向けて仕上げの段階にあるようだ
いよいよ須坂にも夏が近づき来週末からは東京や大阪名古屋で移住相談会が続く
すばらしい須坂の自然や地域の文化を移住希望者の皆さんにお伝えしたい

(信州須坂移住支援チーム 加藤広明)

須坂★暮らしサポート情報『新生活運動ってご存知ですか?』

Permalink 12:54:46, カテゴリ: 暮らしサポート情報  

~明るく健康で住みよい社会を目指す無駄な出費を抑えた合理的な運動~

移住を希望される皆さんから受ける相談の中に、地域の方々とのお付き合いについてご質問が多々あります。いざというときに困らないため、知っておくと便利な暮らしの情報の一つとして、須坂市で推進している「新生活運動」についてご紹介します。

●戦後始まった生活改善を目指す運動です
「新生活運動」は戦後に誕生した取り組みで、冠婚葬祭の簡素化や衛生環境の向上を目指そうと政府が国民に呼びかけたことで始まりました。生活の無駄や見栄をなくし、虚礼的な贈答はやめて生活を簡素にしよう、また経費の削減に努めようという運動です。ご近所など身近な方々へのお祝いや病気見舞い、葬儀の香典などについてそれぞれ金額を決め、お返しはもらわないといった取り決めの他、お礼を口頭またはハガキで行うなどがあります。
特に須坂市民に浸透していると感じるのは葬儀の香典かもしれません。
全国的な取り組みで始まった運動ですが、須坂市では昭和49年に始まりました。
現在は須坂市役所市民課内に新生活運動推進委員会事務局を設置し対応しています。
定着していますが全国的には珍しいかもしれません。

<須坂市が行っている運動の内容>

※2と3に関しては新生活運動推進委員会で印刷したお見舞い袋、香典袋、見舞返礼はがきを実費でお譲りします。(各10円/枚)


印刷されている物が購入できます


【取り扱い場所はこちら】
•須坂市役所 市民課(夜間、土・日曜日は宿直室)
•中央公民館、各地域公民館
•旭ケ丘ふれあいプラザ
•仁礼コミュニティセンター

葬儀に関しては故人との関わりが薄い場合は新生活運動を選ぶ方が多いですが、もし判断がつかなければ参列する予定の方に聞いてみるのもよいと思います。でも、千円の決まった金額で故人とのお別れに参列できることは、余計な悩みを抱くことなく気持ちにもゆとりを持って心からの参列ができるのではないかと思います。


「生活改善」という表示が新生活運動の香典をお持ちの方の受付になります

そのほかにも新生活運動には留め袖や喪服などの衣装の貸し出しがあります。
詳しくは須坂市ホームページをご覧ください
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/item.php?id=59028ca7cde02
【問い合わせ先】須坂市新生活運動推進委員会 事務局
市民環境部市民課 TEL:026-248-9002

◆おわりに
須坂市で生まれ育った市民であれば、親の話や行動を見て新生活運動を知る人は多いと思います。逆に隣接する市町村の方の葬儀に参列する場合、新生活運動が取り入れられていない地域もあるので気遣いは必要になります。毎日の生活の中で必要なことなので「いざ」というときに慌てることがないよう、移住先でも地域の方と上手に関わりながら情報を収集することは必要なのかもしれません。

                   
★その他の暮らしサポート情報はこちらをご覧ください

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

須坂温泉の愉快な仲間たちvol.4「須坂に移住して40年!料理長の木葉原嘉昭さん」

地域おこし協力隊の早川航紀(はやかわこうき)です。
今回も、私の地域おこし活動の拠点「須坂温泉古城荘」を舞台に魅力ある様々な人を紹介していきます。第三今回は料理長の木葉原嘉昭さん。好きな食べ物はラーメン、チョコレート。

●元々は長野県の飯山市出身。須坂に移住した理由、住み心地を教えてください
当初親方との修行で転々と白樺湖などの観光地を回り、約40年前に須坂に移住、須坂を拠点に活動を始めました。約20年前より須坂温泉の料理長として今も現役でお客様の料理を作り続けています。須坂市は長野県の北信エリアの中でも雪が少なく、冬もそこまで寒くない為、住み心地が良いです。果物も有名ですが、水も悪くなく、米や野菜をつくっている農家さんも多く、味も良いです。一番気に入っているのは自然豊かで穏やかなところ。須坂に住む人々もせわしくなく、穏やかです。

●この地区でオススメの美味しいものを教えてください
今(5月下旬頃)が旬の「根曲竹(ねまがりたけ)」はとても美味しいです。信州味噌を塗って焼いて食べるもよし、この辺の定番の食べ方ですがサバの水煮缶と炊き込んだ味噌汁もオススメします。一番は山にサバの水煮缶を持っていき、採れたての根曲竹で作ると絶品ですよ。

●須坂温泉で提供される料理へのこだわりを教えてください
旬のもの、地元産のもので優先的にメニューをつくることでお客様に季節感や須坂ならではの味を楽しんでもらえるよう工夫しています。今の時期(5月下旬)はふき味噌、こしあぶらの天ぷらなど山菜メインです。須坂温泉を利用いただける地元のお客様には北陸から直送した新鮮な魚介類を、観光で利用いただけるお客様には地場産のものを多くつかうなどお客様のニーズによってメニューを考えています。

●2019年4月には厨房が新しくなり、本格的にランチメニューが始まりました!
オススメメニューを教えてください

どれもオススメですが、看板メニューは須坂特産の味噌を使った「みそラーメン」です。須坂の中村醸造場さん、糀屋本藤醸造舖さん、千日味噌さん(糀屋本藤醸造舖さんとの合わせ味噌)3種類のみそラーメンをお楽しみいただけます。是非食べ比べてみてください。「あんかけ焼きそば」も人気です。いずれもこだわりの手作り自家製スープを使用しています。

●最後に一言、PR
料理長として今後もお客様に満足していただける料理を作り続けていきたいと思います。
須坂温泉古城荘の厨房を「健康長寿開発拠点」として健康に良い薬膳料理の等の提供もしていきたいと考えています。自然を満喫し、温泉で癒され、身体に優しい料理を召し上がりに須坂温泉に遊びにきてください。

須坂温泉古城荘 公式ホームページ
https://kojousou.co.jp/

(須坂市地域おこし協力隊 早川航紀)

2019/05/20

移住支援エッセイvol.15「役目と覚悟」

Permalink 10:00:46, カテゴリ: エッセイ  

菅官房長官が新元号「令和」の額を持って発表した場面は記憶に新しい。
「この素晴らしい字は誰が書いているのだろう・・」
私は「令和(れいわ)」の言葉の響きよりも額に書かれた美しい文字に釘付けだった。
この任務を任されたのは内閣府大臣官房人事課に勤務されている茂住菁邨さん63歳。
大東文化大学では300人を超す書道部に入り部長も務めた。
前任者の退職で空いた内閣府の辞令専門職に採用され現在に至るという。
月に千枚を数える辞令類を書き、過去には長嶋茂雄終身名誉監督らの国民栄誉賞の賞状なども担当した経歴を持つ。
月にこれだけの数をこなし素晴らしい経歴を持つ方でも元号発表の数日前に「書けなかったらどうしようと怖くて逃げ出したくなった」と新聞の取材でコメントしていた。
しかし「新しい元号を伝えるのが自分の役目」だと思い直し前日は覚悟を決めて臨んだという。
不安があっても諦めることなく自分を信じ役目を果たされた。
その通り思いがあふれる「令和」の書だったと思う。
だからこそ私の心に届いた。きっと多くの国民にも届いたのだろう。
役目を終えた茂住さんは、新時代を良いイメージで受け止めてもらえたことが何よりうれしいと話す。
移住を希望される方に寄り添うことから始まる移住支援。
茂住さんのように諦めない先に移住希望者と共に喜び合えることが移住支援チームの願いです。

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

<< 前のページ :: 次のページ >>

MBgu