信州須坂移住支援チーム

「須坂市に住んでよかった」 「須坂市に住んでみたい」と思える魅力的なまちを目指しています。

投稿の詳細: 峰の原高原 ペンションオーナー暮らし体験 オーナー紹介

2015/10/07

峰の原高原 ペンションオーナー暮らし体験 オーナー紹介

峰の原高原 ペンションオーナー暮らし体験 オーナー紹介

『ペンション きら星』

 ペンションきら星は、峰の原高原第二ヴィレッジにある、旅好きオーナーの湊さんご夫婦が切り盛りしているペンションです。若い頃は、2人とも国内外のユースホステルを泊まり歩いていたそうで、東京から峰の原高原に移住し、夫婦の目標だったペンションを始めて、もうじき20年になります。ペンション開業の経緯や子育て、暮らしについてお話を伺いました。

旅の面白さと交流の魅力
 「夫婦2人とも旅好きで、独身時代は、時間さえあれば国内外の様々な地を訪れ、その都度ユースホステル等に泊まっていました。ユースホステルは、ホテルより安価で宿泊でき、お客さん同士が気軽に交流でき、ラウンジや食堂に集まり、旅仲間同士で、旅での出来事を肴に、盛り上がったり、旅先でのおすすめ情報などを交換したり、みんなでゲームをして楽しめるのが特徴でした。旅自体は一人でも、ユースホステルに来れば、同じ旅仲間と交流が出来るのがとても魅力で、また、旅先で出会った仲間と、次の日一緒に観光したり、別のユースホステルや旅先で偶然会うこともありました。
 ユースホステルは、ホテルでは得られない『交流』という旅の楽しさを体験することが出来き、旅の幅が広がり、旅仲間との繋がりが増えるのも魅力でした」

夢への第一歩
 「ユースホステルを利用するにつれ、自分もいつかユースホステルのような、お客さん同士が交流出来る宿泊業をやってみたいと感じるようになりました。そんな中、私たち夫婦も福島県のユースホステルで出会い、結婚しました。
 私たち夫婦は、お互いに、いつかユースホステルのような宿泊業をしたいという思いがあったので、結婚後、すぐに業界や経営の勉強をし、開業のための資金を貯め始めました。その時は、お客さん同士でワイワイ楽しめるユースホステルか、ペンションのどちらかで開業しようと考えていました。
 開業の準備を始めて5年程が経過し、息子が2歳になった時、仲介業者から2軒のペンションを紹介されました。その物件の1つが峰の原高原のペンションでした。その時は、菅平高原のペンションということで紹介を受けました」

峰の原高原との出会い
 「峰の原高原は、その案内の時に初めて知りました。物件は坂の上に建てられており、見晴らしが良く、窓から見える北アルプスの景色がきれいで、2人とも一目見て気に入りました。また、賃貸物件でしたので、いきなり物件を購入してペンションを始めるより、まずは賃貸で経験を積むことが出来るというのも良かったです。もう1軒の物件も見ましたが、峰の原高原の方が、スキー場へ歩いて行けるので、私たちには合っていると思い、ここでペンションを開業することに決めました。
 夫婦とも仕事を辞め、1997年の7月、33歳の時に家族3人で峰の原高原に移住し、ペンションをオープンしました」

『ペンションきら星』をオープン
 「移住してきた時は、近所のペンション1軒1軒に挨拶へ行きました。また、峰の原高原観光協会のイベントに積極的に参加することで、徐々に地域に馴染んでいきました。おかげさまで、ペンションのことや暮らしについて色々助けて頂きました。地域との関わりは、とても大切だと感じます。
 オープンして3年目が経過した頃、地域にもすっかり溶け込み、ペンションオーナーとして自信がつき、そろそろ自分の宿を持ちたいと思い始めました。峰の原高原で3年間続けたので、出来ればこのまま峰の原高原で営業していきたいと思い、地域の方に色々相談していた折、空き家になっていた今の物件を紹介して頂きました。2年半ほど空き家になっていたので、建物自体色々と修繕が必要で、その分費用も掛かることは分かっていましたが、自分たちの宿を持ちたいという思いから、購入を決意しました。ペンションは子供連れのファミリーにも楽しんでもらいたかったので、地下に広々としたプレイルームを整備しました。
 スキーシーズンに間に合わせるために急ピッチで準備し、1999年11月、夫婦二人の夢であった自分たちの宿『ペンションきら星』をオープンしました」

子育てと暮らし
「学校への送迎、PTA活動や部活動の手伝いに参加する中で、ペンションオーナーだけではなく、地域の子育て世代の方と関わりが持てるようになりました。また、それによって峰の原高原だけではなく、菅平高原の地域の方とも関わりが持てるようになり、子育てのお陰で、更に地域内外でのネットワークが広まりました。
 暮らしについては、峰の原高原には、光ケーブルも通っているので、インターネットで買い物もできます。また、車で30分も行けば須坂市内にも上田市内にも大きいスーパーはあるので、生活の不便さは感じていません」

ペンションオーナーという生き方
 「従来のペンション経営では、開業しても経営ノウハウが無い場合、軌道に乗るまで1、2年は生活が安定しないと思います。その間は、ペンションの仕事だけでなく、アルバイトも必要になってくると思います。そんな時は、是非地域の方に相談してほしいです。
 また、移住する方は、積極的に地域の方と交流し、地域のイベントなどにも参加してほしいです。地域に溶け込めば、先輩オーナーから色々とアドバイスをもらえたり、いざというときには、助けてもらえます。
 宿泊業は体力のいる仕事ですので、若いご夫婦、ご家族の方が向いていると思います。もちろんウィンタースポーツが好きで、峰の原高原の四季を楽しんで暮らせる方がいいですね。そんな方と一緒にこの地域を盛り上げていきたいです」

ペンションきら星
長野県須坂市仁礼峰の原高原3153-726
http://www.k2.dion.ne.jp/~kira/

峰の原高原ペンションオーナー暮らし体験の詳細とお申し込みは、下記URLをご覧ください。
http://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/pension/

コメント:

この投稿への コメント はまだありません...

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイトに表示されません
頂いたURLは表示されます。
コメントは承認されるまで表示されません。
オプション:
 
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを cookie に記憶させます)

MBgu