• 長野県須坂市常盤町804-1
  • 026-214-9141
須坂市公認ポータルサイト・いけいけすざか

2022/12/01

食の大切さを学びました!

~みんなで米作りを体験しました~
こんにちは:oops:

12月号の公民館だよりは「米作り体験を通した食育」の取材記事です。

毎年恒例、井上小学校5年生のみなさんを対象にした米作りが行われました!

=================================
苗植えから始め、泥だらけになりながら準備をしてきました:>>

稲刈りは手作業で刈っていきます;)

脱穀は現代の機械と昔の農機具を体験してみました!



秋になり、やっとこの日がやってきました!
そう、餅つき!:p:p
皆さん力いっぱいに餅つきをしました:>

美味しそうな餅となり、きなこと黒ゴマで味付けをして…:oops:

口いっぱいに頬張り「おいしい!」と喜んでいました!
それを見た井上地域づくり推進委員会の皆さんもやって良かったという表情を浮かべていました:>>

*   siro   *

12:14:29, カテゴリ: レディース  

こんにちは、白井です!!

はじめに、千曲店よりお知らせです。
来週、12月5日(月)は都合により臨時休業とさせて頂きます。
ご来店を予定されていた方には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
何卒宜しくお願い致します。
(※須坂店は通常営業となります。)

今日から『12月』突入~(=゚ω゚)ノ✦✧✦
今年も残すところ、1ヵ月となりましたB)!!!!
ほんと早い...XX(88|
県内も、変わらずコロナ感染者も多いなか
インフルエンザなども流行してくる時期なので(>_< )
2022年、残りの1ヵ月も元気に駆け抜けていきましょ~~~う:>:>:>!!!!!

それでは、本日はこちら~;)☆彡


>>>   ・グレージュ


>>>   ・ブルー

【siro】   Vネックプルオーバーニット   ¥12,100(税込)

Quality..
アクリル 68% / ポリエステル 12% / ナイロン 11% / ウール 6% / ポリウレタン 3%

Size..
F(身幅 約64cm・着丈 約65cm・裄丈 約76cm・裾幅 約54,5cm・袖口幅 約9,5cm)

This item..
1枚でもサマになり暖かい、Vネックプルオーバーニット。
保温性に優れ非常に軽いミドルゲージのホイップヤーンニットを使用。
ふんわりと軽く、柔らかな肌あたりが特徴です。
首元はレイヤード使いも出来る緩やかなVネックで、
身幅にもややゆとりを持たせたリラクシングな着心地です。
袖口と裾のリブも緩やかにフィットし、メリハリもプラスしてくれます。

※ blog掲載直後に完売してしまうケースがございます。
予めご了承ください。

※ また、在庫の有無などお問い合わせ等ございましたら
お気軽に各店舗へお問い合せ下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【【 HYPER BALLAD 】】
・営業時間  11:00~18:00 (定休日 / 毎週火曜日)
須坂市東横町349   tel 026-285-0889

【【 Ballad of the sun  Aprikose 】】
・営業時間  10:00~16:30 (定休日 / 火・日曜日・不定休)
※大変恐縮ですが、定休日以外に急な臨時休業となるケースがございますので
ご来店前に一度お電話を頂けますと有難い次第です。宜しくお願い致します。

千曲市大字粟佐1198   tel 026-214-2923

シロフクロウ「ムース」のイベント情報まとめ!

2022年度代表動物 シロフクロウ「ムース」のイベント情報!

春に行われた代表動物選挙2022で当選を果たしたオスのシロフクロウ、ムース。
真っ白な体に、きれいな色の瞳、もふもふな脚など、たくさんの魅力でファンがとても多いです!

公約に、当選したら「猛禽類を盛り上げるイベントをやりたい」と掲げていました。
そもそも猛禽類ってどんな生き物なのか?知らない方も意外と多いのではないでしょうか。

須坂市動物園に来て、ムースのイベントに参加すると、「猛禽類」について詳しくなれる取り組みを行っているので、まとめてご紹介します!

イベント第1弾「ムースの着任式」
こちらは4月7日にインスタグラムのインスタライブにて、ムースの着任式を行いました!
今からでも見ることができるので、観ていないという方はぜひご覧ください。
シロフクロウやムースの紹介などのお話もしていますが、何よりシロフクロウをアップで見ることができますよ。

イベント第2弾「ムースの名刺配り」
こちらは2日間限定で配布しましたが、当園のHPにあるオープンデータからいつでもダウンロードできます!

2次元コードからもを読み取れます↓↓

イベント第3弾「ムースの猛禽だより」☆塗り絵にもなるよ☆
猛禽類とは?どんな生き物?どれくらいいるの?須坂市動物園にはどんな猛禽類がいるの?などなど。
皆さんが気になっている猛禽類のあれやこれをまとめたチラシ、題して「ムースの猛禽だより」を配布しています。
こちらは担当飼育員が頑張って書いた手書きです!

「ムースの猛禽だよりNo,1」では「須坂市動物園で飼育している猛禽類紹介!」

こちらは当園で飼育している猛禽類たちを紹介しています。
当園へ来た理由や、個体の性格などついてまとめました!


こちらは配布が終了しましたが、オープンデータからダウンロードすることができます。

「ムースの猛禽だよりNo,2」は「フクロウについて」「シロフクロウについて」

猛禽類の一種である「フクロウ」、「シロフクロウ」について詳しくなれる内容となっています!
こちらは本園中央休憩所(プレーリードッグ舎横)にて配布現在配布中!!オープンデータからもダウンロードすることができます。

「ムースの猛禽だよりNo,3」は…現在作成中ですが、「タカ」、「二ホンイヌワシ」についての内容となっています!

どんなチラシになるのか…お楽しみに!

2次元コードからも読み取れます↓↓

イベント第4弾「ムースのクイズをさがせ!」
紙に「クイズがある場所のヒント」が書かれています。それを頼りにクイズを探して答えるという内容です!
こちらは〇×クイズになっていて、クイズをめくると答えが分かるようになっているので、用紙がなくても参加することができます♪

用紙は白黒のムースをデザインしているため、こちらも持ち帰って塗り絵にもできます(シロフクロウなのでほぼ白ですが…)

各券売所前に用紙が置いてありますので、ご自由にご参加ください!

他にも、猛禽類について知ってもらうための看板作成や、猛禽類のごっくんガイドなども行っています!

猛禽類のごっくんガイドは、その日の参加者にシロフクロウ、二ホンイヌワシ、トビについてガイドをし、その後餌を食べている様子を観察することができます。
時間の関係上、ガイドは参加者の皆様から多数決をとり、1番多かった1種をメインにガイドをしています。
気軽にご参加ください!

ムースの任期も残り数か月となりましたが、ムース自身も仏のような顔で皆様に癒しを届けています。
これからどんどん寒くなり、厚着をして防寒する人間を横目に、清々しい顔をしているシロフクロウたちが観られます。冬はシロフクロウたちにとって過ごしやすい気候です。
リラックスしている姿をぜひご覧ください。もしかしたら、毎年雪が降ると現れる雪のシロフクロウもいるかも…?

2022/11/30

2023年も元旦から!動物園でハッピーニューイヤー!

18:25:00, カテゴリ: イベント告知!!, 動物園ニュース!  

みなさんこんにちは:D

2022年も残すところあと1か月となりました!
忙しい時期ではありますが、新年を迎える準備をしないとですね:roll:

2023年1月1日(日)、2日(月)、3日(火)の3日間は
『動物園でハッピーニューイヤー』を開催しています!
須坂市動物園は2023年も元旦から開園いたします!!
新年から動物園に遊びに行くのはどうですかB)??

動物園でハッピーニューイヤー
1月1日(土)から3日(月)
開園時間 10時~15時まで(※入園は14時30分まで)

↓終日イベントの内容↓

「動物園で運試し」
  入園時に、1グループにつき1回クジを引くことができます。
  年間パスポートやカレンダー、飼育している鳥の羽ペン、
  2022年度の代表動物シロフクロウ「ムース」の名刺、お守りや絵馬などなど!
 
↑こちらは昨年の景品B)
  なんとはずれクジはなし!!:>>
  必ず何かをもらえるのでぜひ参加してみてくださいね!
  ※クジの数がなくなり次第終了となります。

「巨大絵馬に願い事を書こう」
  来年度の干支「卯」のイラストが描かれた巨大絵馬にみなさんの願いごと書いてみませんか?:oops:
  本園・南園の2か所に設置します。

↑こちらは昨年の巨大絵馬:D

《変更や中止に関して》
新型コロナウイルスの感染拡大状況により変更や中止となる場合がございますが
ご理解とご協力をお願いいたします。

また、須坂市動物園は年末の29日(木)~31日(土)は休園日となり
年末年始の開園日及び時間は通常と異なりますので
ご注意ください。

人生やり直したかった、移住して本当に良かったです

15:22:27, カテゴリ: お知らせ・イベント, 移住交流情報  

「人生やり直したかったので移住して本当に良かったです」
今年の春に神奈川県から須坂市に移住した高根さん。
移住者受入協力企業の北信タクシーでドライバーとして勤務して8か月、須坂市の道はほとんど覚えたそうです。
いつも指名をいただく90代の女性からお気持ちでミカンや大福、おでんなどいただきましたと報告に来てくれました。
昨年、東京で開催された「ふるさと回帰フェア」で須坂市ブースに訪れたあの日から1年余り。
戸惑いながら相談に来ていた姿が嘘のようです。

須坂市では移住者受入協力企業と連携し、仕事と住居をパッケージで支援する「移住支援信州須坂モデル」を5年前からスタート。
これまで、このモデルでの移住は26組、その家族も入れると約40人にのぼります。
この取り組みは全国的にも成功例が珍しく、県外からの視察受け入れも行っています。
須坂市を移住先に決めた皆さんは、移住相談を経て移住体験ツアーで仕事や住居を決め、壁を乗り越えて移住を実現しています。

この時季にしては暖かい日。
仕事の休暇で市役所を訪れた高根さんは、購入したばかりの自動車ではなく自転車で来庁してくれました。

<< 前のページ :: 次のページ >>