信州須坂いきいきブログ

須坂市役所日記

カテゴリ: 健康・福祉

2017/03/07

人命救助の功績に感謝状を贈呈

Permalink 08:28:11, カテゴリ: 健康・福祉  

 平成29年3月5日(日)須坂市消防本部において、管内での救急事案に際し、早期発見、迅速な通報、救急車への情報提供と傷病者管理及び適切な応急手当を実施し人命救助に貢献した3名の皆様に対しまして、消防長から感謝状を贈りました。

:p受賞者の皆様

◇岸部 節子 様(幸高町)
 平成28年9月及び12月幸高町で発生した救急事案に際し、迅速な通報と救急隊への的確な情報提供等により人命救助に功績

◇山岸 由幸 様(幸高町)
 平成28年9月幸高町で発生した救急事案に際し、早期発見と適切な傷病者管理により人命救助に功績

◇中嶋 八男 様(仁礼町)
 平成29年1月仁礼町で発生した救急事案に際し、迅速かつ適切な応急手当により人命救助に功績

:)表彰式のもよう(山岸様は所用によりご欠席されました。)

2016/12/22

第9回クリスマスレクチャーin須坂 レクチャー(3)を開催しました

平成28年12月22日(木) 17:30~20:00シルキーホールにて第9回クリスマスレクチャーin須坂(レクチャー3)を開催しました。総合司会や出店、会場装飾など市内高校生がさわやかに盛り上げてくれました。大勢の方にご聴講いただきありがとうございました。

★ウェルカムコンサート 17:30~
 クラシック(村石達哉さん、綿貫舞乃さん、中村ひろ子さん)
最終曲は、大河ドラマ「真田丸」:D会場の一体感がいっきに高まります
ウェルカムコンサート(クラシック)
<来場者の感想>
 ・真田丸のテーマソング、本当に良かったです。(70歳以上、女性)
 ・ヴァイオリンの演奏、とてもよかったです。

★レクチャー 18:00頃~
 『日本近海の海底資源:開発の現状と研究の最前線』
  講師:国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)
      海底資源研究開発センター長 木川栄一 先生
遠い海の資源が、いつか身近なところで役立ちそうな、たくさんの驚きと笑いが詰まった夢のあるお話でした:roll:
木川先生
<来場者の感想>
 ・目先厳しい状況の中、心が明るくなりました。(60代、男性、自営業)
 ・メタンハイドレートが石油以上の価値を持つ時代が来ることに少し期待を持った。(20代、男性、学生)
 ・民間で何ができるのかについてもっと知りたくなりました。(30代、男性、自営業)
 ・深海への挑戦の重要性を強く認識できました。とても刺激を受け、楽しかったです。(60代、男性、団体職員)
 ・豊富なプレゼンを使って説明していただき、とてもわかりやすかった。(50代、男性、公務員)
 ・日本は資源大国なんだなと、心強く思いました。(50代、男性、会社役員)
 ・夢のある話であった(70代以上、男性)
 ・前回は宇宙の話、今回は海底の話で夢があっていいなと思いました。(20代、女性)
 ・知らないことが多くとても刺激があるレクチャーでした。(40代、女性)

★講師と楽しむわいがやパーティー 19:30頃~
 『笑顔になれる心をこめた家庭料理』(須坂市食生活改善推進協議会)
レクチャー1でプレゼンテーションした須坂園芸・創成高校作物クラブが育てた「風さやか」をつかった絶品の太巻き88|さすが冷めてもおいしいお米「風さやか」!
わいがやパーティー

 司 会: 須坂高校 生徒会
 出 店: 須坂商業高校・須坂創成高校「くますぎ」
 展示・会場装飾: 長野養護学校高等部すざか分教室
高校生の協力
<来場者の感想>
 ・高校生の司会、とても良いと思います。(60代 男性)
 ・とても良い会でした。大変有意義でした。(20代 男性)
 ・楽しかったです。(20代 女性)
 ・知らないことが多くとても刺激があるレクチャーでした(40代 男性)

<木川先生より(抜粋)>
ウェルカムコンサート、手作りの「わいがや」など、運営を含めた全体の雰囲気に感動いたしました。講演の最中も皆様の顔みながら私は説明ぶりを変えるのですが、皆様熱心で、大変力が入りました。

レクチャー(1)の様子はこちらをクリック
レクチャー(2)の様子はこちらをクリック

【主催】クリスマスレクチャーin須坂実行委員会
 (須坂市、須坂市教育委員会、須坂商工会議所、ながの農業協同組合((須高ブロック))
【共催】蔵の町並みキャンパス元気スクール
【後援】信州大学工学部 蔵の町並みキャンパス推進協議会 須坂工業クラブ 須坂青年会議所 信濃毎日新聞社 須坂新聞社 NHK長野放送局 SBC信越放送 NBS長野放送 TSBテレビ信州 abn長野朝日放送 STV須高ケーブルテレビ株式会社 FM長野 FMぜんこうじ
【協力】須坂市生涯学習推進員会、須坂市食生活改善推進協議会、市内高等学校、長野養護学校高等部すざか分教室

2016/12/21

臥竜線が開通しました。

Permalink 12:54:43, カテゴリ: 健康・福祉  

現在工事中の都市計画道路臥竜線が本日、平成28年12月21日(水)に通行止めが解除され、供用開始となりました。
通行止めの間、多くの皆様にご協力をいただきましてありがとうございました。


現地で開通式を開催し、地域の皆様にも見守られて開通のテープカットを行ないました。:p


新しい交差点「墨坂神社西」に設置された信号機の点灯式を行ないました。:p


須坂警察署のパトカーを先頭に記念走行。:p

臥竜線は土地利用の活性化や円滑で安全な交通の確保(通学路の交通安全を含む)及び都市防災機能の向上を図る、須坂市の骨格を形成する幹線道路として整備が進められてきました。
地域の皆様に愛される道路となることを期待しております。:p:p:p

2016/12/20

第9回クリスマスレクチャーin須坂 レクチャー(2)を開催しました

平成28年12月20日(火) 17:30~20:00シルキーホールにて第9回クリスマスレクチャーin須坂(レクチャー2)を開催しました。総合司会や出店、会場装飾など市内高校生がさわやかに盛り上げてくれました。大勢の方にご聴講いただきありがとうございました。

★ウェルカムコンサート
 JAZZ(牧さちこさん、山口泰一郎さん、藤巻良康さん)
本格的なJAZZ演奏に、クリスマス気分が盛り上がりました:D
ウェルカムコンサート(JAZZ)
★レクチャー 『水の信仰と米子大瀑布』
  講師:長野県立歴史館長・信州大学名誉教授 笹本正治 先生
地域の話題に、みなさん興味津々:roll:聞き入っていました。
笹本先生
<来場者の感想>
 ・米子大瀑布のよさを知った。ぜひ訪れてみたい(20代、男性、学生)
 ・水の大切さを再認識しました。(60代、男性、自営業)
 ・須坂にあんな不思議な空間があるとは知らず、おもしろかったです。(30代、女性、公務員)
 ・最後の一言がよかった。(50代、男性、会社員)
 ・信仰をつくってきた人間て素晴らしい。私たちはどうすればいいのか考えなければと思った(20代、女性、学生)
 ・映像が多くありよかった。未来のために幸せとはいろいろ問題を投げられた気がした(60代、女性、主婦)

★講師と楽しむわいがやパーティー
 『元気になれるなつかしい郷土料理』(須坂市食生活改善推進協議会)
冷めてもおいしいお米「風さやか」を使った笹寿しもありました:D
わいがやパーティー

 司 会: 須坂高校 生徒会
 出 店: 須坂商業高校・須坂創成高校「くますぎ」
 展示・会場装飾: 長野養護学校高等部すざか分教室
高校生の協力
<来場者の感想>
 ・司会について、とても聞きやすくよかった。(60代、女性、主婦)
 ・高校生のみなさんが、とても落ち着きのある態度ですばらしかった。(60代、女性、団体職員)
 ・若い方と高齢者がいりまじった会、とてもめずらしく心おどりました。(60代、女性、自営業)
 ・毎年参加しています。1年に1回楽しみにしています。(50代、男性)
 ・お花がいっぱい!(60代、女性)

レクチャー(1)の様子はこちらをクリック
レクチャー(3)の様子はこちらをクリック

【主催】クリスマスレクチャーin須坂実行委員会
 (須坂市、須坂市教育委員会、須坂商工会議所、ながの農業協同組合((須高ブロック))
【共催】蔵の町並みキャンパス元気スクール
【後援】信州大学工学部 蔵の町並みキャンパス推進協議会 須坂工業クラブ 須坂青年会議所 信濃毎日新聞社 須坂新聞社 NHK長野放送局 SBC信越放送 NBS長野放送 TSBテレビ信州 abn長野朝日放送 STV須高ケーブルテレビ株式会社 FM長野 FMぜんこうじ
【協力】須坂市生涯学習推進員会、須坂市食生活改善推進協議会、市内高等学校、長野養護学校高等部すざか分教室

消防車両を更新しました。

Permalink 10:18:00, カテゴリ: 健康・福祉  

 平成28年12月20日(火)須坂市消防本部において、平成28年度更新車両、小型動力消防ポンプ付水槽車・化学消防ポンプ自動車の安全祈願祭を執り行いました。


【左から小型動力消防ポンプ付水槽車・化学消防ポンプ自動車】


【安全に運用出来る様、お清めを行います】

 この2台の車両は、長野県緊急消防援助隊に登録し、県内の災害はもちろん国内の大規模災害が発生した際、出動する車両です。

 水槽車は10,000ℓの水を積載しており、車両後部に小型動力ポンプを搭載することで、初期の消火活動又は水利の乏しい場所で威力を発揮するとともに、非常災害時に給水車としても活躍します。

化学自動車は化学消火剤と水を積んだ車両で、水では消火できない油脂火災に対処するために配備された消防車です。


消防車、救急車に興味のある方は、ぜひ見学にいらしてください。

お問合わせ先:須坂市消防本部警防課(TEL 026-245-4900)

:: 次のページ >>