2017/10/24

全文へのリンク 16:51:45, カテゴリ: 博物館よりお知らせ

10月21日(土)、第8回 八丁鎧塚まつり開催!!

10月21日(土)、八丁鎧塚まつり開催しました!!

大型台風に迫られつつあった10月21日(土)。日頃の行いが幸いしたのか(88|88|!!B)B)??)おかげさまで天気はくもり。八丁鎧塚まつりが須坂市八丁鎧塚古墳公園にて開催しました:idea::idea::idea:


当日の鎧塚の様子。石でできた東日本最古最大級の積石塚古墳。迫力満点!!

たくさんのイベントがありました!!来場者の皆さんが楽しんでいる様子、実行委員会の皆さんの笑顔、出演者の皆様が張り切って舞台で活動しているナイスショットをお届けします:idea:


みんなで挑戦!柿の皮で古墳を一周!!見てください、この笑顔:P:P:P:P


綿あめは、東京から来た業者さん。ブルーとショッキングピンクの綿あめは見た目も味も刺激的でしたね!!


しばし、展望台にて古代の風に吹かれてみる・・・


勾玉作り、大人気!!みんな集中しています。


手元は真っ白だ~:>:>


見て、見て!!自分で作った勾玉だよ!!:>>;D:P


かんなちゃん、大好き!!:oops::oops::oops:


臥竜神スザカイザーはいつも正義の味方B)B)


須坂エクササイズで一日の疲れを癒そう:lalala::lalala:

みんなで一緒に!!;);)


あっという間に午後の1時。また来年も楽しいイベントがいっぱいあるかなあ。;D;D;D;D

2017/09/27

全文へのリンク 15:09:49, カテゴリ: 博物館よりお知らせ

9月24日(日) ギャラリートーク開催!!

須坂市立博物館特別展『須坂藩 堀家14代』、第一回目のギャラリートークが開催されました。

関連イベントや講演会が目白押しの堀直虎没後150年記念事業ですが、

やはり展示を「見て」:idea:「聞いて」B)のギャラリートークは特別なものです。

今回のテーマは14代。それぞれの藩主がどんな人物だったのか気になります。


学芸員の説明にも力が入り…:>>


皆さんのメモを取る手にも力が入ります;D;D

説明を聞くと古文書から書き手であるそれぞれの藩主の人柄が引き出され、
その個性が見えてきます。ギャラリートークの醍醐味です。:oops:

皆さん、身を乗り出して、古文書を見ながら
説明に耳を傾けていました。

須坂市立博物館特別展『須坂藩堀家14代』はこちら↓:)):)):))
http://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/event/event.php?p=b&id=12774&joho=oshi

2017/09/22

全文へのリンク 10:24:26, カテゴリ: 博物館よりお知らせ

歴史文化講演会Ⅰ『将軍を叱った大名 堀直虎と幕末・維新の信州人たち』

9月16日(土)午後2時より、須坂市中央公民館にて「将軍を叱った男 堀直虎」
の著者の江宮隆之さんの講演会を開催しました。会場の準備は、堀直虎没後150年記
念事業ボランティアスタッフ方たちが中心となって行われました:idea::idea:


駐車場案内について打ち合わせをするボランティアの方々


ご来場の方に駐車場をご案内します:)


会場は200人近いお客様でいっぱいになりましたB)
中央公民館「市民学園」公開講演会でもあり、椅子を追加して並べたほどです:lalala::lalala:


直虎関係の物品を販売するボランティアの方たち:))

激動の幕末が目に浮かぶような講演。江宮先生の語りにも力が入ります;D

講演が終わりました;);)
著書「将軍を叱った男 堀直虎」を購入された方にサインをしてくださる先江宮生。

貴重なサイン本。博物館に残りわずかですが、在庫がありますよ:D


堀直虎没後150年記念事業ボランティアスタッフ方たち、お疲れさまでした:>>:>>:>>
生き生きとした活動に、三木市長も感心しておられましたよ!!

2017/09/18

全文へのリンク 13:09:06, カテゴリ: 博物館よりお知らせ

特別展「須坂藩堀家14代」はじまりました!

本年、平成29年が堀直虎が亡くなって150年の年にあたることから、
今年は、直虎を題材にした演劇が行われたり、漫画が刊行されたり…
直虎イヤーの様相を見せている須坂市:p


須坂市立博物館では、9月9日(土)から、堀直虎没後150年記念事業・須坂市立博物館特別展「須坂藩堀家14代」を開催中です:D


須坂藩は、江戸初期から明治維新まで、江戸期250有余年にわたり転封も改易もなく、堀家14代の藩主によって治められました。
14人の歴代藩主の関係資料をそれぞれご紹介しています:>>


12代藩主堀直武の書状。初公開の資料です!
子どもが無く病弱だった直武の「弟の直虎を自分の養子にしたいので宜しく頼む」という内容の書状88|
当時、かなりの極秘文書だったと思われます。


もちろん、13代藩主堀直虎に関係する資料も多数展示しています;)
直虎は、15代将軍徳川慶喜に諫言、江戸城中で自刃したことで知られますが、その諫言の背景・直虎の信条とも言える自筆の漢文などもご覧いただけます。


須坂藩は1万53石の小大名でしたので、城はなく、館で政務を行いました。
館の想像図や、現在見ることができる遺構などもご紹介しています;D

展示資料の多くは、本特別展のためにお借りした個人所蔵資料ですので、
一堂にご覧いただける機会はめったにありません:>
それぞれの藩主の生涯、業績、時代背景などにも触れておりますので、
お時間の許す限り、じっくりとご鑑賞いただけましたら幸いです。


展示の内容を網羅する図録「須坂藩堀家14代」は1冊1,000円で販売中です!

期間中は講演会や展示解説など、関連企画も盛り沢山。
ぜひお越しください:p

---------------
【お知らせ】

堀直虎没後150年記念事業 須坂市立博物館特別展「須坂藩堀家14代」
平成29年9月9日(土)~11月19日(日)
http://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/event/event.php?p=b&id=12774&joho=oshi

2017/09/06

全文へのリンク 11:39:25, カテゴリ: 博物館よりお知らせ

臥竜山たんけん2017 『アサギマダラのマーキング』

臥竜山たんけん2017「アサギマダラのマーキング」を9月3日に開催しました。
今回は破風高原にて観察会。
いざ、高原まで来てみると気温が低く肌寒い。空は曇り、霧がだんだん出てきたりして・・・
気温が低かったり雨上がりだったりすると昆虫は出てこない、という先生の言葉通りなんにもでてこないのでした。
少しすると、雲の切れ間から太陽が出てきました。途端に暖かくなる高原。すると、昆虫たちが動き出したんです。トンボが飛び始め、蝶々が飛び始め・・・!!なんとも驚き!急に破風高原がにぎやかになったのです。


いろんな蝶をお父さんが捕まえてくれたよ:D:D


丁寧に三角紙に包みます。観察したら、リリースしました。

次はアサギマダラだ!!・・・と思ったのですが、すぐに曇ってしまい、あっという間に時間になってしまいました。


あきらめないで探します。


アサギマダラが好きな花、「フジバカマ」

帰り道に、平成22年1月に長野県「信州の名水・秘水」に選定された、『豊丘の穴水』を見学しました。

大きな岩の割れ目から、冷たい水が湧き出ていました。洞窟もありましたよ。

紅葉を楽しみに、破風高原にドライブはいかがでしょうか?きれいな景色に癒されますよ!!

こ・ち・ら:>>

<< 前のページ :: 次のページ >>

須坂市立博物館だより

< 前 | 次 >

検索

リンクブログ

須坂のリンク

いろいろ

このブログの配信 XML

須坂市公認ポータルサイト・いけいけすざか