須坂市観光名所めぐり

須坂市の名所・イベント・お土産・観光情報などをご紹介

カテゴリ: 街

2015/11/21

信州須坂・シルクと蔵のまちツーデーウオーキング

2016年3月19日20日に開催される「第10回信州須坂・シルクと蔵のまちツーデーウオーキング」のホームページがリニューアルしました。
同時に、Sports Entry での参加申込も始まっています。

古墳を巡るコースや、雛祭りを巡るコース、パワースポットを巡るコース、峰の原高原でのスノーシューコースなど
7種類のコースがあります。

今年は節目の10回大会。
19日の夜には、交流会も予定されている、とか。

春一番の須坂を、一緒に歩きませんか?

第10回信州須坂・シルクと蔵のまちツーデーウオーキング
http://www.suzakawalk.net/

2013/12/08

さようなら蔵の朝市

Permalink 15:15:11, カテゴリ: イベント,  

毎月第2日曜に恒例だった「蔵の朝市」が今日もって休止になるそうです。

「蔵の朝市」がスタートラインだったという餃子のウェイウェイさんは感謝を込めて餃子の皮のスープを振る舞うとの事で、お手伝いに行ってきました。

たっぷりの野菜と餃子の具をスープ仕立てにした熱々のスープが大好評でした。

いつもの出店の他、つきたて餅の振る舞いや、新鮮な農産物の直売!

裏庭でのスラックラインでも子供たちの歓声が聞かれ楽しい一日になりました。

再開の日を待ちたいと思います。

****************
蔵の町観光交流センター

長野県須坂市須坂352−2
026-248-6867

職業別タウン情報
****************

2013/11/25

本物の獅子舞

Permalink 11:58:04, カテゴリ: イベント,  

笠鉾ドリームホールで行われた「本物の獅子舞を見てみよう!!」というイベントにお邪魔してきました。

会場はほぼ満員、たくさんのカメラが向けられる中、お囃子に合わせて獅子が舞います。

地域の皆さんによって継承されている伝統行事ですが、普段は余り見る事が出来ません。

ちなみにこれは楽譜です。今でこそ、ビデオやコピー機がありますが、昔は人対人で継承してきた貴重な文化だそうです。

************************
笠鉾会館ドリームホール
http://www.culture-suzaka.or.jp/kasaboko/

026-246-7100
須坂市大字須坂横町410-1

職業別タウン情報
************************

2013/11/17

信州須坂老舗めぐりウォーク

Permalink 17:02:37, カテゴリ: イベント, , 須坂ガイドウォーク  

今年1月に100年以上の歴史を持つ老舗23社で発足された「信州須坂老舗百年會」の事業として行われる第2回老舗めぐりウォークに参加してきました。

蔵の佇まいを眺め、老舗を訪ねる素敵な町歩きになりました。

芝宮神社の参道も改めて歩いてみるととても静かで清々しい気分になります。

今回のウォーキングの特徴として、それぞれのお店で店主様から直接説明を受けるというのが魅力でした。

綿幸の中野社長様よりお店の説明、歴史、併設されたギャラリーの沿革などをお聞きしました。

お楽しみのスイーツは盛進堂の岡村社長様よりお店の説明と共に、出来たてでホカホカのお菓子を頂きます。

コース
須坂市蔵のまち観光交流センター→蔵の町並み→笠鉾会館→芝宮参道→山丸一番館→小妻屋本店→タンサンツチヤ→綿幸→中町の辻→盛進堂→綿幸本店→遠藤酒造場→大門通り→蔵の町観光交流センター

第3回予定
12月1日(日)13:00-15:00
参加費500円(飲物・スイーツ付き)
定員20名

お申し込み先
須坂商工会議所
026-245-0031

2013/11/02

湯っ蔵んどの大菊花展

Permalink 11:28:13, カテゴリ: 自然, お花, お店,  

須坂市仁礼の湯っ蔵んど前庭で「大菊花展」開催中ですが、夜の時間はライトアップされひと味違う「菊」が楽しめます。

また、前庭にはキレイな花壇があり様々な花と素敵なアーチも設置。撮影スポットにもなりますね。

なお、湯っ蔵んどでは大創業祭開催中~。
土日に行われる「振る舞い」や、入館料が300円などのサービスが魅力的!!
またふるさと菜園レストランで食べ放題の「収穫祭ビュッフェ」開催中~~

*********************
湯っ蔵んど
http://www.yukkuland.jp/

須坂市大字仁礼7番地
026-248-6868

職業別タウン情報
*********************

:: 次のページ >>