カテゴリ: カフェ

2018/02/27

(まちゼミ) 自然に囲まれた、ゆったりとした上質な時間《仙仁温泉 岩の湯》その1

Permalink 12:05:31, カテゴリ: カフェ, 温泉  

今日は「まちゼミ」の中で、"コレは行かないと!:>"と思い、「仙仁温泉 花仙庵 岩の湯」サンの「講座」に行ってきました:D

玄関までの小路
全国でも有名なお宿ですが、近くに住む地元須坂市民は近くて逆に、あまり行く機会がないのではないでしょうか?
そこで、これは良い機会!ということで、「まちゼミ」を使って行かせていただきました。

=>館内見学~お茶をいただきながら仙仁温泉サンについてのお話~お風呂堪能
という流れでした。
その様子をレポートします;D
ちょっと長くなってしまいましたので、2回に分けてレポートします:p

後半Part2はコチラからどうぞ。

● 玄関まで
駐車場から門へ、玄関へ行く道のりも自然に囲まれていますが、手入れが行き届いています。
門までの小路

川沿いの谷に佇むお宿
仙仁川沿いにたたずむ、自然に囲まれたお宿です。

趣ある門がまえ

門の中のお休み処
門の中にあるお休み処には火鉢があって、今日みたいな寒い日でも散策途中にお休みできます。

玄関までの小路
お邪魔したのは冬ですが、新緑の時期もきっと気持ちイイですよ~:p

館内の小路

玄関

● 館内
ロビー
宿泊の方にはチェックイン時に、お抹茶とお菓子のおもてなしがあります。

館内全体に、清潔でアンティークな調度品で整えられています。
明治の館のような、クラシックで調和の取れた雰囲気に囲まれていると、とても落ち着きます:D
木のぬくもりを生かしたリラックスできる空間になっています;D

館内売店前

外にもあるお休み処
建物と建物の間は、自然に面していています。
部屋の中というよりは自然の中のような、オープンスペース:)

木の葉一枚で水の流れる音が聞こえ、趣を演出しています(^^♪
ここをはじめ、全体に和のたたずままいの随所に、こだわりの感じられます。

広い館内

廊下にある生け花
山腹をいかした館内は、ところどころ階段があり、館内も散策できます;)
館内のところどころには嗜好を凝らした演出:>>
館内では廊下の至る所に生け花が飾ってあり、館内でも自然を感じます。

自然を生かした庭園
お食事処「深仙亭」に入る前の外には、社員の皆さんが造られた石庭があります。
社長の金井サンをはじめ、社員の皆さんの思いが伝わります:p

● 喫茶
Tea Room 櫓(やぐら)】
お泊りでない方もどうぞお越しください。
遠方のお客様をご案内すると、きっと喜びますよ;)
喫茶店内

日ごろの忙しさを少し忘れ、自然を眺めながらゆっくり…:D
自然を眺めながらゆっくりできる場

メニュー
豊富なメニューがあります。
お泊りでのご利用もよいですし、ちょっと立ち寄ってお茶を飲みながら、ゆっくりと時間を楽しむことができますョ;)

● 書斎・共用スペース
館内は広々していますし、ところどころに共用スペースや書斎、共用の小部屋など、本を読める場所がいくつもあります。
仙仁温泉のコンセプト「非日常ではなく、日常の延長のような宿」をココでも感じます:p
共用スペース

本もたくさん置いてありますよ~。
お子さんが読みたい本もたくさんあります:>>
自分の気に入った本をもってきてゆっくり読むもよし…。
お宿の本を読むのも良いです。
図書コーナー

小部屋
コーヒーや紅茶など自由に飲めるのでゆっくりくつろげます。

レポートPert1は、ココまでデスm(_ _)m
後半は、貸切風呂や離れのお部屋見学の様子、お茶を飲みながら聞かせていただいたお話の内容をレポートします。
お楽しみに!!

後半Part2はコチラからどうぞ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 仙仁温泉 岩の湯
住所:〒382-0034 長野県須坂市仁礼町3159 (Google Mapはこちら)
電話:026-245-2453
FAX:026-248-0047
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


カウンター

2018/01/11

ゆっくりとした人生を…《Cafe La Vie Lento》

Permalink 12:02:49, カテゴリ: カフェ, わざわざ店  

海外から、全国からたくさんの方が訪れる、今や須坂を代表するスポット:lalala:「ゲストハウス蔵(Guest House KURA)」内にあるカフェ《Cafe La Vie Lento カフェ ラヴィラント》サンにお邪魔しました:>>

通り沿い外観西
お店外観東

道路からの入口はこちら=>
入口看板
そして、お店の左側のくぐり戸を入ってすぐ右側:p
入口くぐり戸
内側入り口

大きな窓から見える須坂の街並みを眺めながら、ゆっくりとしたひと時を過ごすことができます:oops:
お店内観 外向き1
お店内観 外向き2

そして…、このカフェの名物は「タルトタタン」;)
タルトタタンセット写真
[Copyright(c) ALL Rights Reserved. GUEST HOUSE KURA]

リンゴを7時間ほど煮詰めたフランスの代表的なタルトです88|88|
ワンホールのタルトにリンゴを16個ほど使っています88|

この色合いになるには、じっくり丁寧に煮詰めないと出来上がりません。
オーナーさんの「タルトタタン」への思いは特別なものがあります:oops:
タルトタタン横

京都『La Voiture』 松永ユリさんのタルトタタンへの思い
時間をかけてゆっくり仕上げたタルトタタン、ココでしか召し上がれない逸品です:lalala:
ぜひ食べにお越しくださいm(_ _)m

製糸で栄えた町須坂、かつての繁栄をしのばせる、築100年を超えて残る蔵を活用したお店です88|
お店内観 チェスト
お店内観 カウンター

メニュー1
メニュー2
タルトタタンとお飲み物のセット(1,100円)
デザートタタンセット(900円)
ブレンドコーヒー(450円)
カフェラテ(500円)
このほか、ジンジャーティーなどもありますよ;)

席写真

吉向焼棚
須坂の吉向焼をお買い求めもできます。

くぐり戸出口
出口はこちらです:idea:
でも…、お庭のもっと奥へもどうぞ。雑貨屋「Sketch in -hike-」サンがありますよ:P:))

お帰りには…XX(
出口頭上注意!

カフェ「La Vie Lente」は開店にあたり、市の補助金「わざわざ店等開設支援事業」を活用しています。:P

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
La Vie Lente
住所:〒382-0086 長野県須坂市本上町39 (Google Mapはこちら)
電話番号:090-4461-4961
営業時間:12:00~16:00ごろ
定休日:月曜・火曜・水曜
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


アクセスカウンター

2017/12/11

「かわいくておいしい」がたくさん スイーツカフェ《Sweets market cafe》

Permalink 12:05:24, カテゴリ: カフェ, わざわざ店  

インテリア雑貨の「n-style」サンに併設している、おいしい・かわいいを集めたスイーツカフェ「Sweets market cafe」サンです:p
入口写真

カフェ入口

カフェからすぐにインテリア雑貨「n-style」の店内ですので、北欧雑貨やキッチン雑貨のお買いものも楽しめます;D
カフェ雑貨ディスプレイ
カフェ雑貨ディスプレイ アップ

入り口にはキッズスペースもあり、子供たちも楽しめます:p
キッズスペース

ショーケースには色鮮やかなカップケーキをはじめ、マカロン、ウーピーパイ、どうぶつドーナッツなどなど、かわいいスイーツがた~くさん;)
正直迷います…:oops:
ドーナッツ

アイスもありますよ、沖縄でしかなかなか買えない「ブルーシール」がココで食べられます、買えます;)
ちょうどクリスマスシーズンで、クリスマスアイスケーキが買えます。
たくさんのフレーバーが楽しめるアイスケーキはワクワクしますね:))
ブルーシールアイス
クリスマスアイス

ショーケースが置かれたショップスペースから少し離れたところのカフェスペースは落ち着いた雰囲気:P
ソファー机

テーブル席
テーブル席2
雑貨を眺めてカフェスペースでゆっくりもできますね:>>
ちょうど趣味の会の皆さんが集まっていました、会話も楽しめる空間ですね:p

テーブル席ミニ
テーブル席ミニ ひき
窓際の席や仲間で楽しくお話しできる席、お子さんと一緒にお菓子を食べるのもイイですね;D
色々好きな席でお気軽にご利用くださいね♪

メニュー
イートインの場合は、「n-style」で扱っている食器で提供しています:.
実際に使ってみて気に入った器や雑貨があったら、その場で購入することができますよB)
そして、食器だけじゃなく、カフェスペースの家具やオブジェなども気に入ったらその場で購入ができます。

スイーツはテイクアウトもできます。
ちょっとひと休みや、スイーツの手土産やプレゼントにもどうぞm(_ _)m

カフェ店舗導入部分

お店看板写真
カフェ「Sweets market cafe」でゆっくり、雑貨の「n-style」で楽しめます:))
ココでゆっくり一日楽しむことができますね:>>

カフェ「Sweets market cafe」は開店にあたり、市の補助金「わざわざ店等開設支援事業」を活用しています。:P

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Sweets market cafe (スイーツマーケットカフェ)
住所:〒382-0097 長野県須坂市南横町1555 (Google Mapはこちら)
電話番号:026-214-0880
営業時間:10:30~18:30
定休日:水曜日
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


カウンター

2017/10/16

ここは博物館?美術館? あえて、カフェです「旧小田切家住宅」

Permalink 12:10:44, カテゴリ: カフェ  

春木町南の信号の一角にある、古い建物を改装保存している「旧小田切家住宅」です。:p
旧小田切家住宅 公式ホームページ
旧小田切家住宅 フェイスブックページ

旧小田切家住宅外観
入り口メニュー

製糸業で栄えた須坂の歴史と、古き良き当時の須坂の人々の暮らしが残る建物を文化施設として再生した施設です。;)
道沿いですが、一歩建物の中に入ると、車の音もあまり聞こえず、静かなゆったりした空間です。:P

行ってみる前に、どのくらいゆったりしているかネットで見ることができます、こちらから体験してみてください。↓↓↓
旧小田切家住宅 グーグルストリートビュー88|:>>
内観2
内観3

ここのオススメは…、カフェです。:.
カフェイメージ
ゆったりした佇まいの中、お好きな席でお茶とお菓子を楽しむことができます。
 飲み物+お菓子 200円(入館料とセットでワンコインですね。:P
 抹茶セット(和菓子付き)500円
 甘酒 200円
 珈琲アフォガート 320円
 抹茶アフォガート 350円 など
メニュー写真
甘酒チラシ

ちなみに…、|-|
この前、テレビの生中継でロバートのお二人やグリムスパンキーが来たそうです。88|88|
ロバートはこの「旧小田切家住宅」を拠点に、須坂市内を巡って町歩きを楽しんでいただきました。;)
グリムスパンキーはここで生演奏をしてくれたそうです。B)
その時の様子を、旧小田切家住宅スタッフから聞くのも楽しいですね〜。:>>

内観1
あなたがゆっくりできる場所になるかもしれませんね:p、一度と言わず、何度も訪れてみてくださいm(_ _)m。
旧小田切家住宅外観2

********************
旧小田切家住宅 http://www.culture-suzaka.or.jp/otagiri/
住所:〒382-0074 長野県須坂市大字須坂423番地1(Google mapはこちら
TEL/026-246-2220 FAX/026-246-2229
入館料:300円
開館時間:
 3月~12月9:00~17:00 1月~2月9:30~16:30
 ※入館・喫茶は閉館の30分前まで
休館日:木曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12/29~1/3)
********************