須坂市地域おこし協力隊 活動中!

明るく!元気に!須坂市を盛り上げるべく奮闘中!

カテゴリ: 田島隊員(農林課)

2018/02/21

峰の原高原のペンションでお仕事体験~雪かき編

Permalink 11:22:31, カテゴリ: 田島隊員(農林課)  

須坂市地域おこし協力隊(農林課)の田島です。こんにちは
峰の原でペンションステイしたレポート続きます 笑

今回の峰の原お仕事体験の、裏の本命といっても過言ではない・・・
・・・「雪かき」からの「雪遊び」!!!

私が協力隊1年目の冬、今は退任した前峰の原地域担当隊員から、峰の原のようすを聞くにつけ、温めていたことがありました。それは雪かきに絡めた雪遊びイベント(^^♪
でも、私、農林課だしな~。。。峰の原地域担当隊員が企画してくれたら、「お手伝い」として参加しちゃうのに。。。そう思っていたものです。(口も出したけどねっ)

峰の原高原のマダムのみなさんは、さりげなく、そして気さくに受け入れてくださるので、とても居心地がよい。
そんな「楽しい・美味しい・心地よい」峰の原。公私に渡り関わる用事を見出しては、足を運んじゃう。

さらに図々しいわたくしは、何度も通いながら、「冬になったらペンションのお仕事体験をしたい」と折に触れつぶやいておりました。
先日の“ペンションでのお仕事体験”は、そんあわたくしのつぶやきを聞いてくれたペンションきら星の湊さんが、願いを叶えてくださったというわけです。

madamu
(ペンションきら星の湊さんと)

ワタクシ、常々「夢や希望は言葉にして、空気に触れさせると叶う」って言っているのですが、やっぱり願いは口にしておくものですね☆彡;)

☆☆☆☆☆☆★☆

滞在2日目、朝食のあとお客様がスキー場へ向かわれた後、少し休憩をしてから、雪かきをしました。その日は建物の周り。ダイニングルームの窓の上のほうまで雪に埋もれていましたからね。

umoreteru

建物が雪に埋もれないように掘り出す、というのが表現としてはぴったりかもしれません。
コツはスコップに雪を乗せすぎることなく、小刻みな動きで雪を掘り出しては、なるべく遠くに投げること。せっせと動き、掘っては投げ、掘っては投げ。ちょっと楽しくなってくる。雪を後方に投げるとき、「腰のひねりを使ったらウエストシェイプできますかーー!」「できるできるーー!」なーんて。笑
屋根の上には厚く積もった雪が滑り落ちそうになっています。建物内部からの熱で天井が温められ、屋根雪の内側が解けると雪崩のようにすべり落ちる。この屋根雪に埋もれて窒息死するという痛ましい事故も耳にします。
屋根雪が滑る前にはギシギシと音がしたりもするので、建物の周りの除雪では、この屋根雪雪崩にも注意しながら作業を進める必要がある、と教えていただきました。

3日目、お客様がお帰りになったあと一気にお部屋の掃除をして、休憩。静かになったダイニングルームはぽかぽかで眠くなりそうだったけど、外が温かいうちに雪かきをしてしまおう!というマダムの号令で立ち上がる。この日は屋根雪おろしです。
高いところは大好きなわたくしですが(どこかから「煙とナントカは高いところが好き」って聞こえてきます…)、屋根雪おろしもまた事故のニュースが後を絶たない危険性の高い作業。安全に作業をすすめるためにどんな点に注意したらいいか、峰の原歴20数年の湊さんからコツを教えてもらいます。
屋根の構造別の滑りやすい場所、滑落防止のための足場とする位置、スコップさばき。
慣れていても事故は不意に起こってしまうもの、細心の注意を払っての作業です。

yane

目的の現場の雪が片付いたら、お楽しみ・・・ご褒美の雪遊びの時間♪
雪だるまを作れたらいいな、くらいに考えていたのですが、さすが、この土地のひとは違います…!:>

落ちた屋根雪から傾斜のある建物裏庭でソリ遊び!

sori

雪にかき氷のシロップをかけて、顔を突っ込んで食べてみたり!!!

kakigoori

ふかふかのパウダースノーにダイブしたり、屋根から滑りおりたり!!!!

jump

子供のころにやってみたかったこと、大人から「危ないからダメ」と言われ、やらなかったこと。あれやこれや、夢がかなった。:>>

yume

今回の雪遊び、確かに危ない面もあるけれど、例えば飛び込む場所も雪が深いとか下に危険物が埋まってないとか、認識したうえで場所を選んでいました。「大雪で玄関が雪で埋もれたときは2階の窓から屋外に脱出するのよ」なんて話も聞かせていただいたこともあるほど、雪とともに暮らす雪の達人のペンションオーナーご夫妻は、雪遊びの天才でもありました。

海無し山無し雪無し地域で生まれ育った私には、豊かな自然は憧れ。雪は非日常の世界です。
しかし、雪のある地域での暮らしにおいては、雪はしばしば生活に支障をきたすやっかいな存在でもあります。
実際に、私自身も都会で暮らししていたころは雪かきに手間や時間をとられることはなかったわけで、、、。あまり「楽しい」ばかりフォーカスするのは不謹慎かなあ、とも思うところもあるのですけれども、雪の多い地域のひとたちが「猫の手も借りたい」ときに、猫の手くらいには役に立てて、さらに貴重な雪国体験を楽しむことができるなら、それはそれでWIN-WINな関係なのかな、なんて。:oops:
「雪は難儀なもの」と「雪に触れるのが楽しい」という異なる価値観は共有しなくても、ああ、そういう捉え方もあるのね、くらいに価値観の違いを受け入れることで一緒に活用できるなら、それはそれでアリかなと、図々しい私は考えるのです。
そして、あんなことやってみたい、こんなこと楽しそう♪とズケズケと語るのであります。;D

峰の原高原は、知れば知るほど面白い。クセになる魅力にあふれています。
およそ40年ほど前、ペンションブームの頃に開拓されたという峰の原高原のペンション村。ここに住むひとたちは、この地の豊かな自然を愛し寄り添い、共に暮らすことを選び移り住んだひとたちです。つまり地元目線もよそ者目線も持ち、あらゆる視点から見る峰の原の魅力を知り尽くしています。だから、誰とでも楽しみ方を共有できるのでしょう。

峰の原高原の魅力は、豊かな自然とその自然を愛する人たちであると、私は心から思っています。

☆☆☆☆☆☆★☆

◎峰の原高原観光協会
http://www.minenohara.net/

◎須坂市観光協会
http://www.suzaka-kankokyokai.jp/

※峰の原高原の“ひと”の魅力。
ペンションのオーナーさんたちが発信されているブログやファイスブック、インスタグラム等のSNSには、四季折々の美しい自然や美味しい楽しい手作りのイベントなどのようすが紹介されています。あんなに美しい写真を撮れるのは愛が溢れているからに違いない!
私はその記事や写真から峰の原高原の“ひと”の魅力も垣間見えると思っています。
是非、検索して 見てくださいね。

2018/02/16

峰の原高原のペンションでお仕事体験してきました。

Permalink 18:51:01, カテゴリ: 田島隊員(農林課)  

峰の原地域担当ではありませんが、
峰の原に入り浸りの須坂市地域おこし協力隊(農林課)の田島です。
こんにちは:p

kira1

峰の原高原のペンションの皆さまには、私が紹介した須坂の農家さんの農産物やジビエ肉を仕入れていただいたり、環境保全のイベントで狩猟や有害駆除についてお話しする機会をいただいたり、信州ジビエマイスターを一緒に受講し、ジビエカフェイベントを開催したり…と、日頃から大変お世話になっています。

2月10日からの三連休は、峰の原高原でペンションのお仕事体験をしてきました。
食材が、食事としてお客様にリレーされる(提供される)場を体験させていただきたくて、お仕事体験の受け入れをお願いしたところ、ぺンションきら星の湊さんに快くお受けいただきました。

私が体験したお仕事といえば、簡単なお掃除や調理場でのお手伝い、ベッドメイクはお手伝いというよりもコツを教えていただいた程度かな、それと雪かき。猫よりはマシといった程度かもしれませんが、ほんの少しでも役に立てていたら嬉しいな:.

taji
"体験"とはいえ、ガチで頑張ってきましたよ! by タジマ

☆☆☆☆☆☆☆★☆

この3日間のお仕事体験では、ペンションの仕事の経験はもちろん、多くのことを感じる機会をいただきました。
すべて綴るとたくさんありすぎて長くなる(笑)ので、今日のところはひとつだけ、お客さまにお料理を提供するお仕事のお手伝いで感じたことについてお話ししたいと思います。

三連休は、20名を超える団体のお客様が連泊して宿泊していらっしゃいました。
お客様はこのペンションのお料理の美味しさや居心地のよさを気に入ってリピートされている常連さんです。

1日目の夜はコース料理。前菜、サラダ、スープ、メイン、デザートと順々に出していきます。調理場は果てしなく広いわけではありません。ガス台もオーブンも盛り付けを行うテーブルの広さも限りがあります。しかし暖かいものは暖かいうちに、20数名分を途切れることなく出していく。一品仕上がるごとに、皿を並べては盛り付けて出し、盛り付けて出し。盛り付けている間に、マダムは次の料理を仕上げていたり、その次の料理の準備をしていていたり、ドリンクの注文が入ったり、複数のことが同時進行です。さあ次!と構えていると、ご主人から「まだ食べ終わっていないからもう少し待って。」厨房はもちろん、客席の様子も把握しながら作業が進みます。
段取り、手際、鮮やかで、瞬きしている間にいろいろ進んでいる!さすがプロです。

そんなところを少しでも学びたい気持ち(=飲食店側)と、
やはり自分自身が一消費者、一生活者である目線(=客)もあるわけですが、
サービスを提供する側の「できるだけ美味しく、快適に過ごしてもらえるように」という誠意ある仕事ぶりや真心を感じるにつけ、
私の中では、
・提供する側としてその姿勢を学びたいという気持ち と、
・美味しいもの、快適な環境を提供してくれることに感謝する客側の目線での気持ち が、
同時に存在していました。

きっとそれは、この日のお客様も同じ:)
食事の済んだお皿を下げてくれたり、「お手伝いできることありませんか?」と声をかけてくれたりもしました。
代金とは別に、美味しいお料理、快適な環境で過ごせることへのお礼の気持ちを、何らかのかたちで表したかったのだろうな。。:oops:

食材が消費者に届けられる過程において、美味しい料理は重要なポジション。
さらに、料理をする人のひとの誠意やお人柄もまたお料理とともに食べるひとに届けられ、「ごちそうさま」という感謝や感動のリレーをつなぐ、とても重要な要素に違いない、と思いました。

ペンションきら星の湊さん、この度は(も)大変お世話になりました。
貴重な経験をさせていただきましたこと、心より御礼申し上げます。

=『ペンションきら星』田島目線のご紹介♬ =
お料理が美味しいペンションきら星さん。
春は山野草、秋は山のきのこ、冬はジビエ!!!
マダムは長野県認定の信州ジビエマイスターです。
ご主人は雪遊びの天才:>>
山の美味しいもの☆楽しいことをおなかいっぱい味わえますよ♪:p

長野県 須坂市 大字仁礼峰の原3153-726
0268-74-3644

ホームページ
https://www.p-kirabosi.jp/

Facebook:
https://www.facebook.com/P.KIRABOSI/

shijuukara

※次回のブログは、「峰の原高原のペンションでお仕事体験」こぼれ話・・・というか、裏の目的というか・・・・
 雪かき&雪遊びの巻!を予定しています。 タジマ、年がいもなく思いっきりハジけてきました;)

2018/02/09

信州の冬のご馳走♪みんなで鴨南蛮そばを作りました。

Permalink 17:04:33, カテゴリ: 田島隊員(農林課)  

狩猟女子で(ひよっこサンデーハンターですが…)
蕎麦打ちが趣味の(まだ蕎麦打ち歴2年ですが…)
須坂市地域おこし協力隊の田島です。こんにちは:p

今期の狩猟シーズンも、目標は、「鴨南蛮そば」
自分で獲ったカモと、自分で打った蕎麦をふるまえたらいいなあ、と思いながら出猟していました。

なんとか整いましたので、
友人であり須坂グリーンツーリズムという市民団体で一緒に活動させていただいている方々にお願いし、イベントとして楽しんでいただけるものか、またそのやり方などについて検討するため、お試し体験をしていただきました。

私の担当は鴨と蕎麦打ち。
Wさんには自家菜園から、雪の下の甘い松本一本ネギや、春を告げるフキノトウ、大根をお持ちいただきました。

yasai

さあ、みんなで蕎麦打ち体験をしていただきます:>>

粉に水を含ませる「水回し」、滑らかに「捏ね」てから、空気を抜く捏ね工程の「菊練り」に「へそ出し」
ここまでやってから、「延し」と「切り」を参加者に順番に体験していただきました。

akamatusan

sobakiri

蕎麦切り用の大きな包丁や、こま板の使い方のコツを説明し・・・
(わたし、蕎麦切りの前に集中力が切れてしまうので苦手なんですが…そんなこと言ってらんない!88|

soba

こんな感じに切れました。

そして、お待ちかね☆
千曲川で獲れたマガモと雪の下から掘り出した信州の伝統野菜 松本一本ねぎで 鴨南蛮そば♡

kamonann

大寒の時期に獲ったカモは、旨みと脂がたっぷり。そこに、これまた雪の下で旨みが凝縮されたネギと大根おろしの相性抜群!
フキノトウの天ぷらも美味しいこと。。:oops:

持ち寄った食材をみんなで調理したら、ランチオンミーティング。
自分たちのできることを見直したり、連携の可能性を考えたり。決して堅苦しくない、ブレインストーミングです。
美味しい食事でリラックスしていい脳波が出ているのが、「できるか、できないか」じゃなく、「こんなの楽しそう、やってみたいね~」とポジティブに会議がすすみました。

本業のお仕事とは別に、「グリーンツーリズム」という都市のひとを農村に受け入れ交流をして楽しんでいただく活動をするうえで、訪れる都市のひとも受け入れる農村のひとも、どちらも楽しめるものでないと「交流」って、成り立たないんじゃないのかあ、と個人的に思うところです。都会暮らしも信州移住暮らしも経験している自分たちだからこそ、両方の立場で見れて、両方の立場で楽しいと感じうことができるような、そんなことをやっていきたいね、と、話は尽きませんでした。

2018/02/02

冬の移住暮らし日記。アウトドア肉料理講習会

Permalink 15:05:59, カテゴリ: 田島隊員(農林課)  

明日は節分。
ようやく、大寒が過ぎようとしています。いやぁ~寒かったなあ~。
マイナス10℃とか…鼻の穴あたりががさがさしました。。88| 
その翌週に再びマイナス10℃の日があったとき、寒いけど、前よりやりすごせるというか、大丈夫だったのは、少しは寒さに慣れてきているのでしょうかねぇ。。
地域おこし協力隊の田島です。こんにちは:p
(寒さに対する”心構え”の違いかな?;)

ぶどうの栽培を教わっていたとき、大寒のころは農作業はお休みしていました。(品目や農業者さんによるかもしれませんが)
立春を過ぎてから、少しづつ動きだしました。
今年ももう少しだけ、畑を訪ねるのはおやすみして、
狩猟シーズンが終わったら、信州須坂の果樹畑から情報発信をしたいと思います。

もうしばらく、わたくしの信州移住暮らし日記にお付き合いくださいませ;)

さて。
先日、東御市で開催されたイベントに参加してきました。
なんと ”三種のロースト三昧と無添加ベーコンづくり” 

niku

鶏・豚・牛のローストを作って食べ比べしたり、ちょっとハードル高そうな手作りベーコンにも挑戦:>

その調理器具がなんと段ボールオーブン!気軽な野外料理のイベントながら、調理科学の理論を抑えたコツやポイントを丁寧にわかり安く教えていただきました。

o-bun

o-bunndekita

開催場所が東御市であったため、参加者は東信地域の方が多かったのですが、長野地域や北信地域、さらには大阪からはるばる参加された方もいらっしゃいました。

東信地域に移住された方とお話しをしていたところ、須坂や小布施にも車で1時間くらいで行けるのだから行きたいのだけど、なかなかいけないのよね、とのこと。それって、移住者あるあるですね、まずは移住した地域のことを知りたいし楽しみつくしたいから、なかなか他に出かけられないのよね:>> なーんて、二人で笑いながら話したりしたのも楽しかった。

さて、この段ボールオーブン料理、
仕込みをしたお肉と段ボールオーブンを畑にもっていったら、
農作業しながらベーコンつくれちゃうなあ~:oops:

立春が過ぎ、農作業が始まったら
これを持って果樹園のお手伝いにいこうかな;D

須坂を拠点にすこしだけ遠出をすることも覚えた移住暮らし3年目の冬。
わたくしの地域おこし協力隊の任期も2か月をきりました。

2018/01/29

狩猟日記 1月27日

Permalink 17:16:44, カテゴリ: 田島隊員(農林課)  

寒い日が続いております。
寒さ対策万全にしてぼちぼち出猟しておりますが、先週の土曜日の朝は鼻の穴付近がごそごそしました。。呼気が凍ったのかしら:roll:

この日の朝、集合したときの気温はマイナス10℃。ひょえーっ88|
先週、東京では48年ぶりにマイナス4℃を記録し、凍結した水道管によるトラブルが多かったようです。
埼玉県北部にある私の実家でも、水道管が凍り水が出なかったそうです。
信州のひとにとって、マイナス10℃くらい「あるよねー」かもしれませんが、関東育ちの私には「ひょえー!」・・・非日常というか未知の世界というか。そうはいっても、さすがに移住して3度目の冬なので、「そうか、こんなこともあるのかー」と落ち着いて受け入れられるようになってきました。;)
地域おこし協力隊の田島です。こんにちは:p

今日のブログは
記念すべき狩猟日記。なぜなら~、
はじめての~、
アオクビ、GET!!!

aokubi
(マガモのオス、通称「アオクビ」)

去年、ベテランハンターさんに初めてカモ猟に連れていっていただき、今年は2シーズン目となりました。
狩猟のはなしをよくしている割に、まだアオクビ獲ったことなかったの?と言われそうですが・・・なかったんです。はじめてなんです。(嬉し泣き)

射撃の技術もまだまだおぼつかないので、ベテランハンターの方にカモのいるポイントに連れて行っていただいてもなかなか当たりません。しょぼぼーん…:(

射撃の面以外の問題では狩猟判別。カモが近くの水面にほよほよと浮いている状態ならば、狩猟の獲物としたい数種類のカモを判別できても、これが飛び立ってしまうと光の加減でぱっと見では何の鳥がわからず見極めているうちに、引き金をひくのが遅れてしまうことが多いのです。それと、たくさんのカモが一斉に飛び立っってしまうとどれを狙おうかと焦ってオロオロしまう・・というのもあります:crazy:

技術の問題や知識・意識の問題も絡み合って、なかなかうまくいかなくて、悩んで悩んで悩んだ今シーズン。
この日、師匠がかけてくれた「非狩猟鳥獣のいるところには連れていっていないのだから、判別に悩まずとにかく撃ってみろ」という言葉に背中を押され午後から気持ちを切り替えたら、初めてのアオクビを獲ることができました。

うまくいかなくて、悩んで、辛くて。射撃や狩猟を教えてくださるベテランハンターさんや一緒に行ってくれる友人ハンターさんに心配をかけつづけるのも申し訳なくて、また悩んで。
暗い迷路を堂々巡りしているような日々にやっと獲れたアオクビでした。嬉しかったな。楽しかったな。
やっぱり、やめられない。頑張るしかない:P

カモは有害鳥獣捕獲はしないので狩猟期間(11月15日~2月15日)が終われば来シーズンまでお預けです。
2月15日まで、あと17日。出猟できるのもあと数回ですが、それまでに、現場で学べること身に付けること、1回1回を大切にしっかり経験を積もうと思います。

kamo

この日、3人での猟果。
去年と今年これまでで私が出猟した中では、1番収穫のあった記念すべき日となりました。

※ 文中にノーリードの狩猟犬の写真がありますが、一般的には飼い犬は常に係留することが飼い主の遵守事項とされています。長野県条例において「飼い犬を警察犬、狩猟犬、盲導犬その他の特定の目的のために使用する犬として、その目的のために使用するとき」は例外として認められています。

:: 次のページ >>