須坂市地域おこし協力隊 活動中!

明るく!元気に!須坂市を盛り上げるべく奮闘中!

カテゴリ: 田島隊員(農林課)

2017/08/14

地域おこし協力隊 く地域間連携活動のご報告~信濃町

Permalink 11:13:08, カテゴリ: 田島隊員(農林課)  

他地域で頑張る協力隊員との交流から連携へ。小さな歩みではありますが、持ちつ持たれつ、共に盛り上げていこうという気持ちが繋がったと感じる瞬間、とてもワクワクします。
…ん?それって、地域内でも地域外でも、仕事でもプライベートでも、どんな人間関係の中にあっても同じことかも。やっぱりご縁とは有り難いこと、ってことですね。地域おこし協力隊の田島です。こんにちは!:p

ちょっと前のことになりますが、北信地域振興局主催による地域おこし協力隊意見交換会に出席しました。そこで久しぶりにお会いした信濃町の協力隊員の新井さんに、「とうもろこしのアイスが食べたい。」などと話していたら、イベントを開催するとのこと。そこからはオンラインチャットでの作戦会議…とはいっても、私は聴き役&感想を述べるだけですが。他人の感想から、新たな発想につながることもあるので、少しはお役に立てたかな。

地元の特産物であるとうもろこしを使い、食べ比べやさまざまな料理を作って試食したりしながら、地域のひとと楽しい時間を過ごす、というのが主な目的とのこと。そこで私は友人でもあり、料理教室を主宰しライターとしても活躍している野菜ソムリエプロの戸谷澄子さんを紹介しました。

そんなこんなでイベント当日。素材を活かし、簡単な手順でできる主婦目線を活かした澄子さんのお料理教室は大好評で、「この連休中に家で作ります!」と宣言をされる方もいらっしゃいました。

moro1
(白い品種『雪の妖精』と黄色い『恵』。生で、蒸して、味比べ。)

moro2
(みんなでいろいろなお料理にチャレンジ!)

正解は何通りもあるので、例えば講師を地域内のお料理上手な方にご協力いただくというのもいいと思います。その場合は、もしかしたら、参加対象を地域外のひとに広げるといいかもしれない。だって、「生産地ならではの食べ方」って地域外のひとにとっては秘密の花園に足を踏み入れるような非日常のワクワク感を誘うと思いませんか?;)
今回は参加対象が主に地域内のひとでしたので、地域外から講師をお呼びしたことで、地域のひとには新たな発見を、講師の方はその地域の良さ(今回の場合は想像を超えた甘さを持つとうもろこしの美味しさ)を知り、その方の周りの方々に発信するという、地域内外において利点があったのではないかと思います:.

moro3
(下のコーンクリームを混ぜながら、カルボナーラのような感覚でいただきました)

moro4
(とうもろこしムース。砂糖を一切使っていないのに、コクのある甘さ!しかも簡単(^^♪)

さて、今回の私の須坂市外での活動が、須坂市での“なにか”に繋がればいいですが、どうなることやら。
信濃町の野菜と須坂市の果物を使った“なにか”やりたいですね、と声をかけていただいているのですが、、、。:oops:
このブログを読んでくださっている須坂市の皆さん・須坂ファンの皆さん、信濃町との連携でできること、どんなことをしてみたいですか?
実現可能性はあとで考えるとして、自由な発想からのアイデア、是非お聞かせください。:idea:

“競争”ではなく“共働・共栄”のコンセプトで、今後も他地域との連携ができればいいなと思います。

最後に、
須坂市豊丘地区のとうもろこしも飛びきり美味しいです!!!
とうもろこしが美味しいと評判の信濃町と須坂市豊丘地区の共通点、ご存知ですか?
どちらも東京スカイツリーと同じくらいの標高だそうです。
豆知識でした:p

2017/08/08

地産地消から見る『楽園須坂』

Permalink 18:03:19, カテゴリ: 田島隊員(農林課)  

須坂に移住して2年と4か月。地元の野菜・果物を美味しくモリモリ食べて幸せな毎日です。埼玉産(出身)の私の体の細胞は信州産・須坂産の食べ物でできているといえるのではないでしょうか。地域おこし協力隊(農林課)の田島です。こんにちは:p
そうそうジビエもね;)

“地産地消”
須坂暮らしのなかで私はふと思いました。
地産地消って、地元の人に対する呼びかけというより、地域に訪れた地域外の人にその地域のものを食べていただくことなんじゃないかって…。
なぜなら、地域のひとは、改めて言われなくても“地産地消”-地域のものを食べていると思うのです。
お百SHOPなどの地元直売所はもちろん、スーパーにも産直コーナーが設けられていたり、主に果樹を栽培する農家さんも自家用の野菜やコメを栽培していたり、農家でなくても趣味で家庭菜園を楽しまれている方も多い印象を受けます。春や秋には信州の山々で採れる山菜や天然キノコの話題で盛り上がったりします。畑を持たない私のような者でも農作物を栽培されている方からとびきり新鮮なおすそわけをいただくこともしばしば…:oops:(だからこその冒頭で申し上げたとおり。私の細胞は須坂産の食べもので出来ている!;)

須坂に来たばかりのころ、よく耳にするフレーズで驚いたのが、「親戚(あるいは友人・知人)が農家だからブドウとリンゴはもらう」。
で、続くのは、「あのうちは○○は作ってないから○○を差し上げよう」というように、“ご縁と良心と信頼関係”でモノがまわっているケースがしばしば見受けられます。

ちょっと話がそれますが、経済ニュースに目を通していると、近年『新しい資本主義』なるワードを見る機会が多くなりました。バブル経済の発生や崩壊を繰り返し従来型資本主義が行き詰まりを迎え、新たに価値を見出されているのが“人との繋がりや共有”といったことであり、「人と人の信頼が資本となる」というものです。経済だけでなく社会の在り方がどのように変化していくのか気になるところです。

そこで、須坂での暮らしについて振り返ってみると、既に“ご縁と良心と信頼関係”でモノがまわっている。ですがそれは時代の先端を切り開いているというより、昔から地域のひとたちが築いてきたもの、もともと地域に根付いた特性なのかなと感じています。

つまり、ここは心優しい人が住む『楽園須坂』。
声を大にして言いたい須坂の魅力のひとつなのです。

happy

2017/07/31

東を向いて笑顔で食べよう!初物りんご『夏あかり』

Permalink 13:16:53, カテゴリ: 田島隊員(農林課)  

わーーーーはっはっは!:)):)):))
せっかくだから、狂言師のように!豪快に笑いながら!
東を向いて、初物を食べます;)地域おこし協力隊の田島です。こんにちは♬

まずは、これ!

rinngo

夏のりんご『夏あかり』です。昨日7月30日の朝、撮影しました。

正真正銘、いまが旬の採れたて、初物りんご:oops:

同じ木を1週間前に見に行ったときは、まだほんのりとしか赤みが出ていませんでした。

(7月24日 撮影)
ringo2

美味しそうに色づいた「夏あかり」を、ひとついただいてガブリ!B) 
さわやかな甘みは夏にピッタリです。

晩秋のりんごと比べると夏のりんごは「ボケ」やすいそうです。

(※りんごは比較的貯蔵性がよいとされますが、それでも数日おいておくとシャキシャキ感が薄れふかふかしてきます。お味や香りもなんとなく薄れていくような。そんな状態を「ボケる」と表現します。さて、これは方言なのでしょうか?「そのような表現は知らない・使わない」という方、出身地を教えてほしいです。単に個人的な興味ですが:.

食べごろ期が短めの夏あかり。
まだまだ暑い盛りとはいえ、収穫を終えるころには、立秋、秋の始まりです。

フルーツ王国信州須坂が、ますます盛り上がる季節です。

なんどもなんども、東を向いて、明るく、楽しく、笑いながら!
この夏も秋も、とびきり美味しいフルーツを食べましょう♬

ringo3

2017/07/28

フルーツ王国信州須坂の隠れたおススメ

Permalink 15:12:17, カテゴリ: 田島隊員(農林課)  

地域おこし協力隊(農林課)の田島です。こんにちは。
生食用プルーンの出荷が始まり、昨日、収穫のお手伝いをしてきました。
今出回っている品種は、「アーリーリバー」。小粒ながら甘さと酸っぱさのバランスのよさが特徴です。
収穫しながら、出荷には不適なくらい熟している実を見つければポイッと口に放り込みつつ・・・。ん~、お・い・し・い~!!!

プルーン

市場に出荷する果実の収穫する熟度は、全体が黒ずんできて触ったらハリのある弾力を感じる程度とのこと。なんとなく赤っぽかったり、硬すぎるものはもう少し木にならしておきます。その見極め、最初は難しいかな?と思ったのですが、収穫しているうちに、色合いの違いや触った感触でわかってきます。

収穫作業では、市場への出荷に適した「規格品」のほか、「規格外」扱いの完熟果実や表面がざらざらのサビのような模様がついてしまった果実も摘み取っていきます。

プルーン2

私が注目し、特に地元や近隣地域の方におススメしたいのは、この「規格外」
たとえば完熟のプルーン。その果肉は水分が回っていて柔らかくしっかりと味が乗っていてとても美味しいのです。しかし残念ながら、その実の柔らかさにより輸送中に傷んでしまったりつぶれてしまったりする可能性があるので、遠隔地への輸送には向きません。別の言い方をすれば、完熟果実は、生産地だからこそ入手することのできる贅沢な味わいです。
また、サビ果についても、見た目が劣るというだけで味には変わりはないので、ご家庭用として生で食べても問題はありませんし、ジャムなどの加工にしてもよいでしょう。

プルーン3

そんな魅力の詰まった規格外品、市場に出回らないのにどうやって入手するか。
答えは単純、生産農家さんと繋がること。
要するに、「人のご縁」です。

わたくしは須坂市地域おこし協力隊に着任してから、須坂の農家のみなさまにお会いし、お話しを伺ったり、農作業の体験をさせていただいたり、一緒に農イベントを開催したりしながら、少しずつご縁を広げてきました。
美味しい食べごろの見分け方を教わりながら、実際に見たり触ったり食べ比べたりさせていただきました。そして、お土産にといただく「規格外品」の果物たちは、私にとって、買いたくても買えない貴重な果実となりました。
そんないただきものを友人や知人におすそ分けしていると、「購入したいので農家さんを紹介してほしい」という声をいただくようになりました。

こんな「規格外」果物たちの価値を見直したい!その価値を共有したい!
…と、思うようになりました。。

…ならば!
やってしまえ~!!!! と、いうことで、、:p

わたくし、この夏、お買い得価格での販売をお手伝いします!

【農家さん】と【消費者】のご縁むすび。

『フルーツすざかサポーターズ』Facebookページにて、
お買い得な規格外品の販売情報がありしだい、ご紹介してまいります。
https://www.facebook.com/suzakadegoen/
Facebookページへの「いいね!」やフォロー、よろしくお願いいたします。

まずは、旬を迎えたばかりのプルーン!いかがですか?
 *取りにきてくださる方限定。(須坂市亀倉)
 *数量は1キロ~
 *時価(状況や品種により異なります。お問合せください。)

ご注文、お問合せは
『フルーツすざかサポーターズ』Facebookページのコメント欄かメッセンジャー、または下記Emailにて承ります。

フルーツすざかサポーターズ事務局(須坂市地域おこし協力隊 田島和恵)
Email suzakadegoen@gmail.com
Tel 080 - 4370 - 4424

フルーツ王国信州須坂の隠れたおススメ

Permalink 15:12:17, カテゴリ: 田島隊員(農林課)  

地域おこし協力隊(農林課)の田島です。こんにちは。
生食用プルーンの出荷が始まり、昨日、収穫のお手伝いをしてきました。
今出回っている品種は、「アーリーリバー」。小粒ながら甘さと酸っぱさのバランスのよさが特徴です。
収穫しながら、出荷には不適なくらい熟している実を見つければポイッと口に放り込みつつ・・・。ん~、お・い・し・い~!!!

プルーン

市場に出荷する果実の収穫する熟度は、全体が黒ずんできて触ったらハリのある弾力を感じる程度とのこと。なんとなく赤っぽかったり、硬すぎるものはもう少し木にならしておきます。その見極め、最初は難しいかな?と思ったのですが、収穫しているうちに、色合いの違いや触った感触でわかってきます。

収穫作業では、市場への出荷に適した「規格品」のほか、「規格外」扱いの完熟果実や表面がざらざらのサビのような模様がついてしまった果実も摘み取っていきます。

プルーン2

私が注目し、特に地元や近隣地域の方におススメしたいのは、この「規格外」
たとえば完熟のプルーン。その果肉は水分が回っていて柔らかくしっかりと味が乗っていてとても美味しいのです。しかし残念ながら、その実の柔らかさにより輸送中に傷んでしまったりつぶれてしまったりする可能性があるので、遠隔地への輸送には向きません。別の言い方をすれば、完熟果実は、生産地だからこそ入手することのできる贅沢な味わいです。
また、サビ果についても、見た目が劣るというだけで味には変わりはないので、ご家庭用として生で食べても問題はありませんし、ジャムなどの加工にしてもよいでしょう。

プルーン3

そんな魅力の詰まった規格外品、市場に出回らないのにどうやって入手するか。
答えは単純、生産農家さんと繋がること。
要するに、「人のご縁」です。

わたくしは須坂市地域おこし協力隊に着任してから、須坂の農家のみなさまにお会いし、お話しを伺ったり、農作業の体験をさせていただいたり、一緒に農イベントを開催したりしながら、少しずつご縁を広げてきました。
美味しい食べごろの見分け方を教わりながら、実際に見たり触ったり食べ比べたりさせていただきました。そして、お土産にといただく「規格外品」の果物たちは、私にとって、買いたくても買えない貴重な果実となりました。
そんないただきものを友人や知人におすそ分けしていると、「購入したいので農家さんを紹介してほしい」という声をいただくようになりました。

こんな「規格外」果物たちの価値を見直したい!価値のわかるひとたちと共有したい!
…と、思うようになりましたいうことで、、
わたくし、この夏、お買い得価格での販売をお手伝いします!

農家さんと消費者のご縁むすび。
**『フルーツすざかサポーターズ』Facebookページにて、
お買い得な規格外品の販売情報がありしだい、ご紹介してまいります。**
https://www.facebook.com/suzakadegoen/
Facebookページへの「いいね!」やフォロー、よろしくお願いいたします。

まずは、旬を迎えたばかりのプルーン!いかがですか?
*取りにきてくださる方限定。(須坂市亀倉)
*数量は1キロ~
*時価(状況や品種により異なります。お問合せください。)

ご注文、お問合せは
『フルーツすざかサポーターズ』Facebookページのコメント欄かメッセンジャー、または下記Emailにて承ります。

フルーツすざかサポーターズ事務局(須坂市地域おこし協力隊 田島和恵)
Email suzakadegoen@gmail.com
Tel 080 - 4370 - 4424

:: 次のページ >>