須坂市地域おこし協力隊 活動中!

明るく!元気に!須坂市を盛り上げるべく奮闘中!

カテゴリ: :退任:合木隊員(観光協会)

2016/06/20

須坂が誇る景勝地「米子大瀑布」

Permalink 08:28:36, カテゴリ: :退任:合木隊員(観光協会)  

観光協会の合木です。

今、米子大瀑布はレンゲツツジが見頃です。

つつじ

米子大瀑布は、NHK大河ドラマ真田丸のオープニング映像に採用されたこともあり、4月末の林道開通以来、多くのハイカーや観光客が訪れています。場所がら正確な訪問客数の把握は難しいのですが、昨年よりも明らかに増加していると感じます。

「車を降りたら即絶景」という容易な観光地ではなく、狭くカーブの多い林道を30~40分も運転し、さらに1周1時間半の険しい山道を歩かねばならない場所ですが、一度訪れた方は、カルデラ地形の雄大な景色や圧倒的な不動滝の迫力に感動されています。

私も今シーズン既に10回訪れましたが、滝近くでくつろぐ日本カモシカ、可憐な高山植物や山野草の花、滝に架かる2重の虹、里から止めどもなく湧き上がる雲など、忘れられない光景を目にしました。間違いなく他所に類をみない景勝地として、須坂が誇れる場所の一つであると思います。

カモシカ

2016/03/16

須坂市内で謎解きイベントを開催します!

Permalink 09:22:22, カテゴリ: :退任:合木隊員(観光協会)  

観光協会の合木です。

須坂アートパークの「三十段飾り千体の雛祭り」や臥竜公園の「さくらまつり」には毎年大勢のお客様が見えられていますが、残念ながら、それが須坂の町なかで観光や消費に結び付いていないのが現状でした。

そこで、観光客の回遊性向上や須坂再訪率の向上を目的とした「信州須坂 春の謎解き大作戦」を企画しました。公園内や街歩きをしながら謎解きを行い、蔵のまち観光交流センターや市街地の店舗を巡って頂き、お買い物や飲食を楽しんで頂こうという内容です。

実施期間は、須坂アートパークでは「ひなまつり編」を3月11日(金)~27日(日)に、臥竜公園では「さくらまつり編」を4月1日(金)~24日(日)に開催し、この2つの謎解き正解者がレベルアップ問題「蔵の町なか編」に挑戦できます。さらに、この問題に正解すれば素敵な賞品が抽選で贈呈されます。

どんなイベントなのかは、ご来場頂いてのお楽しみ。須坂市民の方でも楽しめる内容だと思います。ぜひ、須坂アートパーク三十段飾り千体の雛祭りと臥竜公園さくらまつりにお出かけ頂き、このイベントにご参加下さい。

なぞとき

2016/02/22

須坂ロケ映画が完成し夕張国際映画祭に招待上映!

Permalink 08:43:00, カテゴリ: :退任:合木隊員(観光協会)  

観光協会の合木です。

2014年秋に、須坂でロケを行った映画「アルビノの木」(金子雅和監督作品)が、この度、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」に招待上映されることになりました。

この映画祭は、開催26回を数え、国内外問わず多くの映画関係者・映画ファンが集まります。

「アルビノの木」ご出演の俳優・長谷川初範さんは、マスコミ取材に対し「是非多くの皆様に観ていただきたい作品です。会場でお待ちしています!」と回答し、同じく出演女優の山田キヌヲさんはコンペティション部門の審査員としても登壇されますので、大変な注目を集めることになると思います。

映画シーンの約6割近くを須坂ロケが占め、須坂駅、県立須坂病院、商工会議所、八町の田園風景、米子の山林や沢、五味池破風高原、峰の原高原など、須坂の美しい自然や景観がいっぱい登場します。

須坂ロケの際は、我々協力隊も、エキストラ募集やロケのお手伝いをし、医師・村人役等でエキストラ出演もさせて頂きました。

一般劇場公開は今年秋予定ですので、ぜひ映画館にお出かけ下さい。

※映画祭は北海道夕張市で2月25日~29日の開催。

▼シルキーホールでの試写会と、監督・出演者挨拶(9月)
ごうきさん

2016/01/19

昨年末にシルキービルで『追悼 水木しげる展』開催

Permalink 09:00:24, カテゴリ: :退任:合木隊員(観光協会)  

【協力隊活動報告 平成28年1月号に掲載された記事です。】

観光協会の合木(ごうき)です。

昨年末約2週間、須坂駅前シルキービルの2階市民ギャラリーにおいて「追悼 水木しげる展」を開催し、大勢の方にご来場頂きました。

漫画家の水木しげる氏が昨年11月30日に93歳で亡くなられたという報道を話題にしたところ、周囲にゲゲゲの鬼太郎・水木ファンが大勢居ることが分かり、急遽「信州須坂水木会」を結成し、追悼の意味で展示会を開くことに致しました。

みずき2

個人所有の著書(自伝漫画・妖怪五十三次、紙芝居・貸本屋時代の復刻漫画)やゲゲゲの鬼太郎の関連グッズ(全国ご当地ストラップなど)を集めて展示したところ、大変ご好評を頂き、記帳ノートには『一時代がやっと終わった感じです』『幸福の七か条が気に入りました』『大ファンです、先日のニュースはショックでした』などのメッセージが寄せられ、水木氏が老若男女に関わりなく愛され、尊敬されていたと感じました。改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。

みずき1

この展示会と同様に、今後も、須坂観光や集客に貢献するイベント・展示会を、須坂市民と一緒に考えて行きたいと思いますので、ご協力・ご支援よろしくお願い致します。

※須坂新聞社様、須高ケーブルテレビ様に記事掲載・ニュース報道をして頂きました。ありがとうございました。

2015/12/22

お土産用の袋・包装紙の制作

Permalink 08:43:51, カテゴリ: :退任:合木隊員(観光協会)  

【協力隊活動報告 平成27年12月号に掲載された記事です】

観光協会の合木です。

中町にある創作和雑貨のお店のヤンネで、デザイナーとして活躍している中沢さんと一緒に、蔵のまち須坂のロゴ開発とお土産用の袋・包装紙の制作に取り組みました。

今まで、銀座通りの「蔵のまち観光交流センター」では、買い物客に対し無地のビニール袋や市販の包装紙を利用していました。一方、須坂や蔵の町を表現する、既存のロゴ・デザインは用途・目的等に制限があり、容易に利用できない事情がありました。

そこで、「須坂」という地名の認知度向上、「蔵のまち」を印象付ける遊び心あるデザインで効果的に「須坂」をアピールできること、また、須坂の活性化に資する目的であれば、誰もがいつでも利用できることを条件に、オリジナルデザインのロゴ・包装紙・お土産袋を制作しました。製作過程では、観光交流センター・スタッフの意見をお聞きしながら、何度も修正を繰り返しました。

完成したデザインは、買い物客をはじめ、お使い頂いた市内店舗でも好評で、色違いやサイズ違いのものを増刷することになりました。商業観光課・観光協会のイベント時に着用するスタッフ・ポロシャツにも胸の「ワンポイント」としてご採用頂き、12月からは須高ケーブルテレビ製作の4Kチャンネル番組のタイトル画面でもご利用頂いております。

※蔵のイラストには、土台がぼたもち石で、窓枠には須坂の「須」の字が隠れています。

ごうき2ごうき1

:: 次のページ >>