須坂市地域おこし協力隊 活動中!

明るく!元気に!須坂市を盛り上げるべく奮闘中!

投稿の詳細: 狩猟日記~12月6日

2017/12/07

狩猟日記~12月6日

Permalink 15:49:04, カテゴリ: 田島隊員(農林課)  

朝起きたら雪が降っていたこの日、お世話になっているベテランハンターさんにカモ猟に連れて行っていただきました。

どうも私が出猟すると天気が荒れる・・・一部のハンターさんに”荒女(アレオンナ)”と呼ばれています。
おっかしいなー、晴れ女だったはずなんだけどな~。でも否めない自分もいる|-|
地域おこし協力隊(農林課)の田島です。こんにちは:)

狩猟免許もってます、というと、「鹿とか猪とか撃つの?」とよく聞かれるので、一般的にもたれている狩猟のイメージって大物猟なのかしら。
私の場合、というか、私が幼少のころの狩猟のイメージでは獲物はヤマドリやキジ。それも食べるためではなく、剥製です。
なぜかというと、狩猟を趣味にしていた父(現役ハンター)が持ち帰ってくるものがヤマドリやキジで、親戚にも剥製を配っていたので、実家にも、親戚の家にも、ヤマドリやキジの剥製が出迎えてくれます。
鹿や猪の農林業への被害が聞こえ始めると、やがて、父の持ち帰るものが、鹿や猪の食肉に代わっていったのですが、父は今でも鳥撃ちが好きといいます。鳥撃ちに適した狩猟犬で”ポインティング・ドッグ”であるポインターやセッターを飼っています。
それが父の狩猟スタイル。
(ちなみに、昨年初めてヤマドリを炭火焼き鳥で食べたら、その美味しさに衝撃を受けました!!!)

私といえばまだまだ模索しながら、ベテランハンターさんにいろいろな猟を体験させていただいてます。
そのひとつが「カモ猟」。

「カモ猟に行ってきた」というと、どこでやっているの?どうやってとるの?と聞かれることが多いので、簡単にお話ししたいと思います。

*どこでやってるの?
カモは川や池など水辺で見かけますよね。だから猟も水のあるところで行います。

kawara

カモを見つけ、カモがついている水辺の藪まで歩いていきます。
今年の秋の大雨の影響で、藪がなぎ倒されてはいますが、道のない場所なので歩きやすくはないです。
転ばないように気をつけ、足を高く上げて藪を跨いだりして普段しないような動きで歩くので、翌朝は必ず筋肉痛XX(
もう少しすると雪が積もるので、かえってそのほうが歩きやすいかも。そうなったらわたしは”カンジキ”を使用します。
カンジキって雪の中を音なく歩けてなかなか具合いいです:D

*どんなふうにやってるの?
まず、カモを見つけます!B) 水辺にかかる藪のあるようなところに隠れるように潜んでいたりします。
あまり遠いと弾が届かないので、撃つ場所からの距離や、回収が可能かも考えます。回収には網や狩猟犬を使います。
訓練された狩猟犬の忠実な仕事ぶりには、本当に関心します。。:oops:

ron

写真は先日のカモ猟での一場面。とある場所で発砲し2羽のマガモ(※オスとメス)が落ちると、狩猟犬は川へ飛び込み1羽を回収してくるや、2羽目もしっかり回収してきてくれました。(これらのマガモを当てたのは私ではありません。あしからず…)
しかも1羽は車まで運んできてくれる・・・というか、カモを持っていると「運びますよ~♪」とばかりに犬に奪われる!でも絶対食べたりしません。信頼度抜群:.いい仕事してくれます~:lalala:

獲ったカモはそのまま数日おいて熟成させて、食べるときに羽をむしって捌きます。
カモを捌く、と聞くと、何やら大ごとのように聞こえるかもしれませんが、鳥の解体は一度見てみると、「意外とできるかも」とハードルが下がるかもしれません。実際、鳥を捌くのは初めてという料理上手な友人と一緒にカモを捌いたら、彼女の感想は「魚を捌くのに似ている」とのこと。私自身も、初めて鳥が捌かれるのを見たときに同じ感想を持ちました。

カモ猟に挑戦する私の当面の目標は、、
 自分で撃ったカモと、
 自分で打った蕎麦で、
  鴨南蛮デス!:>>

コメント:

この投稿への コメント はまだありません...

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイトに表示されません
頂いたURLは表示されます。
コメントは承認されるまで表示されません。
オプション:
 
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを cookie に記憶させます)