須坂市地域おこし協力隊 活動中!

明るく!元気に!須坂市を盛り上げるべく奮闘中!

投稿の詳細: 5月7日『おしゃべりジビエ』Café、1日限定open☆

2017/04/21

5月7日『おしゃべりジビエ』Café、1日限定open☆

Permalink 11:43:42, カテゴリ: 田島隊員(農林課)  

ジビエ大好き!
食べたい、しゃべりたい、地域おこし協力隊(農林課)の田島です。こんにちは。

5月7日、信州ジビエマイスターの峰の原高原ペンション村のマダムたちと一緒に、

1日限定『おしゃべりジビエ』Caféをオープンします!

ジビエ料理を食べたり、NAGANO WINEを飲んだり、会場である「Ne.co/みどりの図書館」の蔵書を読んだり。
カフェでの過ごし方はご自由に…

『おしゃべりジビエ』当日は、
狩猟の世界に足を踏み入れたばかりの新人ハンターや、信州ジビエマイスターがおりますので、
ジビエのことや、狩猟のこと、ざっくばらんに ”おしゃべり” しませんか?:p

ゲストにお迎えする女性ハンターさんが有害駆除活動で自ら仕留め、また自ら鞣した毛皮や皮革の展示や、
須坂市井上の『もえぎ舎』さんの皮革製品の販売も行います。
宿泊をご希望の方にはペンションをご紹介します;)

春の峰の原高原に、是非お出かけください。

▼チラシ画像をクリックすると拡大します。
ジビエちらし

さて、
なぜに農林課の田島隊員が、峰の原高原地区にはみでて活動しているのかというとですね、、
実は、峰の原高原ペンション村のマダムたちとの出会いは、去年の秋。私が須坂市内の農家さんからわけていただいたブドウの剪定枝や松ぼっくりなどの“須坂の素材“を使ったクリスマスリース作りイベントを開催するにあたり、リース作りのご経験やご趣味のある方にご協力のお願いを呼びかけたところ、毎年峰の原の素材でリース作りをしているという峰の原マダムからお声がけいただきました。モミの木のあるところや、立ち枯れアヤメなどの素材、リース台への組み方を教えていただいたり、野バラの実をわけていただいたりしながら、私が協力隊になった経緯や活動のこと、須坂暮らしなどの話をしていたところ、お父様が狩猟の趣味があるというマダムがいらしたこともあり、「ジビエでイベントをやってもいいかも…」とアイデアが膨らんでいきました。
そんな私たちの追い風となったのは、長野県による『信州ジビエマイスター養成講座』。ちょうど、私たちがジビエの話をしていた昨年12月に募集がはじまったので、マダムたちと一緒に、信州ジビエマイスター養成講座を受講、今年2月に認定をいただきました。
※詳細は2017年2月17日付けブログをご参照ください⇒ http://blog.suzaka.jp/kyoryokutai/2017/02/17/p32840

私の活動では、特にイベントものについては、そのベースとなっているのは、ズバリ「ご縁」です。
「犬も歩けば棒にあたる」が如く、「協力隊歩けばご縁に出会う」。天から降ってくるようなご縁に、ときに農林課や須坂市をはみ出ることもありますが、協力隊としての活動の折には常に『須坂のためになれば』という芯を持っておりますので・・・猪突猛進☆はみだし系協力隊ですが、どうぞお付き合いくださいませ。:P

コメント:

この投稿への コメント はまだありません...

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイトに表示されません
頂いたURLは表示されます。
コメントは承認されるまで表示されません。
オプション:
 
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを cookie に記憶させます)