須坂市地域おこし協力隊 活動中!

明るく!元気に!須坂市を盛り上げるべく奮闘中!

投稿の詳細: 「農福連携」を学びながら

2017/03/17

「農福連携」を学びながら

Permalink 17:07:45, カテゴリ: 田島隊員(農林課)  

やれることをやる。
やりたいけど、できない、とか、手がまわらないときは、それができる誰かの手を借りてみる。だからこそ誰かとご縁が出来る・・・最近、そういう場面に出会う機会に恵まれています。
地域おこし協力隊の田島です。こんにちは:)

いきなり、冒頭のようなことをつぶやいても「なんのこっちゃ?」ですよね。
少し前から、私は縁あって「農福連携」について知る機会をいただいています。

「農福連携」とは、簡単にいうと、高齢化や後継者不足といった農業の課題と、障がい者の経済的自立などの福祉の課題を掛け合わせて解決を試みる取り組みのことです。

例えば、農業は、作業的に見れば単純であっても人手が足りないがために困ることもあれば、作業を正確にミスなくやりつづける集中力や持久力が必要される作業もあります。
そんな農業における人手不足という課題解決の助っ人として、福祉施設の利用者の方々の活躍が期待されます。
できること、得意なことはひとそれぞれですが、集中力を持続させたまま作業をすることを得意とする才能を障がいのタイプとして持っている方もいますし、植物を相手にする仕事が好きという方もいるかもしれません。簡単な作業であれば、例えば 草刈りや枝拾いなど、農繁期に手を貸してもらえたら助かるかもしれませんね。

私はもともと農業や福祉に従事していたわけではないのですが、十数年ほど前でしょうか、とある国内のワイナリ―で、障がいのあるひとたちがワインぶどうの栽培をされているということを知り、以来、農業と福祉の連携ということに関心を持っていました。
また、農業などの第一次産業が食品加工・流通販売にも業務展開する「6次産業」にも興味を持ち、情報収集をしたり事例を調べたりもしていました。そんな折、とある6次産業の事業者が関わるイベントでたまたま知り合った方と話がはずみ、そのご縁で農福連携のコーディネーターの方をご紹介いただきました。

以来、たびたび農福連携について学んだり、福祉施設を訪問させていただき、利用者の方々が作業をされている現場を見学させていただいております。
そこで感じるのは、施設利用者の皆さんはそれぞれが出来ることを分担して取り組んでいるということ、集中力の高さや、真面目さ。無駄口や不平不満などは皆無で、むしろ無邪気な笑顔に癒されます。
仕事ができるということを喜びとしているように見えます。

やれることをやる。
やりたいけど、できない、とか、手がまわらないときは、それができる誰かの手を借りてみる。それが「仕事」であれば、発注側と請負側のそれぞれにとって有益で、ましてや仕事への喜びを持って繋がれたら素晴らしいことだと思います。

ここまで書いて、ふと、気付く。
自分が信州に移住してからというもの、何をやってもいつも辿りつくのは、
「ひとの繋がりの大切さ、ご縁の大切さ」ということに、なるようです;)

のうふく
(長野県内にある某施設利用者の方々によるサツマイモ収穫のようす)

コメント:

この投稿への コメント はまだありません...

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイトに表示されません
頂いたURLは表示されます。
コメントは承認されるまで表示されません。
オプション:
 
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを cookie に記憶させます)