カテゴリ: ワインの熟成中

:: 次のページ >>

2011/11/25

01:07:13, カテゴリ: ワインの熟成中  

ケーキといいます。
1次発酵後の赤ワインと、果皮や種を分離する
為にプレスすると、ケーキになります。
カベルネ・フランのプレス。
cake

ケーキといえば、クリスマスまで1月余り、
この季節にちなんだ、こんなかわいい
プレゼントを頂きました。
gift 1

gift 2

It is called cake. When the red wines is
pressed to separate wine from skin and seeds
after first fermentation, the cake is formed like this.
Cabernet Franc was pressed today.

Speaking of cake, I was given two nice
gifst for the festive season.



2010/02/04

23:51:20, カテゴリ: ワインの熟成中  

あるブレンドを予定したワインが
あったのだが、今日その一方の
ワインの状態が変化して来たというので
ワイナリーに行ってテイスティング。

状態が安定していないので、
対応を相談して、処理後の変化を見守る
ことにした。こういう事は少量の場合に
起こりやすい。大量のワインを
タンク一杯に入れたり、樽一杯に
はいるワインならリスクは低いのだが、
少量の場合は醗酵もリスク管理も
難しいのだ。

ジレンマ。
雪に埋まる樹
(雪に埋まる葡萄の樹)

There is a wine which I expect
to use for blending. I got a call
today about the wine. The winery
said the quality got changed.
I hurried to the winery and check
the wine.

Unfortunately, the situation was
nstable and we decided to
set aside the wine with certain treatment.
We will wait for better change.
Such case can happen especially
in case of small size winemaking.
In case of big volume in tank
or barreled wines, such risk is
low. It is not easy to
keep the quality of the wine
for long time.

If I made wines at my own facility,
I would be able to pay more attention.
Such a dillenma.



2010/02/02

00:14:28, カテゴリ: ワインの熟成中  

今日(2月1日)さるワイナリーで2009ヴィンテージの
ワインの試飲を幾つかさせて頂いた。
MLFはこれからというものもありましたが、
良いできのワインが多かったですね。
同じ品種でも、畑の場所や収穫時期、
樽によって味わいが大分異なり、
その違いに改めてびっくり。
また、試飲のタイミングでも
違ってくる。

いずれにせよ、2009ヴィンテージは
期待が大ですね。

I had an opportunity to taste
several wines of 2009. Some are waiting for
MLF to occur and one cannot judge the
quality yet but it seems to me that
many of 2009 vintage wines are good.

For the same variety, the wines taste
different dependent on the vineyard location,
harvest time, barrel, etc. Even though I knew
that, the difference was not small to my
surprise. The same wine taste different on the
timing of the tasting, too.

Any how, we can expect great wines from
vintage 2009.



2009/11/14

23:58:38, カテゴリ: ワインの熟成中  

Good and bad feeling

こういった感情の強さ
というものを計る尺度が
あるのかどうかは知らない。
嬉しいこととがっかりすること
が余り時間を開けずに起こると
どっちの感情が勝つものなのだろうか。

今日は嬉しいこととがっかりな
ことをほぼ同時に経験した。
ワインの出来だ。
今のところ満足の行くできの
ものと困った状態のものがあるのだ。
困ったものの方はどう対処すべきか。
対処法を考える時間が長い分だけ
ネガティブな感情が勝ってしまうような
気がする。

期待してます

そんなことよりいい出来のワインの
行く手を妄想してそれだけハッピーで
いたほうがいいのかな。でも、経営
ということを考えると、それでは
まずいような気も…。
では楽しく対処法を考えると
いうことか。

嬉しかったことの一つ。
今年のセミヨン/ソーヴィニオン・ブランの
香りが、記憶にある良い出来のワイン
のものに似ていたのだ。

I wonder if there is any way to
measure the strength of such feelings.
Which feeling prevails if good and bad
things happen in short time.

I experienced good and bad feelings
in very short time today. It was about
wine quality. I tasted a few wines of mine
at the winery. There are so far good quality
wines and a disappointing one. How can I
solve the problem of the latter?
I think bad feeling continues longer
because I have to think abour how to
figure out the solution of the problem
for longer time. So the cause is always
lingering with the bad feeling.

It may be better that I should think
about the future of the good quality
wine which probably makes me happy.
But hinding my eyes from the problem
is not good attitude as the management
of a company. Well, I have to think
about the solutions in enjoyable ways.

One of the good things today is that
the aroma of my Semillon & SB 2009
appears very similar to that of a good
wine in my memory.



2008/12/10

00:27:35, カテゴリ: ワインの熟成中  

今日は、現在熟成中の
2008ヴィンテージのワインをすべて
少々時間をかけてテイスティング。
樹齢が上がってきたせいか
どのワインも結構しっかりした風味
を持っている。ただし、複雑さは
毎年の葡萄のできによって
かなり異なるのだが。
シャルドネ2008

2007ヴィンテージの赤も先月瓶詰め
して良い感じになってきている。
白については、2007年のものは
少々リリースを早まったように思う。
おそらく今販売を始めてシャルドネも
あと半年くらいで香りも含めて
変わってきそうだ。

気はせくが、やはり納得行くように
しないと。

そういえば、リースを玄関に飾った。
あまりに立派すぎるリースだ。
もう少し色物を追加しようか。
本場ではクリスマス・リースにこめる
思いは何なのだろう。
リース

I tasted all the 2008 vinage
wines today. As each vine ages,
the taste seems to become
richer and more complex.
But the complexity is different
from one year to anohter.

Red wines of 2007 vintage which were
bottled last month are getting all
right. Howevere, White wines of 2007
vintage may have been released too
early. Chardonnay 2007 has all the way
began to change and it seems to take
another 6 months at least to drink.

I tend to feel rushed everytime
I have to decide about the timing
of release wines but
I should be very firm about the
timing of relases depending
on the quality of the wine.

By the way, I hung a wreath
on the door. It is too gorgeaous
for my door. I may put some more
decoration in gold or red color.
I wish good luck coming. But I wonder
what kind of ideas there are for the
christamas wreath.



:: 次のページ >>

楠ワイナリー 

私の葡萄つくりワインつくり

北信州の土地と気候に適した栽培方法で、自然の恵みを最大限取り込んだ葡萄からのワインづくりを目指しています。健康的な葡萄からできた、高品質で本物の、優しくて上品なワインを追求しています。日本の食事にもよく合う、思わずにっこりしてしまうワインです。

ワインの購入はこちら
シードルの購入はこちら
ジュースの購入はこちら




最新情報はこちら

楠ワイナリーProfile

ワインづくり

農園だより

田舎ライフ

お知らせ・募集

お買物はこちら

取り扱い商品

通信販売に関して

リンク

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

カテゴリ

いろいろ

このブログの配信