知って得するくらしの知恵

日々の生活に関する身近なことから悪質商法対策まで。くらしのお役立ち情報をお届けします。

カテゴリ: 商品

2017/07/24

扇風機の外観チェックをしてみましょう

Permalink 10:55:11, カテゴリ: 商品, 商品  

こんにちは、いっちゃんです。

扇風機の季節がやってきました。と言っても、暖房している部屋で、空気を動かして床と天井付近の温度差をなくす目的で冬季も使っているご家庭もあると思います。

今回ご紹介するのは、その扇風機のトラブルについてです。
扇風機は仕組みが簡単で、すぐに故障する家電製品と思わず長年使用されているご家庭も多いのではと思います。そこに落とし穴があるのです。

国民生活センターの生活情報版からトラブルをいくつか紹介します。

=>羽根が破損
 約11年前に購入した扇風機を使用中、風量を「弱」から「強」に切り替えたところ、突然羽根が粉々に破損し、周囲に破片が飛散した。
【推定原因】
 3枚の羽根の破片は、手で容易に割れる程度の強度まで劣化しており、風量を変えた際に、羽根が風圧に耐えきれず破損したと考えられます。88|

=>首振り部分が折れた事例
 約29年前に製造された扇風機を使用中、突然、首振り部分が折れた。見ると首振り部分の樹脂製の部品が割れていた。
【推定原因】
 扇風機の経年劣化により、樹脂の強度が低下したため、扇風機のガードやモーターの重さに耐えられず、首振り部分が破損したと考えられます。88|

:idea:トラブル予防のワンポイント
樹脂は経年劣化で強度が低下します。羽根等の樹脂製の部品にひび割れを見つけたら、使わないでください。

■注意点■
扇風機は「長期使用製品安全表示制度」の指定品目の製品となっており、平成 21年4月以降に製造・販売されたものについては、製造年、設計上の標準使用期間等が本体に表示されています。
設計上の標準使用期間を超えて使用されますと、経年劣化による発火・けが等の事故に至るおそれがあります。

出典 生活ニューネットマガジン【生活情報版】2017年6月25日号(No.413)
http://www.kokusen.go.jp/magazine/data/ml20170625_life.html