カテゴリ: 豊丘地域公民館から, 豊丘地区里山通信について(旧ブログ), 豊丘地域づくり推進委員会

2017/05/19

全文へのリンク 14:39:09, カテゴリ: 豊丘地域公民館から

龍伝説の「離れ山」を整備②

 12日(金)に引き続き、18日(木)午前中、「離れ山を守る会」の皆さんによる
離れ山の整備が行われました。

 前回、離れ山の東側にある「蛇の口」への遊歩道を開けて整備し、
今回は更に頂上へ至る遊歩道の安全対策のための鉄パイプの単管で
手すりを設置しました。

 手すりを設置する場所の長さに合わせて単管を切断します。


支柱を設置する場所に鉄のハンマーで杭を打ちます。
岩にあたりなかなか杭が入らない場所もありました。



手すりとなる約4メートルの単管をフレキジョイントや番線で固定していきます。


急で滑りやすい箇所に手すりが設置されました。


連続して手すりが設置されました。


支柱の下にセメントを流して更に強固な手すりになりました。

あわせて頂上付近の見晴台周辺の支障木の伐採作業も行われました。

 地域の方々が地域のためにボランティアで作業をしてくださいます。

旧園里学校の敷地の草刈をしていただき清々しました。

入口へのアプローチも2倍に拡幅していただき安全になりました。

地域の皆さんのマンパワーに心より感謝申し上げます。

2017/05/17

全文へのリンク 18:35:45, カテゴリ: 豊丘地域公民館から

今年も子ども茶道教室「お茶ごっこ」開講

 本年も豊丘小学校の児童を対象に
子ども茶道教室「お茶ごっこ」を開講しました。

 まずは丸く円になりお隣同士手をつなぎ
心と心をつなぎます。


茶道(裏千家)の講師江森先生よりお話をお聞きし
「よろしくお願いします。」と丁寧にお辞儀をします。
背中がまっすぐに伸びた姿勢はきれいです。

もてなし側とお客さんに分かれて、いよいよ作法のお勉強です。

まずは入室から。
お辞儀をし、センスを取り、右立膝になり右足から入室します。


方やお客さんにお出しする「かえ紙」と「お菓子」を運びます。


お客さんは「お先に。」と言い、「かえ紙」と「お菓子」を取りお隣に
まわしていきます。


方やもてなし側は、抹茶を点(た)てます。
抹茶の粉の入った「なつめ」を左手に持ち、「茶杓」(ちゃしゃく)右手に持ち
「なつめ」のふたを取り抹茶粉を茶碗に2杯入れます。


茶筅(ちゃせん)を前後に勢いよくかき混ぜ泡を点てます。
きれいな抹茶色ですね。


お客さんにお運びし、「どうぞおあがりください。」


お客さんは茶碗を左手のひらに乗せ、右手で手前に引くように
2回まわします。


お迎えに来たお父さんも照れながら参加し、抹茶をいただきました。


また最後にも丸く円になり、心と心をつなぎます。

「和敬清寂」(わけいせいじゃく:茶道の心得を示す標語で、意味は、主人と賓客が お互いの心を和らげて謹み敬い、茶室の備品や茶会の雰囲気を清浄に ... )
の心で講座は進められていきます。(児童にはちょっと難しいかな?)

教室が始まるまでは、和室を飛び回ったりしていた児童が、
ふざけず先生のお話を聴いていました。

この教室は10月まで毎月1回開催され、10月9日の
豊丘地区の「ふれあいまつり」で地域の方々にお点前を披露いたします。

 

2017/05/12

全文へのリンク 18:39:43, カテゴリ: 豊丘地域公民館から

龍伝説の離れ山を整備

 龍伝説があり、龍の形をした豊丘のシンボルである離れ山を『離れ山を守る会』のメンバー10名で整備をしました。(ボランティア作業です)
山の頂上から東側に下ると「蛇の口」と言われる龍の口のような岩があります。
そこから山を下りるには、南側に鉄パイプを組んだ梯子があり難所になっています。
今回(5月12日)は、その蛇の口の北側に登山道を設置しようと木を伐採し整備をしました。


チェーンソーで支障木を伐採していきます。


伐採された支障木は画面左側のように山になりました。(まだ途中)


石垣周辺の雑木やツルの除去作業


「蛇の口」周辺の雑木を伐採中。(ここは意外と高所)


 目もくらむような高所にある「蛇の口」(遠景)


開いた龍の口がはっきりしました。(画面中央の岩)


伐採整備により作業半ばではありますが登山道が開かれました。

 順次整備が行われますが、次回は5月18日の予定です。

口を開き、鱗(うろこ)のような岩で、竜の形をした『離れ山』は、遠くから見るとまさに雄竜で、
整備が完了した後には、天に駆け上がっていくのではないかと思われます。


豊丘の民話切り絵紙芝居『離れ山伝説』より(雄竜)

2017/04/17

全文へのリンク 13:48:07, カテゴリ: 豊丘地域づくり推進委員会

観桜会&ひんのべまつりin豊丘!を開催

 豊丘地域づくり推進委員会は、
毎年恒例の「観桜会・ひんのべまつり」を開催していますが、
本年は、豊丘地域活性化連絡協議会のイベント委員会も加わって
『観桜会&ひんのべまつりin 豊丘!』を開催しました。
会場は建替え1周年を迎えた豊丘地域公民館と一週間前の「園里郷土資料館」が
開館した旧園里学校の前の駐車場。

 当日はお天気に恵まれて、汗ばむほどでした。

 会場入り口の市内最古(樹齢約440年)の延命地蔵堂の桜(アズマヒガン)は
ピンクのつぼみもだいぶ大きくなりました。(4月17日開花しました)



 豊丘地域づくり推進委員会の女性のみなさんが豊丘地域の野菜をふんだんに
使用した手づくりの『ひんのべ』が大なべに。 あとは開会を待つばかり。


 司会の豊丘町の宮崎さんの名調子でオープニング。


 豊丘地域づくり推進委員会の会長の佐藤さんの「開会宣言」でスタート!
・・・と同時に消防第11分団のラッパ隊の華々しいファンファーレ。


豊丘に縁あって長野市在住のバイオリニストの飯島千鶴さんをお招き。
(ロシア サンクトペテルブルク音楽院マスターコース修了のすごいお方です)
曲名「さくら変奏曲」「花は咲く」が演奏され、旧園里学校をバックに澄んだ
音色が響き渡りました。


 声楽を勉強されている飯島さんの娘さんも参加。
 多くのお客さんと「ふるさと」を大合唱!しました。


 オープニングが済んで、「地元の手づくりおやき1こ付きのひんのべ」が
いよいよ販売開始です。300円です。(手づくりのおいしさでこの安さ!)


多くのお客様に「ひんのべ」を味わっていただきました。


地元の若いママさんたちによるフリーマーケットが開催。
また、地元おやき、ブルーベリー加工品、須坂銘菓、はちみつ、農産物・花卉も
販売されました。

 午後12時30分からは豊丘地域公民館ホールにて地元バンドのコンサートを開催。

 おやじバンドの「ふきったま」


 女性金管バンドの「アンサンブル ぺんぺん」


地元コーラスサークルの「四季を歌う会」

皆さんのご協力・参加で、大いに盛上がりました。ありがとうございました。


この画像は昨年の「延命地蔵堂の桜」です。

2017/04/14

全文へのリンク 15:14:35, カテゴリ: 豊丘地域公民館から

「豊丘の桜」を植樹

 13日午後、豊丘地域公民館と旧園里学校周辺に
3本の桜を植樹しました。

 この桜の内2本は「豊丘の五大桜」の一つで豊丘上町の「弁天さんの桜」
の近くにある「普賢象」(ふげんぞう:白色の八重桜」の一部が黄緑色に突然変異。

 その部分を切ってさし木をして育成した

「園里黄桜」(そのさときざくら:黄緑色の八重桜)と

その同木の枝変わりの「園里緑龍」(そのさとりょくりゅう:黄緑色の八重桜)

 この2本の黄桜は、豊丘上町の故羽生田郁雄さんが命名し、さし木で生育し、
昨年3月の豊丘地域公民館の開館セレモニーにおいてご寄附いただいたものです。

 豊丘地域公民館建設委員会の皆さんに植樹していただきました。


こちらの桜は「魯桃桜」(ろとうざくら)
いずれも30㎝ぐらいの浅めの穴を掘り、堆肥を混ぜた土で覆いました。


「園里緑龍」 旧園里学校の裏側に植樹。


「園里黄桜」 旧園里学校の向かって正面右側に植樹。

何十年後かには、旧園里学校に映える立派な桜に成長することでしょう。

:: 次のページ >>

須坂市中央公民館

公民館は出会い・ふれあい・学びあい          ひととひととが 学習や活動をとおして 心と心の和をつくっていく場所…   やさしく 笑顔あふれるまちを みんなでつくっていきましょう

| 次 >

検索

リンクブログ

須坂のリンク

いろいろ

このブログの配信 XML

須坂市公認ポータルサイト・いけいけすざか