カテゴリ: 健康

2017/06/16

全文へのリンク 00:04:46, カテゴリ: 健康, 人生

アイコス

アイコスを始めてから、もうじき
3か月になろうとしています!!

きっかけは、娘が良くいくのですが
大町市に占い師がいて
自分だけ占ってこえば良いのに
私の運勢まで占って来たようで・・・・

その結果、どうも近い内に何か病に
かかると言う事で「タバコ」がいけない!!
そんな結論になってしまい・・・・・
急にはタバコをやめられそうもないので
そうした所、アイコスが良いのでは!!・・・・
と、言う事になり

話では、中々手に入らないという事を
聞いていたのですが?・・・・
アマゾンに注文し、お金を振り込んだところ
2日後にアイコスが・・・・・

最初は、何となく美味しくなく
続くのかと思っていたのですが
今では、このアイコスで大満足と
言うわけではないのですが・・・
それなりに満足しながら
愛用しています!!
何となくカラダも調子が良いような
気がしていますよ!!

2017/06/07

全文へのリンク 11:56:14, カテゴリ: 健康, 人生

ガムを噛む効用

日本では昔から噛むことが長生きの
秘訣とされてきたそうです!!
平安時代から年に2回、歯固めの日が
決められていて、その日には硬い餅や昆布
などを食べて長寿と健康を祈る習慣が
あったそうです!!

噛むという行為は、唾液の分泌を促し
唾液には消化を助ける酵素が含まれているので
消化しやすくなります・・・・また、唾液は
口の中の細菌の増殖を抑える効果も
あります!!

唾液の分泌が減ると、口の中の渇きを
訴えるドライマウスが多くなり、そこで
ガムを噛むことにより、唾液の分泌を促し
唾液腺をいつも活性化しておけば
食事もおいしく、消化にも良いという事です!!

イライラした気分の時にガムを噛むと
リラックスでき!!・・・血圧が上がった時
正常値に戻る事が知られています!!
さらに、脳細胞の活性化に良く
海馬の活動も高まり・・・記憶力もアップ!!
認知症の予防効果もあるそうです!!

2016/10/14

全文へのリンク 00:26:19, カテゴリ: 健康, 人生

コントラスト

甘いものに、ちょっぴり塩を入れると
なぜか甘さが引き立つ・・・・・
これを味の対比(コントラスト)効果と
言うらしい・・・無意識に比べることで
左右されるわけだ。この対比効果と
いうもの、実は暮らしの中にいろいろな
場面で応用されている!!

デパートでなんとなくシャツを見ていたとしよう
3万円のシャツが並んでいると、1万円の
シャツを見たときにお得な感じがして
1万円でも高いのに、つい買ってしまう!!

また、学校から帰ってきた子どもが
テストの点、最悪だったと嘆く・・・・
確かめると60点「今度は必ず90点以上
取ってね」と言うと「そんなの無理だよと」
「じゃあ、80点でいいよ」と言うと
「うん、わかった」・・・80点でも
難しい子どもが頑張るようになる
すべて対比効果を利用したものだ!!

このように比べる基準をうまく設定すれば
コントラスト効果で気持ちをコントロール
できるのだ!!

私も、情けない話しだが中性脂肪、コルステロール値が
高く、メタボ予備軍であった・・・・
続くかどうかわからなかったが、目標を
定め、週2~3回、筋トレと有酸素運動を
取り入れ、頑張っている自分に驚くが
今では、どれも基準値の範囲内である

対比効果は健康増進効果にだって
変貌するのである!!

2016/10/10

全文へのリンク 23:40:02, カテゴリ: 健康, 人生

グリコ

日本のスーパーで売られているお菓子は
おしなべて高品質である!!

メーカーが食べる人の健康まで配慮している
ことも我が国ならではで、例えばポッキーや
プリッツなどのロングセラー商品で知られる
江崎グリコの企業理念は・・・・・
「おいしさと健康」創業者の江崎利一の
精神が今も生きているそうだ!!

この会社の象徴する製品はやはり
「グリコ」であり、佐賀出身の江崎は
有明の漁師が捨てていたカキの煮汁に
グリコーゲンが含まれていることを発見・・・
試行錯誤の末、独自のキャラメルを完成!!
1粒300メートルと言うコピーとおまけに
おもちゃを付けることで、当時、森永製菓の
1強だった市場を崩すことに成功!!

その後、酵母入りビスケットのビスコで
子どもの栄養状態の改善に寄与・・・・

とにかく、江崎氏は栄養のバランスを
とるため、野菜はなるべく生のまま5種類
以上取り、良くかむこと・・・牛乳やとうふまで
良くかんでいたらしい・・・そのためと思うが
本人自身も、97歳という長寿であった!!

2016/10/04

全文へのリンク 23:51:37, カテゴリ: 健康, 人生

筋トレのすすめ

50代までは、大丈夫だと思っていても
筋肉量は60代から急激に減少し
生活に支障をきたすほどに低下
身体を動かすのがつらくなり、家事や
外出も・・・・その悪循環が寝たきり
リスクを高めるそうです!!

そこで、中高年の健康維持に筋トレを
取り入れることで、高齢者でも筋肉量が
着実に増え、転倒防止につながるそうです!!

1回、30分、週3回の筋トレと有酸素運動で
大腰筋の面積量が大きくなり、この調査に
参加してくれた、平均年齢、70歳の高齢者でも
筋肉量が増えることが分かったそうだ

大腰筋は上半身と下半身をつなぐ筋肉
この大腰筋が弱くなると、すり足で
歩くようになり、ちょっとした段差でも
つまずきやすくなり、転倒して骨折し
寝たきりになる人も少なくないそうだ!!

スポーツの秋、大いに体を動かしてみては!!

:: 次のページ >>

和ちゃん

アクセスカウンター